年末年始はやっぱり奥さんや家庭が優先?不倫している彼が年末年始も一緒に過ごしたいと思ってくれる方法と年末年始だからこその注意点

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

愛する彼と会えない日が長く続き、彼が家族サービスをするのがお盆と年末年始等の長期休暇です。

特に日本の伝統的な行事が多い年末年始は家庭を持つ彼とは会えない日が続くことが分かっているだけに悶々とする日が続き、彼と会えない時間が続くなって不機嫌になってしまう女性もいるでしょう。

なぜ、彼は本気で愛している女性を泣かせてまで年末年始に家族と過ごすのでしょうか。

 年末年始に家族と過ごす男性心理、一緒に過ごしてくれる方法ほか、家族と過ごす時間が長くて不倫がバレやすい年末年始だからこそ注意しておきたいことについてもアドバイス します!

Menu

愛する不倫相手がいるのに家庭で年末年始を過ごす男性心理

仕事への執着心。妻に不倫がバレたら会社での立場を失いかねないという恐さ

愛する不倫相手がいるのにその相手とは年末年始を一緒に過ごすことができず、家庭で年末年始を過ごさなければならない既婚男性の心理は大きく分けて2つあります。

一つには会社での地位を失いなくたくないから、もう一つは社会人としての責任感からです。

まず、会社内の地位を失いたくないという心理についてですが、分かりやすくいえば、 不倫で会社を首になりたくない、ようやく手に入れた地位から失脚したくない、そんな格好悪いことは絶対に阻止したい ということです。

男性は、いや近年は女性もそうですが、自分のしたい職種、やりたかった職種に就くための勉強をして希望する会社への就職を目指す人が多く、それだけに入社した会社、自分の業務に対して人一倍の情熱を持って取り組む人が増えているとのことです。

自分の仕事を天職だと思って取り組んでいる人もいるでしょう。

そんな大切な仕事を、たかが不倫で失うわけにはいきません。

そうなれば、年末年始は家庭にいて妻や子どもの機嫌をとって仲良く過ごす、これしかありません。

ちなみに、たかが不倫という言葉は不倫相手であるあなたにとっては厳しい言葉になりますが、 既婚男性があなたよりも自分の仕事を優先しているということは不倫恋愛よりも家庭を優先している証拠であり、それが彼の本音 だと言っても過言ではありません。

このタイプの男性は一般的に妻に頭が上がらないタイプの人が多く、不倫するのも妻に言えないことを言ってみたい、妻にさせられないことをやらせてみたいという好奇心から不倫している人も少なくありません。

年末年始、彼が家庭で過ごさなければならないと口に出した時は「そうね、良いお年を」「次に会えるのはいつかしら」等と、別れのサインを想像させる言葉をつぶやいておきましょう。

気の弱い彼ですから、きっと年末年始の間、あなたの言葉が頭の中をぐるぐる回り、年始が明けるのを待ちきれなかったように連絡してくるはずですよ。

彼が夫、家庭人という立場を優先させるのなら、あなたは不倫相手の気ままさを前面に出して、彼の本音と闘いましょう。

長男としての任務。本気不倫でも家を空けるわけにはいかない

不倫は妻、子ども、義両親にバレてしまえば、それで終わりです。

そこで終わらない不倫は単なる不倫ではなく本気の恋愛であり、その確固たる思いを持った2人であれば、年末年始は双方ともに覚悟を決めて一緒に過ごすはずが…、そううまくいかないのが男女の思いです。

不倫中の2人がどんなに愛し合っていても、 年末年始は家庭ごとに決められた行事があり留守にするわけにはいかないことがしばしばある ものです。

例えば、不倫している既婚男性が両親と暮らす長男で家を継いでいるとしましょう。

既婚男性の兄弟はじめ、両親の兄弟、いとこ等の近しい親せきがみな家に集合して年始を祝う習慣があれば、世帯主としての責任上、彼らを出迎えればならず、そうそう留守にするわけにもいきません。

何だか古い伝統行事のような世界観で、そんな風習のないエリアで住んでいる人にとっては堅苦しいものを感じるかもしれませんが、長男として産まれた彼にとっては大切な行事であり、長年語り継がれている風習を自分の代で変えることはできないものなのです。

こういった家庭の事情がある場合は不倫相手のことを本気で愛していたとしても、家庭の行事を疎かにするわけにもいきませんので、年末年始は彼とは会えないことを我慢しなければなりません。

一人で部屋にいて彼を思い出して寂しい時は、別の誰かを誘って初日の出を見に行きましょう。

家族を悲しませられない!妻と子どもにまだ未練がある

不倫中の女性を本気で愛していたとしても、既婚男性の心の片隅にまだ妻、子どもへの未練ともいえる愛情が残っていて、離婚を決断できない男性も少なくありません。

日ごろ、 妻、子どもを裏切っているという後ろ暗い思いを胸の奥深くに秘めてきた男性に多い のですが、不倫相手との第二の人生を約束したにも関わらず、いざとなれば逃げ腰になってしまう。

若かりし頃に出会って恋愛し、子どもが産まれ、家族として生きていくと決めて生活してきた日々を思えば、 苦労をともにしてくれた妻や子どものことを簡単には捨てられない… 、一人の男性として第二の人生を別の女性と生きていく決意をしたのに、妻と子どもの顔が浮かび、後ろ髪を引かれてしまう。

ちなみに、女性はこうと決めれば強いもので、このような場合にも後ろ髪を引かれるようなことはありません。

このような状況で、 持ち前の優柔不断さを発揮するのは決まって男性 です。

このタイプの男性は情が深くて優しいという特徴を持ちますが、その優しさが不倫中の女性にとっては優柔不断に見えてしまい、彼を信じられなくなってしまうこともしばしば。

家族を悲しませられない、この思いが胸の中であふれてくるということは家族を第一に考えているという証拠であり、優先順位でいえば、年末年始を独りで過ごさなければならなくなったあなたは二番目の女ということになります。

二番目の女に甘んじることができる寛大な性格の女性であれば、彼の事情を察して彼に我が儘を言うこともないかもしれませんが、不倫といえども、本気恋愛であれば、年末年始を一緒に過ごしたいと言うこともできるはず。

その思いを素直に伝えられない相手であれば、彼との相性は良いとはいえないでしょう。

未練を断ち切れない彼との今後は、あなたが想像するような輝かしい未来はやって来ないかもしれません。

年末年始、彼との未来をじっくりと考える期間にしましょう。

早めの決断、正しい判断をして、たった一度の人生を無駄にしないことをおすすめします。

実家に帰省!両親のために親孝行がしたい


年末年始を実家で過ごす人も多く、年末の新幹線乗車率が100%を優に超え、次の新幹線を待つお客さまの列を見るのは、今や年末の風物詩ともなっています。

混雑するのが分かっていても田舎の両親のもとへ帰省しなければならない家族も多く、彼がそのタイプの家族であったなら年末年始は別々の行動となるのも致し方ありません。

この場合、どんなに無理を言っても一緒に過ごせる可能性はゼロに等しく、それ以上の我が儘は彼もいつまでも良い顔では聞けないでしょう。

 不倫していることと親孝行のために帰省することは話が別 で、そのことを理解せず、彼に「年末年始に会えないのは愛していないからだ」等の厳しい言葉を浴びせてしまうと、サヨナラする日が近くなると言っても過言ではありません。

特に、遠くの町で母親が一人で住んでいる、病気になった父親がいる、また両親揃っていたとしてもかなりの年配者である等の場合、離れて暮らす両親のために元気な顔を見せに帰りたいと思うのが子どもである彼の思いであり、責任ともいえるでしょう。

そんな時は、 年末年始は会えないものだと納得して彼が帰ってくるまで待ってあげましょう。 

あなたを待たせていると分かっていれば、帰ってきたらすぐ連絡があるはずです。

年明けの初デートはお正月らしく綺麗に着飾り、華やかなメイクで彼を出迎えましょう。

年末年始に連絡を控える男性心理

家族にバレたくない!妻の焼きもちによる復讐が怖い

年末年始は土曜日曜が重なればかなりの長期休暇になり、身体も心も十分に休めるものです。

長期休暇を利用して海外、国内旅行に出かける家族も多く、それを楽しみに計画を立てる奥さまも少なくありません。

このように既婚男性は年末年始の長期休暇でも家族孝行をしなければならず、家族のための孝行が苦にならない人によっては楽しい年末年始ですが、不倫相手を置いて出かける人にとっては家族との語らいが苦行になる人もいるでしょう。

会いたいのに会えない日々が続くのは既婚男性、相手の女性にとって寂しいことですが、不倫が家族にバレてしまうことだけは避けなければなりません。

不倫が妻にバレることを恐れる夫の心理は大きく2つに分かれます。

一つは、妻が焼きもち焼きの場合です。

一般的に 女性は男性よりも焼きもち焼き であり、夫に対して嫉妬心をあらわに見せることを否ともしない人が多く、夫の不倫を知れば、その場で夫や相手の女性を罵倒してその勢いから前後の見境なく周囲を巻き込んでしまう人も少なくありません。

そのために、夫は妻にバレることを殊更避ける傾向にあります。

反対に男性は妻が不倫したと知っても、自らのプライドの高さ故か、その場で妻や相手の男性を罵倒したりはせず、妻が不倫しているという事実のみを真正面から受け止め、その事態を冷静に判断することで解決を図ろうと努力します。

これは男性の持つ世帯主という責任から、また妻、子どもを養っていかなければならない責任感から生じる感情で、女性とは問題意識の執着、認識、解決方法が異なるとのことです。

ただし、すべての男性がこの責任感を持って臨んでいるわけではなく、女性同様、不倫を知った直後に怒りを見せ、妻、相手の男性を罵倒する人も少なくないでしょう。

さて、妻が夫の不倫を知った場合ですが、焼きもち焼きの妻はなぜ夫は不倫したのか、不倫へと走らせた原因は自分にあるのではないか…等と考えることはしません。

焼きもち焼きの妻は不倫イコール裏切りなんですね。

直情的だと言ってしまえばそれまでですが、一方的に不倫した夫を責めてしまうため、軽い気持ちで夫が不倫したと知ってもその裏切りを決して許すことはしません。

それくらい感情的になるのが、焼きもち焼きの女性です。

良くいえば決断力があり、強い意志を持った女性といえますが、彼女を宥めるには相当の覚悟が必要ですね。

もう一つは、基本は同じく焼きもち焼きなんですが、夫への愛情が少なく、 子どもがいるから、また世間体が悪いので離婚したくないといった理由から結婚生活を続けようとする タイプの場合です。

こちらの場合は根底に夫への愛情がありませんので、不倫したことを責めるわけではなく、子どもを泣かせるような行為をしたことに怒りをぶつけます。

子どもを守るために離婚しないと決めている妻に対し、夫は子どもを泣かせるような行為を続けていた…、この事実を受け止めることに少々時間がかかりますが、事実を受け止めたら、考えることは 子どもを泣かせた夫への復讐 です。

その復讐が怖いから、年末年始の不倫相手への連絡は控えなければならない。

夫という立場にある者にすれば、至って普通の考えだといえます。

妻の目が怖い!もしかしたら不倫がバレてるかもしれないという恐怖心から

不倫している夫にとって、妻は怖い存在です。

やましいことがなければ妻の目がどんな目になっていようが何も怖くないのですが、不倫中の夫にとっては、妻の目、声のトーンが少しでも違っていたら、どきどき、そわそわ…。

妻は家庭内を取り仕切っている重要人物であり、妻に 不倫がバレた時点で不倫は例え本気の恋愛であったとしても終焉 を迎えなければなりません。

それだけに絶対にバレてはならない存在であり、疑われるようなことは絶対に避けなければなりません。

不倫相手が年末年始に連絡を取らなくなるのは、また連絡を控えるのはこの理由からです。

結婚していない女性からすれば「妻がそんなに怖い存在なの?」と理解に苦しむと思いますが、かかあ天下の家庭はもちろん、亭主関白の家庭でも妻に面と向かって「不倫している」「不倫して何が悪い」「気に入らなかったら出て行け」等の言葉を言える夫は少なく、いや、いないと言っても過言ではありません。

昭和の初めから中期にかけてでしょうか。

亭主関白が当たり前、妻は家を守るものだという認識で家族が過ごしていた時代であれば、夫が不倫をしようが、その相手と堂々と道を歩こうが、不倫していると世間に公言しようがすべて「甲斐性がある」の一言で済まされていましたが、今は令和です。

時代は進化しており、現在は、 不倫はその人の置かれている生活環境によっては一発退場。 

同僚や友人たちに不倫のアリバイ作りを手伝ってもらうことも難しく、ましてやバレた時、妻からの問い詰めを代わって受けてくれ、不倫した友人を庇ってくれる友人、仲間はいないと考えられます。

ちなみに、妻はどんなに夫が不倫を隠していても必ずどこかで気づくものであり、少しでも疑わしいと感じている妻であれば、年末年始の長期休暇の夫の行動には注意するはず。

その目の厳しさから逃れるためには、どんなに連絡を取りたいと思っても、そこは大人の我慢で、不倫相手への連絡を控えたとしても何ら不思議はありません。

妻と不倫相手、どちらを選ぶか真剣に考えたい

不倫中の彼が「年末年始は連絡を控えたい」と言ってきたら、「なぜ?」「何かあった?」と気になるものですよね。

既婚男性が不倫するという状況にはさまざまな事情があるものですが、不倫経験者の男性が不倫する最も大きな理由は「その女性を愛してしまった」です。

不倫相手である女性にとって最大級の褒め言葉であり愛されていることを実感できる言葉でもありますが、それほどの情熱を持って不倫関係を始めたのに、なぜか、「年末年始の連絡は控えたい」との言葉…。

もしかしたら不倫関係を解消しているのでは、もしかしたらわたしに飽きてしまったのでは、もしかしたら奥さまにバレたのでは…、とネガティブな発想ばかりが頭に浮かんでは消え、消えては浮かびの状態に…。

実は不倫中の既婚男性が年末年始に連絡を控えたいと考える心理に、 不倫相手と妻のどっちを選ぶか真剣に考えたい という、不倫を遊びで終わらせたくないと考える真面目な男性のみが持っている男性心理があります。

はなから遊びだと割り切った不倫関係であれば、年末年始やゴールデンウイーク等の長期休暇の時に連絡を控えることで自然消滅を狙う男性も多く、「お盆が過ぎたら連絡がない」「年始に連絡したら携帯番号が変わってた」なんて経験を持つ女性も少なくありません。

しかし、彼が真面目な性格で、妻との間にもう愛情はなく子どもへの親としての責任を果たしている、責任を果たせるだけの慰謝料を用意することができる、妻にも不倫相手が存在して今なら難なく離婚できる状態である等の場合、年末年始という長い休暇を利用して自分の今後のことを真剣に考えたいと望むのは珍しいことではありません。

それだけあなたのことを愛している、信じている証拠であるともいえますね。

このタイプの男性が「年末年始の連絡は控えたい」と言ってきたら、その理由を細かく聞いて、彼の気持ちを理解した上で納得できる答えをもらうようにしましょう。

真面目な性格だけに、別れると決めたら、もう連絡をしてこないことも考えられます。

どちらになっても 納得できる答えをもらうことが大切 です。

不倫相手が年末年始を一緒に過ごしてくれるとっておきの方法

ちょっと卑怯だけど、体調が悪いと嘘をつく

不倫相手が既婚者だと分かっていても、年末年始を一緒に過ごしたいと願う女性も少なくありません。

特に田舎に帰省する予定もなく、友人たちはみな家庭があって会うことができない状況だとすれば、尚更、愛する男性と一緒に過ごしたいと思うものですよね。

 独りで年末を過ごす寂しさを最も強く感じるのは除夜の鐘を聞くころ でしょうか。

たった一人で年末から年始に変わる瞬間を迎える、年始の始まりを独りで迎える寂しさを想像すると心の中は冷たい風が吹き荒れ、その寂しさに涙する人もいるでしょう。

そんな時ですよね、彼に無性に会いたくなるのは…。

会いたくなった時は卑怯な方法ですが、「熱が出たみたい!あなたしか頼る人がいない」のlineを送りましょう。

心苦しいlineですが、背に腹は代えられません。

体調を悪くした彼女がたった一人で部屋にいる…と思えば、彼は取るものも取らず、急いで走ってくるはずです。

家族に言い訳をして、あなたのことを思って飛んで来てくれるはずです。

彼が会いに来てくれたら、嘘をついたことを素直に詫びて「どうしても会いたかったの」と甘えましょう。

彼にも予定があるかもしれませんが、寂しい気持ちを独りで抱えていたあなたを思えば、彼は数時間で帰ることはできないはず。

「せめて今年が終わって来年になる瞬間まで一緒にいて欲しい」と頼みましょう。

年末年始は一般的には仕事納めの翌日である29日から新年の三が日を終えるまでとされていますが、彼が了承してくれたら、わずか一晩でも年末年始に一緒にいることができます。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


「明けましておめでとう」の言葉を言い合った後に彼が帰ると言ったとしても、それ以上の我が儘はやめておきましょう。

無理して 来てくれた彼の気持ちに感謝 して、笑って見送ってあげましょう。

クリスマスは我慢!せめて年末は一緒にいて欲しいと懇願

不倫男性が既婚者の場合、クリスマス、年末年始ともに一緒に過ごすことは難しく、彼が家族と過ごす日は会えないことを前提とした付き合いであることは重々承知の上で付き合いされていると思いますが、それでも会いたくなるのが女性です。

理論的に考える 男性はクリスマス、年末年始は一年の中の1日であると考える人が多い ことから、その日を特別な日であるとは考えず、別の予定を入れる等をして会えない寂しさを忘れようとします。

が、女性は感情的に考える人が多く、それだけにクリスマス、年末年始と街が華やかなイルミネーションで飾られているのを見ると、彼と一緒に過ごしたい、彼と街を歩きたいと思い、その感情を抑えられなくなってしまいます。

彼との時間を大切にしたい時は 「クリスマスが会うのを我慢するから、年末年始は一緒にいて欲しい」 と懇願しましょう。

ちなみに、クリスマスは24日のクリスマスイブ、25日のクリスマスの2日なので、会える確率は低くなりますが、年末年始は12月29日から1月3日まで、カレンダーによって4日、5日まで休暇のある会社も少なくありません。

これだけ長い休暇であれば、一緒に過ごせる日程も取りやすく、それだけに会える確率が高くなります。

ちなみに、おすすめは12月31日から1月1日です。

もし彼が長男で12月31日、1月1日は家族と一緒に過ごさなければならないのであれば、1月2日から3日、4日…の間で会える日程を調整してもらいましょう。

2人で新しい年を迎える。

年末に会うよりも新年に会える方が気持ちも新たに出発できるような気がしませんか?

初日の出を見に行って、帰りに縁結びの神社に初詣。

参拝しておみくじを引いて、有難い御朱印をいただいたら、2人の記念写真を撮りましょう。

きっと良い1年になりますよ。

スケジュール完璧!仲間たちと一緒に初詣デートを決行

彼と年末年始を過ごしたいと強く願う時は 気心の知れた仲間たちと一緒に行く初詣デートはいかが でしょう。

彼にまだ子どもがいない場合に限りますが、結婚してすぐは奥さまと二人揃って実家に帰省することが夫婦円満の秘訣だったかもしれませんが、数年経ってくると、実家への帰省が夫婦の危機を招く原因になる場合も少なくありません。

例えば、両親、親せきからの「子どもはまだなの?」です。

結婚して数年経つと必ず聞かれることで、聞かれるたびにイヤな気持ちになり、それが原因で帰省しなくなってしまう人もしばしば。

そうなると、奥さまも夫の実家には行きにくくなり、自分の実家に帰省するようになってしまう、自然の流れですね。

奥さまの実家に帰省している間、彼を独り占めしましょう。

仲間たちと一緒なら、万が一奥さまにみんなで出かけたことがバレたとしても、あなたとの仲を疑われたりはしません。

仲間を隠れ蓑に利用するのは気が進まないかもしれませんが、彼を独り占めできる時間はそう多くはありません。

彼と年末年始のスケジュールを立て、楽しい年末年始にしましょう。

奥バレ要注意!年末年始だからこそ注意しておかなければならないこと

会いたいという衝動的な気持ちに打ち勝つためにスマホの電源をオフにする

不倫中の彼に会えない時期、彼に会いたいという気持ちが沸々とこみあげてきたら、なかなか押さえることができません。

そんな時、衝動的に手にするのがスマホ・携帯電話です。

スマホ・携帯電話の 彼のアドレスを探して電話マークを不意に押してしまいそうになる… 、誰でも経験があるのではないでしょうか。

ちなみに、女性は会いたいと思い始めたら、会うまで納得できない人が多く、 会いたい気持ちを押し殺して何日も我慢できる人は少ない と言っても過言ではありません。

会いたい気持ちに負けてしまわないためには、前もってスマホ・携帯電話の電源をオフにしておくことです。

オフにしてもオンにすれば良いことではないか…、との意見もあると思いますが、実は、電源の入っていない真っ黒の画面を見ることで衝動的な気持ちを半減させ、冷静に考えるきっかけをつくることができます。

真っ黒の画面にはそれだけの力があります。

スマホ・携帯電話は現在わたし達の生活には無くてはならないものとなっていて、どんな時でもスマホ・携帯電話を手に取り、画面を見なくては落ち着かなくなるという依存症の人も少なくありません。

スマホ・携帯電話は持て余した時間を費やすための相棒であり、楽しく生活するためには無くてはならない精密機器であり、無い生活が想像できないという人も少なくないでしょう。

そのスマホ・携帯電話の電源をオフにする。

オフにすることは何でもないと思われがちですが、やってみるとなかなか難しく、 スマホ・携帯電話を手に取る機会の多い人にとっては大きなストレスを感じる ほどの衝撃的な出来事となるでしょう。

スマホ・携帯電話の電源をオフにする決意ができたら、彼にいついつまで連絡が取れないけど心配はいらない、会いたい気持ちをコントロールしたいから等の言葉を使って説明しておきましょう。

「明けましておめでとう」のlineはしない

新年が明けると何だか嬉しい気持ちが沸き上がり、ついその場のノリで彼に「新年あけましておめでとう」のlineを送ってしまいそうになりますが、この あけおめlineは禁止 です。

どこのお家でも年末は遅くまで起きていて、その流れで近くの神社に初詣に出かけ、家族で新年を迎えることも少なくありません。

もし 彼が家族と一緒に初詣に出かけていて妻があなたからのあけおめlineを見てしまったとしたら…、新年から最悪な状態となりもう二度と彼に会えない状況をつくってしまう ことに。

今までバレずに不倫恋愛を続けてこれたのに、たった1回のあけおめlineでバレてしまえば、万事休す…。

バレていないとしても、疑いの目を向けるきっかけをつくってしまうかもしれません。

命取りになり得るあけおめline。

絶対にしないよう、注意しておきましょう。

ちなみに、一般的にスマホ・携帯電話は利用者個人の所有物であり、その個人しか扱わないものだという認識を持っていますが、家族と過ごす年末年始はスマホ・携帯電話を手に取る機会が減ります。

お客さまが訪ねてきたり、田舎から両親が来ていたり、子どもと遊ぶ機会が増えると、スマホ・携帯電話をリビングやキッチン等に置いたままにしてしまうパパも多いでしょう。

それなれば、誰かから届いたlineを妻や子どもが見てしまうことも…、スマホ・携帯電話に興味のある年代の子どもが何げなく手に持ち、操作しないとも限りません。

 「居安思危」 です。

普段から万が一のことを想定して、用心を怠らないようにすることという戒めの言葉です。

今の時代、 不倫を長続きさせるのはこのぐらいの危機管理能力が必要 でしょう。

彼の家へ行ってしまわないよう友達と旅行に出る

不倫していると彼が年末年始をどんな風に家族と過ごしているのかが気になり、彼の家の近くまで行ってしまった、彼と家族の後ろを思わずつけてしまったという人も少なくありません。

愛する 彼がどんな表情で妻と会話するのか、妻に見せる笑顔はわたしとどう違うのか、どんな声で家族と話しているのか、子どもへの接し方は、わたしが知らない彼の表情は…、等々、彼のすべてを余すことなく見てみたい衝動に駆られてしまう のは想像に難くありません。

そんな時は彼の家に衝動的に行ってしまわないよう、友人、仲間を誘って海外、または国内旅行に出かけてみてはいかがでしょう。

旅行は気分転換になるし、友人、仲間たちとの交流もできるし、一石二鳥。

彼にお土産を買ってくれば、新年あけてのデートも誘いやすくなりますしね。

お土産を渡す時は、旅行先で撮った写真や動画を見せたり、旅行先で起こったトラブルや楽しかった話をしましょう。

きっと彼はあなたの話を聞きながら、あなたの生き生きとした表情にうっとり。

楽しかった思い出話はいつ聞いても嬉しいもの。

あなたの一途さに彼は二度惚れするかもしれません。

彼の嫉妬心をわざと刺激するような言動・行動は慎む

年末年始を一緒に過ごしてくれない彼に腹を立てて、わざと彼に焼きもち焼きを焼かせるような言動・行動をとることはおすすめしません。

彼に寂しい思いを分かって欲しくて意地悪したい気持ちは理解できますが、このような子どもっぽい感情はある程度の人生経験を持つ年齢の男性であれば可愛いと思ってもらえますが、働き盛りの30~40代の大人の男性には我が儘な女だと認識されるだけで絶対に通用しません。

このような子どもっぽい部分を持つ、大人になりきれない女性は愛する男性の気を引こうとして、 わざと嫌っている振りをする、好きでもない男性と仲良くしているところを見せつけて焼きもちを焼かせようする 等の天邪鬼な態度をとりますが、 この方法は逆効果。 

年末年始、会えない彼に別の男性と初詣に出かける、初日の出を見に行く等の言葉を言ってしまえば、短気な彼であれば、その言葉を聞いた時点で不倫は終わってしまうかもしれませんので注意しておきましょう。

終わらないまでも、もうこいつとは付き合えない、不倫はそろそろ潮時かもしれないと思うことから、距離を置くようになるかもしれません。

女性にしてみれば、焼きもちを焼いて欲しいだけの単純な理由だったのでしょうが、聞いている男性にしてみれば、自分の気持ちを試されているような気がして、あまり良い気持ちにはなりません。

「可愛いことをするなー」と余裕で聞ける男性は女性との恋愛経験が豊富な証拠であり、あなたとの不倫が遊びであるから余裕で聞いていられると言っても過言ではありません。

年末年始、会えなくて寂しい思いをするのはあなただけではありません。

彼もあなたに会えなくて寂しい思いをするはずです。

その彼の気持ちを理解した上で、年末年始のスケジュールを立てることをおすすめします。

いつも通りの日常を過ごす。特別な日にこだわらない

年末年始、今年が終わり、新しい一年が始まる特別な日が年末年始です。

日本では、年始に初詣に出かけて一年の健康を神さまにお願いするという風習があります。

日ごろ神社仏閣に縁のない人もお正月の三が日は目当ての神社仏閣に出向き、自分の、または家族の健康を祈願することでしょう。

確かに 一年の始まりである元旦は誰にも特別な日であり、新しいことを始めたいと望む人にとっては気持ちも新たに出直すことを決意する重要な日 でもあります。

それは不倫している女性にとっても同じで、愛する彼と初詣に出かけ、健康を祈願したいと望むのは当然、彼との特別な日を一緒に過ごしたいと望むのも、至って普通の感情だといえるでしょう。

しかし、不倫相手が既婚者である場合、彼との年末年始、初詣は夢に終わり、叶うことはありません。

不倫関係である以上、それは叶わない夢であり、叶えられない現実でもあります。

そのことだけに執着してしまうとストレスを抱えることになりますので、 特別な日とは思わず、1年の中の普通の1日だと受け取り、いつも通りの日常を過ごす ことをおすすめします。

朝起きて洗顔、歯磨きを行い、着替えをして、朝食をつくる。

洗濯を済ませたら、部屋の掃除を行い、読書や録画してあるテレビドラマや映画を鑑賞して、ショッピングに出かける。

スーパーに行って、昼食、夕食等の食材を買ったら帰宅して、お風呂にゆったりと入る。

ワインを開けて、夕食を食べ、ベランダに出て星空を見上げる。

いかがでしょう。

有意義な時間を過ごす術は人それぞれ。

何をしたいかを前もって決めておけば、当日になって慌てることもありません。

また、仕事で忙しい日々を過ごしているせいで部屋の片づけができていない人は年末年始の長期休暇を利用して断捨離に挑戦してみてはいかがでしょう。

こんな風に有意義な時間を過ごしていれば、愛する彼が今何をしているのか、どんなことをして家族サービスをしているのか等を思い浮かべることもありません。

頭に浮かべてしまえば、誰でも気になるもの。

1年のうちの1日だと思えば、年末年始が特別な日ではなくなります。

特別な日だと思わなければ、家庭サービスをする彼を恨むこともありません。

1年が終わる日に、 彼に依存しない、自分だけの人生を探し出してみるのも、年末年始の上手な使い方 といえるでしょう。

年末年始のデートは危険だが、方法を選べば会うことも可能

家庭を持つ既婚者である彼との年末年始デートは絶望的に難しい…、と考えるのが普通ですが、方法を選べばそう難しいこともありません。

おすすめの方法は早めのスケジュール調整。

連絡なしでデートできるようスケジュールを立てれば、長期のお休みも安心ですね。

彼と早めにスケジュールを組んで、連絡なしのデートを決行しましょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。