不倫で信頼できるパートナー関係の条件って?男女の心理の違い

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を神言鑑定をもとにアドバイス致します。

 

 


 

妻子がある男性を好きになってしまった。

不倫関係になってしまったけど、 信頼できるパートナー なのか不安が残る。

結婚生活が楽しくない、結婚相手を間違ってしまったかもしれないと思い悩む奥さまなど、女性の心は複雑です。

既婚男性、既婚女性がふとした時に不倫したくない心理、 不倫パートナーに求める条件、特徴 などについて考えてみましょう。

既婚男性が不倫をしたくなる男性心理

妻の食事に不満がある

 結婚と恋愛は別もの と言われますが、恋愛時代には見えてなかったものが結婚して一緒に暮らすことで見えてくるものがあることはよく知られています。

妻に不満がある場合の原因には、いくつかの理由があります。

まず、食事です。

 男性は胃袋でつかめ 

この言葉はもう古いと感じる女性もいますが、結婚相手を選ぶ男性にとって、料理の腕は仕事に次ぐポジションを占めるほど、重要な項目になります。

若いころは顔やスタイルに目を奪われがちですが、30代近くになって落ち着いてくると、性格、家庭的といった内面的な部分で結婚相手を選ぶ男性も少なくありません。

特に、母親が家庭的な女性だった場合、家族の健康を考え、野菜、肉、魚、海藻、大豆類などをしっかりと献立に入れて料理したものを食べて育ってきた男性が多く、味にうるさくなりがちです。

結婚当初はうるさく言わなかった旦那さまが、結婚生活に慣れたころ、母親と同じ食生活を期待するあまり、たびたび食事に口を出してしまい、それが原因で喧嘩になる夫婦も少なくないほどです。

昨今、料理をしない女性が増えていますが、和食中心の食事で育った男性は、肉じゃがなどの煮もの、ほうれん草の白和えやなますなどの和食を好む傾向にあります。

その男性が求める理想の女性像が母親だったとしたら、料理下手な女性、家庭的でない女性にうんざりするのは早いかもしれません。

また、いくら料理上手な奥さまでも、毎日、奥さま自慢の洋風料理では飽きてしまいます。

新婚当初はどんな料理でも好きな女性がつくってくれるものであれば、美味しく食べることができますが、それが一年、二年と過ぎてくれば、遠慮がなくなり、ついつい本音を言ってしまうこともしばしば。

これでは、ほかの女性に目がいきやすくなるのは仕方のないことかもしれません。

妻の家事能力に不満がある

続いては、家事能力です。

母親が段取りよく家事をこなし、てきぱきと物事をこなす才能をもった女性だった場合、終始、家の中が片づけられ、整理整頓できた室内で育った男性は 自然と高い家事能力を求める 傾向にあります。

洗濯、掃除、片付けなどの手順をつい母親と比べてしまい、その段取りの悪さを指摘して口喧嘩になることもしばしば。

ちなみに、家事能力は女性だけのもつ能力ではありません。

現在の日本では男女平等が唱えられて久しく、男性も家事をするのが当たり前の世の中になりつつあります。

ですが、結婚し、子育てが始まると、男性は仕事を優先、女性は子育てや家事を優先となるパターンが多く、家事は女性がこなすものであると考えが一般的です。

家事能力は、小さなころからの習慣と育った環境に大きな関係があるとされていますが、手際の良い母親の姿を見て育った男性が、結婚相手に高い家事能力を求めてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

クセはその人の努力次第で改善することができますが、習慣と環境でつくられた家事能力は、そう簡単には向上しません。

よくテレビドラマで「何度言えば分かるんだ」と男性が切れて言葉を荒げる場面がありますが、これと同様のことが現実でも起こります。

こうなってしまうと、よほど辛抱強いタイプの男性か、諦めの良い男性でなければ、結婚生活は長続きしないと言っても過言ではありません。

妻の言葉づかいに不満がある

次は、 言葉づかい です。

恋愛、新婚当初はそう気にならなかった言葉づかいが、結婚生活が長くなってくると、特に男性は気になり始めます。

特に、相手を顔、スタイルで選んだ場合、恋愛期間は相手の良い面しか目に入らず、相手の性格、クセ、話し方などは後回しになることがあります。

結婚して初めて、相手のクセ、習慣を知ったという男性も少なくありません。

結婚して彼女と生活をともにして、徐々に相手に対して気を遣わなくなったころが、危険です。

何かの拍子に言い合いをしてしまい、ついぞんざいな物言いをしてしまう。

また、仕事や育児などでストレスをたまっていたために、その不満と怒りを感情のままにぶつけてしまう。

一度、言い始めたら、最後。

不思議なもので、言葉づかいというものはその言葉づかいが通じてしまうと、元の口調には戻せず、ぞんざいな口調のままで過ごしてしまうようです。

そんな毎日が続くと、誰でもイヤになりますよね。

特に、仕事で営業や販売職に就いている男性であれば、人間関係で悩むことも多く、心身ともにすり減らして帰宅しているのにも関わらず、自宅でも、同じような状況があるとすれば、帰宅時間が遅くなるのは、当然のことです。

せっかく苦労して建てた一軒家が、ストレスをためる場所となってしまっては、別の場所に癒しを求めてしまっても致し方ありません。

一般的に、不倫はした側が悪いとされていますが、こういった状況であった場合はされる側にも理由があることは明白です。

男性ばかりを責めることはできないでしょう。

実家に依存している

結婚した奥さまが自身の 実家と仲が良い ことは、悪いことではありません。

寧ろ、子どもができた時、また、病気になった時など、頼りになる親が近くに住んでいることは、良いことだといえるでしょう。

ですが、夫の帰宅時間になっても 妻が実家から帰っていない 

また、夕ご飯の時間になっても戻らない。

夕食の準備も、洗濯の片付けも掃除もできていないとなれば、仕事で疲れて帰宅した夫にとってはおもしろくありません。

昨今、娘夫婦と二世帯住宅を建て、同居する両親が増えています。

結婚しても仕事をしなければならない、もしくは仕事を続けたいと望む女性が増えたことにより、両親との同居を選ぶカップルが増えているとのことです。

娘との二世帯住宅となれば、夫となる男性は、いわゆるマスオさんです。

テレビアニメのマスオさんは二世帯住宅を苦にせず、幸せな同居を楽しんでいますが、波平のような物わかりの良い舅ばかりではありません。

舅、姑に気を遣い、嫁にも気遣いをしなければならないとなれば、同居する夫の気苦労は計り知れません。

その夫の気苦労を忘れ、夫への気遣いをしないようになると、不満がたまるのは至極当然のことといえるでしょう。

男性は、女性が想像する以上に寂しがりやなタイプが多く、その根本にある気持ちに気づかない奥さまでは不倫、離婚されても文句は言えません。

妻の行動に不審を抱いている

 

近年増えている、 主婦の不倫 

不倫するのは、男性側だけではありません。

女性の中には何歳になっても、いつまでも綺麗な状態をキープしたい、男性からちやほやされたい、愛してもらいたいと願うタイプが少なからず存在します。

もしかしたら、表面に出さないだけで、ほとんどの女性がこう思っているかもしれません。

ママ友とランチ、ママ友とショッピングと出かける回数が増えてくれば、夫は妻が何かしているのではないかと不審に思います。

また、以前は目を見て話していたのに、このごろは避けている、今までは身に着けなかったような服を選んでいる、アクセサリーが増えた、派手なメイクをするようになったなど、夫は妻のことを見ていないようで、見ているものです。

最初は些細な変化だったものが、だんだんと大きくなり、それが、確信へと迫ります。

短気な性格の男性であれば、向こうがそういう気持ちでいるなら、俺だってと別の女性をくどくかもしれません。

それから、性格のきつい男性であれば、妻を尾行し、証拠をつかむかもしれませんので、疑わしい行動、言動は夫を遊ばせる口実になることもありますので、十分に注意しましょう。

不倫する既婚者男性の心理!不倫男が恋愛をしたいと思う女の条件

2018年11月28日

既婚女性が不倫をしたくなる女性心理

旦那さまに不満がある

女性が不倫へと走る原因にはいくつかの理由がありますが、もっとも大きい理由は、 夫への不満 です。

不倫するのは何も男性だけと決まっているわけではありません。

男性と同じく女性側の奥さまにも、それ相応の理由と言い訳があるものです。

例えば、気が利かない旦那さまであった場合です。

恋愛している時は誕生日やクリスマス、ホワイトデーなど、記念イベントのたびにプレゼントを贈ってくれたのに、結婚したとたん、何もプレゼントしてくれない。

以前は優しい言葉をかけてくれていたのに、そんな気遣いもなくなった。

子どもや仕事に夢中で、わたしのことは二の次三の次になっているなど、夫への不満が少しずつ貯まっていくと、どんなに辛抱強い奥さまでも、優しい言葉をかけてくれる他の男性に目がいってしまっても仕方ありません。

夫婦に亀裂が入る原因はどちらにも原因があることが多く、夫だけ、妻だけが悪いわけではないことを知っておきましょう。

好みの男性に会ってしまった

仕事をもつ奥さまが増えているということは、それだけ外で 人と出会う機会が多くなる ということにつながります。

自分で稼いだお金があり、仕事と称して家を出るという行為は、ひと昔前までは既婚男性の特権でもありましたが、現在は、男女平等を謳う世の中でもあり、奥さまという立場になった既婚女性でも、本人が望めば不倫できる環境にあるという証明にもなります。

もし、仕事先で夫以上に好みの男性に会ってしまったとしたら?

ときめかない女性はいないと言っても過言ではありません。

10人いれば、最低8~9人は胸をときめかせ、仕事に出かけることでしょう。

これは、至極当たり前の感情であり、誰もがもっている心情でもありますので、恥ずかしいとか、心苦しいとか思う必要はありません。

仕事に出かけることが楽しく、生きてきて良かったと思える男性に会える確率はそう高いものではなく、誰もが経験できるものでもありませんので、その出会いを大切にしましょう。

不倫は大人の男女関係となった時から始まりますが、心の中でときめき、好きだという感情をもっているだけでは、不倫とはいえません。

相手を思うことで心がハッピーになれるのであれば、夫以外の男性にときめいても、それを責める人はどこにも居ません。

安心して、プラトニック不倫を楽しみましょう。

満たされない日々を過ごしている

既婚女性がもっとも 寂しいと感じる時間 は、仕事帰りの夕方だそうです。

これは、ある結婚相談所が行ったアンケートで出た結果ですが、仕事で疲れて帰っている時にふと空を見上げた時に見える夕日を見て、きれいだなと思える女性は幸せな人生をおくっているそうです。

ですが、急ぎ足で家路を急ぐ既婚女性には、その夕日を見上げるだけのゆとりがありません。

誰しも、身体が疲れていると心も疲れやすくなります。

仕事で疲れて帰る夕方は、身体だけでなく心も疲れやすくなっていることから、寂しいと感じることが多いとのことです。

わたし達は日々目の前にある業務に振り回されると、ついつい自然界で起こっている出来事に無頓着になることがあります。

特に、心が満たされていない既婚女性は、それさえも感じることができなくなってしまい、誰かに教えられて、初めて季節感を感じることもしばしば。

そんな心のすき間に、ふと別の男性が住み着いてしまっても、致し方ありません。

不倫する独身女性と既婚女性の心理の違い!浮気女の特徴とリスクとは?

2018年11月27日

男性は不倫のパートナーをどこで探してる?既婚男性が不倫相手を探している場所

会社関係

現在、 社内不倫 には厳しい会社が増えておりますが、厳しい罰則があったとしても、不倫は感情でするものであり、そう簡単にはなくなりません。

特に、結婚生活に不満を抱えている場合、一日の大半を過ごす会社内で癒しを求めてしまうのは仕方のないことといえます。

同じ職場に好みの女性がおり、その好みの女性が自分に気があると分かれば、据え膳食わぬは男の恥と考えるのは仕方のないことでしょう。

仕事で忙しい日々をおくっていると、家に居る時間よりも勤務先で過ごすことが多くなります。

数字や実績などの結果を求められるビジネスマンともなれば、奥さまよりも長い時間を一緒に過ごす仕事仲間とは気を合わせなければならず、そのために同僚たちとの会食や飲み会に付き合い、同僚たちの意識を高めるために飲み会を設定する上司も少なくありません。

苦労をともにする同僚との絆は、もしかしたら、家族に近いものがあるかもしれません。

そうなりますと、家に居る奥さまよりも近い存在になる可能性も高くなります。

行きつけの場所

男性は結婚しても、独身時代から通っていた居酒屋、レストラン、カフェなどをそう簡単には変えません。

 仕事の帰りにふらりと立ち寄れる、誰にも気兼ねしないで飲める居酒屋 は、結婚し立場が変わっても、転勤しない限り、また、そのお店でよほどイヤなことがない限り、いきなり通うのを止めたりはしません。

気心の知れた知り合いが集うお店は仕事の 疲れを癒し、明日への活力を養ってくれる場所 でもあるのです。

もしかしたら、そのお店に会いたいと思わせるような女性客がいるのかもしれません。

男性は結婚したとしても、家、奥さまに不満があれば、別の女性を求めるものであり、そのために通う既婚男性も少なくありません。

趣味で出会いを探す

 

女性は食べることでストレスを発散できると言われますが、男性の場合、残念ですが、食べることでは発散できません。

男性がもつ 趣味 といえば、筋トレやランニング、ジョギングなどが挙げられますが、これは、たっぷりと身体を動かし、汗を掻くことで、心身ともにリラックスし、身体にたまった疲労を取り去ろうとする行動の一つです。

分かりやすくいえば、汗と一緒に疲労とストレスを洗い流しているのです。

汗を掻くと血行が促進され、頭から足先までスッキリとした気分になれますが、そのスッキリがストレス発散のコツとも言えます。

昨今、体力強化とダイエットを兼ねて筋トレに励む女性も多く、新しい出会いをジムに求める女性も多く、一緒にランニングを行ううち、仲良くなって不倫へと発展する場合も少なくありません。

身体も心もスッキリさせた後の会話は、奥さまとの恋愛時代に楽しんだ時間を彷彿させるものであり、再び、恋愛時代を楽しみたいと考える既婚男性が居たとしても不思議ではありません。

また、御朱印ガールなる言葉が流行り、寺社めぐりを趣味とする女性が増えておりますが、寺社めぐりはひと昔前まではシニア世代の方々の趣味であり、20~40代には不人気でした。

それが、現在、若い女性の趣味として大流行りです。

寺社めぐりが趣味の既婚男性が、ふとした場所で出会った御朱印ガールと恋に落ちてしまう。

ありえないことではありません。

既婚女性だって不倫パートナーを探している!女性が旦那に内緒で不倫相手を探す場所

同窓会

既婚女性が堂々と着飾って出かけられる場所といえば、 同窓会 です。

何年かに一度開かれる同窓会は学生だった頃の仲間たちに会える楽しみがあるほか、初恋だった相手、初めて付き合った相手、初めてキスした相手、初めて経験した相手に会える貴重な場所でもあります。

女性は誰でも、誰よりもキレイに見られたい、誰よりも魅力的に見られたいという願望があるものです。

同窓会は、その願望を満たしてくれる場であり、同窓会への参加を楽しみに洋服を選び、アクセサリーを買い、髪形を変え、ダイエットを行う女性も少なくありません。

それもみな、誰よりもキレイに見られたい、誰よりも魅力的に見られたいという願望があるからに過ぎません。

結婚してしまったから、もう恋愛するような年代じゃないからといって、この感情が完全になくなってしまうわけではなく、いつまでもときめいていたいのが、既婚女性の本音といえるでしょう。

ちなみに、危険な年代は、アラ30~です。

まだまだ女性として輝いていたい、このまま老けてしまって女性として見られなくなるのが怖い、もう一花咲かせたいと望む年代の女性は、ある種貪欲で、同級生の今に興味津々です。

同窓会はそういった場所であり、昔から「焼け木杭に火がつく」ということわざが示す通り、懐かしいという感情が楽しいになり、また、こういう楽しい時間を過ごしたいという願いに変わり、ふとしたことではずみでついてしまって不倫へと発展しまう。

学生時代には頼りなく見えた相手が、年齢を重ねることで立派にたくましく魅力的な男性になっているとすれば、再び胸をときめかせても不思議はありません。

「自分の人生まだまだ捨てたものじゃない」と喜ぶ女性も少なくないでしょう。

パート先で知り合う

子どもが小さいころは仕事に出ることができませんが、小学校に入る年齢になると、短時間のパートに出ることができるようになります。

赤ちゃんのころは手がかかり、外出する余裕はありませんが、小学校に入ると手がかかることも少なくなります。

 パート先では、妻ではなく、母親でもありません 

ただ 一人の女性と して、扱ってくれます。

この自由さが女性としての自分自身を高め、再認識させてくれることにより、不倫パートナーとの自由恋愛につながる場合も少なくありません。

子どもの学校関係者

【期間限定】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


子どもが保育園、幼稚園に通うようになると、保護者会、季節のイベント、子どもの発表会など、園に足を運ぶ機会が多くなります。

そこで知り合う 保護者の中に は、 好みの男性 もいるでしょう。

話しているうちに仲良くなり、子ども共々行き来するようになって、どちらかともなく、二人で会うようになり、やがて、不倫へと発展する場合も少なくありません。

どちらにも家庭がある場合が多いため、家庭を壊さない、不倫パートナーとしての日々を過ごせる可能性が高い反面、ダブル不倫となる場合が多いため、バレた時は修羅場を覚悟しなければなりません。

SNSで見つける

昨今増加の傾向にあるのが、SNS不倫です。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブックなど多様化しているネット社会で、結婚や転勤を機に連絡が途絶えていた人と ふとしたことで繋がれる場所 が、SNSになります。

懐かしい友人、知人、同級生たちと久しぶりに会話ができた嬉しさは、家庭、夫に不満をもつ既婚女性にとっては、まるで一生分のラッキーを当てたような、感激があるものです。

その懐かしさから、食事の約束をし、それをきっかけに付き合いが始まり、不倫へと走る。

世界中の人たちとつながれると謳うSNSが不倫の温床であるとは言い切れませんが、昨今、出会いの場をSNSに求める女性が増えていることは、周知の事実です。

夫との会話、家族との会話が減ってきた既婚女性にとって、余計な費用を使わずに知らない人とつながれる場はメリット以外の何者でもありません。

自分だけの世界がつくれるSNSは、新しい出会いの場として、既婚女性、既婚男性ともに、幅広く浸透中です。

出会い系サイト

不倫 女性

女性が旦那さまに内緒で不倫パートナーを探す場所といえば、 出会い系サイト です。

出会い系サイトといっても、近年、危険性の高いサイトは激減しており、大手企業と提携、またはグループ企業として参加に入り、運営されている 優良サイト も少なくありません。

ひと昔前ほどの危険性はありませんので、ご安心を。

出会い系サイトのメリットは、好みの男性を探すことができること、始めから不倫だと割り切った関係ができること、家庭を壊さずに済むなどが挙げられます。

不倫の出会いはコレ!昼顔妻がこっそりやっている不倫の出会い方

2018年10月18日

既婚男性が信頼できる不倫パートナーの条件や特徴

口が堅いこと

既婚男性が不倫パートナーに望む条件の一つは、 口が堅い ことです。

当たり前のことですが、不倫していることをペラペラと誰にでも話す女性はどんなキレイな顔をしていても、好みの顔、声、スタイルをもっていても、絶対に手は出しません。

口が軽い女性は私生活でも仕事上でも信頼されにくく、特に重要な相談ごと、案件は任せられないと言われますが、それは、不倫パートナーに求める条件同様、信頼できかねるからです。

もし、相手が社内におり、奥さまが元の部下だった場合、奥さまを知る人間が会社内に居ることになり、不倫パートナーがペラペラと暴露してしまったら、いつかは奥さまの耳に届きます。

奥さまと不倫パートナーが修羅場となり、その状況を楽しむような既婚男性はいません。

口が堅いことは、既婚男性が不倫パートナーに求める第一の基本条件であるといえるでしょう。

約束を守る

人間として一般社会の中で生きていくためには、 約束を守る ということは最低限のマナーです。

約束をする瞬間というのは、約束をする当事者同士にとっては、真剣そのものであり、そのための約束事になります。

それが、何らかの事情で破棄された場合、約束しただろうと責められても言い訳できません。

約束をする、約束したことを守るという行為は、それぐらい重要なことでもあります。

それを簡単に破棄するような女性は、不倫パートナーにはできないのは当然のことといえるでしょう。

不倫の場合、愛情イコール信頼であり、その信頼を傷つける約束を破棄するという行為は、愛情がなくなることであり、それが原因で不倫が終わることを意味すると言っても過言ではありません。

ちなみに、既婚男性にとって、約束が守れない女性は、再婚相手としても見ることができない女性であるとも言えます。

このことから、約束を守る女性は、既婚男性が不倫パートナーに求める第二の基本条件といえるでしょう。

自立している

 

女性の社会進出が顕著になり、立場をもって 働く女性 が増えております。

喜ばしいことですが、その反面、結婚しない女性も急増中で、日本社会のためには結婚して出産してほしいと望みますが、家庭におさまらず、自分自身の足で歩いている女性は 魅力的 に見えるものです。

既婚男性が不倫パートナーに求める条件の一つに、自立していることがありますが、その理由は、
経済的にサポートしなくても良いからです。

家庭がある既婚男性は財布のひもを奥さまに握られている方が多く、よほどの年収がなければ、不倫パートナーにお金を使う余裕はありません。

自立している女性は、既婚男性の財布を頼ることなく、欲しいものを買い、欲しいものを身に着けることができます。

それだけ、既婚男性に負担が減るということです。

特に、奥さまが専業主婦だった場合、奥さまの誕生日、クリスマスなどのイベント時には夫である男性の財布から捻出しなければなりませんが、自立している女性であれば、相手の懐具合を察し、理解してくれるというメリットがあります。

このことから、既婚男性が不倫パートナーに求める第三の基本条件といえるでしょう。

男が不倫相手に求めるものはコレ!この条件さえ満たせば彼をメロメロに出来ます

2018年10月20日

既婚女性が信頼できる不倫パートナーの条件や特徴

口が堅い

男性女性ともに言えることですが、不倫パートナーに求める基本的な条件は、 口が堅い ことです。

昨日どこへ行ったとか、何を食べたとか、奥さまとの不仲の原因など、ペラペラと話されてはたまりません。

ちなみに、口が堅いとは、物事を話さない、大人しいという意味ではありません。

話しては誰かが困ることは、敢えて口にしないということです。

その判断ができる男性でなければ、既婚女性は不倫できません。

 口が堅いイコール信頼 です。

既婚女性が求める不倫パートナーの第一の基本条件といえるでしょう。

責任感がある

一度口に出したことをすぐ忘れてしまうような男性は、信頼できる不倫パートナーとは言えません。

不倫している時はどんな些細な言葉でも、愛する彼が言った言葉には敏感になるものであり、その言葉を忘れないよう、しっかりと心に留め、メモに残しておく女性も少なくありません。

 責任感がある 男性は、自分が一度口に出した言葉はそうそう忘れることはありません。

ですが、責任感のない男性は、その場しのぎで答える、また、思いつきで発言するあまり、すぐ忘れてしまう傾向にあります。

こういった男性は、誠意がないと判断できます。

既婚女性は不倫した場合、夫よりも不倫パートナーを選ぶ場合が多く、それだけ真剣な恋愛を行います。

そのことから、既婚女性が求める不倫パートナーの第二の基本条件といえるでしょう。

芯が強い

世の男性は、大きく分けて、2つのタイプがあります。

1つは、自分勝手な男性です。

もう1つは、 芯が強く、自分の感情だけでは判断しない 男性です。

既婚女性がもっとも注意しなければならないタイプが、自分勝手な男性です。

自分勝手とは、どんな時でも自分の感情を先に考え、相手の感情はおかまいなし、もしくは言われて初めて考えるタイプの男性のことを言います。

例えば、家庭の中で言えば、子どもが小さいころ、無事産まれたことが嬉しくて、同僚が友人知人たちと飲みに行って帰って来ないような男性です。

仕事面で言えば、自分の得意なことだけを殊更に偉そうに言い、自慢するような男性です。

こういった男性は避けなければなりません。

若いころは得てしてこういった男性が頼りになるように見えてしまうものですが、30代40代と年齢を重ねていくにつれ、その傲慢な態度と言動が自分勝手に見え、愛情も冷めてしまいます。

反対に、芯が強い男性は、そう簡単に自分の意見を曲げない頑固さがありますが、それだけに信頼が置ける存在です。

不倫パートナーを探す際は、一度決めたことを粘り強くやり遂げるタイプの男性を選びましょう。

主婦が不倫するきっかけはコレ!遊びから本気の不倫愛に発展する事も!

2018年10月5日

不倫パートナーに選んではダメ!絶対に不倫してはいけない危険な人とは?

自分勝手で無責任な人

一般的な社会生活をおくっているからと言って、すべての人に常識があるとは限りません。

不倫パートナーとして、 絶対に選んでいけない タイプは、 自分勝手で無責任な男性 です。

例えば、深夜、自分勝手な用事で連絡をとってくる、また、夫にバラすぞと脅し、金銭を要求するなどです。

自分自身の立場を理解せず、あなたを困らせるだけの男性は、社会で生活できるだけの常識と責任感を身に着けていないと判断しましょう。

こういう人は一度関係をもってしまえば、あなたがどんなに困っても、自分を優先します。

見分けるコツは、口もとです。

会話中の口もとをじっくりと観察しましょう。

どちらかの口角が上がり、いかにもイヤなイメージを受ける口もとをもつ人は危険です。

薄い唇で、片側の口角だけを上げて笑う男性、女性には、注意しましょう。

理解しようとしない人

悲しいことですが、理解できる能力をもっているのに、なぜか、 理解しようとしない タイプの男性がいます。

こういう人には、どんなに一所懸命に説明しても、理解されることはありません。

なぜ、理解しようとしないのか。

答えは、簡単です。

自分のことがいちばんだと考えており、まずは、自分の言い分が通らないと、相手の話が聞けないからです。

こういった人は 取引を好む 傾向にあり、こちらの言い分を聞く代わりに、これを聞けとか、これをもって来いなど、必ず、取引材料をもちだして会話する傾向にあります。

見分けるコツは、世間話です。

朝会えば、一般的には「おはよう」の会話から始めますが、取引を重要視するタイプは、自分から「おはよう」などの声をかけることは絶対にしません。

取引を好むということは、損得勘定で動くタイプの人間だということです。

このタイプの人は、わざわざ、自分から声をかけることはしませんので、仲良くなるまでにはある時間があり、そうそう深入りはしないと思いますが、もし急速に仲良くなってしまった時は、どんな場合でも深いりは禁物です。

常識がない人

不倫パートナーの相手に絶対に選んではいけないタイプは、 常識がない 人です。

常識がないと言えば、一般的には、非常識な人と言われますが、食事中、口に食べ物を詰め込み、大声で話す人は非常識と言われます。

この場合の 非常識 は2つあります。

1つは、大声で話すことは周囲に居る人たちの迷惑になることを考えていないとされることです。

もう1つは、食事を一緒にしている人に、口の中の食べ物を見せ、相手の気分を害しているからです。

食事は、毎日行うものですが、それだけに習慣が出やすく、その人の常識がもっとも分かる場面でもあります。

どんな人か迷った時は、軽い食事をしてみましょう。

食べ方で相手の常識を知ることができます。

執着心の強い人

執着心と言えば、お金に執着する男性、女性を思い浮かべますが、 お金への執着心が強い タイプの人は、 注意 しなければなりません。

映画、テレビドラマで話題の後妻業ではありませんが、お金に執着するタイプは、どんなことをしてでも手に入れようと画策します。

このタイプは、不倫イコール愛人契約と考えていることが多いので、別れる時も問題山積みとなりますので、注意が必要です。

依存する人

男性、女性ともに、 誰かに依存 することで生きている人がいます。

顔が可愛く、可愛い声で甘えられるとついほだされ、関係をもってしまいそうになりますが、
見た目と心の中は別ものだと判断しましょう。

依存型の人に多いのですが、起伏が激しく、不倫中はそれが魅力的でもあるのですが、自分の思い通りに物事が進まないと 駄々をこねる 傾向にあります。

見分けるコツは、お酒を飲む場です。

お酒に酔って感情をコントロールできなくなると、いつもは隠している起伏の激しさを垣間見ることができます。

見た目に惑わされないよう、注意しましょう。

不倫の結末はコレ!幸せになった人と不幸のどん底に落ちた最悪の結末体験談

2018年9月12日

信頼できるパートナーを選ぶことが大切

不倫は真剣な恋愛に発展する場合もありますが、それぞれの不満をぶつける場でもあります。

家庭を壊さずに不倫パートナーと不倫を楽しみたい時は、 選ぶ相手を間違えない ことです。

不倫パートナーに求める条件は人それぞれですが、基本となる条件だけはクリアしている人を選ぶことをおすすめします。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【神言鑑定】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【神言鑑定】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。