旦那も嫌いじゃないし不倫相手とも一緒に居たい…矛盾するこの気持ちとの上手な付き合い方と、どちらか片方を選ぶ時の判断基準

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を鑑定しアドバイス致します。

恋愛して結婚を決めた男性だから、 旦那のことはもちろん愛しているし大好きなんだけど不倫相手は現在進行形で好き な男性…。

旦那は過去、不倫相手は現在進行形となれば、今好きなものは不倫相手?

でも、結婚生活を続けている旦那のこともそんなに嫌いになれない。

このモヤモヤする気持ちを毎日持て余してしまって、どうすればいいのか途方に暮れてしまうこともしばしば。

こんな気持ちで、 どちらか片方を選ぶなんてできないと悩んでいる 女性も少なくありません。

不倫相手より旦那を選ぶ理由、旦那より不倫相手を選ぶ理由、矛盾する気持ちとの上手な付き合い方やどちらか片方だけを選ばなければならない時の判断基準についてアドバイスしたいと思います!

Menu

不倫相手より旦那を選ぶ時の女性心理

旦那が家庭の大黒柱。離婚できない理由は経済的なことが大きい

家庭を支えるのは夫であり、妻であります。

男女雇用機会均等法が制定されて久しいですが、職種によっては未だ男性社会の職場も多く、その場合、どうしても女性の給料基準が低い、出世しにくい、男性と女性の業務内容に違いが生じる等の不利益があります。

そのような状況下にある妻が不倫してしまった場合、どんなに不倫相手がお金を稼いでいたとしても、不倫相手が確実に結婚してくれるという約束をしているわけでもないので、旦那との生活を気軽に手離すことができないという女性も少なくありません。

また、子育てのために仕事を休職している、退職後は専業主婦として子育てを担っている妻もおり、その場合、生活費を稼ぐのは旦那のみとなるため、旦那を選ばざるを得ないのは自然の流れだといえるでしょう。

不倫相手が積極的に離婚を求め、自分と再婚しようと言ってくれているのであれば話は変わってきますが、それでも離婚のハードルは高く躊躇するのが通常の神経とデリカシーを持った人間です。

 竹を割ったようなサバサバした性格の女性でも離婚する時は悩むもの であり、他に好きな男性ができたからと今までの生活をあっさりと捨てて離婚できる女性はいないでしょう。

例え、その不倫相手を愛していたとしても、旦那にDVの疑いやパワハラ、マタハラ等の原因がある場合を除き、それまでの生活を捨てて新しい生活を手に入れるための第一歩を踏み出す勇気のある女性は1人もいないと言っても過言ではありません。

ちなみに、 既婚女性が離婚できない最大の理由は経済的な理由 です。

離婚できない理由にはさまざまな理由がありますが、最も大きな位置を占めている理由が経済的なことであり、離婚する際、子どもがいる家庭では子どもの養育費、慰謝料等の離婚後に支払いが発生する金銭的な理由で離婚届に署名・押印できない人は少なくありません。

悲しいことですが、経済大国だと言われている日本でも経済的な理由で離婚できずにいる女性は数多く、そのことを考えれば、未だ日本は経済発展の途上にある国といえるかもしれません。

子どもの将来のことを考えると安易に離婚できない

子どもを持つ既婚女性が不倫するには旦那、子育て、家庭環境等さまざまな理由がありますが、その不倫相手にこれからの人生をゆだねることができるかとなれば、ほとんどの女性は「いいえ」と答えるでしょう。

なぜ、「いいえ」なのか。

答えは簡単です。

 子どもの将来のことを考える からです。

女性が不倫相手との今後を考える際、ネックになるのは子どものことです。

子どもの親権を放棄するつもりの女性であれば深刻な悩みにはならないと思いますが、 自分が産んだ我が子を笑顔で手離す女性は少なく、子どもの親権で旦那と揉める のは目に見えています。

それはもちろん、父親である旦那も同じことで、そうやすやすと手離せる人もいないでしょう。

親になれば、可愛い我が子を自分の手元から離したくないのが正直な思いだと思います。

その子どもの将来のことで離婚に踏み出せない女性は多く、特に子どもの教育にこだわりを持っている女性であれば尚更ですね。

子どもの教育上、父親は必要不可欠な存在であり、不倫相手が父親となってくれたとしても、子どもとの相性が悪くて子どもが懐かない、離婚を境に子どもの反抗期は始まった等の問題が発生すれば、それだけで子どもの将来に傷がついてしまう恐れがあります。

不倫相手がどんなに素晴らしい男性でも、本当の父親には適いません。

その不安を考えれば、安易に離婚はできないものです。

子どものいる既婚女性が不倫した場合、 子どもの将来を考えると旦那を選ばざるを得ない といえるでしょう。

両親を悲しませられないから離婚できない

結婚は2人だけのものではありません。

昨今は結婚式を挙げずに籍を入れるだけで済ます男女も少なくありませんが、それでも、各々の家族、親せきに対し、結婚したことを報告するための食事会を催し、みんなにお祝いをしてもらいます。

 家族、親せきからお祝いしてもらった手前、「離婚する」とはなかなか言い出せず、そのことが足かせになり、結婚生活を続けている夫婦も少なくありません。 

家族の犠牲になっているように聞こえるかもしれませんが、現実問題として、結婚の報告の時に喜んでくれた両親に対し、離婚の相談は両親を裏切るような気分になることから、離婚を考えているとは言い出せないままに子育てをして、 心配させまいとして仲良く暮らしている幸せ夫婦を演じている 夫婦も少なくないのです。

まるで仮面夫婦ですが、仮面を付けなければならないことが心の中で大きな負担となり、それが原因で不倫へと走ってしまう夫婦も多く、その場合、片方が不倫していることに気づいても見て見ない振りをすることで円満な結婚生活を続けているというわけです。

不思議なもので、仮面夫婦を長く続けている夫婦は考え、感覚も似てくることが多く、妻が不倫していたと気づいても、そうそう責めたりはしません。

すべての男性がそうだとは言いませんが、妻が不倫する理由の一つに自分が関わっている、原因をつくったのが自分だという認識を持っている旦那であれば、安易な考えで妻を責めることはできないそうです。

妻に愛情がなくなった、自分にも不倫相手がいるからともいえますが、双方ともにもめ事を家庭内に持ち込まないという暗黙なルールがあり、それを双方ともに確実に守ることで夫婦関係が保たれているということですね。

仕事をしている関係上、離婚はNG!世間体重視という理由から

仕事を持っていると、 離婚が出世に響く 場合があります。

令和の時代にそんな時代錯誤の話があるのかとびっくりするかもしれませんが、現実的にまだそういった企業は多く、世間体を重要視する職場・職種であった場合、離婚イコール管理能力がないというレッテルを貼られ、それが出世に水を差すことも少なくありません。

現在の仕事に愛着が薄れ、転職を検討してする時期であれば人生観を変えるような深刻な問題にはなりませんが、小さなころからの夢だった、または一度しかない人生をかけた職種であり、それを天職・適職だと考えている職場・職種であれば、おいそれとは手離せるものではありません。

そうなると、離婚は絶対にNGです。

ましてや不倫が周囲に知られるようなことは尚更避けなければならず、例え、旦那よりも不倫相手を愛していたとしても、最終的に選ぶのは旦那になります。

この場合、旦那を選ぶのではなく、選んだのは仕事であると言っても過言ではありませんね。

一生の仕事にしたいと思うほどの情熱を持った職場・職種に出会えた人は幸せ者ですが、その仕事ゆえに愛する人との第二の人生を諦めるとなれば、本当の幸せはどこにあるのか…。

女性ならば、幸せについての定義を慎重に考えてみる必要があるかもしれません。

女性として産まれたら、愛する子どもを産みたいと願う人も多く、不倫相手のことを本気で愛した相手として見ているのであれば、彼の子どもを産みたいと願うのが女性の自然な姿でしょう。

しかし、仕事に深い愛着を持つ女性はその願いは叶えられません。

それでもいいと女性としての人生を諦めるか、仕事を持つ女性としての幸せを受け入れるか、究極の選択になりますが、どちらか片方を選ばなければならないとしたら…。

 仕事に愛着と誇りを持っている女性であれば、迷うことなく仕事を選ぶでしょう。 

そうなれば、不倫相手よりも旦那を選ばざるを得ません。

近年、女性の社会進出は目覚ましく、その社会進出のために子どもを産まない選択をする女性も少なくないと耳にします。

今後、仕事を続け、自身のレベルアップのために離婚を選ばない女性が増えてくるかもしれません。

旦那より不倫相手を選ぶ理由

運命の男性に出会えた!自分に嘘をつかず正直に生きていきたい

旦那ではなく不倫相手を選ぶ…、この場合、理由は 「自分に嘘はつけない、正直に生きていたいから」 の一択でしょう。

 一度しかない人生、愛した人と一緒に歩む人生を選びたいと思う 女性は多く、このタイプの女性であれば、家庭、子ども、社会的地位を捨てても良いと考えたとしても不思議ではありません。

恋愛に生きると聞けば、かなり情熱的な考えを持った人であろうと想像しますが、それだけの男性に出会えることは非常に稀有なことであり、誰もがそういう運命の男性に出会えるとは限りません。

運命の男性に出会ってしまったなら…。

その人に向かって正直に、一目散に走り出したいと思ったとしても、誰も責められるものではないでしょう。

恋愛は自由です。

もちろん、家庭がある既婚女性が無責任に言えるセリフではありませんが、運命の男性に出会ってしまった妻を夫といえども責めることはできないでしょう。

妻が「好きな人と一緒にいたい」と正直に訴えてきたなら、男性であれば、その言葉を真摯に受けとめて、彼女を自由にさせてやるだけの優しさを見せてやりたいと考えるのではないでしょうか。

すべての男性がそうであるべきだとは言いませんが、結婚した時と結婚後では感情に変化があったとしても致し方ありません。

人間の感情は日々変わるものであり、数分前までに考えていたことが数分後には違った意見になっていることもしばしばあるものです。

こういった経験、誰しもあるでしょう。

会話する前までは彼のことを信じていたのに、何げない会話の中で彼の本性が見えてしまった、だからもう彼のことはもう信用できなくなった…、こんな経験ありませんでしたか?

夫婦も同じです。

日常、何げない会話の中で今まで知らなった彼の本性が垣間見える時があり、その本性を知ったことで愛せなくなってしまう…。

女性は男性よりも繊細な感情を持っている分、こういった変化には敏感なものです。

ちなみに、女性は一度でもイヤだと思ってしまえば、それで終わりです。

元の感情にはもう二度と戻りません。

これは 女性だけが持つ頑固さであり、芯の強さ でもあります。

自分に正直に生きる。

簡単そうに見えますが、なかなかできるものではありません。

特に世間体を気にする男性には難しいことであり、周囲とのバランスを考えようとする男性であれば、正直に生きたい思いはあったとしてもそれを隠して生きることを選択するでしょう。

このタイプの女性が長年連れ添った旦那を選ばずに 不倫相手を選ぶ時はそれが離婚を決意する時であり、旦那との永遠の別れを意味する ことになります。

旦那よりも魅力的に見える不倫相手のことを諦めきれない

恋愛結婚をして仲良し夫婦だと呼ばれていたのに、結婚生活を続けていくうちにお互いにすれ違いが生じ、それが永遠の恋愛でないと気づいてしまった場合、旦那さまとの間にすきま風が吹き始めたことをきっかけに不倫へと走ってしまう女性も少なくありません。

その不倫相手を運命の男性だとしたら、旦那さまよりも男性として魅力的に見えてしまうのは仕方のないことであり、不倫相手に夢中になってしまっても何ら不思議はありません。

 女性は魅力的に見える男性に惹かれやすい もので、旦那さまと比べてしまうのも、自然の流れだといえるでしょう。

家庭内で 旦那さまへの不満がふつふつと沸き上がってくると、そのストレスを自分の力では抑えきれなくなり、それが原動力となって不倫相手を探してしまう 女性もしばしばあります。

なぜ、不倫相手が魅力的に見えるのか。

恋愛結婚で結婚した場合、愛した彼と結婚という第二の人生へのステージを一緒に歩み始めたにも関わらず、別の男性惹かれてしまう…。

こう聞けば、何だか恋愛好きな女性に思えますが、女性はいつでも恋していたい人が多く、それだけにいつでも出会いを探していると言っても過言ではありません。

男性にも同じことが言えますが、不倫相手を探してしまうということは、旦那さまを男性として見ていない、結婚生活に満足できていないという証拠であり、旦那さまを愛した自分をもう過去のことにしているのかもしれません。

そうなれば、現在進行形の恋愛相手である不倫相手のことはより魅力的に見えるもの。

比べるまでもないのかも…。

誰でもそうですが、魅力的に見える男性と恋愛している幸せな時間をわざと手離す女性はいません。

愛する不倫相手を諦めるということは、このタイプの女性にとっては死を意味します。

諦めきれない思いを抱え、旦那さまと不倫相手の間で大きなストレスを抱えることになっても、その方が幸せだといえるでしょう。

刺激のない毎日は退屈!ワクワクどきどきの虜になっている

不倫する女性の中には、 退屈な日常生活から抜け出したいという思いから、ワクワクどきどきしたいという不倫恋愛における刺激の虜になってしまう 女性も少なくありません。

毎日生活をともにしている旦那さまはもう家族の一員であり、緊張するような仲ではないために、2人で会話していても、恋愛時代のようにどきどきワクワクするような気持ちにはなかなかなれるものではありません。

結婚したとしてもいつまでも恋愛の刺激を求めたい女性は、その刺激を不倫相手に求めてしまうのです。

よく不倫する人が口にする言葉の一つに 「誰にも内緒で会うという秘密めいた関係に刺激を覚え、忘れることができない」 があります。

不倫相手に求める刺激とは、この言葉通りです。

誰にも知られない関係、秘密、2人だけの世界、旦那に内緒で会う不倫相手。

言葉を羅列しただけですが、これらの言葉は聞くだけでも謎めいていて、不倫に惑わされてしまう気持ちも分かりますよね。

 退屈な日常から、どきどきワクワクする気分を味わえるお姫さまになれる世界へ出かける。 

これが不倫の醍醐味ともいえます。

不倫相手の強い感情に流されてしまっている!断り切れない

不倫を選ぶ理由で最も注意しなければならないことは、 不倫相手からの愛情が強く、その熱意に流されてしまって会うことを断り切れなくなっている という理由です。

不倫は悪いこと、どこかで諦めなくてはいけない…。

頭では分かっていても、それでも会いたくなってしまうんですね。

不倫相手に会うたび、旦那の顔がちらつき、旦那と不倫相手の間で苦しんでいる女性も少なくないのですが、不倫相手に呼び出され会ってしまうと彼のペースに流されてしまい、また会う約束をしてしまう。

これほどまでに愛されるということは女性としては最高の幸せを手に入れたということですが、その最高の幸せは長く続ければ続けるほど、家族、夫婦の破たんが近づいてきます。

その怖さから、不倫相手とのデートの後は自宅に戻る足取りはどんどん重くなり、玄関のドアを開ける勇気がないこともしばしば。

それでもまた彼から連絡があれば、会いに行きたいと思う自分がいるんでしょう。

このタイプの女性は気が弱い、意思が弱いと言われますが、それは裏を返せば、気の優しい証拠であり、その優しさに不倫相手が甘えてしまっているということでもあります。

 デートに誘われれば断り切れない気弱な女性は旦那さまにも同様に優しく接しますので、愛情の強い方に傾いてしまうことは自然の流れ であり、彼女の持つマイナス面といえるでしょう。

片方だけを選べない!矛盾した気持ちとの上手な付き合い方

旦那さまと不倫相手、どちらも選べない!そんな時は趣味を見つける

旦那さまと不倫相手の間で揺れ動く女心に疲れた時は、少し心を労わってあげましょう。

最も おすすめの方法は趣味を見つける ことです。

今、料理やヨガ等の趣味を持っている人は別の新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょう。

 新しい人間関係を構築する時間をつくることでストレスが解消され、悶々とした気分をリフレッシュできます。 

例えば、運動系が好きな人はただ走るだけのランニングに挑戦してみてはいかがでしょう。

ランニングであれば新しくウェアを揃えたり、わざわざジムまで出かけることもありません。

自宅周辺の道を検索して自分の好きなコースをつくり、空いた時間に着替えて走るだけでOK。

最初は短い距離でも、慣れてくれば徐々にコースを長くすることもできます。

走ることでダイエット、基礎代謝アップ、基礎体力増強、血行促進、リフレッシュといくつものもメリットを体感できる上、ランニングを趣味としている人たちとも知り合いになれたりと良いことづくめ。

【期間限定・4月12日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


走っている間は他のことが考えられないほど集中しているはずなので、集中力もアップさせることができますね。

ランニングを終えて汗を流したら、深夜に心の中を無にして目をつぶり、旦那さまの良いところと悪いところ、不倫相手の良いところと悪いところをそれぞれに思い浮かべましょう。

 適度に疲労した身体と頭の中で慎重に考えれば、自ずと答えが出てくる かもしれません。

気分転換を兼ねて友人と旅行に出かける

旦那さまと不倫相手、どちらか片方を選ぶことができない…、どちらとも一緒に居たいと考える時はそのことを頭から忘れてしまえる場所へと出かけてみてはいかがでしょう。

仲の良い友人と誘って、週末を利用して一泊二日、または二泊三日の小旅行に出かけましょう。

旅行先は以前から行ってみたかった場所でも身体をのんびりと癒す温泉でも、クサクサした気分を一瞬でスッキリさせることができるアトラクションのある遊園地やプール、一度は見てみたかった世界遺産等、どんな場所でもOKです。

世界遺産は初めて見るもの、景色が望ましいですが、何度出かけても新鮮な気持ちになれる場所であれば、どこでも問題ありません。

いつもとは違った景色を目にすると不思議なもので、旦那さまと不倫相手のこと等どうでもいいと思ってしまうんですね。

そのくらいの感覚で選べば、すんなりと答えが出てくるかもしれません。

 どちらか片方を選ぶことができない時は自分を追い詰めてまで決める必要はありません。 

2人の男性の間で右往左往する自分を楽しんでみましょう。

 それくらいの気楽さで恋愛を楽しむことができれば、また別の世界が開ける かもしれません。

恋愛は2人で行うもの。

あなたがいてこそできるもの、矛盾する気持ちを楽しむ余裕を持ちましょう。

旦那さまと誘って恋愛時代のようなデートをしてみる

旦那さまと不倫相手、どちらか片方を選ぶことができない、どちらとも一緒に居たいと思う気持ちの間でモヤモヤする思いを抱える時は思い切って旦那さまを誘って、恋愛時代のような仲良しデートに出かけてみてはいかがでしょう。

旦那さまのことは嫌いじゃない、でも不倫相手のことも大好きという感情は厳しいことをいえば、あなたの我が儘です。

その我が儘を通すためにも、旦那さまとのデートに勤しんでみましょう。

不倫をするということは 旦那さまのどこかに不満がある 証拠です。

何もなければ、旦那さまとの結婚生活を楽しんでいるはずですよね。

ですから、まずは、 旦那さまとの結婚生活の中にある不満を解消するためのデートに出かけてみましょう。 

行先はどこでも構いません。

初めてデートした場所でも、プロポーズを受けた思い出深い場所でも、以前行ってみたいねと話していた場所でもOK。

2人で出かけるという事実が大切ですので、行先は今2人が行きたい場所でもOKです。

恋愛時代同様、手をつないでみてはいかがでしょう。

結婚して数年経っていると恥ずかしがって手をつないでくれないかもしれませんが、この日ばかりは無理を言って手をつないでもらいましょう。

2人の時間を過ごしているといつもとは違う時間の流れ方をするものです。

そのゆったりとした時間であれば、心の奥に隠している不満を素直にぶつけられるかもしれませんよ。

素直な気持ちを伝えることができたなら、その日は不倫相手のことを忘れて、旦那さまの好きなものを作ってあげてくださいね。

美味しい手料理を2人で食べれば、少しは心のモヤモヤが晴れるかも…。

不倫していることに罪悪感を覚えることになるかもしれませんが、それはそれ。

別のことで悩めば、また、2人デートに誘ってみましょう。

夫婦はこうして仲良くしてなっていくものです。

不倫相手とお忍びの旅行に出かけてみることで彼との距離を近づける

続いては、不倫相手とのデートの勧めです。

先ほどは旦那さまとのデートをおすすめしましたが、 旦那さまとのデートが終わったら、次は不倫相手をデートに誘ってみましょう。 

こちらも行先はどこでもOKですが、 旦那さまのデートとは別の場所へ、同じ場所は避けておきましょう。 

不倫相手との恋愛はいつでもパッと会ってササっと帰るだけの短いデートが主流だと思いますので、できればゆっくりとした時間が過ごせるよう一泊二日、もしくは二泊三日の旅行をおすすめします。

誰にもバレない場所を選ぶことが基本ですが、2人だけの旅行が難しい場合は不倫を知っている友人カップルの協力を仰ぎ、一緒に旅行に出かけましょう。

男女4人であれば、もし知り合いに見られたとしても、会社の慰安旅行、または趣味の仲良しメンバーでの旅行だと説明でき、4人以外にも参加者がいることを匂わせることもできます。

旅行では不倫相手に目いっぱい甘えてみましょう。

2人でいる時間が長くなれば彼の本質を見極めやすくなります。

今まで、彼のことを知っているようで知らなかったこと、理解できていなかったことや彼が言い出せなくて困っていたこと、彼の好きな食べ物や飲み物、癖、彼の好きな音楽や趣味の話等、あなたに聞いて欲しかったことが次々と出てくるかも!

一生懸命に話してくれる彼を見て、あなたは彼のことを見直し、惚れ直してしまうかもしれませんね。

旦那さまと不倫相手、 2人の男性の間でモヤモヤする矛盾な気持ちは女性1人の力で解決することはできません。   それぞれ別々に、少し長めの時間をとって、素直に会話することをおすすめ します。

旦那か不倫相手か、どちらか片方だけを選ぶ時の判断基準

不言実行と有口無口。口に出したことは必ず守る

旦那さまか不倫相手か、どちらか片方を選ぶ時の判断基準にはさまざまなものがありますが、 最も重要視したいことは不言実行か有口無口かという点について です。

不言実行はよくご存じだと思いますが、 有口無口とは口ばかり達者で実行しないこと を言います。

どちらのタイプを選ぶかは明白だと思いますが、不言実行派の人は女性だけでなく男性にも大きな信頼を得るタイプの人であり、不言実行を基本としている男性が好ましいのは至極当然だといえます。

旦那さまがこの不言実行派の人であれば、もしかしたら、その頑固なまでに約束を守ろうとする姿勢についていけなくなり、もう少し楽な気持ちで過ごせる人がいいと思うことからフランクな相手を探してしまう女性もいるかもしれません。

その場合に関しては何とも言えませんが、一般的には、男性女性ともに 一度口に出したことは必ず守って欲しいと願うもの です。

仕事でも日ごろの人間関係でもそうですが、口ばかり達者で大きなことを言う人はなかなか信用されず、また、そういった人間を殊更嫌う人も少なくありません。

口ばかりの人は信頼されにくいというのは、通常の感覚を持っている人であれば、大いに理解できるのではないでしょうか。

旦那さまがその場限りのことを口にするタイプで、不倫相手が不言実行派の人であった場合、女性は迷うことなく不倫相手を選ぶでしょう。

幾度となく約束しても、いつも裏切られる…では約束する意味がありませんものね。

旦那さまと不倫相手、どちらか片方を選ぶ際は 不言実行派の人を選ぶことをおすすめ します。

誰よりも大切にしてくれて愛してくれることが重要

夫婦には、一般的には2通りのパターンがあります。

一つにはどちらもが相手を愛し、尊敬しあっている仲良し夫婦の場合です。

結婚した後も相手を愛しているという気持ちを忘れずに生活し、夫婦間のトラブルを発生することもなく、結婚した時の新鮮な気持ちのままで幸せな結婚生活を続ける夫婦です。

世の中にはこのような人から見れば羨ましい夫婦が数多くいるもので、そういった相手に巡り合うことができなかった人にとっては信じられない話になりますが、信頼し合える相手に出会えた喜びは出会えた男性、女性だけに分かる感覚であり、出会えなかった人にとっては想像するしかないのかもしれません。

もう一つは、夫婦関係が破たんしている場合です。

夫婦関係が破たんする理由は夫婦それぞれの理由がありますが、一般的にはどちらかの不満が原因だとされています。

結婚して何年も過ぎてくると旦那さま、妻に対する遠慮がなくなり、相手に気を使うことが少なります。

そうなりますと、不満がふつふつと沸き上がってくるもので、それが他に好きな人をつくってしまう原因になることもしばしば。

確かに、夫婦間の愛情は月日とともに薄れてくるものであり、その薄れてきた愛情は子育てをしているうちに、また子どもの成長とともに復活するものでもありますが、その機を逃してしまった夫婦は結婚当初のような信頼し合う関係には戻れません。

徐々に険悪になっていく夫婦関係。

こうなってしまえば、家庭が面白くなくなり、心の奥深くに不満分子を抱えることとなります。

ちなみに、この場合、女性である妻が他に好きな人をつくることは、男性である旦那さまが他に好きな人をつくるよりも、夫婦間の溝は深刻なものとなります。

なぜならば、 女性は愛することよりも愛されることを選ぶ生き物 だからです。

いつでも 誰よりも強く愛されていたいと望むのが女性 なんですね。

旦那さまよりも不倫相手がより愛してくれていると実感した時は、妻という立場を捨てて、迷うことなく不倫相手の胸に飛び込むでしょう。

金銭的に余裕があるか…。これからの人生を生きるにもお金は必要

旦那と不倫相手…、どちらか片方を選ぶ判断基準は、 金銭的な余裕 があるか否かです。

金銭的といえば、彼が稼ぐ年収です。

あからさまにお金のことを言うのは…、という人もいますが、生活するにはお金がかかります。

子どもがいれば、尚更です。

霞を食べて暮らしていける仙人のような生活は人間には到底できるものでもありません。

旦那さまに稼ぎがあり、 子どもに将来かかるであろう教育費のことを考えれば、お金はあるに越したことはなく、なければ、それだけあなたに負担がかかることになります。 

あなたがフルタイム勤務である程度の年収を稼ぐことができれば、子どもの教育費の心配はせずに済むかもしれませんが、人間いつどこでどのようなトラブルが待っているか分かりません。

耳の痛い話ですが、あなたが勤務する会社が倒産したとすればどうでしょう。

稼ぎのある旦那さまがいれば、すぐさま働きに行くこともないのでゆっくりと次の仕事を探すことができますが、旦那さまに稼ぎがなければ、大至急見つけなければならず、あなたの希望通りの転職先を見つけることができないかもしれません。

お金は時間を買うこともできるんです。

 金銭的に余裕のない人との将来はあなただけでなく子どもにも大きな不安を与えることになる ことを頭に入れておきましょう。

恋愛は割れ鍋に綴じ蓋。相性の良い相手を選ぶことで幸せになれる

旦那さまのことは嫌いじゃない、でも不倫相手のことも好き。

贅沢な悩みですが、愛する男性が2人いる場合、1人に絞れない女性も少なくありません。

その際、片方を選ぶ判断基準は金銭的なもの、愛情等ありますが、 最終的に判断する基準となるのはその人との相性 です。

どんなにお金持ちでも長く愛する自信がなかったら、1人を選ぶ意味がありません。

また、どんなに愛情を示してもらったとしても、一時期だけの愛情であれば、将来的に選んだことを後悔することになるかもしれません。

そうなれば、頼るべきは相性、いわゆる2人の相性ですね。

 恋愛は割れ鍋に綴じ蓋 と言われます。

誰にでもぴったりと合う相性の良い相手がいるということわざです。

相性が良ければどんなことでも2人で乗り越えていけるという強い絆が生まれますが、相性が悪ければ、乗り越える山さえも一緒に見ることはできず、それぞれに別の方向を向いてしまうこともしばしばあるものです。

そうなってしまっては、どんなに好きな彼でも幸せな生活を続けることはできません。

そのためには相性の良い人を選ぶことが大切です。

旦那さまと不倫相手、迷った時は 何でも気を遣わずに言い合える、自然な呼吸のできる、ありのままの姿で暮らすことができる方を選びましょう。 

わたし達人間は呼吸するのに「今から呼吸します」とは言いませんでしょ?

呼吸するのにも気を使うような相手は相性が良い相手とは言いません。

楽な気持ちで、自然と呼吸できる人を選びましょう。

ストレスのない楽しい生活を送るには、構えずに話すことができる人を選ぶことです。

旦那も不倫相手も大好き!矛盾する気持ちとの上手な付き合い方を紹介

旦那も不倫相手も愛してる…、どちらも手離したくないと思う女性は多いものです。

 どちらか片方だけを選ぶのが難しい時は双方とうまく付き合っていくことが大切 です。

旦那と不倫相手の間で動く心の葛藤、 矛盾する気持ちが強くなるとそれだけ大きなストレスを抱える女性も少なくありません。 

そのストレスと上手に付き合っていくことで、あなたの立場が守られると言っても過言ではないでしょう。

ストレスを旦那さま、不倫相手にぶつけてしまわないよう、注意して過ごしましょう。

【期間限定・4月12日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。