不倫・W不倫の究極の二人の形態とは?離婚し一緒になる事を望むだけが全てでない不倫カップル特有の愛の形

振られた・別れたくない
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

不倫していたとしても、 すべての男女が結婚を望むわけではありません。 

中には、 今の関係を少しでも長く続けることができたなら、それが一番の幸せだというカップルも少なくありません。 

なぜ、一緒になることを夢見ないのでしょうか。

不倫カップルそれぞれに理由はあるとは思いますが、一緒になることを目指さない男性・女性の特徴、不倫カップルだからこそ成し遂げられる究極の形態、不倫カップル特有の愛の形についてアドバイスしたいと思います!

Menu

不倫相手を愛しているのに一緒になることを夢見ない男性の特徴

実は単なる遊びだった!浮気性の男が持つ隠しきれない習性

「こんなに愛しているのに、本気で将来のことを考えてくれない」不倫相手とのデートの帰り道、彼との将来に不安を感じ、涙を流しながら帰ったことがある人も多いのではないでしょうか。

不倫が長くなってくると、特に 女性は妊娠適齢期が気になり始めることから二人の将来について本気で考えなくてはいけないと思い始める ものです。

二人の関係が世間一般では不貞行為だとされる不倫であることは重々承知したとしても、女性なら誰もが愛する彼と結婚したい、一緒に人生を歩いていきたい、彼とわたしの子どもを産み育てたいと願うものです。

関係が長くなればなるほど、二人の将来にはそのビジョンがあるはずだと信じて恋愛したいし、彼もそう思ってくれているものと信じて期待を膨らませていたとしても何ら不思議はありません。

なのに、彼からの行動や言動には将来につながるような誠意が一向に感じられない…、となれば、二人の将来のことが余計に気になり始め、デートしていてもいつ言い出そうかと気が気じゃない人も多いでしょう。

そんな毎日をおくっていると、このまま時間だけが過ぎていってしまうのではないかとの不安から、やがては別れの二文字が頭をよぎるようになってしまいます。

この流れは至って普通の流れであり、不倫中の女性であれば、誰もが通る道であり、避けては通れない道であると言っても過言ではありません。

このような長く続いているのに彼に誠意が見られない場合は、 彼には離婚、再婚は期待しない方が良い でしょう。

期待すればそれだけ彼に依存してしまい、依存した分だけ別れが辛くなります。

このタイプの男性は 不倫を遊びでするタイプ であり、分かりやすくいえば、浮気性という病気を持っている男性であるといえます。

「ほかの女のことは分からないけど、わたしだけは遊びじゃない!」こう思いたい気持ちは分かりますが、浮気性の男性の場合、一人の女性では満足できず、いつでも新しい女性を探し歩き、気に入った女性を見れば、所かまわずアタックする習性を持ちます。

遊びだと思って不倫している男性に「わたしは本気だったの」「こんなに愛しているのに…」と訴えても糠に釘、暖簾に腕押しです。

いつまで訴えても、残念ですが、彼の心の奥深くまでは届きません。

浮気性の男性と不倫してしまった場合は将来を夢見て恋愛できるという確証はありませんので、注意しておきましょう。

妻は妻、不倫相手は不倫相手。はっきりと区別する器用さを持っている

男性の中には器用な人がおり、 恋愛と結婚、結婚と不倫をスムーズに使い分けることができるタイプの人が存在 します。

遊び慣れた男性に多くみられるタイプですが、このタイプの男性は何事も器用にこなし、頭が良く、動きもスムーズ、無駄のない行動、言動を好む傾向にあります。

まず、恋愛と結婚を使い分けることについてですが、恋愛中には周囲のみんなに自慢できる美人で連れて歩いても見栄えのする女性を選び、結婚相手には料理、掃除等の家事能力の高い家庭的で癒し系、比較的お金のかからない女性を選びます。

次に結婚と不倫を使い分けることに関してですが、こういった器用な男性は自分が器用であるが故、その器用さで人生を人よりも楽しもうと考えることから、妻にはない魅力を持った不倫相手を選び、その不倫相手に妻では得られない刺激、満足を得ようと画策します。

男性の中には好みが一貫していて、恋愛、結婚、不倫相手がみな同じタイプである人も少なくありませんが、器用な男性はそれぞれに適した女性を配置し、はっきりと区別することで大きな満足感を味わい、自分の人生をよりハッピーなものにしようとします。

満足感を得るということは精神の安定を図っていることであり、このタイプの男性には少なくとも3人の女性が必要だということです。

 女性を適材適所に置くことで満足している男性ですから、不倫相手とは絶対に結婚しません。 

不倫相手との将来については頭の中をよぎることもなく、妻との離婚、不倫相手との再婚は考えもしないでしょう。

このタイプの男性とは幸せな人生はおくれません。

彼のことを本気で愛していたとしても、近い将来、別れがやって来ます。

その日が刻一刻と近づいていることを自分なりに把握して、早めに身の振り方について考えておきましょう。

早めに準備することで、あなたの傷口は小さくて済みます。

小さな傷口であれば、立ち直りも早く、後々まで彼のことを引きずることもなく、平穏無事な日々を早急に取り戻すことができるでしょう。

子どものことが心配な父親思考。情が深いから家庭が捨てられない

不倫しているのに子どもが大切…。

シングル女性からすれば「だったら不倫なんかするなよ」と言いたいところでしょう。

世の中には、 子どもが大切だ大事だと言いながら不倫恋愛を続けているお父さんも少なくありません。 

なぜ、父親のままで暮らせないのか…。

それは 父親という感覚と夫という感覚が別物 だからです。

この感覚は男性に限ったことではなく、女性にももちろん、この感覚は存在します。

すべての男性、女性に存在しているわけではなく、確率でいえば、極わずかな人たちといえますが…、それでもゼロではありません。

ちなみに、このタイプの男性、女性は悪くいえば自己中心的な性格、良くいえば臨機応変な性格を持ちます。

さて、別物の感覚を持った人たちについてですが、子どものいる男性の場合、不倫相手のことをどんなに愛していても絶対に離婚、再婚はしないと言っても過言ではありません。

不倫がバレて妻と離婚となった場合、子どもの親権は妻になる可能性が高く、妻の許しがなければ子どもと会うことができなくなります。

子どもを大切に思っている男性にとっては身体を切られるよりも辛い出来事になるでしょう。

ですから、不倫が妻にバレるような行動や言動は絶対に取りません。

何かをきっかけに妻にバレそうになったとしても、妻からどんなに問い詰められても自分から口を割ることはありません。

また、妻にバレてしまったとしても、妻が「今すぐ別れるのであれば許してやる」と言えば、妻の目の前であなたに電話をかけ、その場であなたに別れを告げるでしょう。

子どもに会えないことを考えれば、この場で別れを決心するくらいなんてことないんですね。

子どもへの愛情が強いこのタイプの男性は子どもから離れられないからこそ家庭を捨てられない、最終的には一人の男性としてよりも父親であることを選んでしまう。

不倫相手であるあなたのことを二の次にする、 自分の感情を優先する自己中心的な性格を持つ男性 といえるでしょう。

不倫相手を愛している。でも最終的に一人を選んでしまう女性の特徴

彼よりももっと良い男性に出会えるかも!可能性は残しておきたい

不倫・W不倫中の女性にとって不倫相手は不貞行為だと後ろ指を指されたとしても守りたい存在であり、素直に愛情を注げる大切な存在であるはずですが、仕事や家庭に不満があり、そのストレスを解消するため、また自分自身の性欲を満たすだけために不倫している女性も少なくありません。

まるで、ひと昔前の男性のような考えだとびっくりする女性もいるでしょう。

ひと昔前といっても、もしかしたらふた昔前、いやそれ以上昔の考えなのかもしれませんが、女性の乙女主義、王子さま症候群はいつの時代もそう変わるものではありません。

確かに現在は男女平等の時代であり、不倫で泣かされるのは女性だけではなく、妻の不倫に泣かされる夫も少なくない時代です。

そんな時代だからこそ、女性も いつかは会えるたった一人の王子さまを待っている といえます。

これが、王子さま症候群ですね。

ちなみに、いつでも恋していたい恋愛体質の女性は漠然としないまでも心の奥深くに待ち焦がれている人を存在させているもので、その男性に出会えることを強く望み、その人に出会うために今の生活に甘んじて暮らしていると言っても過言ではありません。

女性はシンデレラのように、探して見つけ出してくれるたった一人の王子さまを待っていて、その王子さまに出会えたら最後、一目散に駆け出して行くだけの勇気を持っています。

「何を少女みたいなことを言っているんだ」と現実主義の男性はきっとこう言ってその考えを一蹴することでしょう。

しかし、 多くの女性は恋愛して結婚したとしても「こんなはずじゃなかった」「もっと愛せる男性が現れるかもしれない」「夫よりも愛してくれる男性と出会えるかもしれない」と自分の女性としての能力を高めに判断して、いつでも胸をときめかしているもの なんですね。

今不倫中の彼を愛していたとしても、それは愛でなく情なのかもしれません。

不倫相手と一緒になることを望まない女性の心の奥底には、今よりも好みの男性が現れるかもしれない、今よりも条件の良い男性と出会えるかもしれないとの思いを強く抱く、追いかけるタイプの恋愛を好む女性であるといえます。

運命の相手に出会える可能性を信じて待っている、このタイプの女性は遊び以上本気未満の不倫恋愛しかできません。

それだけに、自分自身をどこか客観的に見るだけの冷めた目を持っていて、その冷めた目が不倫の泥沼化にブレーキとかけているといえるでしょう。

因果応報が怖い…。彼の妻を泣かせてまではと考えてしまう

不倫・W不倫している女性の中には、彼の奥さまから彼をとってまでもこの恋愛を成就させたいと望むタイプの女性と、彼の奥さまや子どもを悲しませてまで恋愛を成就させたいと望まないタイプの女性がいます。

どちらにも正義はあり、どちらが悪いとも言えませんが、 不倫の果てに行き着く場所は相手の女性の性格が大きく関係 します。

その女性のおさめ方によって、彼の妻、子どもの運命が左右されると言っても過言ではありません。

「不倫は悪いこと、頭では分かっていても彼のことが好きだった…」「でも、自分のせいで彼の子どもを片親にはできない」「彼の奥さんから恨まれるのが怖い」この流れで不倫相手である男性を諦めてしまうのは、やはり女性の心の中に自分を大切にしたいという強い思いが渦巻いているからだといえるでしょう。

このタイプの女性は、 彼の奥さんを泣かせてまで不倫恋愛を成就させたいとの強い愛情がない ことも確かですが、更にもっと突き詰めて考えれば、 因果応報が怖い からだともいえます。

因果応報…。

仏教から来た言葉ですが、簡単に説明すれば、因果は原因と結果、良い行いをしていれば良い結果となり、悪い行いをしていれば悪い結果となること、また、過去に起こした善悪が原因となり、その報いとして現世に善悪の結果が持たされることを言います。

自分が彼の妻を泣かせたとなれば、彼と結婚しても、彼の新しい不倫相手から自分が泣かされることもある…。

この因果応報を避けたいがために、彼とは一緒にならないと決めている女性も世の中には少なからずいるものです。

誰かを泣かせれば、いつかは自分も誰かに泣かされる。

このことを十分に理解した上で自分の気持ちをコントロールできる女性は、計算高さと男性並みの頭脳が魅力で、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンの素質十分の女性であるともいえますね。

自分を客観視できる人はあながち大きな間違いは侵さないもの。

この自分の気持ちをコントロールする器用さと思慮深さが不倫・W不倫には最も必要なものなのかもしれません。

自由な恋愛がしたい!一人の男性に縛られたくない


女性だって、男性を選り取り見取りとなる立場になってみたいものですよね。

そんな幸せな環境でのびのびと暮らしている女性がいたとしたら?素敵な恋愛に憧れる女性たちから羨望のまなざしを受けていることでしょう。

不倫は、今や男性だけのものではありません。

妻という立場にありながらでも、好みの男性にアタックして不倫カップルとなる場合も少なくありません。

そんな時代だからこそ、 自由な恋愛を楽しみたい こう考える女性もいるでしょう。

不倫・W不倫中の女性の中にはこの自由な発想で不倫をしている女性も多く、それらの女性はみな家庭は家庭、不倫は不倫というはっきりと区別して、自分の思いのままの生活を楽しんでいます。

 このタイプの女性の考えはストレートで正直、自分の思いのままに生きる ので、不倫相手との別れが突然やって来たとしても、その別れに異を唱えることもありませんので、修羅場になることもないという特徴があります。

簡単に別れるから不倫相手のことを愛していないのでは…と思われがちですが、決してそうではありません。

好きだからこそ不倫という危ない橋を渡っているのであって、好きでもない男性と大切な時間を割いてたびたび会ったりはしないものです。

それでも自由な恋愛がしたい、一人の男性に縛られたくないという思いが勝ってしまうのは、その女性の持つ性格による影響が大きいといえるでしょう。

彼よりも会社の地位・信頼が大切。キャリアウーマンならではの発想

女性の中には 欲しいものすべてを手に入れなければ満足しない タイプの人がしばしばいます。

例えば、子育て、家事に協力的な優しい夫を持っていて、国家資格を有する者であり満足できる仕事をこなし、その仕事上においての社会的立場も持っている、女性から見れば、この上ない幸運な女性の一人だといえるでしょう。

外から見れば誰もが羨むような生活をおくっていても、この女性はまだ満足してはいないのです。

その 心の隙間を埋めてくれるのが不倫相手 です。

心の隙間を埋めてくれるだけの存在であれば良いわけですので、その埋めてくれる男性のことを本気で愛しているわけではありません。

ただちょっと寂しい時に会って話をして心の隙間を埋めて、エッチして身体を満足させて帰宅する…。

男性並みの発想ですが、これぞキャリアウーマンの発想といえるでしょう。

キャリアウーマンは社会的地位、社会的信頼を重要視します。

ただ一度の失敗ですべてを失ってしまうような、子どもだましの失敗は絶対にしません。

できないと言った方が正解でしょうか。

だからこそ、最終的に選ぶのは不倫相手ではなく、仕事なのです。

昨今、女性の中には結婚して子どもを産まない人生を選ぶ人が増えていますが、結婚に夢が描けないという現実もありますが、仕事を一生の仕事と決めて就職する人が増えたことによって結婚よりもキャリアを選ぶ人が増えている証拠ともいえます。

この考えは昭和では考えられない発想でしたが、平成、令和の時代は女性が一人で生きていくことに抵抗がなくなったこと、女性一人で暮らせる生活環境が整ってきたことが女性の生き方を変えていると言っても過言ではないでしょう。

不倫カップルならでは!不倫だからこその愛の形

会いたい時に会える!気分次第で恋愛できる自由さがカギ

愛する人に会いたい時に会えて、エッチしたい時にエッチできる関係…、それが不倫の醍醐味ですよね。

この醍醐味を味わいたいためだけに不倫を続けているカップルも少なくありません。

そこに恋愛の楽しみがあるわけですが、通常の恋愛であれば許されないことが不倫であれば許される場合があります。

その一つは、自由気ままさです。

 会いたい時に会うのは自由恋愛の究極の形ともいえる形態ですが、この自由気ままさは不倫の究極の形態 でもあります。

通常の恋愛の場合、どちらかが会いたいという思いがあってももう片方に会いたいという思いがなければ、その思いは相手に通じず、そのことで相手を責めてしまうことがしばしばあるものです。

しかし、不倫となれば、別です。

例えば、女性が「会いたい」と連絡をしたとしましょう。

男性側に用事や家族との約束がありその日は会えないとの返事があったとします。

通常の恋愛の場合には、会いたい気持ちを分かって欲しいという思いから「なぜ、会ってくれないの?」「あなたは会いたくないの?」「誰とどこに行くの?」と責めてしまうことも多いでしょう。

ですが、不倫の場合は「分かった」「また連絡してね」等の短い言葉で返事を終わらせなければなりません。

不倫の場合、「なぜ会えないの?」は禁句だからです。

会えない理由は相手に家庭があるからであり、それが分かって付き合っているわけですから無理は言えないもの。

それを分かっての付き合いですから、会いたい時に会って、エッチしたい時にエッチする自由気ままな状態で恋愛できるんですものね。

もう一つは、無責任さです。

 不倫の場合、一般的に結婚して家庭を持つような大きな責任感は必要ありません。 

不倫相手に子どもができたとなれば別ですが、それ以外に男性が不倫相手の女性に、またW不倫の相手に責任を感じることは皆無だと言っても過言ではないでしょう。

不倫相手が妻に対し、慰謝料を請求できるケースは稀で、ほとんどの場合、妻が精神的苦痛を受けたとして、不倫相手と夫に慰謝料を請求します。

【期間限定・1月26日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


法に守られているのが戸籍上の妻であることは揺るがない事実なんですね。

だから、不倫相手と別れる際、よほどのことがない限り、金銭的な欲求は通らず、女性の場合、どんなに苦しい日々を過ごしてもほぼ泣き寝入り、不倫相手にプレゼントしたもの、不倫相手に費やした時間や金銭は戻ってこないと言っても過言ではありません。

このことを十分に踏まえた上で、不倫相手との恋愛を続けることをおすすめします。

これぞ純愛。絶対に別れられない運命の相手との出会い

不倫・W不倫でも中には 純愛とも呼べるような美しい恋愛 があります。

相手のことを理解して尊重し、信頼し、相手のことだけをただひたすらに愛するのが純愛です。

不倫なのに純愛はおかしいと言う人もいるかもしれませんが、不倫であっても純愛は純愛。

二人の間に純愛が示す理解、尊重、信頼があれば、それが健康な愛情でなくても立派に純愛なんですね。

 純愛の相手とはいわば運命の相手 です。

このような運命の相手と出会えた人は果報者、幸せ者です。

この広い世の中で運命の相手に出会える確率はものすごく低く、広い海の中で一本の針を探すような難しさでしょうか。

世界中をどんなにさがし歩いても早々出会えるものではありません。

そんな運命の相手に会えたなら、それだけで幸せな人生といえるでしょう。

なのに、その運命の相手と恋愛し、双方ともに同じような思いに駆られて恋愛する…、ラッキーな人生を神さまからいただいたあなたは世界一の幸せ者だと言っても過言ではないでしょう。

ただ神さまのいたずらからか、出会えた相手には自分よりも先に生涯をともにすると誓った伴侶がおり、その伴侶との間に子どもが産まれている…、となれば、双方ともに納得できる状態をつくれるよう二人で力を合わせて協力するしかありません。

それは相手の離婚をいつまでも待つことなのかもしれない、また離婚や結婚という一般的な形式にとらわれずに二人の心の奥底だけで永遠の愛を誓い合い、誰にも知られずに付き合っていく、この二つしか方法はありません。

もしも、待つ方が女性であった場合には彼の子どもを産める女性にとっては最も大切な時期を逸してしまうかもしれず、それでも彼を信じて待っていたいと強く願うのであれば、子どもを産まないことを前提に付き合っていくしか手段はないのです。

 女性側から見れば、純愛の結末は悲しくも寂しい現実が待っているかもしれませんが、それが愛する人のためだと思えば苦にはならないでしょう。 

ワクワクどきどきが止まらない!刺激を受けることで盛り上がる恋愛感情

不倫する人たちの中には隠れて恋愛することに大きな刺激を覚え、その刺激が忘れられない人も少なくありません。

通常の恋愛であれば隠れて会う必要はなく堂々と街を闊歩してデートできますが、不倫は誰の目にも触れられない場所で二人きりで会い、二人だけの時間を楽しみます。

この誰の目にも触れない二人だけの時間を楽しむことこそが、二人の恋愛感情に火を点けて、徐々に大きな刺激へとつなげていきます。

その刺激は二人の愛をより深いものへとつなぎ合わせ、いつの日か、刺激のない恋愛ができないような、 通常の恋愛では味わえない偏った愛情 へと変えてしまいます。

こうなってしまっては、二人は刺激の虜です。

その刺激は、いつしか彼・彼女と一緒の時間を過ごすことで生まれている刺激であると気づき、その刺激なしでは恋愛ができないと錯覚を起こしてしまいます。

これぞ、不倫の醍醐味ですね。

周囲に隠れて二人だけの恋愛を楽しむ。

二人だけが知る二人の世界。

誰にも邪魔されない二人だけの共有する時間。

こんな極上の時間を愛する人と過ごすとなれば、 誰でもその刺激と心地よい時間の虜になるのは想像に難くありません ね。

あなたしか見えない…。人生をかけた本気の恋愛

不倫には本気の不倫恋愛、遊びの不倫恋愛の二つがあります。

どちらも不貞行為と呼ばれる不倫恋愛ですが、本気の恋愛の場合には修羅場になる確率が高く、後々まで夫婦間の感情の行き違い等でトラブルが生じるために熟年離婚へと発展しまうカップルも少なくありません。

たった一度の過ちで、人生が狂ってしまう…。

それが、本気の不倫恋愛の怖さです。

遊びであれば、一時の気の迷いで終わらせることができますが、本気の恋愛となれば、その時間はどちらかがやめようと言い出すまで続きます。

もしかしたら、やめようと言い出すのはもう人生が残り少なくなる時期かもしれません。

それほどまでに双方の恋愛感情が強い場合も少なくなく、このような場合には不倫関係が半永久的に続くと言っても過言ではないでしょう。

これぞ、まさしく 人生をかけた恋愛 ですね。

不倫を知った友人たちの中には家庭を壊すことを良しとせず、どうにかして不倫をやめさせようと説得している時「たかが不倫じゃないか」という言葉を口にすることが多いと思いますが、本気の不倫恋愛をしている当事者たちにとっては「たかが」ではないのです。

自分の 大切な人生をかけた恋愛は誰にでも訪れるものではなく限られた人だけが体験できる恋愛 ともいえます。

もし、不倫相手が本気の不倫恋愛の相手であり、相手に家族を捨てる意思がある場合、自分の人生を犠牲にしてまでも得たいと思えるほどの人物であったなら、その人がけじめをつけるまで待ってあげても問題はないでしょう。

それだけの人に出会え、恋愛できることは稀有なことであり、その稀有な人に出会えるだけでも通常の恋愛をしている人に比べれば、かなりの強運の持ち主であると言っても過言ではありません。

不倫カップルだからこそ!成し遂げられる究極の形態

相手のことを思いやり、綺麗に別れることこそ、究極の愛の形である

不倫カップルには、その人それぞれにさまざまな別れ、終焉があります。

例えば、こんな場合です。

女性は不倫相手である男性を本気で愛している、でも、愛する彼にはまだ父親を必要とする幼い子どもがいて、その子どもの将来を考えると、家庭を捨てさせるわけにはいかない…、このような場合、 不倫相手である男性の子どものこれからの成長を考えると綺麗に別れてあげることしか選択肢はありません。 

男性は不倫するくらいですから、妻のことは何とも思っていないでしょう。

しかし、血を分けた子どもは可愛いはず。

妻と離婚となれば、 揉めるのは決まって慰謝料と子どもの親権、養育費 です。

その子どもがまだ幼いとなれば、幼い子どもから父親を奪い去ってしまうのはどんなに強い女性も気が引けてしまうものですよね。

こういった場合、不倫相手のことを思いやって綺麗に別れてあげることで、彼への愛情を示すしかありません。

不倫相手の男性は将来子どもが大きくなった時、この時の女性の対応に感謝するでしょう。

彼の妻との泥沼…。修羅場と化した終焉こそが究極の愛の形である

不倫・W不倫は当人が想像もしない方向へと発展してしまう場合も少なくありません。

例えば、この場合です。

不倫相手であるシングル女性の妊娠適齢期が近くなってきたころ、突如として出てくるのが「彼の子どもが欲しい」という欲求です。

女性には子どもを産む妊娠適齢期と呼ばれる時期があることはよく知られています。

その年齢を目安に婚活している女性も少なくないでしょう。

そんな 大切な時期に付き合っている彼のことを本気で愛しているとすれば、その相手が不倫相手であったとしても彼の子どもを産みたい、彼と一緒に子どもを育てたいと思うのは自然の流れ であり、適齢期の女性が持つ一般的な思考だといえるでしょう。

そうなると、待っているのは修羅場です。

子どもを産むには彼を家庭から引き離し、結婚しなければなりません。

彼の奥さまが簡単に離婚届に印を押してくれれば問題は即座に解決しますが、そんなに簡単には印を押すはずはありません。

一般的にいえば、夫が不倫している場合、不貞行為を働いたのは夫であり、責められるべきは夫になります。

その夫から「不倫相手の女性が子どもを産みたいと言っているから離婚して欲しい」と聞かされて、妻が「はい、分かった」と印を押してくれるはずはないと言っても過言ではありません。

夫の不倫を知っていて、以前から離婚したいと考えていたのであれば、この離婚は渡りに船で離婚話はスムーズに進みますが、それは子どもがいない場合です。

子どもがいれば養育費の問題があり、そう簡単には印は押せないものです。

不倫を知らなかった妻は、夫から離婚を告げられ、何を思うでしょう。

妻は妻なりに一生懸命に家庭を守り、子どもを産み育て、夫や子どものために食事をつくり、掃除機をかけ、洗濯をする。

家族みんなが過ごしやすい家をつくろうと必死になって頑張ってきたのに、 夫の不倫、愛人が子どもを産みたいと言っていると聞かされれば、妻はただ驚愕するだけでなく自分の今までの人生までもを後悔し夫の行動や言動を呪う ことでしょう。

そうなれば、修羅場は当然のこと。

不倫相手である女性にとってはここで負けるわけにはいかない、妻も妻の意地があり、絶対に負けるわけにはいかない。

どちらが勝っても二人の女性の間で夫はウロウロ、ハラハラ…。

男性は、このような修羅場になって始めて、不倫の究極の愛の形が実感できるのではないでしょうか。

ちなみに、修羅場は不倫の王道であり、避けては通れない道であるとも考えられます。

 二人の女性が一人の男性を奪い合う、不倫だからこその究極の愛の形 だといえるでしょう。

略奪愛成功!幸せの絶頂にいる存在になるのが究極の愛の形である

不倫・W不倫の終焉は涙なくしては語れないものですが、極わずかではありますが、不倫相手が夫、もしくは妻と離婚し、結婚できるケースがあります。

世間では、この愛の形を略奪愛と呼びます。

芸能人にも多い略奪愛ですが、この 略奪愛を成功させるにはいくつかの条件が重なることが最低条件 となります。

例えば、不倫相手に子どもがいない、妻、もしくは夫との間に愛情がなくなっている、慰謝料、養育費等の支払わなければならないお金を用意できる等です。

不倫・W不倫からの略奪愛を成功させるにはお金が物を言うケースが多く、彼の妻、または彼女の夫が離婚に応じるための金銭を要求してもらうことで解決しやすくなります。

その要求額を受け入れることができれば、離婚は即座に解決、修羅場になる可能性が低くなり、彼の妻、彼女の夫と揉めることも少ないといえるでしょう。

ただし 略奪愛を成功させるには、不倫相手との考えの一致が必要不可欠 です。

どんなにあなたが彼、もしくは彼女の離婚を望んでも、彼・彼女にその気がなければ、単なる絵に描いた餅になります。

また、略奪愛を成功させるには二人の考えが一致していること、どちらもが離婚、結婚を望んでいること、二人を祝福してくれる仲間がいなくても愛情は変わることなく強い絆で結ばれていることが必須条件でもあります。

略奪愛を成功させ、幸せの絶頂にいたいと望む時は彼、彼女を愛することはもちろん、二人の将来のビジョンを克明に描いておくことが必要です。

一度別れて再び付き合う。同じ相手との不倫こそが究極の愛の形である

不倫・W不倫している時、何かのきっかけで家族にバレてしまい、そのまま会うのをやめてしまう…。

通常、周囲に不倫がバレたら、どんなに相手のことを愛していたとしても、周囲からの強い反対を受け、不倫相手とは話し合って別れる、第三者の力を借りて解決する等の行動を起こします。

この場合、 自分の意思で別れたわけではないので心の奥深くに相手への未練が残りやすく、それだけにいつまでも忘れられず長く引きずってしまう 人も少なくありません。

家庭を選んでしまった自分を責め、ただ会社に行って仕事をして帰って寝るだけの毎日の繰り返し…、その生活を選んだ自分を疎ましく思い、自暴自棄になりそうな自分を諫める日々…。

まるでテレビドラマの主人公のようですが、本気の不倫だった場合、いつまでも相手のことが忘れられず、その未練を断ち切ろうとしても断ち切ることができない自分に腹が立ち、妻を恨んでしまいそうになる自分を持て余してしまう。

こんな時に、再び、 不倫相手と再会したとなれば、二人の愛は以前よりも増して燃え上がる でしょう。

こうなってしまっては、どんなに周囲が反対したとしても、離れることはできません。

一度別れた不倫相手と…、再び愛し合う。

不倫・W不倫の究極の愛の形はこの形かもしれません。

これほどまでに愛せる相手にはそうそう会えるものではありません。

運命の相手ともいえる相手に出会えた時は彼・彼女の手は離さないことをおすすめします。

不倫・W不倫の終焉は泥沼化しない!それぞれの形にそった恋愛がある

不倫・W不倫の 愛の形はそのカップルそれぞれによって異なるもの です。

 人間の数だけ恋愛パターンがあるもので、その数だけの寄り添い方があるもの です。

不倫・W不倫を長く続けるためには双方の考えをストレートに話す場を設け、その情報をいつでも共有しておくことが大切です。

愛の形は二人でつくるもの。

会話を絶やさず、スマートな恋愛ができる時間を二人でつくっていきましょう。

【期間限定・1月26日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。