不倫の慰謝料請求をされたら即すべき事

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

不倫相手の配偶者からの慰謝料請求に「まさか自分が…」なんて思っていたら、バレると高確率にされることを目の当たりにしているケース、どうやってこのトラブルに対処していいのか困ってしまいます。

不倫による慰謝料を請求された場合には、即すべきことがありますので落ち着いて一つ一つ対応していく必要があります。

始めの対応を間違ってしまうと、取り返しのつかない事態になってしまいますので注意して問題に対処していきましょう。

共同不法行為にあたるかどうかを確認

「共同不法行為」にあなたの行為があたるかどうかをまず確認します。

配偶者からの慰謝料請求によって、彼が既婚者であることを始めて知った場合には不貞行為による慰謝料はなしになるが減額されることがあります。

「共同不法行為」とは、浮気相手が既婚者だと分かっていた場合には、法律で禁止されている不貞行為を相手とともに行ったと見なされます。

不倫関係が始まった時には独身だと告げられていたけれど、途中で知り、それでも関係を続けていたとなっても同じです。

既婚者は配偶者以外の異性と体の関係を持つと不貞行為と見なされ、民法による法律違反ということで、慰謝料請求をされたり離婚を申し込まれたりした場合にはそれを受け入れなければなりません。

それは、旦那である彼と共に行っていたあなたにも同じように妻は精神的苦痛を受けたことに対して慰謝料を請求できることに繋がります。

あなたが、この「共同不法行為」に当たらなければ、申し入れをし、話し合いの場を持ち立場を知らせなければ請求された慰謝料を支払わなければならなくなるのです。

支払期限に注目

慰謝料を請求された時には、必ず支払い期限について口頭で告げられるか書面に記してあるものです。

直接奥さんから言われるのか、内容証明などによって書面が送られてくるのかはケースバイケースです。

「会社にバレたくない」「両親に知られたくない」という気持ちから、早く解決させようとして慌てて支払い期限にお金を支払う女性がいますが、実はそれほど拘束のあるものではありません。

請求する慰謝料の金額も支払い期限も奥さんからの一方的な希望でしかないのです。

ここから、減額について話しをしたり、支払い方法について話しをしたり出来るものですから、「悪いことをしてしまった」という気持ちが先行するばかりに問題を早急解決させるために慌てて支払うことのないようにしましょう。

旦那の浮気相手に対して慰謝料請求した女性の中には、「絶対に夫はこの女と不倫している」と思い込んで行動を起こしている人がいます。

内容証明の内容を確認したり、奥さんがどのくらいの浮気の証拠を持っているのかを探ってみましょう。

不倫や浮気だと判断されるのは不貞行為があるかどうか、すなわち体の関係があるかどうかです。

メールやLINEをしているだけでは夫婦仲を脅かす問題にはなりませんが、その中に「またエッチしようね」などの内容があれば実証されてしまいます。

実際にあなたが不倫をしていたとしても、奥さんに確かな証拠がなければ慰謝料請求をされても支払う義務が発生しないこともあるのです。

浮気相手として「これはマズイ」と思って、承諾してしまえばその時点で不倫していたことを認めることになりますので注意が必要でしょう。

どこで何も見られてしまったのか、何から浮気を疑っているのかを確認してみると、現状から逃げられることはよくあるのです。

後は夫婦のトラブルとしてお返ししましょう。

納得いくまで戦うか、早期解決目指して示談か

不倫をしていたことを認める、慰謝料の金額についてなどあなたが納得するまで裁判をしてでも戦うか、早期解決を目指して早めに示談書にサインをするのかを決めましょう。

これは、あなたと彼の配偶者との戦いですので、相手が離婚するかどうかは関係ありません。

双方での話し合い、調停、裁判をしてでも奥さんからの言い分を飲めないような内容となっているのでしたら簡単に示談書にサインをすることは出来ないものです。

いくら傷ついたからと言って、夫婦が離婚に追い込まれたからと言って法外な慰謝料を払えと言われても困ってしまいます。

しかし、不倫のトラブルで裁判をしているという状況はあなたにとってはマイナスの状況。

世間体も悪いですし、会社などでも居心地のいいものではありません。

裁判は平日に行われますし、そのために休みを取らなければなりません。

どちらがあなたにとって最終的に納得のいくものなのかを十分に考えてみましょう。

慰謝料請求金額は妥当か

前項の話しに続きますが、慰謝料請求の金額は妥当なものなのかどうかを確認してください。

これまで多くの離婚裁判で、様々なケースから事例が出ています。

あなたと不倫していた彼はどのくらいの期間、関係を持っていたか、彼と奥さんは離婚をするのかどうか、子供がいるのかどうか、どちらが誘ったかなど細かい点まで見て、金額が妥当かどうか、弁護士事務所に相談してみてもいいでしょう。

とんでもない金額を一括で支払って欲しいと言われても、示談書を前にして「無理」だと思えば減額の交渉を行う必要があります。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


支払えないような金額はどう足掻いても無理なものは無理で、調停などを行い、慰謝料を適正な金額に正してもらい、支払い方法も一括ではなく分割にしてもらえることもあるのです。

大きな罪悪感によって、全てを受け入れる必要はありませんので、困った時にはやはり弁護士事務所に相談だけでも訪れてみましょう。

弁護士に早急に連絡を

たとえ不倫をしてしまった立場だとしても、お金の絡む話し合いですから法律のプロである弁護士に依頼をすることをおすすめします。

不貞行為という法律に関わることだからこそ、素人同士で話しをつけてしまうと危険な場合もあります。

中には恫喝されたり強迫されたりするケースもないわけではありません。

弁護士を通して、あなたは顔を会わせずに話しを進めることも可能ですし、調停や裁判に至った場合には何をどうしたらいいのかという疑問にも丁寧に教えていただけます。

不倫問題に詳しい弁護士を探すために、無料相談をいくつか受けてもいいでしょう。

悪いことをしてしまったからと言って、慰謝料請求をした側の一方的な言い分だけを飲み込まないようにするためにも、落ち着いて相談に乗ってもらえる弁護士を準備してください。

必ず、あなたの味方になってくれる先生はいるはずですので、一人で悩んで最悪のケースを迎えることのないように今一度考えてみましょう。

奥さん側も弁護士を立てていることもありますので、出来るだけスムーズにことが進むように、泥沼化を極力避ける方法でもあります。

突然の慰謝料請求のために知識をつけておく重要性

既婚男性と不倫関係を続けている時には、奥さんにバレることによって慰謝料を請求される可能性について分かっていても、現実味のないことですので漠然とした考え方しか持っていないはずです。

しかし、どのタイミングでどうやってバレてしまうかは想像できないこと。

いつ慰謝料を請求されても正しい行動が出来るように覚悟と知識を身につけておきましょう。

いざ、慰謝料請求の通知を見てパニックになり後悔しても遅いのですから、今の内から即すべきことだけでも知識を持っておくことをおすすめします。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。