不倫相手に執着する女性心理とは?嫉妬や束縛するのは何故?

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。


嫌な女だと分かっているけれど、不倫相手を束縛したり奥さんに嫉妬してしまうことで悩んでいませんか?

三角関係のようなものですから、嫉妬も束縛も仕方のないことだけれど、強くそうしてしまうには女性心理が絡んでいます。

そこで今回は、不倫相手に執着し嫉妬や束縛をする女性心理についてご紹介します。

不倫相手への執着は、時として不倫相手との距離を開けてしまう原因ともなり、最悪別れを決意されてしまうこともあります。

手遅れにならない内に、女性心理からくる執着の意味を知り、今の状態から抜け出し不倫相手との幸せな関係を手に入れましょう。

自分だけのものにはならないから

不倫関係ということは、彼には奥さんがいる状態です。

不倫関係を続けている内は、絶対に彼はあなただけのものになることはありません。

気持ちは通じ合っていても、関係は不倫のままで、自分のものだけにならないことでジレンマを抱えることになります。

そんなジレンマが、不倫相手への束縛や奥さんへの束縛に繋がるのです。

どうしようもないことですが、出来ることならどうにかしたい…

でも、どうにかするためには不倫相手に決断してもらうことで、あなた自身が何か行動できるわけではないことで、大きなジレンマを抱えます。

行動したいけれど出来ない気持ちが、執着に結びつくことになり、関係をややこしくしてしまうこともありますよ。

気持ちの発散方法が分からずに、でも欲しい結果だけがある状態だからこそ、どうしようもない執着をしてしまいます。

何気ない行動からも不倫相手はそれを悟りますので、彼としても考えどころなのです。

自分だけのものにしたいから

上でお話したこととはちょっと違います。

実際にあなただけのものにしたい心理から、執着をします。

どうしたらいいのか分からない状態から抜け出し、嫉妬や束縛をすることで不倫相手の気持ちを自分だけに向けさせるための方法として行動に移します。

嫉妬や束縛をする時には、「いかに自分はあなたのことを愛しているのか」という気持ちを伝え、奥さんとの離婚に向かうように計算されています。

奥さんと自分との共有では嫌だ、自分だけのものにするためには、執着をすることで不倫相手に責任を感じてもらい、離婚や別居という決断を下して欲しいと思っています。

どうしてか分からないという女性は、潜在意識の元での行動で、深い愛情からの自然な行動になっています。

今ここで、そんな自分の本心を知ることで、執着とはまた違ううまい方法を見出すことになるはず。

不倫相手に執着してしまうことで、不倫相手はあなたの気持ちを重いと感じ、焦らされていると思い、別れに繋がってしまうこともありますので注意しなければなりませんよね。

大好きで愛している気持ちは素敵なことですが、それが執着になってしまうとあなたの魅力は半減してしまいます。

帰る場所は奥さんの場所だから

不倫相手と素敵な時間を過ごしても、結果的に不倫相手が帰る場所は奥さんの待つ自宅です。

それって、不倫している女性としては悲しく辛く、切ないことですよね。

もっと一緒にいたい、朝を一緒に迎えたいと思っても、それを叶えるのは奥さんだけなのです。

その状況に耐えきれずに不倫相手に執着してしまい、不倫相手への束縛や奥さんへの嫉妬と繋がっていきます。

これもどうしようもないことだと分かってはいます。

しかし、好きという気持ちが高まるにつれて、不倫が始まった時には「少しでも一緒にいられたらそれでいい」と感じていたとしても、もっと!もっと!と欲求が増えていきます。

奥さんの元に帰る不倫相手の背中に切なさを感じ、いつまで経っても奥さんには勝てない気がして、余計に執着してしまいます。

一人の時間を過ごす事が多くなれば、そんな気持ちはますます多くなり、どうしても執着する自分を止められなくなります。

不倫の本当の寂しさを感じ、ふさぎ込むこともあり、そんな時に不倫相手に執着していれば自分の気持ちを抑え込むことができるとも感じますよね。

逃げであることに間違いはないのですが、不倫特有の感情との向き合い方をまだ確立できていない場合には、束縛や嫉妬に繋がっていくのです。

家庭を大事にして離婚してくれないから

不倫相手はあなたとの将来についてどのように言っていますか?

「離婚する気はない」「いつか離婚するから待っててくれ」と何か言葉をくれていたとしても、将来について何も言わない不倫相手であっても、現在不倫関係であることでの不満を感じて執着してしまうこともあります。

離婚をしないということは家族を大切にしていること、そこに責任を感じて離婚ができないことだと不倫をする女性は思います。

不倫相手もあなたのことをどれだけ愛していても、離婚という大きな出来事に二の足を踏むことも十分に考えられます。

しかし、不倫をしているあなたとしては「私のことをもっと考えて」という気持ちにもなりますよね。

その気持ちは執着という行動になって表れるのです。

はっきりと不倫相手にそう伝えることができない関係だからこそ、態度で、行動で示さなければならなく、女性としての精一杯の気持ちの伝え方なのです。

【期間限定・1月6日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




切ない気持ちが行動に現れたことを不倫相手はどう感じ取ってくれるのかによって、これからの不倫関係の方向性が決まってきます。

執着するのなら、うまくしなければならなく、不倫相手に重い女認定だけはされないように気をつけましょう。

責任に縛られていると感じるから

不倫相手の考え方に不満を持っていることで、執着する女性もいます。

不満なら別れたらいいのに、と思われそうですが、それは好きだからこその不満でこれからの人生も共に歩みたいという願望を持っていることで不満を抱くのです。

その最たるものには、不倫相手は責任に縛られていることです。

結婚したこと、永遠の愛を誓ったこと、家族を持ったこと、子供を育てていることなど多くの責任を背負っている不倫相手に、「じゃ、あなたの本当にしたいことは何なの?」と尋ねたくても尋ねられない女性がたくさんいます。

責任に縛られるのならば、独身の女性と不倫関係になった責任は?という気持ちにもなり、執着することによって、あなたの存在を分からせようとしているのです。

人生は責任に縛れてばかりいても幸せにはならないことを女性は知っています。

時には自分が悪にならなければならない時がある、その覚悟を決めなければいけない時があることを良く知っています。

なかなか決断できない不倫相手に不満を持つことで、そんなに大きな責任だと感じさせている奥さんに嫉妬してしまうのですね。

そして、不倫相手を束縛することで彼の考え方を変えていこうと目論んでいることもあります。

幸せを掴む執着ですか?

幸せを掴む女性

不倫相手に執着する女性心理についてご紹介しました。

不倫相手に執着することで、幸せを掴むもの、それとは真逆に別れを不倫相手に決断させてしまうものとがありますが、あなたの執着はこちらの内容のどれに当てはまるものだったでしょうか。

また、執着をしている時には自分の本心を知っていなければトラブルの元となってしまいますよ。

自分の感情を知り、コントロールすることで不倫相手との関係をより良いものにする執着ならば何も問題はありませんので、計算高い女でいるように意識してくださいね。

悪だくみをするのではなく、不倫相手の気持ちをあなたに向けさせるだけの話しですよ。

【期間限定・1月20日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。