職場で好き避けをする既婚者の女性心理と男性心理

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。

恋愛をするとストレートな言葉運びや態度だけをするわけではありません。

特に恋愛下手な男性や女性は、若干ややこしくさせる好き避けに身を講じてしまう場合があります。

好き避け、嫌い避け、ごめん避けの特徴の違いと、好き避けをする男女の心理や特徴などを詳しくご紹介します。

職場での既婚者の好き避けの対処法についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてこれからの不倫恋愛の参考にしてください。

好き避けや嫌い避け、ごめん避けの違いって?

好き避けとは?

好き避けとは、「好きだけど避けてしまう」ことを言います。

自分の 相手への好意に気付いているから こそ、自然と体が好き避けをしてしまうのです。

そこには、「好きな気持ちを悟られたくない」という思いが強く、自分の気持ちを隠したい心理が働いています。

好きな気持ちがバレてしまうと、これまでの関係が壊れてしまうことを恐れている人も少なくありません。

恋愛関係を求めるまでの間には、様々な葛藤や片思いの時期などがありますので、自分の想いが悟られないように距離を取ろうとしているのです。

好き避けをされた相手にとっては「嫌われているのかもしれない」と感じさせてしまうこともあり、恋愛感情をややこしくさせてしまう場合もあります。

それよりも、自分の気持ちがバレて勝手に失恋した状態になることを避けていると言えます。

恋に臆病な人、自分に自信のない人、好きになってもらえるのか不安な人が好き避けをしてしまうのです。

あからさまに避ける行為であることが多々あり、人間関係に暗い影を落としてしまう場合もあります。

嫌い避けとは?

嫌い避けとは、その名の通り「嫌いだから避ける」ということ。

相手に対して良い思いをしていない、付き合いたくない、仲良くしたくないというマイナスの感情が働いています。

 無理をしてまで仲良くするつもりがない、自分から歩み寄るつもりがない 時には自然と嫌い避けをしてしまうのです。

好き避けと嫌い避けの行動はそう変わるものではありませんので、相手がどちらを行動に移しているのか分かりにくいことも少なくありません。

距離を取る、話しかけられても無視をする、相手を知ろうとする姿勢を見せない、いつもイライラしているなど、嫌い避けをされた人は悲しんでしまうこともあります。

人に嫌われて嬉しい人はいません。

そんな態度をしてしまうくらいに嫌いであり、大人の対応が出来ないくらいに嫌悪感を持っているのかもしれません。

どうしても生理的に合わない相手、好きになれない相手は生きていれば出会ってしまうこともあります。

きっと嫌い避けをしている人も心からしたくてしているわけではなく、体が勝手に相手を避けてしまっているのです。

ごめん避けとは?

ごめん避けとは、相手が自分の好意を持っていることが分かっていて、その気持ちに応えられないという時の態度です。

異性としては見られない、男女の関係にはなれないけれど、人として嫌いではない時に悟って欲しい時の態度だとも言えます。

相手からの好意を素直に嬉しいと感じながらも、それまでと同じように仲良くしていれば 「期待させてしまうかもしれない」 と危惧しているのです。

「ごめんね、その想いには応えられない」という気持ちでのごめん避けですから、トラブルを避けたいという思いも込められています。

男女の恋愛、特に既婚者との不倫恋愛で揉めるのはお互いにしたくないものですから、何かが始まる前に「諦めて欲しい」という願いを持つのです。

「そうか、自分とは付き合えないんだな」「片思いは報われないのだな」と本人に自覚してもらい、恋愛とは関係のない繋がりを持ちたい時にはごめん避けをします。

はっきりと告白をされたわけではないのに「ごめんなさい」と言うのは気が引けますが、態度で示すことで自然と諦めてもらう方法でもあります。

俺って嫌われてるの…?職場で好き避けをする既婚者の女性心理

好きな気持ちに気付いて恥ずかしい

「この男性に恋をしよう!」と思って恋心を抱くわけではありません。

自然に好きという感情を抱くようになり、何らかのきっかけで自分の好意に気付きます。

既婚女性は、自分が既婚者でありながら旦那以外の男性に好意を抱いたことに驚きを隠せません。

と同時に恥ずかしいという思いにもなるのです。

人を好きになると、相手に 「どう思われているだろう「どう見られているのだろう」 と意識してしまいます。

だからこそ、好きになった男性の前で好き避けをしてしまうのです。

「恥ずかしい」という思いを隠すために、距離を作ったり話しをする機会をなくしたり、避ける行為に出て、自分の気持ちを悟られないようにしています。

結婚している女性からの好意は、男性を困らせてしまうかもしれないという感情も含まれていますので、堂々と好意を態度に表すことは出来ません。

上手く隠すためには、相手を避けるしかなく、それは結果的に恋愛不倫を遠ざけてしまうことにもなります。

気持ちは伝わらなければ恋愛には発展しません。

好意がバレたら困っちゃう

好き避けをする既婚女性は「好意がバレたら困っちゃう」と感じています。

自分が旦那以外の男性を好きになったことを知った際には、まだその気持ちに対して何を望んでいるのか分からない状態です。

不倫恋愛として男女の関係になりたいのか、片思いをしてドキドキしたいのか、恋心を諦めるべきだと決断をするのか。

だからこそ、今自分からの好意が相手の男性にバレてしまうと困ってしまいます。

仮に、相手の男性も既婚者女性に対して好意を持っていたとしても、まだまだ 不倫恋愛に発展させる覚悟は決まっていない こともあるのです。

「これから自分はどうしていきたいのか」「恋心を行方をどうしたいのか」と自分で決めなければ前に進む勇気は出ません。

だからこそ、好き避けをして今は男性と距離を取り、頭を悩ませたいという心理を持っているのです。

一人の悩む時間も必要ですし、適当な気持ちで不倫をすることが出来ない既婚女性は少なくありません。

心の準備が出来ていない

前項に続きますが、心の準備が出来ていないことで既婚女性は好き避けをします。

「彼のことを好きな気持ちは本物」「これ以上ない恋愛感情を抱いたことはない」と言い切れる女性であっても、既婚者だからこそ心の準備が必要です。

自分が抱えている男性への好意を叶えるため、不倫になるとはどういうことなのか、もちろん自分の旦那や家族についても考えてしまいます。

好きな気持ちが態度や行動からバレてしまえば、 後戻りできない状況 になる可能性があるのです。

一気に関係が進んでいき、心の準備も出来ないままでは、いつまで経っても不倫や浮気に対して罪悪感を抱いたり、不安な気持ちを持ったりしてしまいます。

強い女性が増えてきましたが、このような心の準備を経て行動を起こすからこそ強く感じるのです。

自分の決断で行動を起こさなければ、責任を持って男性との関係を築いていくことは出来ないと思い、好き避けをしてしまいます。

本当は俺のこと好きなんだろ?!既婚女性に好き避けされた時の正しい接し方

遠慮しない

既婚女性に好き避けされた時、男性も相手に好意を持っている場合の正しい接し方は、遠慮をしないということです。

男性のことを好きだからこそ、避けているのですからもう遠慮は必要ありません。

お互いに気持ちが通じ合っていることを感じて、デートに誘ったり連絡をたくさんしたりしましょう。

好き避けをしている状態から、何か二人の中できっかけがなければこれ以上距離を縮めることは出来ませんので、そのきっかけは男性が作ります。

既婚女性は好き避けという態度で、 間接的に気持ちを伝えている状態 ですから、後は好意を受け取った男性が行動を起こすのみです。

好き避けをされているので、最初は困難なこともあるかもしれませんが、好きな男性にデートに誘われたり連絡を受けたりするのを既婚女性は喜びます。

その喜びは、次第に不倫恋愛への感情を高めていくことになりますので、どんどんと行動を起こして二人の距離を縮めていきましょう。

二人だけの会話をすることで、特別な関係を目指せます。

デートに誘う

思い切ってデートに誘って、既婚女性からの好き避けを終わらせ、素敵な男女の関係になっていきましょう。

何と言っても不倫恋愛になるためには、二人の時間、すなわちデートをする必要があります。

二人きりで出掛けるだけでも、これまでとは違う関係に進んでいることをお互いに感じることになるのです。

その中で、不倫関係になる覚悟を決めたり、自分の気持ちや相手の想いを再確認し、相手と一緒に過ごすことが自然だと感じてもらいましょう。

食事をしたり映画を観たり、二人で散歩をするだけでもいいのです。

既婚女性はこれからの関係に不安を感じていることで好き避けをしていますので、 あなたが「二人になりたい」と思っている気持ちを伝えて いくことで安心させられます。

既婚者であることを感じさせないためにも、男性としての魅力を発揮して恋人同士を目指してください。

デートをすることによって、好き避けは必要なくなり、素直な感情で一緒に過ごすことになります。

定期的な連絡をする

好き避けされている既婚女性に好意を抱いている場合には、定期的な連絡をして心の距離を縮めていきます。

男性の好きという気持ちによって、これからの二人の関係は変わっていくのです。

しかし、結婚して家庭を持っている女性は色々なことを考えます。

旦那のことや子供のこと、周囲の環境や仕事のことなど。

だからこそ、焦らずに ゆっくりと二人の関係を構築 していきます。

そのためにも、連絡をしあうことが普通の関係になりましょう。

週1回の連絡、同じ時間の連絡、「この連絡は彼からね」と分かるくらいの定期的な連絡をすることで、既婚女性に近づいていけます。

定期的な連絡が当然のことになれば、男性と話しが出来ない時には女性は寂しく感じますし、習慣が崩れることを嫌だとも思うものです。

既婚女性の生活の一部になることで、彼女の心に入り込み、ますます恋愛感情を高めていけます。

【期間限定・12月16(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




既婚女性の気持ちの後押しをしましょう。

既婚男性が気になる女性にとる態度!好きな子への好意のサインはコレ!

2018.06.15

彼が私をさけてるような…。職場で好き避けをする既婚者の男性心理

不倫への決断はまだ付かない

職場で好き避けをする既婚男性の心理には、決断が関係しています。

「女性のことは好きだけれど、不倫をする勇気がない」「好きな気持ちに自信はあるけれど、浮気に足を踏み入れるのが怖い」

好き避けをする既婚男性は自分の気持ちにはしっかりと気付いています。

しかし、 その先の関係に進む ための決断が出来ていないがために、あなたを避けてしまうのです。

もし、あなたに好意がバレてしまえば一気に男女の関係になってしまうかもしれません。

まだ、奥さんのことや子供のことなど、不倫をするとはどういうことなのかと考えている最中です。

好意を持っている傍らでは、既婚者としての責任や重圧なども感じている男性ですから、好き避けをすることによって、あなたと距離を作ろうとしています。

すぐにでも触れたいと思っていたとしても、既婚男性はそう簡単に答えを出すことは出来ませんので、どうしても避けるという行動に繋がってしまうのです。

バレたら厄介だな

職場で好き避けをする既婚男性の心理には「バレたら厄介だな」というものがあります。

一つは、既婚男性が奥さん以外の女性に好意を抱いていることが職場でバレることを危惧しているのです。

噂の対象となり、まだ不倫恋愛も始まっていない段階であることないこと話題に出されてしまっては、仕事に悪影響を出しかねません。

周囲の人にバレないための好き避けなのです。

また、あなたに気持ちがバレることも恐れています。

「奥さんがいるのに」との心理から、 軽蔑 されてしまうかもしれないと思っているのです。

好意が繋がれば問題はありませんが、既婚男性は片思いだと感じていますので、むやみに自分の気持ちがバレることを避けたいと思っています。

自分の好意を隠すためには、職場で闇雲に近づかないことや必要以上に仲良くしないことを徹底していると、それは好き避けになっているのです。

必死な姿こそが相手の女性にとっては不思議な態度に映ってしまいます。

気にして欲しいような気がする

好き避けをわざとする既婚男性もいます。

同じ職場ならば、顔を合わせる機会も会話をすることもたくさんあります。

その中でわざと好き避けをすることによって、相手の女性に「自分を意識して欲しい」という心理を持っているということです。

今までとは違う態度や行動、他の人とは違う接し方をされると、どうしても気になってしまうものです。

避けられる行為からは「私は何か彼にしてしまったのかな?」と既婚男性について考える時間も作ります。

自分を気にしてもらうことで、 意識を向けさせ恋愛感情を抱いて欲しいという願望 を持っていると言えるのです。

目が合ったのにすぐに逸らすなどは、相手にも好意を抱かせる方法となりますから、両想いになるための苦肉の策となっている可能性は捨てきれません。

すでに不倫恋愛へのアプローチが始まっていることを感じて、女性としても彼とどうなりたいのかを考える時期に来ています。

アプローチに乗るのか、諦めてもらうのかここでしっかりと考えていきましょう。

照れちゃってなんだか可愛い…!既婚男性に好き避けされた時の正しい接し方

常に笑顔で接するように

気になる既婚男性に好き避けされた時の正しい接し方は、常に笑顔で接することです。

好き避けをする既婚男性は、自分の気持ちから 不安 になっています。

「自分が家庭持ちなのに」「もし気持ちを知られてしまったら?」と考えると、不安にならない男性はいません。

あなたが気になる既婚男性ならば、あなたが好き避けをされても笑顔で常に接してくれていることで安心させられます。

好きな女性の笑顔は、癒しにもなります。

不倫に発展するような恋愛感情を持っている事は、時に既婚男性にとってストレスになってしまう場合があるのです。

彼女のことを考えて不安になり、これからの夫婦関係を考えて心を痛めます。

そんな時に好きな女性が常に男性に対して笑顔で接してくれていたならば、気持ちが安らぐこと間違いなしです。

今は好き避けをしていますが、癒しを感じ始めると「もっと」と良くが出てきますので、避ける行為をしなくなります。

二人だけの空間を作る

気になる既婚男性に好き避けをされていて、「不倫恋愛になってもいいな」「もっと近づきたいな」と思った時には、積極的に二人だけの空間を作っていきましょう。

好き避けをされていたとしても、工夫次第で二人だけの空間を作り出せます。

彼の隣をキープしたり、連絡をしたりしてみましょう。

二人だけの空間には特別な雰囲気を醸し出すことができ、好き避けをする要因となった好意の気持ちを高める効果があります。

「気にしないようにしよう」と思っている既婚男性でも、 あなたと二人きりになると意識してしまいます から、どんどんと好きな気持ちが膨らんでいくのです。

既婚男性の好意が大きくなること、そして二人の間にある特別な雰囲気によって、男女の関係に発展していきます。

好き避けする既婚男性も、話しかけてきたあなたを無視するような大人げないことはしませんので、二人きりの空間を作るきっかけを様々な方面から作ってください。

自ら話しかける

好意を持っている既婚男性に好き避けをされ、その心理を知ってしまうと「自分から近づかない方がいいのかな」「不倫関係になりたいと思っていないのだろうな」と思ってしまいます。

しかし、既婚男性はこれ以上気持ちが大きくなってしまい、後戻りできなくなる状況を恐れているだけなのです。

あなたに嫌われるかもしれない、軽蔑されるかもしれないと恐怖を感じているからこその好き避けだということを忘れてはいけません。

自らどんどんと話しかけていきましょう。

そして二人だけの会話をたくさんするのです。

そこから、既婚者男性は女性からの好意を感じ取り 「好きでいていいんだ」「男女の関係になってもいいんだ」 と自信がつきます。

あなたから話しかけること、そして楽しそうに会話を続けることがポイントですから、既婚男性の不安を払拭していきましょう。

既婚者に告白された&告白したい女性必見!心理と対処法

2018.12.01

好き避けからの好意

好き避けをする既婚者の男性心理、そして女性心理をご紹介しましたが、結婚している人には複雑な心理を持ち合わせていることが分かりました。

好き避けは好意を持っているからこその行動であることを忘れずに、あなたも同じように「好き」という感情を持っているのでしたら、不倫恋愛に発展するための対処法を利用してくださいね。

「避けよう」「避けたい」という意識が働いている相手ですから、上手にアプローチしていかなければなりません。

その先にあるのは、気持ちが通じ合った素敵な男女の関係です。

好き避けをされている時点で、好意を抱かれていることにあなたも女性として自信を持って、積極的に態度で表していきましょう。

彼は安心して、あなたの手を握り、はっきりと愛の告白をしてくれるはずですから、自分の気持ちを包み隠さずに行動に移してくださいね。

【期間限定・12月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。