熟年不倫の実態と注意点とは?熟年の男女が不倫相手に求めるものと不倫をする事で得られる大きなメリット

喧嘩・マンネリ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を神言鑑定をもとにアドバイス致します。

 

 


 

昨今、世の中は不倫ブーム再来です。

テレビドラマ、映画はもちろん、芸能人ネタでにぎわうワイドショーでも連日のように、芸能人の不倫が取り上げられ、コメンテーター達がそれぞれの意見を述べています。

さて、その不倫ですが、不倫は若い世代の方々だけのものではありません。

 50代、60代のもうすぐシニア世代と呼ばれる方々も不倫恋愛にいそしみ、自由恋愛を楽しみ、第二、第三の人生を謳歌している と言っても過言ではありません。

その 50代、60代の熟年世代の不倫が多くなっている理由、実態ほか、不倫する時の注意点や熟年世代の不倫のメリット等について分かりやすくアドバイス したいと思います!

50代60代で不倫する理由

長年連れ添った夫・妻を亡くし、一人になった寂しさから逃げたい

50代、60代で不倫する理由の一つに、 長年連れ添った夫、または妻に先立たれ、その寂しさから恋愛したいという思いを抱く ようになり、その相手が既婚者であった場合も少なくありません。

近年、結婚しない選択をする若者が増えており晩婚化、少子化が社会問題となっていますが、現在、50代、60代の方々が20代、30代だったころは、今ほど晩婚化は問題視されていませんでした。

昔は今ほど結婚に対しての自由意思が尊重されず、結婚していないことが原因で親や親せきから「世間体が悪い」「早く家を出て独立して欲しい」「結婚しないの?」等の言葉を浴びせられ、そのことで言い争いになり親や親せきと縁を切るといった行動に出る人も少なくありませんでした。

それほどに、結婚率が高い時代だったんですね。

このように若くして結婚した人はみな家族のために働き、家族を幸せにするために楽しい家庭をつくろうと努力したものですが、その家族を突然失った悲しみはなかなか消えるものではありません。

病気で死を覚悟していたとしても、悲しみ、寂しさは心の奥深くに残るもので、それが最愛の人であれば、尚更、悲しみは残ります。

特に、子どもが独立して結婚したとすれば、広い家の中に一人、寂しさを埋めてくれる家族が近くにいないとなれば、否が応でも一人暮らしをしなくてはなりません。

そんな心の空洞にピタリとはまる、気になる男性、女性ができたとしたらどうでしょう。

その相手が既婚者であったとしても走り出した思いはそう簡単には止められるものではありません。

50代、60代になっても若いころと同じく、その人に会いたい、会って話がしたい、一緒に楽しい時間を過ごしたいと願うのは、何歳になっても同じ感情であり、そう思ったとしても何も不思議ではありません。

人を失った寂しさは亡くした人でなければ分からないと言います。

確かに、大切な家族を亡くした寂しさは特別なものだと思います。

しかし、残された人間は前を向いて生きていかなければなりません。

そんな時、その 寂しさを埋めてくれる人に出会ったしまった としたら…。

そのまま突っ走ってしまうのは、致し方無いことだといえます。

家族としても、逃げ場を失った感情を持て余して、その感情を残された家族に向けられるよりは新しい恋人に夢中になることで寂しさを埋められるのであれば…、御の字ではないでしょうか。

確かに、不倫はいけないことです。

しかし、現在の50代、60代の人はひと昔前の30代、40代と考えても良いくらい、体力的にも精神的にも若い人が多く、恋愛する体力は十分に残っていると言っても過言ではありません。

老いらくの恋というにはまだ早すぎます。

既婚者に、それだけ魅力的な人がいるという証拠でもあります。

周囲から見ればその寂しさを埋めるために出会っただけの人だとしても、当事者達にとっては、その相手が運命の人だと感じているのかもしれませんね。

人生最後の恋がしたいという、この年代こその焦りがある

50代、60代で不倫する理由の中でも、最も大きな原因は 人生への焦り です。

50代、60代はまだまだ十分に働ける年代ですが、30代、40代のころとは違い、 体力的に自信がなくなり健康に留意する人が増えてくる年代 でもあります。

また、この年代は自分の最期を意識する年代であり、その時が刻一刻と近づいてくる足音が聞こえ始める年代でもあるため、今までの自分の人生を振り返り、やり残したことはないかと考える人も少なくありません。

子どもが大きくなり結婚して家を出て、夫婦2人の生活になっている人もいるでしょう。

そうすると、家庭内には夫婦2人の生活です。

子どもが小さいころには当然のように行っていた家族で過ごすクリスマスや誕生日等のイベントもなくなり、家族全員が顔を合わす機会も減ってきます。

その 寂しさが人生への焦りを後押しする と言っても過言ではありません。

誰にでも経験があることですが、ふとした時に「自分は今まで何のために仕事をして、生きてきたんだろう」と思うようになります。

寂しさを感じると、その疑問が頭の中を離れなくなり、人生への焦りを感じてしまうんですね。

その焦りから、人生最期の時が来てしまう前に、最後の恋がしたいと思ったとしても致し方ありません

また、その願望を叶えたいと思うようになるまでにはそう時間はかからないでしょう。

ちなみに、この願望を持つ男性は大恋愛の末に結婚したという人ではなく、二番目に好きな人、三番目に好きな人、もしくは恋愛と結婚は別物と考えることから、誰かの勧めでお見合い結婚をしたと考えられます。

もちろん、奥さまと大恋愛の末に結婚した男性でも、50代、60代でもう一度大恋愛をしてみたいと考える人もいるでしょう。

恋愛できるのは体力的にも精神的にもまだ余裕がある年齢で…、と考えるならば、50代、60代が最後だと考えてしまうのは至って普通の感情だといえます。

昨今は70代でも80代でも恋愛できる体力を持っている人も少なくありませんが、それは極わずかの人達であり、すべてのシニア世代が恋愛できる体力と環境を持っているとは限りません。

そう考えると 50代、60代は男性としては最後の恋のチャンス! 

このチャンスを生かしたいと望むのは、男性として至極自然のことだといえるでしょう。

妻より愛する女性に出会ってしまった!運命を受け入れたい

50代、60代で不倫する理由にはさまざまな理由がありますが、最もロマンチックな理由は 運命の女性に出会ってしまった ことです。

世間では、分別のつく年代なのに運命の人って…、と呆れる人もいるかもしれません。

ですが、 運命の人に出会える確率はかなり低く、そうそう出会えるものではない のです。

若いころに運命の人に出会え、その人と結婚できた人はかなりの幸せ者ですね。

男性女性ともに、気持ちの相性、体の相性が良い異性は忘れられないと言われますが、20代、30代でそういった運命の人に出会えた人は本当に果報者です。

若いころに大恋愛をして結婚したとしても、悲しいことですが、その相手のことを一生かけて愛し続け、別の人に気をとられることなく過ごせる人は限られた人であり、すべての人がそうだとは言い切れるものではないのです。

大恋愛したとしても、毎日顔を合わせていれば飽きてくるのが通常の人間であり、普通の感覚を持った人間だといえるでしょう。

確かに、世の中には大恋愛した相手と結婚して無事夫婦となり、その時の感情のままで一生を幸せに暮らしている人も少なくありません。

ですが、人の出会いは不思議なもので、 ほとんどの人が人生の半ばを超えるころまでにはその相手のことを飽きてしまい、別の人へと目を向けてしまう と言っても過言ではありません。

それが例え大恋愛の相手であったとしても、毎日顔を合わせてれば何かしら食い違いはあるもので、それが徐々に大きくなっていき、その不満をぶつけるかのごとく、配偶者よりも理想に近い人を探そうとしてしまうのです。

それを機に離婚、別居等の道を取る人も珍しくありません。

自分が理想とする人に50代、60代で出会えたとなれば、不満の残る今の生活をすぐさま捨てて、その人の元へと走り出してしまいたいという衝動に駆られたとしても、責められるものではありません。

それは至って普通のことであり、人間の悲しい性だといえるでしょう。

妻より愛する相手に出会えた…。

それはもう運命の人なのです。

その運命を受け入れたいと望むのは致し方のないことだと言っても過言ではないでしょう。

平凡な毎日に終止符を打ちたい。日常を変えてみたいという冒険心があった

「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり…」と謡ったのは戦国時代の英雄・織田信長です。

信長が好んだ敦盛の一節ですが、実はこれは人の一生が50年だと謡ったわけではありません。

よく間違えられるのですが、これは人の世の50年は下天(化天)ではわずか1日のこと、1日にしかあたらないという訳になります。

織田信長のことはさておいて、その昔、人間の寿命は今よりも短く、幼いころに流行り病やケガ、病気で早逝する子どもも多く、50年生きることができれば御の字だとされていました。

50歳の誕生日を迎えることができた人は長生きで、幸せ者だとされていたんですね。

だからでしょうか。

わたし達はなぜか 50歳を一つの節目として考える 人が多く、「50の山を越えたから、あとは下るだけだ」とか、「もう半分を過ぎたので、あとは折り返しだ」等の言葉で表現し、50歳を老人の入り口と考える人が多いように思います。

特に外で働く男性は、女性に比べると50代での老化現象を早くから実感すると言います。

それだけ強いストレスを抱えたままで暮らしてきたという証拠かもしれません。

そんなある日、ふと出会った女性に心惹かれ、その女性のことがなぜか気になり始めたとしましょう。

50代、60代の恋は世間では老いらくの恋と呼ばれるかもしれません。

しかし、気になり始めたら、相手のことを好きになっている証拠。

その女性のことばかりを考えるようになってしまったとしたら、平々凡々な毎日を捨てて…、いや、自分の平凡な毎日に終止符を打ち、新しい冒険の日々に足を踏み入れたいと思ったとしても不思議はありません。

平凡な毎日を変えてみたいという冒険心は、年齢に関係なく、誰もが持っている感情の一つです。

小さなころ、家族で出かけたキャンプ場や登山道で、母親から「この道から向こうは危ないから行ってはいけない」と注意されたことを覚えていませんか?

なぜ行ってはいけないんだろう、何があるんだろうと不思議に思い、余計にその道の向こうへ行ってみたいと思った経験がある人も多いでしょう。

この 冒険心 は子どもだけのものではなく、 50代、60代の大人になっても持っている人は持っている もので、その対象が物ではなく人間に変わっただけなんですね。

50代、60代で不倫を始める人にはこのような理由を持つ男性が多く、平凡な日常を変えたい、冒険をしてみたいという思いから不倫を始めてしまう人が多いと言っても過言ではありません。

知らない何かを見てみたい、手に入れてみたいという感情はある意味子どもっぽい感情ともいえますが、 冒険したいという気持ちは現在の生活に満足していない、どこかに不満があり、それが気づかないうちに大きくなっていることの現れ であるといえます。

50代、60代…、もしかしたら、人生の岐路に立つ年代かもしれませんね。

熟年不倫の実態とは?

体の結びつきより精神的な結びつきを重要視する

熟年世代の不倫は、エッチを頻繫にする体力のある人、ない人に分かれますが、両者ともに共通していることは 精神的な結びつきを重要視 するということです。

50代、60代はまだまだ若く、身だしなみにも気を付けているおしゃれな人もたくさんいますが、頭の回転は若い時のようにはいかなくて、若い時のように感情を抑えることも難しくなってきているかもしれません。

感情の浮き沈みは年代に関係なく誰にでもあることですが、30代、40代の働き盛りの年代であれば、誰かと意見が分かれ、勢いのままで口走ったとしても、自分が悪いと分かればすぐさま謝罪できる柔らかい頭を持っていたと思います。

が、 年齢を重ねると頑固になる のは自然の流れ…、自分が悪いと分かっても、頭を下げて謝罪できる精神的余裕はなくなります。

その精神的な部分を埋めてくれてフォローしてくれるのが、不倫相手です。

よく耳にしませんか?

「誰の言うことも聞かないけど、彼女の言うことは案外素直に聞くんだ」という言葉。

これ、実は男性の 精神が徐々に子どもに戻っている ことの現れの一つでもあるんですね。

子どもは自分を愛してくれる人、大切に思ってくれている人、心を許している人の言うことしか聞きません。

母親であっても、その母親を嫌っていれば、母親の言うことを無条件に聞き入れたりはしないものです。

子ども返りとでもいいましょうか。

 熟年世代の不倫は体の結びつきよりも精神的な結びつきが強い 傾向にあり、それだけ精神的な結びつきを重要視しているといえるでしょう。

会いたい時に会うスタンスで長続きしやすい

熟年世代の不倫の実態は、 自由気ままで会いたい時に会うスタイルを重視することから長続きしやすい 傾向にあります。

若い時は会えばすぐさま体を求め、体の結びつきを重視する不倫が主流となりますが、50代、60代という年齢になれば、若いころのようにはいきません。

そうなれば、 会いたい時に会うが基本となるのは自然の流れ だといえるでしょう。

例えば、女性が男性よりもかなり若い世代の人だとしましょう。

若い女性の体を求め、相手を満足させるだけの体力は50代、60代にはありません。

中には若いころとそう変わらない体力を持っている人もいますが、それは稀なことであり、そうそう居るものでありません。

女性を体で満足させることができないとなれば、精神的な結びつきを大切にしたいと望むのは当たり前。

彼女が言うことを素直に聞き入れ、彼女の話に真摯に耳を傾ける、これが不倫相手との精神的な結びつきを強くする理由です。

また、不倫を平穏無事に続けるには妻の顔色を気にしていなければなりません。

家を守る奥さまに不倫がバレては人生最大のトラブルとなる可能性があります。

妻、不倫相手との三つ巴の修羅場は、最悪の場合、熟年離婚という結末を迎えることになるかもしれません。

50代、60代で離婚となっても不倫相手との再婚という道があれば救いはありますが、修羅場となる場所に出てくる女性は稀有で、ほとんどの場合、修羅場を避けたいと望むことから、それを機に去っていく人が多いといえます。

となれば、会いたい時に会うスタンスが基本となります。

この会いたい時に会う不倫のスタイルは双方ともに多くのメリットがあります。

一つは、精神的に楽なこと。

二つ目は、のめり込み過ぎないので、別れが突然やって来ても後を引かないこと。

三つ目は、頻繁に会わないので家族にバレる確率が低くなることです。

この3点から、このタイプの不倫は長続きしやすいと考えられます。

頑固なだけに、喧嘩が絶えない

熟年不倫の実態で最も注意しなければならないことは年齢の高い人、多くは男性だと思いますが、既婚男性が 年齢を重ねるごとに頑固になり、そのことが原因で喧嘩が絶えなくなる ことです。

若いころは頭も柔軟で新しいことを自分なりにとり入れようと努力できますが、50代、60代となってくるとその努力をとり入れることが難しくなり、徐々に自分の意見を曲げなくなります。

これが頑固だといわれる所以ですね。

もしも2人の年齢が近く、どちらもが50代、60代のカップルだった場合には頑固者同士の不倫となる可能性が高く、会うたび喧嘩をして仲直りするために会ってまた喧嘩する…、という日々となるかもしれません。

頑固な人との会話は骨が折れますが、そのことでストレスをためる人も多く、久しぶりに会っても日常会話さえも億劫となり、ただ静かに時間を過ごすだけの不倫関係となることも…。

不倫という関係は会うと楽しい、幸せだと感じることが長続きのコツとも言われていますが、会うたび喧嘩では長続きするはずもありません。

しかし、 頑固者同士のカップルの場合、双方ともに頑固者だからこそ、相手の寂しさが十分過ぎるほどに分かり、別れを言い出すことができない まま続ける人も少なくありません。

喧嘩が絶えないのに別れない理由は双方ともに寂しさが分かるからになります。

熟年世代が不倫を続けていく上での注意点とは?

一時の感情で怒らない

熟年世代の人が不倫する場合の注意点で最も注意しなければならないことは、 一時の感情で怒らない ことです。

年齢を重ねていくと体力的に老化を実感することがありますが、感情面でも老化を実感することがあると言われます。

それは歳をとったことで 短気になる からだといえます。

小さいころ、近所に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんが短気で、すぐ怒り出す場面を見たことがある人もいるでしょう。

これは、わたし達人間にやがて訪れる、誰もが必ず通る道である 老化現象の一つ です。

歳をとると、堪え性がなくなってしまうんですね。

若いころはカッとなるようことを言われても、瞬時に自分の状況判断が行え、「今は怒ってはいけない」「短気は損気だ」等の言葉を心の中で唱えることで堪えることができていました。

しかし、50代、60代と年齢を重ねていくと、その 堪え性ががくんと落ちてしまう んです。

そうなると、何かの折に触れて言い合いになった時等、一時の感情で言い返してしまって喧嘩に…。

喧嘩は若い人、シニア世代関係なく、別れにつながる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

不倫という世間では許されない関係だからこそ、恋愛を楽しみたいものですよね。

デートしている時、ふとした弾みで言い返すことも、また言い返したい思いに駆られることもあるかと思いますが、感情のまま口走ってしまうことだけは避けておきましょう。

【期間限定】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


カーっとなったとしても、深呼吸して精神を静め、まずは言いたいことを心の中で整理しましょう。

深呼吸、心の中で整理してから口に出すことを習慣にすれば、しなくていい喧嘩をせずに済みます。

短気は損気。

この言葉を座右の銘にしておくと安心ですよ。

相手の家族にバレるような「匂わせ」はしない

熟年世代の不倫で注意することは、 相手の家族にバレるような行動をしない ことです。

不倫で最も注意しなければならないことに「匂わせ」と呼ばれる行動がありますが、この 「匂わせ」で不倫がバレる確率は一気に高くなります ので注意が必要です。

例えば、彼の行きつけの店でツーショットを撮ってもらい、その写真をその店内に貼りだしてもらう、その写真を彼のラインアイコンに設定する、奥さまのSNSを探し、奥さまの生活ペースを把握してスーパーや美容室で知り合うきっかけをつくる等です。

この 「匂わせ」は不倫している身にとっては最悪のマナー違反行為 であり、この行為で不倫がバレたとなれば、奥さまから慰謝料を請求されても文句は言えません。

 自分を守るためにも、絶対にしてはいけない行為 だと言っても過言ではありません。

50代、60代の熟年不倫は若い世代で不倫する場合と違い、残りの人生が短いだけに双方が本気になりやすいというデメリットがあります。

双方ともに本気の不倫恋愛であれば、既婚者である人が配偶者に離婚したい旨を伝えて離婚届を提出すればよいだけのことですが、相手があることであり、こちらがどんなに離婚を望んでも、すぐさま離婚とはならない場合もしばしば。

不倫相手の離婚話がなかなか進まず、いつまでも経っても日陰の身となれば、しびれを切らして「匂わせ」したい気持ちになるのも、十分に理解できます。

しかし、この「匂わせ」は危険です。

夫の浮気、不倫は夫の問題であり、妻である自分には関係ないこと、当事者同士で解決して欲しいとの意見を持つ妻も少なくありません。

このタイプの妻であった場合、不倫したからすぐ離婚とはなりません。

ただ修羅場を招くだけの愚策であり、彼との別れを選択しなければならない結果になる恐れがありますので、十分に注意しておきましょう。

思いやりを忘れない

熟年不倫で注意することは、 相手への思いやりを忘れない ことです。

50代、60代という年代はどこかしらに病気を持っている人も少なくありません。

医師からはっきりと病気だと診断されていなくても、体が重い、胃の不調がある、食欲がない、たびたび頭痛に悩まされる等、何らかの病気予備軍の症状が出ている場合もあります。

デートしている時に 相手の顔色も見ずに自分勝手なペースでデートを楽しんでいると彼はデートのたびに体の疲れを感じて気分が冴えない日々が続く ことで、あなたへの不満を実感するかもしれません。

そうなるとデートの回数が減り、彼のあなたへの思いも薄れていく一方です。

デートの日は会ってすぐ彼の顔色を確認して、体に何かの不調を感じていないか、優しい声で問い合わせてみましょう。

その思いやりが彼は嬉しいはず。

誰でもそうですが、体調を気にかけてくれる人のことを嫌う人はいません。

それが愛する女性となれば、その女性のことを今まで以上に愛し、愛しい存在だと確認するでしょう。

ただし、この思いやりを「年寄りだと思ってバカにしている」ととる人もいます。

ものすごくひねくれた感じ方ですが、50代、60代という年代はまだまだ若いつもりでいたい人、歳をとりたくないと思っているという人が多い年代でもあります。

言葉かけの難しい人もいますので、言葉は慎重に選んで使うことをおすすめします。

50代60代の熟年世代の男女が不倫に求めるもの

癒しと優しさと安心感

50代、60代の熟年世代が不倫に求めるものは、 不倫相手から与えられる癒しと優しさ、安心感 です。

男性もある年齢に達すると 精神的に弱くなる 傾向にあり、その弱音を誰かに聞いて欲しいと願う人も少なくありません。

その 弱さを補い、励まし、奮い立たせてくれるのが不倫相手の女性 というわけです。

男性は母性を持つ女性に弱く、母親と同じ匂い、雰囲気を持つ女性に惹かれやすいといいます。

母親は男の子にとっては最初に見る異性であり、最も触れる機会の多い異性でもあります。

その母親に男の子が求めるものは、癒しと優しさ、安心感です。

男性はいくつになっても母親を恋しがり、母親を求めるものだといいます。

 人生を終える前に、母親に似た女性を探してしまう のも、 癒しと優しさ、安心感を探したい からといえるでしょう。

男性として女性として、究極の幸せを探したい

熟年世代の人が不倫相手に求めるものは、 究極の幸せ です。

50代、60代に差し掛かると、 それまでの人生が満足できる人生でなかった場合、「わたしの人生はこれでいいのか」と自問自答する ことから始まります。

やり残したことはないか…、と考えるうち、ハッと思いつくのが、究極の幸せです。

「わたしの人生、究極の幸せを得たといえるのか」短くも長くもないこれまでの人生、幸せだったと胸を張って言えるのか…。

自問自答はこう続いていくでしょう。

そんな時、不意に運命の人に出会ったとしたら?

その相手が究極の幸せを運んできてくれる人生の救世主に思えることでしょう。

50代、60代は子どもが巣立ち、夫婦2人の生活になる人が多く、夫婦間で共通の話題がない限り、会話が長く続くこともありません。

夫婦2人で仲良く暮らすことができれば究極の幸せを探すこともないのですが、表面上は仲良く暮らしていても、心の中にはすきま風が吹いている夫婦も少なくありません。

特に女性は30代、40代よりも、50代、60代の年代の方が寂しさを強く感じる傾向にあり、その寂しさを埋めるために究極の幸せをくれる人を探し歩いたとしても何ら不思議はありません。

もっと若々しく、おしゃれでいたい

熟年世代が不倫に求めるものは、 もっと若々しくおしゃれな人でいたいという欲望 です。

恋をすると綺麗になると言われます。

それは若い世代だけでなく50代、60代でも同じです。

特に 女性はスキンケア、身だしなみに気を付けていないと年齢より老けてみえる ため、日々のケアを怠ってはいけません。

不倫相手に会うためにはスポーツをしてスタイルをキープして、肌のツヤを綺麗に見せるメイクを心がけ、今話題のトレンドカラーを入れたファッションで身を包みます。

もちろん、髪型も年齢より若く見えるヘアスタイルを選び、カラリングは欠かせません。

髪の毛から足の先まで彼に見られても綺麗な女性でいられるように、また彼から今以上に愛される女性になろうと努力します。

その努力が実を結ぶのが、不倫相手とのデート日です。

いくつになってもキラキラと輝ける女性、男性は素敵です。

 かっこいい、綺麗な人とデートできる喜びは不倫している男女にしか味わえない 感覚かもしれません。

50代60代の熟年世代が不倫することで得るメリット

家族からは得られなかった幸福感

50代、60代の熟年不倫で得るメリットの一つは、 家族からは得られなかった幸福感 です。

家族と仲良く暮らしてきたと胸を張って言える人が何人いるでしょう。

この熟年世代になると、不思議なことに思い出すのは若かった昔のことばかりだという人も少なくありません。

なぜ、若かった昔のことを思い出すのか?

答えは大きく分けて2つ。

一つは、「さぁやるぞ」という意欲とこれからどんな生活が始まるのかという期待、自分の未来を自分の手で開いていくんだという強い意思を持っていたからです。

もう一つは、 若かったころに戻りたいという後悔がある からです。

まず、一つ目の意欲、期待、意思についてですが、20代のころは誰もがピカピカと輝き、自分のこれからを想像してわくわくしていたと思います。

その輝いていた昔が懐かしく、そのころにもう一度戻ることができれば、また別の人生があっただろうという思いから、昔のことを思い出すんですね。

もう一つの若かったころに戻りたいという後悔ですが、これは誰もが経験することであり、 どんなに素晴らしい人生を歩んできたとしても後悔しない人はいない と言っても過言ではありません。

体力も精神力も十分にあった年代に戻りたいと願うのは、この年代の人であれば、誰もが思うことであり、思わない人はいません。

どんな家族でも一つや二つ、大きな喧嘩をします。

子育てのこと、両親のこと、仕事のこと等、別々の道を生きてきた2人が結婚するんです。

衝突は当たり前であり、仲良し家族とよばれる家族でも喧嘩したことがない家族はいません。

それも踏まえて家族なんですが、男性の中にはその些細ないざこざが喉に刺さった魚の棘にように長く刺さったままでシコリを残している人も少なくありません。

特に完璧主義者の男性は、その時に感じた家族間の温度差を長く忘れることができません。

それが、妻とは別の女性を探す原因となることがあります。

50代、60代でそんな相手に出会えたとしたら、熟年不倫の始まりです。

まだまだ頑張れるというチャレンジ精神

50代、60代で始める熟年不倫で得られるものの一つに、 チャレンジ精神 があります。

シニア世代と呼ばれる年代にチャレンジ精神って…、と思う人もいるでしょう。

しかし、男性はいくつになってもチャレンジャーであることをやめないタイプの人がいます。

それは、 自分はまだまだ頑張れる、まだまだ捨てたもんじゃないということを自覚したい からです。

ちなみに、その女性が自分よりはるか年下の女性だけでなく同世代の女性でも、思うことは同じです。

好意を持つ女性に好かれたい、愛されたい、男として頼りにされたいという思いは男性だけでなく女性にもあるものですが、誰もがその思いを行動に移すとは限りません。

これはチャレンジ精神を持つ人にのみ存在する特別な能力で、その能力を持っていることを自覚している人だけが熟年不倫という行為にチャレンジすると言っても過言ではありません。

まだまだ頑張れる。

頑張りたいという希望的観測ではなく、頑張れるなんです。

この強い意思こそが、熟年不倫で得られる最大のメリットといえるでしょう。

男性として生きてきた証と満足感

熟年不倫で得られるものは、 男性として生きてきた証と満足感 です。

50代、60代という年代は分別のつく大人で、社会的立場を持ち、会社でも重い責任を持っている人もいるでしょう。

男社会と言われる職場では仕事で成功する場合も男として生きてきた証と満足感を得ることができますが、恋愛で得る証、満足感とは別物だといえます。

恋愛で得る証は、愛されているという男性としての自信です。

50代、60代は男性としても脂ののった年代ではありますが、人によっては 知らず知らずのうちに人生の下降線を歩んでいる 人もいます。

体力がなくなった、以前ほどやる気が起きない、疲労をためやすくなった等のことがあれば、男性として生きてきた証を実感するような、心のゆとりはないでしょう。

満足感も然りです。

やる気がない、疲労を感じる等があれば、素直に満足感を実感する余裕もありません。

これでは、男性としての自信を自覚する余裕なんてないですよね。

次に、恋愛で得る満足感についてですが、これは分かりやすく言えば、エッチで得る満足感のことです。

20代で結婚して50代、60代を迎えたとなると、妻の年齢も50代、60代です。

女性としての機能は薄れていると考えても不思議はありません。

イヤな言葉で言えば、夫と同世代の妻の体に魅力を感じる夫はいないでしょう。

妻と同じ年代の女性でも不倫相手の体には魅力を感じるものです。

その理由は、既婚者である場合は誰かのものを自分のものにしているという満足感があること、また、一人暮らしの女性であれば身だしなみに気を付けており、女性としてのたしなみを忘れていないからです。

 男性として産まれてきたからには後悔のない人生を歩みたい もの。

その 願いを叶えるために熟年不倫をしている 男性が多いと言っても過言ではありません。

熟年不倫で得られるものは幸福感と安心感

流行りの不倫…。

 50代、60代で不倫をする人は年々増加 の傾向にあると言われます。

何が不倫へと走らせるのか。

 最も大きな理由は寂しさ ではないでしょうか。

熟年不倫で得られるものは幸福感と安心感、この2つの感情を同時に得られる不倫は究極の不倫恋愛だと言っても過言ではありません。

そんな相手に出会った時はその相手を運命の人だと思い、声をかけてみてはいかがでしょう。

いきなり不倫へと突っ走るのも良いですが、茶飲み友達から始めてみるのも乙なものです。

 人生は一度きり。   後悔のない人生をおくれる人は極わずか。 

その極わずかな人になってみるのも、素敵な生き方の一つですね。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【神言鑑定】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【神言鑑定】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。