職場不倫しやすい男女の特徴と心理の違い

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。

 

 

職場不倫をしている不倫カップルは実は多く存在するのですが、みんな関係をひた隠しにしているので実態が見えてこないのが現実です。

それでも、職場不倫に興味のあるあなたや実際に職場に好きな既婚男性がいる場合には、多くのことが気になって仕方ありません。

そんなあなたには、職場不倫しやすい男女の特徴と心理の違いや、社内不倫をしているカップルの雰囲気についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

あなたの職場での不倫、絶対にバレてしまわないように工夫をする手助けにもなりますので、活用し素敵な不倫ライフを送りましょう。

職場不倫しやすい男性の特徴

承認欲求の高い男性

職場不倫しやすい男性の特徴には、承認欲求の強い人というものが挙げられます。

承認欲求とは「自分を認めて欲しい」「理解して欲しい」という思いのことで、仕事ならば結果から認めやすい環境に身を置いていることになるのです。

結果が出なくても、努力をしている姿や頑張っている姿勢は褒められるものでもあり、見ていても気持ち良いと感じます。

「凄いなぁ」「こんな風に仕事が出来たらいいな」と思われることで、承認欲求は満たされていくのです。

そんな 承認欲求を満たしてくれている相手 を既婚男性は大事に思うようになります。

自分を認めてくれる存在を大事にすることで、特別な感情が芽生えるのが男女の関係です。

意識をしていなくても、その人なら認めてくれると考えることでいつしか「この人にもっと認められたい」と意思を持つようになっていきます。

それは恋愛感情にも似たものだと気付くことで「もしかして恋しているのかな?」と考えてしまえば最後、相手の女性が気になって仕方なくなります。

そうして職場不倫に発展していき、秘密の関係が始まっていくのです。

仕事にストレスを抱えている男性

職場不倫しやすい既婚男性の特徴には、仕事にストレスを抱えている男性というものもあります。

仕事をしていれば少なからずストレスを感じることはありますが、上手な人はストレスを逃がして、自分を取り戻す術を持っているのです。

しかし、ストレスを溜め込み、何も行動を起こさなければ 現実逃避 したくなる人も少なくありません。

そんな時に不倫という関係が始まることがあります。

仕事のストレスは、社内にいる時だけで感じ取るものではありません。

溜め込んだストレスによって、奥さんに優しく出来なかったり、家族と一緒に過ごすことが億劫になってしまったりする場合があります。

逃げ出したいと思った既婚男性は、仕事と家庭以外の場所を探すのです。

そこに、素敵な女性が現れた時、ぴったりの場所となります。

働く男性にはなかなか出会いの機会がないので、どうしても職場で素敵な女性が目につきますので、その相手を想うことで逃げとするのです。

社内の女性から癒しを与えてもらったり優しくされたりすることで、恋愛感情が深まっていき、既婚者という立場も忘れて恋愛関係に発展していきます。

自宅に帰りたくない男性

自宅に帰りたくないという男性も社内不倫をしやすい特徴です。

 夫婦仲が上手くいっていない、家庭がギスギスしている、結婚生活が理想通りではない と感じていれば、それは必然的に「帰りたくない」という気持ちになってしまいます。

自宅に帰りたくない男性は、敢えて残業をしたり仕事終わりに同僚などと食事や飲みに行ったりして帰宅時間を送らせます。

その時間、奥さんや家族が寝静まってからという場合も珍しくありません。

そんな男性は、家庭を見ない代わりに仕事に一生懸命になります。

仕事をバリバリすることで、職場の女性に好意を抱かれて、相手から誘われることもあるかもしれません。

逃げ出したい心理を抱えている既婚男性はその誘いに乗ってしまいます。

好意を現されたということは、自分を求めて愛してくれる人ということですから、喉から手が出るくらいの気持ちにもなっているかもしれません。

そうして、自然な流れでストレス発散の要素を含みながらも職場不倫が始まっていくのです。

社内不倫しやすい女性の特徴

トキメキを求めている女性

社内不倫しやすい女性の特徴とは、トキメキを求めているものです。

女性はいつでもトキメキを感じるために行動を起こしている人は少なくありません。

可愛いものが好き、興味のあるものに取り組む挑戦する心などはまさしくそれです。

それが異性になった時には、自分の気持ちをとめることが出来なくなってしまいます。

好きになった相手が既婚男性の場合でも、自分自身が既婚者であったとしても、一度抱いた恋愛感情をすぐに無いものには出来ません。

始めは、人を好きになりドキドキしたトキメキを感じているだけで幸せな気持ちになります。

「この気持ちを形にしてはいけない」と心で強く思っているからです。

しかし、女性は欲張りな生き物ですから、想う幸せでいっぱいになると、次を求めます。

 「彼に触れたい」「同じような気持ちになって欲しい」 と欲望を持つことは、自然とアプローチに繋がっていくのです。

気持ちが通じ合った時には、社内不倫の始まりとなります。

いつまでも「女」でいたいと願っている女性

結婚している女性でも、いつまでも「女」でいたいと思っている人は珍しくありません。

このタイプの女性は社内不倫をしやすいと特徴ですから、意外にも職場不倫の経験した人が多いと言われているのです。

結婚したからと言って、女として廃れたくないという気持ちと同時に「○○さんの奥さん」や「○○ちゃんのお母さん」と呼ばれることに違和感を持ちます。

 子持ちだと思われないように、美貌や若さを気にしている女性 もたくさんいるのです。

そんな女性は、社内でも「女」として働きます。

見た目にも気を遣う姿は、不倫をするためのものではなく自分の気持ちを満たすためのものだとしても、「良い女だ」と職場にいる男性に魅力を振りまいてしまうのです。

好意を寄せられた時、どんな女性でも嬉しく思います。

自分を「女」として意識してくれる相手ですから、彼の気持ちが嬉しく思いつつも相手の男性が気になっていくのです。

メリハリが欲しい女性

仕事は仕事、家庭は家庭、プライベートはプライベートとメリハリをつけた生活をしたいと思っている女性も社内不倫をする特徴です。

 いわゆるサバサバ系の女性 だと言われており、このタイプの女性は特に既婚男性にモテます。

「メリハリのある生活をしている女性と関係を持つことは安全」だと捉えられるのです。

既婚男性としても、家庭を守りながら、離婚をすぐに考える人はいませんので、サバサバしている女性ならば「結婚して!」「奥さんと離婚して!」と言われることはないと思っています。

女性が仕事に精を出している時期ならば「不倫で軽い気持ちで関係を持っていいかも」と思う場合もあるかもしれません。

メリハリのある生活を求めている女性は、不倫に向いている性格でもありますから、好意を持たれることがきっかけで不倫関係に興味を持ったり、相手の男性が気になり始めたりします。

恋をする楽しみを感じながら、サバサバした女であることを表す職場で男性と出会うことになるのです。

上司と社内不倫はコレ!きっかけと職場不倫中の注意点や我慢しなくちゃいけない事

2018年9月14日

既婚者なのに職場不倫する男性心理

いつも見かけていると情が移ってしまう

既婚者なのに職場不倫する男性心理は、「社内で毎日のように見かけていることで情が移ってしまう」というものを挙げられます。

毎日通う職場、いつものメンバーとの関わりでは、情を感じて友達になったり男女の関係になったりすることは良くあることです。

その相手が既婚者であったり、自分が結婚したりしているのであれば、男女の関係になるということは不倫になるということ。

情には様々なものがありますが、 最初はほんの小さな「気になる」という気持ち なのです。

働いている姿を見て応援したいと気にしている相手、いつも頑張っていて体調が心配に気にしている、というもの。

気にするという情は、相手が異性であればそれが恋愛感情に似ていることに気付きます。

正しく言えば恋愛感情ではないのですが、「恋をしているみたいだ」と感じた瞬間に「これは恋なの?」と思うようになりますから、自分の頭の中では恋愛感情と判断されて不倫が始まるのです。

誰かのためにがんばりたい

職場不倫をする既婚男性の心理には、「誰かのために頑張りたい」というものです。

もともと男性心理には、対象とした人のために頑張り、それを認めて欲しいというものがあります。

上記にも承認欲求についてご紹介しましたが、その影響ですから、職場に男性を応援する人や味方になってくれる女性がいるのならば、その人に特別な感情を抱いてしまってもおかしくありません。

 結婚すると、奥さんにはなかなか認められない という男性も多いもの。

いくら頑張っても「やって当たり前」「一家の大黒柱なのだから当然」という態度を捉えて悲しんでいる既婚男性は少なくありません。

そんな寂しい気持ちになっている既婚男性の心を埋めるような女性が、恋愛感情とは別としてもいる場合には、男性はその女性のために頑張りたくなります。

認めてもらう対象の人はその女性であり、自然と特別な感情が芽生えてきた時に気持ちが通じ合えば既婚者だとしても不倫恋愛をしてしまうのです。

不意に女らしさを見た

職場にいる女性の中に、不意に女らしさを見つけた男性は、既婚者であっても恋をしてしまう場合があります。

結婚している男性は、そもそも奥さん以外の女性を女として意識することはありません。

綺麗な女性を見かけたら「綺麗だな」とは感じても、恋をすることはなく、それ以上の感情にはなりにくいのです。

しかし、職場の女性に、しかも不意に女らしさを感じると、 これまで気付いていなかった女の部分 を多くこれから発見することになります。

ドキドキさせられることもあるでしょう。

今まで気にしていなかったからこそ、その衝撃は大きくて、自分の感情をどうコントロールをしていいのかわかりません。

「自分には家庭がある」と言い聞かせようとしても、毎日顔を合わせる相手ですから、そう簡単に女の部分を見ないという状況にすることにはならないのです。

【期間限定・3月31日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




不意に起こる衝撃によって、既婚男性でも不倫恋愛に発展していくきっかけを無意識に掴んでしまっています。

既婚者なのに社内不倫する女性心理

尊敬の気持ちが恋愛感情になった

既婚者なのに社内不倫する女性心理には、尊敬の気持ちを男性に抱くことにあります。

 「仕事も出来て人望もあつい上司」「いつも前だけを見て一生懸命に仕事に取り組む同僚」「失敗をしてもめげずに高みを目指す部下」 などは尊敬にあたいする人物です。

そんな尊敬できる人間が社内にいると、不倫に繋がっていきます。

尊敬できる相手との時間は相当長くなり、その人を目で追ったり考えたりすることも多くなり、気付けば恋をしている気持ちに似ている状態になります。

ここでも、似た感情から実際に「そうだ」と思うような脳への伝達が行われて「私は彼を好きなんだ」と認識するのです。

好きという感情と尊敬の念はとても似ています。

その人からもっと学びたいと思い、距離を近づけていくと相手の男性もあなたを特別な存在だと感じるようになるのです。

既婚者という立場ではありますが、「尊敬する人のそばにいたい」という気持ちを軽減させることが出来ません。

「こんな旦那だったらな」という憧れから

社内に「こんな旦那だったらいいな」「こんな男性と結婚したいな」という男性がいれば、既婚者でも職場不倫をしてしまいます。

相手が既婚者であろうともそうでなかろうとも、憧れの気持ちはとても危険です。

 自分の旦那と比べてしまっています ので、どこか一つでも上回ることで、夫への愛情が醒めてしまうことも少なくありません。

「優しいなぁ」「思いやりを感じるかぁ」「一緒にいて心が落ち着くな」と思う中で、「うちの旦那にはないところだ」と感じれば、夫への不満が生まれてくるきっかけになります。

夫や家族への不満を抱けば抱くほど、社内にいる憧れの男性の株が上がっていきます。

職場で見かけたり、旦那よりも素敵な部分を目にしたりする度に「やっぱりいいな」と思えば、恋に発展するまで時間はかかりません。

女性には結婚相手への理想があり、それは結婚してからも大きくなっていくものですから、旦那よりも素敵な男性が職場で見つけてしまえば社内不倫をして気持ちを満たしていくのです。

仕事を楽しくしたい気持ちから

職場に行く、仕事をすることを心から楽しいと思っている人はそれほど多くはありません。

それでも、何か楽しみを見つけたい、前向きな気持ちになって、 どうせしなくてはいけない仕事を楽しくしたい と思っています。

既婚女性の中には、共働きでなければ生活をしていけない、子供に十分な養育をしてあげられないと思って、しぶしぶ仕事をしている人もいるのです。

それは、専業主婦が今や絶滅危惧種だと揶揄されることから分かること。

そんな既婚者の楽しみを「会社にいる素敵な男性に会うため」と設定した場合に社内不倫のきっかけとなります。

格好いい男性、優しい男性、自分にとって理想的な男性を見つけて、「会える喜び」「話しをしてドキドキする感覚」を楽しみにして通勤をします。

見ているだけで幸せだと思っていたのに、いつの間にかその男性を欲しいと思うようになることで、社内不倫が始まっていきます。

既婚者女性でも男性が好意を持たれると嬉しくなってしまうものです。

社内不倫が辛い理由はコレ!やきもちを妬いたり束縛は別れの原因に!

2018年10月19日

社内不倫している二人の雰囲気って?職場不倫カップルだとわかる態度や行動

アイコンタクトをチラホラとする

社内不倫している二人の雰囲気は、アイコンタクトをする行動から分かります。

職場不倫している二人は必死に秘密の関係を隠そうとするものですが、同じ空間にいて同じ仕事に取り組んでいるのですから、ふとした瞬間に相手を見てしまうことはあるものです。

好きなのですから、「何をしているのかな」「誰と話しをしているのかな」と気になって当然。

そんな時に目が合った場合、自然な逸らし方をしません。

 目が合った瞬間に微笑んでいたり、わざとらしくすぐに逸らしてしまったりしてしまう ものです。

アイコンタクトはついついしてしまう社内不倫カップルの態度や行動だと言えますので、あなたが相手と目があった際には十分に注意をしなければ関係がバレてしまいます。

社内不倫がバレる時というのは、こんな些細なことであり、ちょっとした違和感から始まる疑いの目ですから、しっかりと対応していきましょう。

出社時間・退勤時間が同じ

社内不倫をしていて毎日顔を合わせていたとしても、プライベートの時間を普通の恋人のように過ごせないという不倫カップルは少なくありません。

しかし、会社が一緒なのですから、朝は向かう場所が同じということで出社を合わせている二人がいるのです。

また、デートは基本的に休日には家族を優先するので出来ませんので、仕事が終わってからとなります。

デートをするために、仕事をあがる時間を一緒にして退社時間が同じということもあるのです。

出社時間と退社時間が同じならば、 二人が何か関係を持っている と疑われてもおかしくありません。

社内不倫カップルは「早く二人になりたい」と思いがちですので、そのあたりまで気が回らないことがあるので注意してください。

また、有給を合わせてデートをするのは、ある意味堂々と職場不倫をしていることになりますので、何度も有給を重ねることはしないようにしましょう。

怪しい二人として噂をされることになります。

相談という名目で二人で過ごしている

社内不倫をしている二人は、同じ会社にいるのに二人になれないことに悶々としています。

 「どうにかして二人になれないかな」「プライベートな会話をしたいんだけどな」 と思っているのです。

そんな時の苦肉の策が「相談」という名目で二人で過ごすこと。

浮気相手が上司であろうと同僚であろうと部下であったとしても、会社内で相談をすることはよくあることです。

自然なことでもあるので、相談をしているということにすれば、異性が二人きりで過ごしていたりランチをしていたりしてもおかしくありません。

しかし、それが何度も続くとなると話は別です。

一気に、「もしかして男女の仲なのでは?」「不倫しているのかもね」と噂が流れてあなたの立場も彼の信用も失ってしまうかもしれません。

何事も社内不倫をする際には、やり過ぎにならないように細心の注意を払って過ごすようにしましょう。

最もいい方法は、仕事と不倫恋愛はしっかりと切り離すことです。

毎日会える職場不倫は素敵な関係、ぜひ守って!

様々な不倫形態がありますが、職場不倫は毎日会える素敵な関係だと言えます。

既婚者との不倫恋愛は、毎日会えないこともしばしば、時には連絡さえもつかないという女性は少なくありません。

しかし、社内に好きな既婚男性が出来て気持ちが通じ合った時には、毎日会えて、お互いの行動を把握できる、素敵で安心できる関係になっていけるのです。

奥さんよりも側にいる時間が多いというケースもたくさんありますので、そんな社内不倫がバレないようにこれからも守っていってくださいね。

【期間限定・3月31日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。