不倫相手に慰謝料を請求するには?浮気の慰謝料の計算方法は?

夫婦仲改善
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。

旦那の不倫が発覚し、その浮気相手への慰謝料を請求したいけれどやり方が分からないという人は多いものです。

普段の生活の中で、誰かに慰謝料を請求するなんてことは一生のうちの幾度もない人もいるくらいですから、仕方ありません。

夫の不貞が確認出来たら、あなたの精神的な苦痛による慰謝料の請求方法とあわせて計算方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてうやむやで終わらせないようにしましょう。

法律が絡むことですが、夫婦で再構築を目指すにしても離婚に至るにしても、悪いことをした相手にはきちんと罰を与えなければなりません。

不倫相手に慰謝料を請求する方法

直接請求する

夫と不貞をはたらいていた浮気相手に慰謝料を請求する方法の一つは、難しいことをせずに直接相手に請求することです。

彼女の連絡先を調べ、直接会うなり連絡をするなりし、そこで「あなたは私の夫と不倫をしていましたね。慰謝料として○○万円を請求します」と伝えてください。

これは、不倫された妻に認められる法律の一つですから、恐喝になるなんてことにはなりませんから安心しましょう。

トラブル防止のために、弁護士に同席してもらう場合もあり、一緒に証拠を突き付けることで素直に支払いに応じるようにさせられる効果もあります。

ここで一気に交渉が進めば、「和解契約書」を作成し、「言った」「言わない」とトラブルを阻止しスムーズに慰謝料を支払ってもらうことが出来ます。

内容証明→示談

夫と男女の関係になっていた女性に対して、内容証明を郵送し示談に持ち込む方法もあります。

内容証明とは、いつ誰が誰にどのような内容のものを郵送したかという記録が残るもので、相手が受け取りをしたことも知ることが出来ます。

内容証明が送られてきた場合には、浮気相手に心理的なプレッシャーを与えることにもなり、大きな罪悪感を抱かせることも可能。

話し合いの場に出てきてもらう、あなたがその女性の顔を見たくないという場合には弁護士を通して示談交渉を行えます。

事前に、弁護士には慰謝料をいくら請求したいかなどの相談をしていれば、うまく事を進めてくれるのです。

配偶者のいる男性と不貞行為を持つことがいけないことである、と浮気相手と話しもしてくれますので、慰謝料に納得してもらえることも多くあります。

もちろん、ある程度の法律の知識を身につけて自分で応じてもいいのです。

この問題を長引かせるのはお互いに良くないことを伝えて、スピーディに示談交渉をまとめた女性も少なくありません。

調停をおこす

示談交渉がまとまらない時や、そもそも話し合いの場に浮気相手が出てこない場合には調停をおこして慰謝料を請求する方法があります。

調停には調停委員と呼ばれる人たちがいますので、しっかりと証拠をわかりやすくまとめ、夫婦間で大きな問題になっていることを伝えてください。

旦那に男女の関係になった人がいることで、夫婦不和が起きていることや離婚問題にまで発展していること、子供がいて精神的に不安定になっていることなどを全て伝えましょう。

不倫の状況によって、慰謝料の金額も決まりますし、調停で決まったことは法的な拘束もあります。

裁判と同じ効力があることから、相手が支払いを無視すれば強制執行され、財産の差し押さえや給料の差し押さえから免れることはありません。

示談交渉よりも前にいきなり調停をおこすことも可能ですので、あなたがもっとも良いと思う方法を取り入れてください。

それでも、どうしていいのか分からない場合にはやはり法律のプロである弁護士に相談することをおすすめします。

浮気の慰謝料の計算方法

婚姻期間が長いと増額

「不貞行為をされた時の慰謝料ってどのくらいなのだろう」、相手に請求を出す際に立ち止まってしまう問題です。

慰謝料の金額は、どのような夫婦だったのか、どのような不倫関係だったのかによって増減されます。

配偶者と離婚に向けて話し合いをしていて別居までしている中で旦那の不倫が発覚しても、それは「夫婦関係が破たんしていた」とみなされて慰謝料なし、あるいは減額となってしまうケースもあるのです。

特に、夫婦は同居していて、婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料の金額は増額されると言われています。

妻としては、夫婦関係は上手くいっているのに、旦那が男女の関係を持っていることが分かったとなれば、青天の霹靂で精神的苦痛は大きくなるということです。

別居や離婚に至れば増額

夫の不貞行為によって、配偶者との別居や離婚に至った場合には、慰謝料の金額は増額傾向にあります。

不倫というトラブルがきっかけで、一つの家庭が壊れたと判断されますから、浮気相手や夫の責任は重大です。

幸せな家庭が壊れるというのは、小さな原因では起こりません。

夫婦関係の修復が無理だと判断されたということですから、それだけ二人で一人の女性(妻)を苦しめたということなのでしょう。

妻だけではなく、子供がいれば子供に対する裏切りでもありますので、きっちりと通常の慰謝料の金額よりも増えるケースが多いのです。

【期間限定・12月16(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




前項でお話しした婚姻期間と合わせて考えてみると、妻の年齢が高いほど再婚など次の幸せに結びつく可能性も低くなると想像出来ますし、これまで夫婦として夫を支えてきた妻への裏切りは長年の信頼関係を壊すことで終わりを迎えます。

一人の女性の人生を滅茶苦茶にした、と認められることを増額されて慰謝料で感じられるでしょう。

スタートの考え方は50万円

夫に不倫をされて浮気相手に慰謝料を請求する場合のスタートの金額は50万円と考えると間違いはありません。

そこから、夫婦関係、不倫関係の内容を考慮して増減したものが決定されます。

上記でご紹介した内容以外にも、「不貞行為までの過程(どちらが誘ったのか)」「不貞行為の回数」「不倫期間」「配偶者の年収など社会的なステータス」「子供の有無、年齢」「浮気への積極性」「職場不倫の有無」「不倫する二人の同棲実績」などによって金額は変わってきます。

離婚へ至らないケースでは、50万円~150万円ほどと言われています。

しかし、夫婦関係が夫の不倫によって破たんした場合には、慰謝料は跳ね上がり、100万円から300万円となることが多いようです。

浮気相手の女性は減額を求めてくることもありますが、妻であるあなたが納得しないのならば、示談を無理に進める必要はないと思います。

「難しい交渉になりそうだ」と思えば、早めに弁護士への相談に確たる証拠を持っていきましょう。

傷つけられたあなたが我慢する必要はありませんから、厳罰だと相手が感じる内容で慰謝料の請求を突き付けても何も問題ありません。

【こちらの記事もcheck!】旦那の浮気が原因で不倫したシタ妻が離婚し後悔する事とは?

一つ一つ丁寧に実践していきましょう

不倫相手への慰謝料の請求方法はいくつかあります。

あなたの状況に合わせたものを採用し、それでも埒があかない場合には、弁護士に依頼したり法的処置を取ったりしましょう。

出来れば穏便に済ませたい、騒ぎ立てたくないという気持ちを持つ女性もいますが、あなたの精神的苦痛に対する慰謝料ですから、あなたの夫の浮気した女性には請求する権利があるものです。

慰謝料の計算方法も参考にして、早く穏やかな日常を取り戻すためにも浮気相手への慰謝料請求に踏み込んでくださいね。

配偶者のいる男性と関係を持つことは、奥さんに慰謝料を求められることがある、と分かっている女性も多いので考え過ぎる必要はありません。


▼旦那が浮気してそうならクリック!▼
SNSで浮気発見

【期間限定・12月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

浮気をしている、不倫が怪しい旦那の事も、離婚の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。