不倫相手の離婚待ちで辛い…苦しい女性へ。別れるべきか?待つべきかの判断基準

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

不倫中の彼から「離婚するから待っていて欲しい」と言われれば、女性なら誰でもその甘い言葉を本気にしてしまいます。

でもいつまで待ってもなかなか離婚が成立しないのを見ると、 待っているだけしかできない女性の心は苦しく辛いもの です。

そんな甘い言葉を囁く既婚男性の特徴、離婚待ちする女性の苦しみ、離婚を成立させて一緒になってくれる道を選んでもらうためのテクニックを紹介したいと思います。

既婚男性が不倫相手に囁く期待させるような甘い言葉と態度

「愛しているのは君だけだ」と耳元で囁く


不倫中の彼に耳元で「愛しているのは君だけだ」と囁かれると誰もがその言葉を鵜呑みにしてしまい、いつかは彼と結婚できる、それまで我慢の日々だ、彼の言葉を信じて待ってみようと考えるものです。

デートのたびに囁かれていると、毎回同じセリフを言ってくると思って本気にすることもないと思いますが、ごくたまに囁かれると彼の本気度を実感して期待する方もいるでしょう。

 「愛しているのは君だけだ」遊び慣れている男性が口にしやすい決まり文句 の言葉ですが、不倫という特殊な関係を続ける女性にとっては、現実社会から自分を連れて行ってくれる王子さまを見るような、そんな錯覚を起こしたとしても致し方ありません。

この使い古されたかのような言葉にはある種の魔力があり、聞いた女性にとっては「わたしだけに言っている」「彼にはわたしが必要だ」と錯覚を起こしてしまうだけの威力があるのです。

それというのも、彼との将来を考えるからこそであり、彼との結婚を望んでいるからこそでしょう。

彼が囁く甘い言葉に酔ってしまい、彼のことしか見えなくなる。

自分の存在価値を認めてくれたと勘違いし、さらに彼にのめり込んでしまう。

なぜ、彼がこのような言葉を囁き、このような行動に出るのか、受け身の女性にとってはその言葉、行動を全面的に信用したいところですが、実は彼のこの行動・言動にはある怖い理由が隠されているかもしれませんので、注意が必要です。

1つには、あなたのことを離したくないからです。

あなたのことが大好きで、ほかの男にはとられたくない、彼の元から去って行かないようつなぎ止めておきたいからです。

こう聞けば、本気で愛してくれていると思いがちですが、そうではありません。

甘い言葉を囁く男性というのは自分の立場を弱くされることを嫌う傾向にあります。

例えば、あなたの存在です。

彼とあなたが同じ会社に勤務しているとしましょう。

彼にとっては、あなたは恐怖の存在であり、何があってもあなたの口を封じておかなければなりません。

そのためには「愛しているのは君だけだ」と囁くぐらい、なんともないのです。

もう1つは、あなたを試しているからです。

彼の心の奥底にはあなたの本心が見えていません。

あなたの本心を探るために、あなたが喜ぶ甘い言葉を囁き、あなたの本心を探ろうとしているのです。

既婚男性にとって不倫相手というのは、同じ秘密を共有する同士のような関係ですが、不倫相手が本音をあまり語らない性格であれば、まず、本音を聞き出しておく必要があります。

本心を知っておかなければ、今後の計画も立てませんからね。

あなたが彼との結婚を考えていて、彼があなたとの結婚を望んでいない場合、また、反対に、彼があなたとの結婚を望んでいて、あなたが望んでいない場合、どちらにしても彼はあなたとの今後の付き合いを考えなければなりません。

同じ考えをもてない相手とは長くは付き合えないものです。

「愛しているのは君だけだ」の言葉はテレビドラマの主演俳優が囁くような甘い言葉ではないかもしれない、そのことだけは頭に入れておきましょう。

「妻には愛情をもっていない」真面目な顔で言う


不倫という関係で既婚男性が不倫相手に囁く言葉にはさまざまな言葉がありますが、「妻には愛情をもっていない」という言葉を真面目な顔で言われれば、その言葉を信じようと努力する女性も多いでしょう。

この言葉は3つのシチュエーションで意味合いがまったく違ってきますので、それぞれのシチュエーションで説明したいと思います。

まず、既婚男性があなたより10歳以上年上で、会社で重責を担う立場にある彼の場合です。

重責を担っているということは社会的責任をもって仕事に就いている人とであることが想像できますので、この言葉を真面目な顔で口に出したということは100%信じてもいいと判断できます。

次に、気心の知れた同級生、または先輩後輩の仲の場合ですが、この場合は50%の確率です。

50%だと判断する理由は遊び足りない30代40代の年代であったなら尚更ですが、「妻には愛情をもっていない」という言葉を口に出すことであなたの気を引きたい、ただそれだけの理由だからです。

本気であなたとの結婚を考えているのであれば、30代40代の男性はこう続けるでしょう。
「妻には愛情をもっていない。だから、君との今後を真剣に考えたい」

最後は、友人の紹介で知り合った年下の彼の場合です。

友人の紹介で不倫相手を探していることにも軽さがにじんでいますが、真剣度は10%以下でしょう。

あなたに「妻には愛情をもっていない」という言葉を伝えることで、あなたがどういう行動・言動を起こすか見ているわけですね。

このタイプは 最も質の悪いタイプですので、のめり込んでしまわないよう注意して付き合わなければなりません。 

「こんなにも人を好きになったことはない」涙ながらに訴える


「こんなにも人を好きになったことはない」 まるで悲劇のヒーロー です。

この言葉を口に出せる既婚男性は少ないと思いますが、囁かれた女性は悲劇の恋のヒロインになったような気持ちよさを感じ、ますます彼におぼれていくでしょう。

今流行りの年下の彼は、ただ笑うだけでも可愛い、不意に顔を上げた瞬間の横顔を見るだけで幸せ、すっと腕を組ませてくれる優しさが嬉しくて、彼から離れられない。

こんな感じでしょうか。

彼には天性の魅力がありますので、このタイプの男性と知り合い好きになってしまうと、人生をダメにしてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

女性として生まれたのであれば、 一度はとろけるような恋愛をしてみたい と誰もが望みますが、 その夢を見させてくれるのがこのタイプの男性 です。

彼がなぜ、こんな甘い言葉を口にするのか、不思議に思う方もいるでしょう。

それは1つにはあなたを繋ぎ止めておきたいから、もう1つは邪悪な心から出るあなたに対する遊び心です。

繋ぎ止めておきたいというのはあなたのことを本心から愛していて、あなたに嫌われるのが怖いからといった理由ですが、邪悪な心から出た言葉であれば、ニュアンスは変わってきます。

この言葉を口に出すことであなたがどういう反応を見せるか見てみたいという興味があることに加え、あなたを自分の虜にすることでうまく操ろうと考えているとも想像できます。

一般的に男性は、そうそう涙を見せるものではありません。

涙もろい性質の男性もいますが、真面目な話をしている時に泣けるのは女性の専売特許ともいえる得意技であり、男性にはこういった才能をもつ人は少なく、一生懸命に伝えようとしている時に涙を見せてしまうと話が途中で切れてしまう恐れがあるため、通常は涙を見せることはしません。

その涙を見せることができるということは、演技であると考えるのが妥当です。

甘い言葉には裏がある。

疑ってかかるのは寂しいことですが、愛する彼のことを心から信じるには彼の本心を知ることも大切ですよ。

「妻との離婚が成立したら結婚しよう」究極のプロポーズ


「妻との離婚が成立したら結婚しよう」こう言われれば、不倫中の我慢も吹っ飛びますね。

愛する彼には家庭があり、古い言葉ですが、日陰の身として我慢の日々だったあなたには夢が叶う瞬間だと思っても不思議はありません。

しかし、いつまで待っても離婚できるような気配がないとなれば、いつまでも夢心地でいるわけにはいきません。

この言葉を口に出す男性は大きく分けて2つのタイプに分けることができます。

1つは心の奥底にはあなたとの結婚がありますが、妻が離婚になかなか応じてくれないために、 あなたを繋ぎ止めておきたいという切実な思いから口に出した 場合です。

顔の表情を見れば、この言葉が嘘でないことが分かっていると思いますが、それでも信じられない時は具体的なことを問い合わせてみましょう。

例えば、「奥さんは離婚に応じてくれそうなの?」「離婚が成立するのはいつぐらい?」等。

この言葉の返事に窮した時は、要注意です。

もしかしたら、単なる気まぐれでこの言葉を口に出したかもしれません。

続いて、もう1つの場合ですが、それは、妻とあなたへの期待から出た時です。

人は口に出すことで成し遂げてみせるという確実な決意をすることがあります。

何かを始める際、口に出すことで決意が固まることがあったでしょう。

それと同じです。

 「妻との離婚が成立したら結婚しよう」は「妻との離婚を成立させたいと思っている。そうすれば結婚できるから、それまで待っていて欲しい」という言葉が本音 であり、そうなりたいという希望的観測ですが、この言葉に嘘はないでしょう。

彼からの究極のプロポーズがあった時は、その言葉に従い、素直な気持ちで待ってみるのも、良い判断だといえます。

口だけで離婚できない既婚男性の特徴とは

見栄っ張りな口だけ男

男性 決心
妻とは離婚するなんて甘い言葉を囁く既婚男性の特徴といえば、見栄っ張りな口だけ男です。

男性女性関係なく誰にも見栄を張りたい時はありますが、それは自分を奮い立たせようとする時や誰かのために嘘を言わなければならない状況になった時、何かを守らなければならない等に限ります。

しかし、そうではなくて、 目の前にいる人を黙らせるために張る見栄は心のこもっていない単なる合言葉のような見栄である と言っても過言ではありません。

不倫中の彼が「妻とは離婚する」「離婚しようと考えている」「妻に愛情はない」等の甘い言葉を並べる時がしばしばありますが、いつまで待ってもその言葉の責任をとらない男はただの見栄っ張りな口だけ男だといえるでしょう。

男性は得てしてずるいことを考える時があり、それが顕著に現れることがあります。

見栄を張ることが悪いことだとは言いませんが、不倫という共有する関係をもつ女性に対して張る見栄はその女性にとってデメリットになることが多く、双方の信頼を失うことにもなりかねません。

このような口だけ男の離婚を待つのは無駄な時間となる場合が多いので、本当に彼を愛しているのか、あなたの今後の人生に必要な人なのか、2人の将来を思い描くことができる人物なのか、冷静になってみて、じっくりと考えてみましょう。

気持ちが決まれば、後はその決めた道を突き進んでいくだけです。

迷っているうちは、彼に離婚を攻めることはやめておきましょう。

妻を巻き込む修羅場と化した状態となれば、2人の明るい将来は遠くなるだけで、楽しい未来なぞは待っているはずもなく、それが別れのきっかけになることもありますので、慎重に行動することをおすすめします。

自分大好きなナルシスト男


男性にはさまざまなタイプがいますが、 自分を大切にする自分だけをこよなく愛するナルシスト男であった場合、その男性が妻と離婚することを約束したとしてもその約束が守られる可能性は低い といえます。

ナルシストな男性は自分を傷つけることを嫌う傾向にありますので、離婚して自分の今までの過去を捨てたりはしません。

わたし達は仕事をして生活する糧を得ないと生きていけません。

何を当たり前のことを言っているのかと思うかもしれませんが、ナルシストな男性は離婚を一つの傷としてとらえますので、絶対に離婚はしないと考えられます。

過去であれ、妻を愛した自分を否定するような行動はとらないものなのです。

不倫相手であるあなたに「妻とは離婚する。愛しているのは君だけだ」と甘い言葉を囁いても、その言葉を口にする自分に酔っているだけで、約束するために口に出している言葉ではありませんので、注意して聞くようにしましょう。

なぜ、こういった理不尽な言葉がスラスラと口に出るのか。

口に出した責任、聞かせた責任があると思って生きている女性には到底理解できない男性の一人ですが、ナルシストだからこそ口に出せる言葉でもあるのです。

もしあなたが現実主義タイプでしたら、このタイプの男性と結婚してもうまくいかないと断言できます。

彼のことをどんなに愛していたとしても、いつかは彼のナルシストな部分が鼻につき始め、徐々にストレスが溜まり、そのストレスを解消できなくなった時、それが喧嘩の原因となり、やがて不倫解消を迎えるでしょう。

彼のどの部分を好きになったか、考えてみましょう。

顔、スタイル、声、話し方、笑顔等々、見た目で好きになったのであれば、好みの見た目をもっている男性を探すことで、別の人生を歩むことができますが、彼のナルシストな部分も含めて性格を好きになっている場合は、彼にそういったクセがあることを承知して付き合わなければなりません。

それだけの覚悟が必要になることを自覚して、彼が離婚してくれる日を待っていましょう。

いい加減な言葉と態度で逃げる無責任男


「彼はいい加減で無責任なとこがあるから」付き合っていくうちに分かった彼の性格だけど、それも含めて大好きだという女性もいるでしょう。

ですが、このタイプの男性は 口ばっかりで離婚できない男性 だと言っても過言ではありません。

口がうまいということは明るくて健康、誰とでもコミュニケーションがとれるという社交的な性格をもちますが、その反面、約束しても口だけになってしまう場合があります。

離婚して欲しいと訴えても「今はまだできない」「もう少し待って」であれば、真剣に聞いてくれているんだなと分かりますが、いい加減な言葉を口に出せる無責任男は「分かった」「近いうちに何とかする」「好きなのは君だけだよ」と美辞麗句を並べます。

このような甘い言葉を囁かれて、イヤな気のする女性はいません。

誰しもその言葉を素直に聞いて、離婚できるまで待ってみようとなるでしょう。

しかし、口のうまい男性にはもう一つの約束事が必要です。

それは、期限です。

いついつまでに妻に離婚を切り出し、妻との離婚を成立させるのか。

いい加減な返事ができないよう、きちんと期限を決めて伝えることが大切です。

彼を好きならば、彼の悪い部分を認めるのではなく、悪い部分を良い方向へともっていけるような約束事をさせることも、必要です。

ただ好きだ、愛しているでは、単なるその場しのぎの不倫と変わりません。

彼の離婚を受け入れ、彼と第二の人生を歩んで行くという強い意思があるのであれば、これからのことを考え、無責任な行動・言動をさせない努力をしましょう。

真面目過ぎて気が弱い優柔不断男


男性は異性である女性には優しいもので、女性の涙に弱い男性も少なくないでしょう。

わたし達は、みな母親から生まれます。

当たり前ですが、男性も母親から生まれます。

小さなころから母親が大好きで、お母さん子で育った男性はマザコンの方が多く、マザコンであることを自負している男性も多いと思います。

母親が好きな男性ほど女性には優しく親切ですが、その優しさが仇となり、優柔不断な男だと言われることも少なくありません。

不倫している彼女のことを好きな気持ちに嘘はなくても、妻や子どものことを思えば、離婚して欲しいと切り出すことができないのです。

このタイプの男性はデートしても、「どこに行く?」「何を食べたい?」「この後どうする?」と聞いても、「どっちでもいいよ」「君の好きなものでいいよ」「君の行きたいところに行こう」という返事しか返ってこないでしょう。

一見すると優しい男性のように思いますが、いつもこうでは優柔不断だと判断して間違いはないでしょう。

気の弱い優柔不断タイプの男性には、 いきなり離婚を切り出すことは返ってマイナスに働く ことがありますので外側から徐々に埋めていく作戦がおすすめです。

例えば、彼に子どもがいて、奥さんが専業主婦の場合です。

まず、彼に子どもの年齢を訪ね、子どもがいくつになったら離婚できるかを問いかけます。

もし、あと2年で子どもが小学校を卒業するとすれば、その2年の間に奥さんが自立できるよう、奥さんが仕事できる環境づくりを協力するよう、彼に進言します。

そのためにデートの回数が減ったとしても、文句は言ってはいけません。

奥さんが自立でき、子どもの手が離れる年齢になったら、彼に奥さんに離婚を切り出してもらいましょう。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


この場合、2年待たなければなりませんが、離婚すると言っていつまで待てば良いのかという状況に比べれば、2年なんてあっという間で、そう遠い未来ではありません。

優柔不断な彼は途中で投げ出してしまうかもしれませんので、定期的にチェックを入れることをおすすめします。

優柔不断だからこそ、期限を決めて実行しなければなりません。

ただし、絶対に怒り口調では命令しないこと。

気の弱い優柔不断な男性は内に秘めてしまうことが多く、それなれば、頑固な一面を発揮し、二度と言うことを聞いてくれなくなります。

優しく、丁寧に、細やかにアドバイスすることが大切です。

離婚待ちの女性が苦しむ辛いことと苦しいこと

「いつまで待てばいいの?」聞く勇気がない


不倫中の彼に言いたいことの半分も言えない関係では長続きは難しくなりますが、彼のことを愛するあまり、彼に離婚を迫ることができない、彼を責めることができないという女性も少なくありません。

しかし、不倫の関係が長引いてくると、苦しい気持ちをどう発散して解消すれば良いのか、誰にも相談できず、悩むこともしばしば。

そんな待ち続ける日々を暮らすあなたが最も聞きたい言葉が「いつまで待てばいいの?」でしょう。

 女性の待つ時間には限りがあり、永遠に待つことはできない ものです。

待って2~3年でしょう。

特に20代後半から30代にかけての女性にとっての重要な時期は、1年が2年にも3年にも感じるほどだと思います。

この待つ時間を男性はどのように感じているかといえば、実はそう大げさには考えていません。

残念なことですが、不倫する男性には不倫して何年が過ぎたとか、もう何年も付き合っているという認識が女性に比べると低いんですね。

女性には結婚適齢期・認識適齢期という言葉が後ろをついて回りますが、男性は結婚しようと思えば何歳でもできるという安易な考えがあるため、それほどまでに女性が年齢で苦しんでいるとは思いもしないでしょう。

あなたの年齢が30代後半に差しかかっているとしたら、今の恋愛は諦めた方が良いかもしれません。

あなたの今後の人生に必要な男性であるとの強い意思があるのであれば別ですが、待つのが辛い、苦しいという気持ちがあるということは彼に期待しているけど、期待通りの結果にはならないかもしれないという不安があるからでしょう。

その不安を解消できるのは彼の離婚だけだとなれば、彼への期待が大きくなるのも理解できます。

しかし、彼との関係がもう2年以上続いている場合は、ここらでひと息入れてみてはいかがでしょう。

一度、彼との距離を置いて、冷静に考えてみるのも、一つの手段です。

冷却期間を置くことで、彼があなたとの今後のことについて、もう一度真剣に考え始めるきっかけになるかもしれません。

2年続いている状態で、彼が妻と離婚についての話し合いができていないのであれば、彼に離婚の意思はないと判断しても間違いはないでしょう。

悲しい心のうちを理解しようといない男性と恋愛を続けても、あなたにとってプラスにはならないように思います。

「本当に愛しているのは誰?」これが最後の問いかけ


不倫を始めた当初は何かもが眩しくて、彼と一緒にいるだけで楽しい日々がおくれたのに、なぜか、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と過ぎてくると色あせて見えて、彼の言葉が頭の中を素通りしてしまう、こんな経験のある方も多いでしょう。

彼の言葉は信じたい、でも、いつもその言葉通りになるとは限らない。

信じて待っているけど、彼が離婚しそうにない。

甘い言葉を囁かれ、そのたびに信じて待つということを繰り返していると、彼の言葉をそのまま鵜呑みにすることはできず、「本当に愛しているのは誰?」と叫んでしまいそうになるのも無理はありません。

 「本当に愛しているのは誰?」の中には「奥さんとわたし、どっちを愛しているの?」「本当は離婚する気なんてないんじゃないの?」という言葉も隠れている んですね。

魂の叫びともいいますでしょうか、この言葉を涙がてらにぶつけてしまうというのはもう 待つことに限界を感じている末期の状態 であると判断できます。

1年以上待ってみても彼の離婚に進展がない時は、悲しいことですが、今の苦しみを新しい自分を発見するための産みの苦しみに変えましょう。

同じ涙でも、前を向く涙は新鮮です。

彼のことを思ってしくしく涙する涙とは、まったく性質が異なります。

断捨離なる言葉がありますが、断捨離は中途半端に物を捨てるのではなく、必要、必要ではないと明確に分けて一気に捨てることが大切ですよね。

あなたが捨てるのは彼ではなく、今までの自分です。

彼を待つだけだった自分を、まずは捨て去りましょう。

彼のことは一歩前へ進むために必要だと判断すれば、また、会いに行けば良いんです。

新しい自分と彼の恋愛をもう一度始めてみることで、彼の離婚への決意が固まるかもしれません。

「もう我慢の限界」言いたいけど言い出せない


不倫関係が長くなってくると、彼への愛も徐々に冷めてくるものですが、その反対に彼を独占したいという欲求に駆られる女性も少なくありません。

彼を愛していることはもちろんですが、情が沸いてくるんですね。

この情というものは厄介で、一度手に入れてしまうとなかなか手放せないというデメリットがあります。

彼との恋愛が楽しくて、彼を独り占めしたくて、彼に離婚をせがむ。

これが、不倫の正式な流れともいえる女性の一般的な感情の移り変わりです。

最初は会えるだけで嬉しくて、何度かデートすると彼を独り占めしたくなって、彼が家へと帰る後ろ姿を見るのが辛くなる。

やがて、彼に離婚して欲しいと願う。

でも彼は、離婚は大きな問題だから、そう簡単にはできない、もうちょっと待ってくれと言う。

 何度も離婚をせがむと安っぽい女に見えてしまうから、そう何度もは言えない。 

言わないことを良いことに、彼が離婚のことを言わなくなる。

そのうち、我慢の限界を迎え「もう我慢の限界」と口に出してしまう。

我慢の限界が意味するものは別れになりますので、言い出したくても言えるものではありません。

この苦しみは離婚を待つ女性のみが実感できる苦しみであり、彼にその思いを理解してもらおうと考えても、無駄なことです。

男性である彼と女性であるあなたでは置かれている立場が違いますので、どこ転んでも彼に理解してもらうことはできないと言っても過言ではないでしょう。

我慢の限界は自分でつくることができますので、この苦しみから逃れたい時は次に何かがあった時、彼が以前言っていたような行動をとらない時等、自分でここまでという線を引いて、自分に科せを追わせてみましょう。

二重の苦しみだと思うかもしれませんが、彼に依存する苦しみから抜け出すための苦しみですので、そう苦にはならないはずです。

次のステップへ辿りつくには重い荷物を一つ置いてこなければなりません。

我慢は身体に毒です。

早めの決断で、自分自身が舵をとれる人生を手に入れましょう。

離婚する気がない既婚男性をその気にさせるテクニック

彼をサポートして手放せない女だと自覚させる


男性は手放せないと思う女性のことは一生懸命に追いかけ、手に入れようと画策するものです。

不倫中の彼の離婚が長引いてきた時は、彼を焦らしてみてはいかがでしょう。

焦らすことで、既婚男性をその気にさせることができるかもしれません。

しかし、そのためには、まずはあなた自身が考えを変えなければなりません。

もしも彼と同じ会社に勤務していて、同僚、もしくは上司という間柄の2人であったなら、 彼が手放せないと実感するような魅力的な女性へと変身してみましょう。 

今でも十分に魅力的だと思いますが、手放せないと感じさせるには魔性という武器が必要です。

レベルを上げるとは、1つには男性にモテる女へと変身すること、もう1つは彼に彼女しかいないと思わせること、最後は、妻よりもデキル女だということを自覚させことです。

まず、最初の男性にモテる女ですが、同僚をダシに使えるぐらいの計算高さが必要です。

今までシックな色のファッションを好んで着た方はピンク系の明るいファッションへと変えましょう。

顔移りの良い色をチョイスして、パンツスタイルからスカートスタイルへ、男性ウケする大人可愛いラブリー系を目指しましょう。

次に、彼の仕事をさりげなくサポートしてあげましょう。

部署、勤務先が違えば、このサポートは難しくなりますが、デートの時の彼の顔色が悪い時等は外でのデートを控え、あなたの部屋であなたの手料理を食べさせてあげましょう。

野菜中心の栄養たっぷりな和食がおすすめです。

最後の妻よりもデキル女になるですが、奥さんに足りない部分をあなたが埋めてあげましょう。

例えば、会社、家で言えない愚痴を積極的に聞いてあげる、相談に乗る、慰めてあげる、どうすれば良い方向に向かうか一緒に考えてあげる等。

彼は、あなたの些細な気遣いがいつの間にか心に浸みこみ、あなたを手放せない女性だと自覚し、あなたの重要性を再認識するでしょう。

期限を決めることで結論を出させる


彼のことをどんなに愛していても、ダラダラと関係を続けていくのはおすすめしません。

 離婚する気のない彼をその気にさせるには、さまざまなテクニックが必要 です。

あなた自身のレベルを上げることもその手段の一つですが、最も手軽なテクニックで彼をその気にさせたい時は、彼に離婚をつきつけ、妻との別れを決意するまでの期限を伝えましょう。

期限といっても一週間、二週間では結論を出すことは難しいので、最低でも3ヶ月、できれば、半年から1年は待ってあげることをおすすめします。

離婚は彼の人生、彼の奥さんの人生の中でも最も大きな出来事だと言っても過言ではありません。

人生の今後を左右する離婚という問題で、夫・妻の双方ともに納得できる結果を出すには、半年や1年は優にかかるものです。

ただし、1年待っても何の進展もない時は、別れを決意する時期がきたと判断し、彼に別れを伝えましょう。

彼があなたの願いを受け入れ、妻に離婚を切り出し、離婚調停の真っ只中の時は調停が無事に終わるまで待ってあげてくださいね。

時期を決めることで、彼は今までのぬるま湯生活を改め、あなたの本気を知るでしょう。

本気だということを態度で示すことで、動き始めるカップルも少なくありません。

これからの2人のプランを2人で決める


 何度言ってものらりくらりと離婚の話を進めない彼には、2人のこれからのプランを一緒につくろうと誘ってみましょう。 

このプランは彼が離婚してからのプランではなく、彼がどのような形で離婚するか、離婚後の2人の動きを入れたプランになります。

まず、彼が奥さんに離婚を告げる日を決めます。

背かしているように聞こえますが、今まで散々待って来たでしょう。

ですから、少々背かしても、問題ありません。

2人で決めることが重要ですので、1人で決めてと言われても「一緒でなければ意味がない」「わたしを愛しているのであれば、一緒に決めて欲しい」と言い張り、2人で決めてくださいね。

プランを決めながら、彼は「本気で結婚したかったんだな」「もう待てないってこと?」「このプランに沿って動かなかったら、2人はどうなる?」と自問自答しているはずです。

この自問自答が、彼を離婚へと導くカギになります。

彼にあなたの本心を知らせることで、あなたの本気度が伝わります。

自由恋愛を楽しんでいた彼にしてみれば、青天の霹靂かもしれませんが、このプランづくりがあなたのことを真面目に考えるきっかけにもなりますので、やってみて損はないと思います。

プランをつくる時は精いっぱい楽しい顔をして、笑顔で進めてくださいね。

彼が真顔で「離婚する準備を始めるから」と言えば、その言葉を信じて待っていましょう。

ですが、この言葉にも期限を決めることをお忘れなく。

どんな時もその場しのぎの言葉で片づけるクセがついてしまうと、単なる言葉遊びとなってしまう恐れがありますので、いつ、どんな時でも手は緩めてはいけません。

2人で作成したプラン表は、あなたの部屋に張り出し、部屋でデートする時はそのプランを確認するようにしましょう。

 同じ目標をもつことで彼を本気にさせる ことができます。

「信じる者は救われる」この一心で、彼の離婚を待っていましょう。

不倫中の彼の離婚を待つ苦しみは当事者にしか分からない


いつまで待っても離婚してくれない彼に業を煮やして、ある条件を突きつけ、約束させたという話はよく耳にしますが、この方法、実は成功率はそう高くありません。

 男性が条件を受けるのは自分に得があるからであって、損になる条件は受けないのが一般的 です。

彼に離婚を迫るとい行為はあなたにとっては得になりますが、彼にとってはマイナスが大きく、得か損かとなれば、損になる確率が高いでしょう。

そういった条件を飲むほど、彼は切羽詰まっていないということです。

離婚待ちが長くなってきた時は、彼の行動・言動を注意深く見て、早めの決断を下しましょう。

早めの決断が、あなたの心を軽くしてくれるはずです。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。