更年期に不倫を始めてしまう女性が多い理由って?満たされずに不倫する40代~50代女性の心理や不倫をはじめたきっかけなどを紹介

喧嘩・マンネリ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を神言鑑定をもとにアドバイス致します。

 

 

日本における女性の平均寿命は87歳。

正確には厚生労働省が発表した2018年度の日本人平均寿命年齢では男性81.25歳、女性87.32歳となっており、前年度の平均寿命である男性81.09歳、女性87.26歳を超えて男女ともに過去最高となっています。

その平均寿命から考えれば、女性の40代50代はまだ人生の半分を過ぎようとしたところ。

まだまだ恋愛、仕事にと頑張れる年代であるといえるでしょう。

しかし、一般的に 女性の40代50代は更年期と呼ばれる年代でさまざまな身体的不安を抱え始める年代 とも言われます。

その 40代50代の女性が心身ともに不調を感じながらも不倫恋愛に目覚め、不倫を始めてしまう人も少なくない とか…、なぜ、この年代になって不倫へと目覚めてしまうのでしょうか。

 夫とのセックスで満たされずに不倫を始めてしまう女性心理、不倫を始めたきっかけなどについて 調べてみたいと思います!

Menu

40代~50代で夫とのセックスレスなどで満たされない女性の特徴

子育てに参加しない夫への嫌悪感が募り、今後の結婚生活に疑問を持つ

40代50代となれば、子どももある程度大きくなり保護者参加の学校行事も減ってくることから仕事を短時間のパート勤務をフルタイム勤務へと変える、それまで以上に仕事に情熱を傾けられる環境をつくろうと努力する女性も少なくありません。

しかし、そこで忘れてしまうのが夫への気づかいです。

昨今、女性が仕事を持つことが一般的となっていることから、結婚前に夫、妻の役割分担を話し合い、それぞれが行う家事分担を決めた上で結婚生活を始めるというカップルが増えています。

昭和の古き時代は父親が外で稼いでくる代わりに母親が子育てと家事を一手に担い、家を守るというスタンスをとる家庭が多く、学校から帰ると母親が家に居るのが当たり前の時代でした。

ですが、平成、令和の世となった今、そんな昔ながらの夫婦論、育児論は推奨されず、 夫婦2人がともに働き、ともに協力し合って子育てや家事を担う時代となっている のです。

そんな時代に女性に子育て、家事をすべて任せるなんて考えは時代遅れもいいところなんですが、 いざ結婚して子どもが生まれたら、結婚前の約束もどこ吹く風 となることもしばしば。

赤ちゃん中心の忙しい毎日を過ごしているうちにいつの間にか結婚前の約束は反故になり、育児、家事が妻の仕事だとばかりに夫は育児を放棄してしまう…。

 毎日遅くに帰宅して赤ちゃんの寝顔を見るだけの生活になってしまう夫も少なくない でしょう。

そんな毎日に不満がないはずはありません。

些細な喧嘩をきっかけに 妻の我慢は限界 に…、そうなれば、妻の不満は爆発です!

怒りのあまり、夫のことを完全無視する人もいるでしょう。

無視するまではいかなくても、心の奥で密かに離婚を考え始める人がいるかもしれません。

また、自分の これからの人生に夫が必要な存在かそうでないかを冷静に考え始めるきっかけとする人がいる かもしれません。

特に産後から子どもが幼稚園に通い始めるくらいのころの女性は通常の時よりも精神的にナーバスになる人が多いことから、夫との夫婦生活を徐々に拒否するようになり、セックスレス夫婦への道を歩み始めるなんてことも…。

どんなに体力のある女性でも出産後の疲労はなかなか抜けないものです。

それなのに 夫が子育てに協力的でないとなれば、心身ともに疲労は倍増… 、夫との今後の結婚生活に不信感と疑問を持ったとしても何ら不思議はありません。

結婚生活で夢と現実の違いを実感!夫への愛情がなくなった

結婚する前は「彼のことが好きだから」というシンプルな理由で結婚したにもかかわらず、いざ結婚すると彼の稼ぎが悪いことに腹を立て給料日のたびに喧嘩することもしょっちゅう、こんな夫婦も少なくありません。

夫の稼ぎが悪いとなれば、自分の満足する結婚生活を維持していくためにも仕事を探し、自分の夢とプライドを満足させられるだけの生活費を稼いでこなくてはなりません。

そうなれば、子どもは1人がせいぜいで、2人め、3人めは諦めるしかありません。

子ども好きな女性にとって、自分の子どもに兄弟・姉妹を残してやれない現実と向き合う日々はまるで地獄に住んでいるような暗黒な世界…。

 小さなころからの願いが叶えられない現実を知って、結婚そのものを後悔 する人もいるでしょう。

そうなれば夫との未来に希望を持てなくなるのは当然のことで、夫との夫婦生活を拒否し、夫との離婚を考え始めたとしても責められるものではありません。

ただ、生活するにはお金が要ります。

子どもの将来のためにも、夫からの生活費を自分の短慮で手放すようなことはできません。

そうなると、そのストレスのはけ口が夫に向いてしまうのは自然の流れだといえるでしょう。

ちなみに、 女性はみな多かれ少なかれ結婚生活に夢と憧れを持っている ものです。

子どもが生まれたらこんな服を着せて、女の子ならピアノを習って、男の子なら学習塾に通わせて…、自分が小さなころに夢見た将来の夢に向かって、子どもに習い事をさせたいと願うのは誰でも経験があるのではないでしょうか。

まるで自分の夢を叶えるための自分のミニチュア版をつくるようなものですが、 夢、憧れが強い女性ほど、自分が果たせなかった夢と期待を子どもにかける ものです。

その夢、憧れを実現させるために夫と結婚したのに、その些細な夢が叶えられないとなれば、夫への愛情は薄れ、単なる生活費を運んでくる1人の人間として見るようになるのは時間の問題だといえるでしょう。

女性は結婚する際、自分の夢、憧れを現実にできる男性、その夢を理解してくれる男性を知らず知らずのうちに選んでいるものだと言われますが、不思議なことに、なぜか、その気持ちが強い女性ほど夫選びに失敗するんですね。

見切り発車で選んでしまうからでしょうか。

それとも、そういった目で選ぶことで夫の内面をしっかりと見極めることができないのでしょうか。

 結婚前と結婚後の夢と現実の違いを目の当たりにして、自分の描いていた夢と憧れ、現実の違いに悩む 人もしばしば。

そうなると、妻がとるべき道は1つです。

夫とは夫婦生活を別にすることで、妻よりも女性として生きる道を選ぶのです。

結婚当初は2人一緒に眠っていた寝室でも、時間が過ぎてくると別々の部屋を持つ、またはベッドを2つにするなどを行い、夫との身体の接触を回避するようになります。

子どもは1人と決めている夫婦には子どもをつくるような作業は必要なく、ベッドをともにしておくこともありませんので、当たり前の対策といえるでしょう。

子育てに忙しく、女性から母親へと方向変換してしまった

女性の40代~50代、この年代の女性は1人の女として生きるより、子どもの母親として生きることを選んだ人が多く、 女性から母親へと方向変換する年代 と言っても過言ではありません。

この年代の女性の子どもといえば、一般的には10歳から25歳、結婚、出産が早い人であったなら30歳を迎える子どもがいるかもしれません。

 子どもの年齢=母親としてのキャリア であることから、1人の女性として生きるよりも子どもを持つ母親として生きることを選ばざるを得ないという人もいるかもしれませんが、40代という年齢は女性にとってそういう年代でもあるんですね。

ちなみに結婚して10数年経ってくると、夫との距離は結婚当初よりも近くなります。

それは、結婚当初は男と女という間柄で少なからず緊張感が発生する関係になりますが、夫婦として暮らしていくうちにその距離はだんだんと近くなり、家族という緊張感のない関係へと姿を変えていくからです。

これはどの夫婦もそうであり、至って普通の感覚です。

結婚して10数年経っているのにいつまでも夫にときめき、妻に女性としての魅力を感じている人は少ないといえます。

 どの夫婦もいつしか家族になる もので、 男性と女性という関係から、夫と妻、父親と母親という間柄へシフトチェンジ したと何ら不思議はないんですね。

しかし、男性というものは女性よりも強かで、摩訶不思議な生き物といえます。

自分が男性から夫という存在にシフトチェンジしていることを棚に上げて、妻に女性としての魅力を求めるんですから。

妻に他の女性同様、自分に対して女性としての魅力を感じさせてくれるよう女性としてのアピールを忘れないで欲しいと注文つけるようになるんです。

そうすると女性としての色気を忘れてしまった妻を相手にセックスしようとは思いません。

それが不倫を始めるきっかけになる夫もいるでしょう。

そうなれば、女性としての生き方を忘れてしまった妻は家で一人ぼっち…。

夫とのセックスレスを受け入れ、夫からの愛情を待つ女性として生きていくしかないのかもしれません。

40代~50代。妻に魅力を感じなくなる男性心理

身だしなみを忘れた妻を女として見ることができない

結婚して数年、いや10数年経ってくると夫婦も双方を異性として意識するようなことも少なくなってきます。

そうしましたら、相手に対して、 必要以上に気を使うこともなくなる のが普通です。

例えば、女性であれば、出かける用事がない日は化粧せずに過ごしたり、パジャマのままでキッチンやリビングをうろうろ…。

目の前に夫が居たとしてもその格好のままでどしどし歩き、夫にどんな女に見られようとも気にすることもないといった態度で過ごすようになります。

ちなみに、このタイプの女性は身だしなみを忘れた女性と呼ばれます。

どんな夫婦でもそうですが、 血のつながりがある親、兄弟よりも長い年月を一緒に過ごしている と、双方ともに相手のことを異性として意識することがなくなります。

これは、他人同士が結婚という儀式を終えて徐々に家族になってきた証であり、どんなに大恋愛したカップルでも避けられない現実であり、家族となるための超えなければならない山の一つだといえます。

40代50代、はたまた60代、70代となっていたとしても、お互いをいつまでも異性として意識し、結婚当初の愛情をそのままキープしたまま生活している夫婦は極わずかであり、ほとんどの夫婦はその愛情が薄れているといえるでしょう。

相手に 必要以上に気を使わなくなると忘れてしまうのが身だしなみ です。

誰も見ていないからパジャマでいいか、休みの日に化粧するのも面倒だし、誰も来ないのに着飾ることもないなど。

お休みの日、1日中気楽な恰好で化粧もせずに過ごす妻を見て、惚れ直す夫はいません。

1人もいないと言っても過言ではありません。

夫の心の奥底には妻にはいつまでも出会ったままの綺麗で可愛い女性として過ごしてもらいたい、女性としての最低限の身だしなみぐらいは整えていてもらいたいと願っているものです。

女性としての身だしなみを忘れてしまった妻を1人の女として見られなくなった夫が、他の女性に目を奪われたとしても致し方ありません。

それが不倫恋愛という世間には憚られる恋愛だとしても、その恋愛へと夫を走らせた原因の一つが妻の身だしなみにあったとしたら、夫ばかりを責めることはできないでしょう。

人生最後の恋愛がしたい!男の40代50代は恋愛依存症の危険あり

結婚して10数年、 女性の40代50代は心身ともに重要な時期を迎える人生の折り返しとなる年代 ですが、男性の40代50代も女性同様、重要な年代となります。

もしかしたら、 人生最後の恋愛がしたいと強く望む男性もいる のではないでしょうか。

この年代になれば、子育ても一段落し学校行事に参加することも少なくなることから、父親としての時間が減って1人の男性としての時間の過ごし方を考えるようになります。

そうなると、 自分の今後の人生について真剣に考え始める人が増えてくる というわけです。

人生は一度しかありません。

何度も生まれ変われるものではありません。

当たり前のことですが、それだけに 後悔のない生き方をしたいと願う 人もいるでしょう。

人間いつ死ぬかも分からず、いつ大きな病気をするかも分かりません。

そう考えれば、心身ともに健康なうちに、後悔のないよう、やりたいことをしておきたいと考えるのは誰でも同じですね。

そんな悩みを持つ年代に、ふと心を奪われる女性と出会ってしまったら?

その恋愛が不倫だとしても、その女性を人生最後の恋愛相手だと思い、勢いのまま後先考えずに走り出してしまう人も少なくないでしょう。

となれば、妻や子どもを捨ててしまうかもしれません。

人生最後の恋愛相手に出会える確率はわたし達が想像する以上に低いものです。

もしも、その女性が家庭を守っている妻よりも愛情を注げる相手だったとしたら、理想とする女性に会えたとしたら、誰もが家庭を顧みず走り出してしまうでしょう。

夫という立場を長年守ってきた男性にとっては、これが千載一遇のチャンス!

自分が夫ではなく、1人の男性として生きていける場があるとしたならば、人生に一度くらい自分のために走り出す勇気を使っても悪くはない…、そんな風に思い込んでしまったとしても致し方ありません。

金の切れ目が縁の切れ目。妻との価値観の違いを実感

 男性の40代50代は働き盛り といわれます。

子どもが小さいころは子育てにかかるお金もそう大きなものではありませんが、大きくなってくるに従い、学校での経費、塾や習い事、クラブなどの教育費、将来への積み立て、住宅ローンや親の介護費用など、さまざまなお金を用意しなければなりません。

どんなに仲の良い夫婦でも子どもの教育費と親の介護が重なれば、どうしても大きなお金が必要となり、お金のことで揉めるようになります。

夫と妻が 双方ともに価値観の違いを実感し始めるのが、この時期 です。

例えば、夫の言い分はこうでしょう。

自分は食べたいものも我慢して安いランチを探して歩くのに、妻は自由気ままに服を買い、化粧品や靴を買い、パート先が休みの日にはママ友と豪華ランチだ、食べ放題だとせっせと探して予約する。

「ママ友の前で着古した服を着ていけない?同じ服ばかり着られない?俺が500円ランチで妻が1000円も2000円も出してランチ?食べ放題?そんなお金を使う暇があったら、たまには野菜と肉をふんだんに使った栄養たっぷりの弁当や夕食をつくってくれよ!」

妻の言い分はこうでしょうか。

「何よ!自分ばっかり飲んで帰ってきて。わたしに子どもと親の世話を押し付けて!飲んでくる時間があったら、その飲み代を子どもの塾代にさせて欲しいわ」

双方ともに間違ったことは言っていないのですが、お互いの立場が変わると考えること、思うことがこのように違ってくるんですね。

ちなみに 夫が妻に魅力を感じなくなる年代も40~50代 です。

20代30代で出会った女性と10年を超えて顔を突き合わせているとそろそろ 飽きてくる時期がある んですね。

それが40~50代です。

これこそ、金の切れ目が縁の切れ目です。

お金に余裕がなくなると誰もがその怒りと焦りを夫、妻にぶつけます。

そうなると夫は当然のことながら、妻に愛情を持てなくなり、他の女性に目が向いてしまうというわけです。

40~50代。更年期に不倫を始めてしまう女性が多い理由

夫以外の男性と愛し合うことで、女としての価値を確かめたいから

人生の折り返し地点となる40~50代になるとほとんどの人がその後の人生を悔いなく生きていきたいと願うことから、今 までにやり残したことはなかったか、60歳、65歳という仕事をリタイアする年齢に向けて今から準備しておくことはないかと考える ようになります。

夫、妻の他に愛する人がいる場合にはそれまでの夫、妻との人生を捨てて、恋愛中の女性、男性との生活を選択する準備を始める人もいるかもしれません。

結婚している人にとっては不倫恋愛となりますが、世間から後ろ指を指されようとも、その相手との日々を強く望んでしまうのが更年期でもある40~50代という年代になります。

ちなみに、 更年期とは卵巣機能が低下し始めてから消失するまでの時期のこと をいいます。

女性は思春期に初潮を経験した後、20~30代に性成熟期を、40~50代には閉経を迎え、60代以降の老年期へと突入します。

個人差はありますが、一般的に ほとんどの女性が50歳を境に閉経 を迎えます。

その時期にイライラやのぼせ、だるさ、疲労などの身体の不調を経験する人もいるでしょう。

これが、いわゆる更年期障害の症状です。

これらの症状はすべての女性が経験するものではありません。

更年期障害を経験しない人もいますので、安心してくださいね。

この更年期障害の原因には閉経が関係しており、閉経によって女性ホルモンの減少、ホルモンバランスの乱れなどが発生します。

ホルモンの影響を受けることで、イライラやのぼせなどのさまざまな不調を引き起こすとされているのですが、更年期障害の症状で苦しめられている女性は多く、病院から処方される内服薬や市販のサプリメントなどを継続利用している女性も少なくありません。

さて、そんな症状で苦しむ更年期に、なぜ、女性は不倫へと走り出してしまうのでしょうか。

最も大きな理由は、 女としての価値を確かめたいという欲求が出てくる からです。

女性にとって生理とは女性として生きてきた証であり、女性であるというプライドでもあります。

【期間限定】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


その証をなくしてしまうとなれば、誰もが不安に思い、自分が女性としての価値を失ってしまうのではないかと恐怖にも似た焦りを感じる人もいるでしょう。

その焦りから、女性としての価値を確かめたいという強い欲求が生まれてくるというわけです。

確かめる方法はいくつかありますが、最も手軽に確かめられる方法は夫以外の男性との恋愛です。

 夫以外の男性から自分はどんな風に見られているのか 、1人の女性として扱ってもらえるのか、その彼を女性としての立場から夢中にさせることができるのか。

これらの不安を感じながらでも、夫以外の男性と恋愛したいと願う女心…。

更年期という危うい年代は、女性としての人生を終えようとする女性が陥りやすい心のブラックホールとなっているのかもしれませんね。

子育てが終わり、心の奥にぽっかりと穴が開いてしまったから

女性の40~50代は子育てを終えて、 自分の人生を見つめ直すことのできる年代 になります。

忙しかった 子育てが一段落すると心と時間にゆとり が生まれます。

子どもに手がかからなくなったら、あれをしよう、旅行に出かけてみようかとあれこれ考えていた人もいるでしょう。

しかし、中には自分の趣味を見つけられずに、あたふたする人もいます。

例えば、子ども中心の生活だった人です。

子どもが小さなころは保育園や幼稚園、小学校のママ友達とランチしたり、双方の家へ遊びに出かけたりと子どもを中心とすることで人間関係をつくることができていましたが、子どもが大きくになると子どもが自分の世界を持つことから、その時のママ友は疎遠になっていきます。

そうなると、子どもと自分だけの人間関係に逆戻りです。

人間関係が苦手なタイプの人は知らず知らずのうちに新しい人間関係をつくることを拒否してしまうことから家族以外の人間と接点を持とうとしません。

子育てが一段落すると通常は忙しかった時間を少しでも埋めたいとばかりに、してみたかった趣味に挑戦したり、親しい友人と旅行に出かけたり、仲良くなったママ友や仕事先の同僚達とカラオケに行ったり。

ここぞとばかりに自分のしたいことをしようとするものですが、子育て中心だった人は時間の使い方が分かりません。

そうなれば、 夫、子どものいない家の中で一人ぼっちを実感 するんですね。

そんな状態は、こう表現されます。

「心の中にぽっかりと穴が開いた」

ぽっかりと穴が開いたように感じる心の中を埋めてもらいたい、こう強く願う女心に芽生えるのが不倫恋愛です。

最初から不倫しようとは思ってはいないんですね。

この年代の女性の心の中にぽっかりと開いた穴を即座にキャッチできる男性がいるんです。

不思議なことにぴったりと埋まる男性に出会えてしまうんですね。

それは同僚かもしれません。

はたまた子どもの保護者会で知り合った男性かもしれません。

誰かの紹介で知り合った人かもしれません。

 運命とも思えるような男性に出会ってしまう ことで、心の中にぽっかりと開いた穴を埋めようとしてしまうんです。

子育てを終えた後の心のすき間は本人が想像する以上に深く、それだけに 家族崩壊ともなるような大きな危険性を秘めている といえますね。

誰よりも幸せだと思いたいという虚栄心から

40~50代の更年期世代の女性に不倫が多くなる理由に、 誰よりも幸せだと思いたいという強い気持ち の表れがあります。

これは 女性が持つ見栄、虚栄心から出てくるもの ですが、子育てが一段落すると母親の顔ではなく、1人の女性として生きていきたいと願うようになる人も少なくありません。

例えば、子育ての最中に夫が病気で長く入院、また交通事故などで不慮の死を遂げている場合です。

夫が世帯主としての責任を果たせない状況にあると知ると、友人達は口をそろえて「大変ね」「父親の役目を果たすなんて私にはできないわ」「頑張ってね」などの一見温かいような言葉をかけてくれます。

友人達には悪気はないのかもしれませんが、人知れず頑張らなくてはいけない身の母親はこれらの言葉をそのまま受け取ることができません。

温かな言葉の裏に潜む「私にはできないわ」「経済的にも大変よね」「可哀想ね」「しょうがない」「運が悪いのよ」などの悪意に満ちた思いを汲み取ってしまうんです。

そんな思いを抱えながら子育てをしてきた女性が子育てを終えた後に振り返るのが、自分の半生です。

1人で行う子育てを辛いと思う日はなかったと言えば、嘘になるでしょう。

その辛く寂しい日々を埋めたいと望むのは自然なことであり、それを男性からの愛情で埋めようとするのは至って普通の感情であり、自然なことであるといえるでしょう。

シングルマザーですからその相手はシングル男性でなければなりませんが、不思議なことに既婚者との恋愛を楽しむようになるんですね。

その理由は、子育て中にかけられた友人達の温かな言葉にあります。

彼女達の 温かな言葉の裏に潜む悪意への対抗心ともいえる感情が沸々と沸き上がってくる ことから、既婚男性との恋愛を楽しむようになってしまうというわけです。

40代~50代女性が不倫を始めたきっかけ

夫に飽きてきた!別の男性から愛されたいと願う

結婚して10数年経ってくると夫の顔を見ることにも飽きてきます。

夫の声を聞くたび虫唾が走り、夫との会話はスマホのlineのみという夫婦も少なくありません。

 誰にでも飽きはくるもの で、どんなに手に入れたかった物でも手に入れてしまえば興味が薄れてしまう、こんな経験をしたことのある人も多いでしょう。

これは誰もが経験することで、一生大切に持っている、出会ったころの感情を10数年持ち続けることができる人なんて、そう居るものではありません。

そうなるとおかしなもので、 夫以外の別の男性から愛されたいと望むようになる んです。

飽きのきた夫の顔ではなく、 まだ見慣れない顔を見て、再び恋愛を始めたい と願うわけです。

これは人間が持つ本能の一つで、人にはいつでも誰かから愛されていたい、大切にされていたいと素直な欲求があります。

その 素直な欲求をそのまま受け入れるだけの破天荒さを持つのが40~50代の女性 であり、この年代だからこその自由奔放さとでも言いましょうか。

50代を過ぎ60代に突入しようとする女性にはこの破天荒さ、自由奔放さはないと言っても過言ではありません。

まだまだ魅力的な女性でいられる、男性との恋愛を楽しむことができるという自信が織りなす破天荒さであり、女性としての人生を選択できるだけの余裕を持つ40~50代の女性だからこその自由奔放さといえるでしょう。

仕事で失敗して落ち込んでいる時に優しい言葉と態度で接してくれた

40~50代の女性が不倫を始めるきっかけで最も多いパターンは 勤務先での出会い です。

夫や子どもと些細なことで衝突しイライラした気分を隠して仕事をしている時に仕事で失敗した…、そんな時、 不意に優しい言葉をかけてくれた男性と恋に落ちる。 

まるでテレビドラマや映画のワンシーンのようですが、女性が恋を始めるきっかけになる出会いの中でこのパターンが最も多いのはそれだけにインパクトを残す出会いだからといえます。

仕事で失敗して気分が落ち込んでいる時はその落ち込んだ気分のままでは家に帰りたくないと思うものであり、気持ちの切り替えがうまくいかなかったら、帰る足取りも重くなるものです。

同僚達とどこかでその気分をスカッと晴らしてから帰りたいと思う人もいるでしょう。

そんな重い気分を引きずっている時に、同僚や上司から優しい声をかけてもらえたとすれば、落ち込んだ気分はどこ吹く風。

その優しい言葉に後押しされて仕事をまた頑張ろうと思う気持ちへとスムーズに切り替えることができる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、女性の40~50代という年代は結婚して10数年経っていることもあり、 夫から優しい言葉をかけてもらえにくくなっている年代 でもあります。

 それだけに不意にかけてもらった優しい言葉は宝物のごとく心の奥深くまで刺さり、大きな感動を呼ぶ でしょう。

その感動のままにその人のことを好きになったとしても、何ら不思議はありません。

不倫の始まりはこういった何気ない1日の中で起こるアクシデントがきっかけとなる場合が多く、それだけに人からの愛情を強く欲している40~50代女性が多いといえますね。

転職を機に人生観を変えることに成功

子育てを終えた女性は子どもに合わせた生活から自分と子どものことを考えた生活へと変えるため、 短時間のパート勤務からフルタイム勤務へと変える 人が増えてきます。

子どもが大きくなれば教育費も大きくなり、それだけに教育費が生活に重くのしかかってきます。

40~50代となれば、両親の介護問題、自分達夫婦の将来のための貯金などにも気を配らなくてはなりません。

そうなれば、短時間のパート勤務では足りず、稼げるフルタイム勤務へ転職せざるを得ないというわけです。

40~50代の男性は働き盛りだと言われますが、それは女性も同じです。

40代で転職は都心では遅い選択かもしれませんが、地方ではまだまだ間に合います。

特に昨今、すぐ戦力になる40~50代を率先して雇用している企業も多く、それだけに間口は広いといえるでしょう。

さて、40~50代の女性が不倫するきっかけについてですが、やはり 転職先での出会い は多く、フルタイム勤務となれば、一緒に仕事する時間が増えることでご飯を一緒に食べたり、飲み会やイベントに参加するなど、顔を合わす機会、時間が増えてきます。

そうなれば、1人の男性、1人の女性です。

恋愛へと発展したとしても不思議ではありません。

 転職先での出会いが運命を変える出会いとなる 人も少なくありません。

40~50代、まだまだ捨てたものではないようです。

新しい趣味を見つけようとあちらこちらへ。そこでの運命の出会い

40~50代になり、子育て、夫婦生活も一段落したころ、 新しい趣味を始めようとする 人も少なくありません。

その趣味の場で運命の人と出会ってしまったとしたら…。

実は、 運命の人との出会いで最も多い出会いの場は趣味の場 だそうです。

身体を鍛えるために入会したスポーツクラブで、デスクワークの肩こりを楽にしたいと思って始めたヨガ教室で、今の仕事を辞めて料理教室を自宅で開きたいと思って通い始めた料理教室でなど。

わたし達人間の平均寿命は、現在男女ともに80歳を超えています。

その年齢からすれば 40~50代はまだ折り返し地点 であり、人生の半分の時間をアクティブに過ごせるだけの余りある時間が残っています。

そのことを思えば、40~50代で新しい趣味を見つけて始めたとしても遅いことはありません。

その趣味の場で運命の人に出会える確率は人それぞれですが、趣味の場で出会うということは好むものが同じ、いわゆる相性が良いということです。

 相性の良いカップルは恋愛へと発展しやすく、2人が双方を運命の人だと決定づけるのはそう遠くない でしょう。

ちなみに、 女性の場合、20代でやり残したことが多い人ほど40~50代にそのやり残したことを埋めたいと強く思う とのことです。

そうなれば、結婚が早かった人ほど、やり残したことが多いといえますね。

20代前半で結婚した女性で、今現在、夫や子どもからの愛情に満足できない人は要注意。

新しい趣味を見つける時は、不倫恋愛へと発展しやすいことを頭に入れた上で趣味を探し、趣味の場で知り合った人達との付き合いにおいてはある一定の距離を置いた上で付き合うことをおすすめします。

不倫する環境をつくるのがいけないと言っているわけではありません。

敢えて、問題となる行動を取ることもないのではないか、との見解を持って距離を置くことをおすすめしています。

誤解なきように。

心身ともに満たされない更年期女性が不倫を始めてしまう理由とは

40~50代という年代は女性にとっては 女性としての人生の中でも最も重要で、尚且つ危うい年代 であり、この時期の過ごし方で その後の生き方が変わってくる と言っても過言ではありません。

大きなストレスを抱えた更年期の女性はしわやシミ、くすみ、たるみといった肌荒れに悩み、それが原因でうつやパニック障害を引き起こす人もいるほどです。

そんなキーポイントとなる年代に不倫を始めてしまう…、その気持ちが手に取るように女性も多いのではないでしょうか。

 心身ともに満たされない時間が長くなればなるほど、人は孤独を感じる ものです。

その時期に始めてしまった不倫はなかなか抜け出せないといわれますので、現在進行形の人は要注意です。

自分が主導権を持たない不倫は危険です。

流されないよう、自分をしっかりと持って、不倫相手との恋愛はほどほどに。

 自分の価値を下げるような恋愛はあとで後悔する ことにもなり兼ねません。

ご注意ください。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【神言鑑定】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【神言鑑定】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。