新入社員が既婚上司に狙われやすい理由と恋に落ちやすい理由

不倫している人向け
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

春はスタートの季節。そして出会いの季節でもあります。

新しい職場や環境で新生活をスタートさせ、ついでに不倫デビューという人が実は多いのです。

今回は、春に不倫が始まりやすい理由や、新社員が不倫に狙われやすい理由とその心理、不倫をするなら知っておきたい注意点などをご紹介します。

春に不倫デビューが多いのは何故?

環境が変わるから


春は環境が一変する季節です。新しく会社に入社する、転職するなどはもちろん、多くの会社ではこの時期に異動が実施され、勤務先が変わったり、部署が変わったりします。

環境が変わることで、不倫しやすい状況になることがあります。既婚者の場合は単身赴任や、自宅から遠い職場への転勤。

若しくは、勤務時間が不規則な部署への移動で今までのルーティンから解放されるなど。

独身者も、入社や異動をきっかけに一人暮らしをスタートすることも。また、通勤経路が変わるなど、いつもは出会わない人と接触する機会が出来たりもします。

春に起こる職場の環境変化がプライベートにも影響を及ぼし、ひいては不倫を呼び寄せることがあります。

人生の区切りでオープンになっているから


春は人生の区切りの時期です。卒業や以前の会社の退職など。そして、それを機会にそれまでお付き合いしていた人とお別れするパターンも。

新たな環境への様々な期待は、新たな出会いへの期待であったりもします。

古い環境とサヨナラしたと同時に古いお付き合いともお別れした人は、新しい環境に新しい出会いを求めています。

出会いを求めているオーラはシングル同士だけで発しあうものではありません。出会いを求めている既婚者は敏感にそのシグナルを察知し不倫に繋げていきます。

出会いを求めている側は心を開いている状態ですので、狙われると入ってこられやすい状態であるともいえます。

人生の区切りは、様々な恋を始めるスタート地点であったりもします。

出会いがあるから


春は他の季節に比べ新規の出会いが多い季節です。異動や入社で新たに出会いがあるのはもちろん。加えて他社でも異動や入社がありますので出入りの業者の担当者や、こちらから営業で出向く先の担当者が入れ替えになっていたりします。

人が動くこの時期は自然と出会いが多くなります。

新規の出会いだけでなく、以前共に仕事をしていた人に再会したり、気になっていた人が近くにやってくることもあるでしょう。

新しく出会う人とは名刺を交換するチャンスや、引き継ぎなど親しく話をする機会があったりあします。仕事の延長であれこれ話をして話が合うと気が付かば、相手に好意を抱いていることもあるはず。

春は恋のチャンスが溢れています。

不安がある


異動、入社に不安が付き物です。新しい環境はわくわくしますが、同じ、いえそれ以上に不安もあります。

まだ馴染んでいない職場で、気安い同僚も見つけられていないであろう春。この時期に、明るく話しかけてきてくれる先輩や上司、同僚にはつい心を開いてしまいがちです。

新しく入った会社や配属された先では心安く話せそうな人がいないかと周りを伺っています。

先入観のないこの時期は、少しでもきっかけがあれば話しをしたいと待っています。

そんな不安がある時は、隙のある時でもあります。不倫相手を探している既婚者男性はそれを熟知していることも多いため、不安そうな新入りさんに声をかけ仲良くなったりします。

そしてそれが、恋の始まりになったりします。

イベントが多いから


お花見、歓迎会など春はイベントがいっぱいです。係や課、部署でと普段身近に接することのない人を巻き込んでの宴会が毎週のように繰り広げられることも。

イベント会場で知り合い、その日のうちに仲良くなり、同じ会社の気安さから連絡先を交換するにも時間はかかりません。

会社のイベントは出会いの宝庫です。通常のイベントでは、気に入ってもそれきりになったりすることもありますが、イベントで知り合ったのをきっかけに、次は会社で仲良くなれたりするものです。

イベントで会った気になる人に、会社のエレベーターで会えばそれは何かのきっかけにもなり得ます。

会社のイベントは前から狙っていた人と仲良くなるチャンスであり、新しい誰かと出会うチャンスでもあります。そしてその中には既婚者からのお誘いも含まれていたりします。

上司と社内不倫はコレ!きっかけと職場不倫中の注意点や我慢しなくちゃいけない事

2018年9月14日

新入女子社員は既婚上司に狙われやすい理由って?

今までのことを知らない


新入社員の女性が上司から不倫相手に選ばれやすい理由の一つは、彼女が過去を知らないという理由があります。

不倫を重ねている上司は過去に別の女性とも関係があったり、もしかしたら今もそちらと続投中ということもあります。

また、既婚者である上司の妻は以前、その会社で働いていた女性であるということも。

そのような過去の実績がある上司の場合、それを知る女性社員からは避けられやすいもの。

万が一、声をかけた相手が前に付き合っていた不倫相手と仲が良かった場合。誘いをかけた気になる女性社員は実は自分の妻の在職中の後輩であったり。そんな危ない轍を踏みたくないと彼らは計算しています。

そこで、彼らが狙うのはそれらを知らない新入社員女子となるのです。

学校を卒業してやってきたフレッシュな彼女たちは、先輩女子社員との交流も薄め。そんな時期に計算高い既婚上司は、新入社員の女性を狙いにかかります。

手つかずの女性


過去に他の誰かと不倫の噂のあった女性は、なんとなく男性としては選ぶのを躊躇します。

自分は不倫をしようとしていても、過去に不倫をしていた女性は好きにはなれないという勝手な理屈をつける人もいます。

不倫でなかったとしても、誰かしら恋の噂があった女性についても同様の理由で避けることがあります。

どちらにしても、何らかの恋の既往歴が聞こえてくる女性は既婚男性にとってあまり好ましいものではないようです。

その点、新入社員の女性は少なくともこの会社では手つかずの女性です。誰のものであった過去もない女性はいつの世も男性の憧れ。既婚の男性は自分のことを棚に上げ、フレッシュで過去のない新入社員の女性に狙いをさだめたりします。

若いから


既婚上司が不倫相手に新入社員の女性をチョイスする理由の大きなものはその女性の「若さ」です。

そこには、若い女性が好きという短絡的な要素を十分に含んでいますがそれだけではありません。若いということは未来があります。

自分と数年お付き合いした後も、誰かと出会って結婚するための時間がたっぷりあるだろうと考えるのです。

例えばこれが、アラサー女性などを相手に選んだ場合、彼女には時間がありません。数年付き合って気楽にサヨナラに応じてくれるかどうか怪しいもの。

ややこしくなることが目に見えている年季の入った女性を選ぶより、若く、まだ時間のある新入社員の女性の方が彼らにとっては安心です。

未来時間が有り余っているだろう新入社員の女性なら、結婚前の経験として自分とラブアフェアを楽しんでくれるかもという淡い期待を抱いています。

若い女性というのは、そういう意味でも既婚男性から見てとても魅力的なのです。

ネットワークを持っていない


社内には女性同士のネットワークが張り巡らされています。このネットワークは強靭で確かな情報をしっかり握り、相互扶助の関係を保っています。

既婚男性に声を掛けられ、今後について迷った女性がこのネットワークで検索をすれば、その既婚男性の過去の女性遍歴やプライベートな出来事を丸裸にすることなどワケもありません。

会社に入って間もない社員の女性はまだ「女のネットワーク」を持っていません。

もちろん、入社早々にそのネットワークに巻き込まれていく女性もいますが、不倫を狙う既婚上司はそのタイプの新入社員の女性には手だししません。

ネットワークがないという言うことは、男性の悪い噂やプライベートの噂を聞くチャンスが少ないということです。

また、男性が近づいた時、彼女が男性についてリサーチしようとしてもその術を持ちません。

ラブアフェアだけで終わってしまったり、短い恋でお別れが来たとしてもネットワークを持っていなければ会社の誰かに相談することもしたりできませんし、ネットワークの履歴に加えられることもありません。

既婚男性が不倫をしていて最も恐れるのは、噂になることや、妻や妻の友人、上役に事実を知られることです。

ネットワークを持っていない新入社員の女性はそうなる可能性が低いため、彼らにとって狙いやすい女性であるといえます。

社会をわかっていない


学校を卒業したばかりの新入社員の女性は、社会をまだ理解できていないことがほとんどです。

会社の仕組みや社会の常識。家庭や学校では習わなかった、働く者のルールがありますが、それをまだきちんとわかっていなかったりします。

既婚の上司からするとほとんど白紙状態の新入社員の女性は、自分のカラーに染めやすい相手であるといえます。

会社ではあまり話しかけないで欲しい、自宅の場所は探るな、女友達に自分との関係を話してはいけない、など。既婚男性の都合の良いように相手をコントロールすることがしやすい相手といえます。

ある程度、社会経験を積んだ女性は洞察力が鋭く、既婚男性の下心や底の浅い考えは見抜かれてしまうため、お付き合いも慎重に運ぶ必要があります。

その点、まだ何も知らない新入社員の女性であれば、彼はややこしい工作をすることなく彼女に近づいていきやすいのです。

職場不倫しやすい男女の特徴と心理の違い

2018年12月22日

上司との恋に落ちやすい新入女子社員の女性心理

甘えたがり

既婚者である上司の男性と恋に落ちやすいのは甘えん坊の女性です。

同年代の男性や、同じ程度のキャリアの男性はまだ余裕がなく、一緒にいると甘えさせてくれるどころか、支える側に回らねばならないこともよくあります。

その点、既婚者で年上の上司は社会人経験が長いため会社の仕事に余裕があり、若い女性を甘えさせるくらい簡単です。

また、彼らには子供がいることもありますので、普段の生活の中で父親としての振る舞いが身についています、そのため、子供同様に上手に甘えさせてあしらうことなど簡単です。

加えて既婚男性は精神的な支えは家庭に軸を置いていたりします。仕事での嫌なことや、自分の弱みなど、女性が面倒くさいと思うようなことは妻に処理してもらっていたりします。

そのため、若い女性の前ではかっこいいところだけをみせていることができます。

不倫相手の女性は彼の余裕のあるところ、甘えさせてくれるところが彼の全てであると思ってお付き合いすることができます。

そんな既婚上司の余裕感を、新入社員の女性は「男らしさ」、「優しさ」と受け止め恋に落ちてしまいます。

特別感が好き

男性 決心

部署の中、課の中で新入社員の女性はいわゆる下っ端です。意地悪な先輩やいい加減な同僚がいて辛い思いをしたり、尻ぬぐいをさせられることもあるでしょう。

そんな中、その先輩たちより権力のある上司とお付き合いしているというのは特別感があります。

上司の方も、表立って新入社員の女性を優先したりすることはありませんが、何かと便宜は図ってくれるでしょう。

あの人に意地悪をされたと告げておけば、本来は下っ端がやるべき面倒な仕事をその人に回してくれるかもしれません。

先輩たちや、同僚のせいで嫌な思いをしても、助けを求めたら必ず助けてくれるだろう味方がいる、という特別感は、上司とお付き合いしている女性にしか味わえないものです。

年上の男性を好む


既婚の上司と不倫関係になる新入社員の女性は、基本的に年上の男性を好む人です。

年齢差も男女の好みのうちですので、相手がシングルの男性であっても年上が好き、という女性であったりします。

年上の男性が好きという女性は、その中に男性としての余裕や、経済的な余裕、精神的な支えなどを求めていたりします。

どちらかと言うと、相手の腕にすっぽり収まり、与えるよりも与えられたいと願うタイプです。

女性の中には、年上男性を好まず同い年や年下男性が好きな人もいますが、このタイプの女性は既婚上司に対して「対象外」オーラが出ていますので、彼らも近づいてはいきません。

「年上の男性が好きなんです。」宴席でぽろりとそんな言葉を言ってしまう新入社員女性は、既婚男性のターゲットになりやすいといえます。

愛されたがり


愛するよりとにかく愛されたい、そう願う新入社員の女性に既婚上司は狙いを付けます。

「愛」が何たるかということはさておき、既婚の上司は女性について饒舌で、有り余るマメさを持っています。

日々の連絡や、心使いはもちろん、プレゼントなど持てる力を思いきり注いでくれるでしょう。

新入社員の女性は、今までシングルの男性からは得られなかった、上げ膳据え膳で恋を楽しむことができます。

シングル男性とのお付き合いは多少の偏りはありますが、基本的にはギブアンドテイク。彼の至らぬ部分をこちらで埋め、女性の至らぬ部分を彼がカバーしてくれます。

それは、健康的でバランスのとれたお付き合いと言えますが、愛されたい女性にとっては不満足に感じられることがあるのです。

尽くして尽くされるのは当然じゃない。私はもっと愛して欲しい。

とにかく愛されることが好き。尽くされることが好き。という若い女性にとって百戦錬磨の既婚男性の手練手管は非常に魅力的に映るのです。

パートタイムラブ


不倫の恋愛はいわば「いいとこどり」のお付き合いです。洗濯や日々の食事の準備と言った彼の日常業務は妻が引き受けています。

一緒にいるのも、望むと望まざるとにかかわらず毎日、いつでも一緒という訳にはいきません。

女性も男性も一人になりたいときがあり、また一人で片づけたい仕事や、友人と思いきり楽しみたいときもあります。

夜中に寂しいと思っても電話することはNGですし、飲み会帰りの報告も時間によっては辞めておくという選択が必要なこともあります。

それは寂しくもありますが、解放感がありラクでもあります。

シングル男性とのお付き合いでは半ば義務的にでもしなければならなかったことが不倫恋愛ではする必要がありません。

良い時に、良いことだけのパートタイムラブである不倫恋愛は、縛られることを望まない女性には魅力的に感じられます。

結婚しているのに新入女子社員に手を出そうとする既婚男性の男性心理

恋がしたい


既婚男性が不倫をする理由の一つは、「恋」がしたい、という単純な気持ちです。若かりし日、いくつかの恋のプロセスを経験しそのうちに結婚、現在に至る彼ら。

結婚という節目の後は表向きにはもう恋はできません。妻に一生恋をしているという、言い訳めいたかっこいい言い方をする人もいますが、うまくいっている夫婦の間に流れているのは本来は恋ではなく「愛」であったり「日常」であったり。

それは恋の一段階上にあるもので、尊いものですが、恋のようなきらめきやときめきは少ないものです。

不倫を望む既婚男性は、夫婦として築いている関係に物足りなさを感じているまたは、それはそれで恋とは別物と考えている男性です。

10代、20代のころ胸を焦がしときめいたあの恋の感動をもう一度味わいたい。そんな思いから不倫の恋を探し求めています。

かっこいい自分でいたい


中にはかっこいい自分でいたいという自分本位ともとれる感覚で不倫を始める男性もいます。このような男性にとって恋はファッション。

かっこいい車や、素敵なスーツ同様、自分に相応しいと思われる恋を選んで楽しみたいと考えています。

このタイプの既婚男性とお付き合いすると、彼の世界を一緒に堪能することができますので、同様に恋を楽しみたい方にはぴったりです。

お互いの恋のアイテムの一つとして不倫の恋もファッショナブルに燃え上がらせることができる相手です。

このようなタイプの既婚男性の特徴は不倫を秘密と捉えていないことです。妻も彼の嗜好を理解していたりする場合も多く、不倫を隠そうという意識が希薄です。

ですので、自分の友人や行きつけのお店で不倫相手の女性を紹介することにも抵抗がなかったりします。

隠し立てをしないから、本気の恋であるという概念はこのタイプにはあてはまりません。

また、彼のスタンスとして恋はオープンのものとして進んでいきます。

【期間限定・10月20日(月曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


お別れの後も「○○さんの恋人だった人」というレッテルが貼られたままになる可能性もある相手であると留意しておく必要があります。

家庭に不満がある

不倫 女性
結婚は必ずしも永遠にうまくいくものであるとは約束されていません。この人こそと思い結婚した相手であっても、何かのきっかけで関係が崩れていくことも。

病めるときも健やかなるときもの精神で乗り越えられればよいのですがそういかない場合もあります。そんなとき、既婚男性は家の外に目を向けます。

家庭の不満を言いながら、若しくは「仮面夫婦」であることを餌に不倫をスタートさせることもあります。

会社で一生懸命働き、わからないことを恥ずかしそうに尋ねる新入社員の女性にいつしか恋心を抱いたりします。

こんな子が恋人だったら癒されるな、そんな気持ちの芽生えがやがて不倫の恋に進んでいきます。

不倫が当たり前


中には、不倫を不倫と思わず、恋をするのが当たり前になっている既婚男性もいます。結婚したら恋は諦めるものという言葉は彼には当てはまりません。

いつの頃からか、妻子もいるが彼女のいるのが当たり前になっていたりします。

このタイプの既婚男性にとって、「彼女」のポジションは常にあり空きがでると次の女性を探します。

彼らは不倫という重々しい意識もなく不倫の恋に発展させていきます。

若返りたい


新入社員の女性とお付き合いがしたいという既婚男性の心理の中には「若返りたい」という気持ちがある人もいます。

年上のお相手とお付き合いをしているといつしか年齢よりも落ち着いた考えをするようになったりする人を周りで目にすることはないでしょうか。

逆に言うと、若い人とお付き合いすると気分的に若返ることができます。

ある程度のキャリアを重ねた既婚の男性の中には、同程度の話しの合う女性とお付き合いするよりも、若い女性とお付き合いして自分も若返りたいと考える人がいるのです。

そういった既婚男性は、新入社員の女性と同じ世代に戻ったような錯覚を味わいながら彼女たちと不倫関係を発展させていきます。

新入女子社員がコロッと落ちてしまう既婚上司の行動や態度

かばってくれる


新入社員の女性は、まだまだ仕事ができません。仕事どころか会社のことが何もよくわかっていない状態です。

自分でも気づかぬうちに失敗をしていたり、思いがけないミスを連発してしまうこともあります。

先輩や同棲の同僚はそんな時、冷たくすることもないでしょうが、助けてくれる余裕がなかったりもします。

メンタルが強靭な人の場合は良いのですが、大抵の場合、家庭や学校では怒られたこともなかったことを注意されたり、誰も助けてくれなかったりすることに不安と疲弊を覚えます。

そんなどうしようもない辛い状態のときに、既婚の上司がさりげなくかばってくれたり、カバーしてくれた時には新入社員の女性はころりと彼にまいってしまいます。

学生時代からの恋人がいた場合など、自分と同様に会社での初めての経験に疲れ果て、余裕のなくなった彼に比べると既婚の上司はおおらかで魅力的です。

いつしか、同年代の彼氏やボーイフレンドより、既婚上司のことを考えている。そして新入社員の女性は、恋に落ちていきます。

教えてくれる


仕事は盗むもの、そんなことを言われることもあります。

学校とは違い職場では新人研修が済むと手取り足取りビジネスマナーや仕事そのものを誰かが教えてくれることはありません。

新人さんにすると、質問したくても何から質問して良いかさえわからないという状況に立たされます。

新入社員の女性の中には、そんな状況に途方に暮れてしまう人もいるでしょう。

そんな時、既婚の上司が優しく声をかけ丁寧に指導してくれたなら、彼女は彼に恋心を持ってしまったりします。

スマートに誘ってくる


同年代の男性の多くは、下心を全開にしながら近づいてきます。「君のことが好き」「振られたらどうしよう」そんな心の声が漏れてくる中、一生懸命にお食事に誘ってくれたりします。

経験豊富な既婚の上司は、その点スマートです。好意は持っているけれどそれだけだよ。という振りをしながらさりげなくデートに誘ってくれるでしょう。

万一、こちらの都合が合わずお断りした場合の引き際もスマート。代替案も嫌みなくさらっと提案してくれます。

既婚男性のスマートな誘い方は、誘われる方が非常にラクです。

同年代の男性との駆け引きは、相手がこちらの気持ちを上手に読んでくれなかったりして女性側もかなりのパワーを必要としますが、既婚男性はそうはさせません。

こちらの気持ちを先読みしての対応に女性はふらふらっとなってしまいます。

対応が丁寧でがつがつしていない


既婚男性は当たり前ですが基本的に結婚しているわけです。

即ち、新入社員の女性にアプローチをかけても断られてもともと、うまくいけばラッキーという程度に考えているところがあります。

シングルの男性のように、「断られたらどうしよう」という気持ちはあまり持っていません。

そのことが、女性の目には「ガツガツしていない」「丁寧で優しい」と映ることがあります。

さらりとしていながら強引なお誘いはシングル男性にはできない技。その既婚者特有の技に新入社員の女性ははまってしまいます。

社内不倫をするなら知ってほしい注意点

ばれたら自分も不利

不倫中の彼が愛してくれているか悩む女性
社内不倫が何らかのきっかけで周囲にバレてしまった場合、イメージ的には既婚者である男性の方が圧倒的に不利であるように思えます。

家庭にも噂が行き着き、彼が追い込まれてしまうこと。古い体質の会社であれば、社内風紀を乱した罪で出世が妨げられたり、時には遠い支社に島流しされることもあるでしょう。

しかし、社内不倫がバレてしまった場合はお相手である女性にとってもたくさんの不利があります。

まず、既婚男性の妻から慰謝料の請求を受ける可能性があります。

特に噂が会社に広まり、既婚男性が立場的に追い込まれている場合などは、妻が開き直ってこの手段に出ることがあります。

この場合、金銭的な負債はもちろんですが、会社からも何らかの責任をとることが求められる可能性があります。

会社からは、不倫をしていたシングルの女性に対しても既婚男性と同様、会社での立場や勤務先について制裁があることも考えられます。

そのような騒動に発展した場合の多くは、不倫関係を解消することになるので、女性は会社での立場と恋人の両方を失うことになります。

既婚男性は、妻と元のさやに納まるパターンもよくありますので、どちらかと言えば、不倫をしていたシングル女性の方が被害は大きくなることがあります。

結婚まで行きつける確率はわずか

不倫 女性
社内不倫において、そのカップルが既婚者の離婚を経て結婚までこぎつける可能性は極めて低いと思っておくのが良いでしょう。

恋をしているとき、ついつい先の幸せを夢見てしまいます。例えそれが不倫という結婚へのハードルが極めて高い状況であっても。

社外での不倫恋愛の場合は、社会的な立場があまり絡んでこないので相手の状況が許せば結婚に向かうことも夢ではありません。

会社内での不倫は、お互いのプライベートの状況だけでなく会社での立場や未来がしっかりまとわりついてきます。

不倫について大らかではない多くの会社の場合であれば、離婚、不倫相手との結婚と進める間に人事からの聞き取り、その上での更迭人事などは覚悟しておく必要があります。

最悪、二人とも会社を辞めることになることもない話ではありません。

シングル側の女性にとっては、ただ一つの愛と思えばこれらのことも受け止められないことと思えるかもしれません。

しかし、お相手の男性は会社からの攻めに加えて妻との話し合いや、やり取り、子供のこと、ローンのこと。それらすべてが振りかかってきます。

社内不倫を成就させるというのは「愛」だけではどうにもならない、実際のパワーが必要です。

愛の深さ云々ではなく、そこまで頑張れる男性はめったにいないと思っておくのがオススメです。

噂になるとその後の恋愛にひびく


既婚の上司との不倫はもちろん二人だけの秘密です。しかし、なぜかどこからともなく二人のことは漏れ伝えられ、いつしか「公然の秘密」になってしまっていることも。

社内不倫の場合、二人共通の知り合いはたくさんいます。従ってどこに行こうとも、誰かがそれを目撃している可能性は社外にお相手を持つ人よりも高くなります。

不倫という格好のネタは瞬く間に面白おかしく駆け回り、「あっちで見たよ」「こっちでも見たよ」と噂されるうちに知れ渡っていきます。

当の本人たちは案外噂になっていることは知らず、秘密に付き合い秘密に別れたと思っていることも。

そして、シングルである女性は次なる恋を探そうと見渡しても、「○○さんと不倫していた人」というレッテルは消えることなく、社内での恋人探しは難しくなります。

また、不倫を終えたシングル女性が、噂を知らない社内の男性や会社関係の男性をゲットし結婚にこぎつけた場合、お相手に告げ口をするなど、横やりを入れる人も世の中にはいます。

上司との社内不倫は不倫をしているそのときだけでなく、恋が終わり自分はしっかり吹っ切れた後も会社にいる限り噂は消えないと覚悟しておかねばなりません。

別れた後も顔を合わす


社内不倫、既婚の上司と恋をして別れた場合、お互いが会社にいる限り別れたその後も顔を合わします。これはシングル同士の社内恋愛でも同様です。

不倫の場合、きれいな別れ方でなかった場合、相手への恨みつらみが吹っ切れた後も頭の片隅に残っていることがあります。

離婚すると言いながら、妻との間に子供が生まれていたこと。別れ際に言われた、信じられないような責任逃れの態度など。

思い出すと腹が立つし思い出したくもないことがら。その相手と嫌でも顔を合わすのが社内不倫の不愉快な点です。

加えて、同じ会社にいると相手のプライベートに関する噂も聞いてしまうことがあります。

自宅のリフォームや、子供の学校入学など幸せそうな家庭の様子が流れてくることも。

それよりももっと不愉快なのは、別の女性との社内不倫の噂です。不倫していた女性との恋は一世一代のようなことを言いながら、また新たな不倫に現を抜かす彼。

そんな噂を女性側が耳にすると、結局自分との恋も彼の不倫癖の一環に過ぎなかったと思
ってしまいます。

相手の噂を聞くのも嫌ですが、こちらのプライベートな出来事を聞きつけ連絡してこられるなどもなんともいえない気分に。

不倫していた女性の恋の噂や結婚の噂を聞きつけそれについてわざわざコメントされるということもあります。

社内不倫は恋が終わっても、薄い皮でつながっているようななんともいえない気持ちになることがあるのが実態です。

大切な時間をロスする可能性

不倫 女性
社内不倫をしている新入社員の女性で結婚願望を持っている人は、時間について考えておく必要があります。

入社後に不倫が始まり20代の前半を、既婚男性と過ごした場合、20代後半からはシングルの男性とお付き合いして結婚すれば良いと考えるかもしれません。

20代の前半の時には未来の時間が無限大に感じられ、既婚男性とのお付き合いも「結婚までの勉強のひとつ」と割り切って考えることもあります。

しかし、実際にはそううまくいかないことも多いもの。不倫にはまる女性は基本的に素直で優しく、男性の考えに柔軟に合わせられる性格であったりします。

そんな女性の場合、ずるずると既婚男性に引っ張られ気が付けば、長い時間を共に過ごしていることも。

アラサーと呼ばれる世代になっても婚活は決して遅くはありませんし、もっと年齢を重ねてからの結婚も十分アリです。

しかしながら、20代の若く楽しい時期を既婚男性に捧げてしまったという事実はあらゆる場面で影を落としたりします。

奔放に生きることができたはずの20代を仕事以外の我慢ですごすこと、曲がった解釈でとらえる癖を身に着けてしまうことなど、あちこちに不倫の片鱗が残されています。

心から愛した人がたまたま既婚者であった。だからなんの後悔もしないし、そこで得た物を大切に生きていきたいという場合など、それによる弊害さえも受け止める覚悟がないと、20代前半での不倫はオススメできません。

社内不倫の経験は、自分自身の精神的な所にまで影響を及ぼすことがあることを理解の上、実際に不倫の恋をするかどうか決断することが適当と考えられます。

職場不倫から別れてしまう原因はコレ!社内不倫相手が冷める行動や言葉

2018年11月1日

社内不倫が辛い理由はコレ!やきもちを妬いたり束縛は別れの原因に!

2018年10月19日

まとめ

新入社員の女性の女性が、既婚の上司から狙われやすい理由や、実際に女性が恋に落ちてしまう場面、そして新入社員の女性が不倫をする上で注意するべき点、覚悟すべき点についてみてきました。

春は出会いの季節です。その中にはいろんな意味で「運命の出会い」が含まれていることもあります。

恋愛は相手が既婚者であろうとシングルであろうと、相手を見極める目が必要です。

相手がシングルの男性の場合は、お相手選びに失敗してもダメージは大きくありませんが、既婚男性の場合は、いろんな角度からのダメージを受けてしまうことがあります。

社内不倫恋愛の場合はその要素はさらに高くなります。

新入社員の女性が既婚男性に興味を持った場合は、ノリや状況に惑わされず未来のことまで思い描いてその駒を前に進めるか、心にそっと留め置いておくかを決めてください。

社内不倫には覚悟が必要です。新入社員の女性は、それも会社の洗礼の一つと心得て自分の意志で後悔しない選択をしてください。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。