旦那を奪った不倫女との裁判で損しない為に知っておくべき事

夫婦仲改善
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

旦那を奪った女性、憎くて仕方ありません。

最大限の制裁を加えるためには、「裁判も辞さない」と息巻いていることでしょう。

不倫や浮気をされて妻を怒らせたら怖い、ということを身を持って感じてもらい、痛みを与えるためには裁判をしてあなたが損をしないようにしなければなりません。

離婚に至るのならば尚更ですから、こちらの内容をしっかりと把握して決して裏切られたあなたが損をすることのないようにしてください。

不倫裁判のメリット

不倫裁判を行うためのメリットを知ることから損をしない方法を探り出しましょう。

裁判をすることによって、法律に基づいた事実確認をはっきりとさせられます。

仮に不倫相手が浮気の事実を隠そうとしてもムダです。

旦那との不倫を法的に証明されることになりますので、裁判になっていることが家族や会社などにバレると、出世や信頼関係に悪影響を及ぼす可能性もあります。

また、慰謝料を支払うことも裁判で決まれば法的拘束も伴いますので、簡単に支払いから逃れることは出来ませんので、裁判を起こすあなたとしては安心できるのです。

慰謝料を請求される浮気相手としても、適正な金額を明示されますので法外なお金を支払うことを避けられるというメリットもあります。

不倫裁判になった場合には、双方にメリットがある部分もありますので、納得がいくまで話し合うこととなります。

不倫裁判のデメリット

不倫裁判のメリットは、浮気相手は「被告」として出廷しなければなりませんので精神的な負担が生じることになるでしょう。

人生の中で裁判に出ること、それも「被告」として出廷することはそうあることではありませんので、誰かにバレないだろうかよビクビクした生活にもなります。

また、裁判を起こすには裁判費用や弁護士事務所への費用も発生しますので、金額的な負担もメリットの一つです。

原告であるあなたは、浮気相手からいくらくらいの金額を請求できるのかを計算して、弁護士事務所への費用を支払ってもいいだろうかと考え、被告である浮気相手は慰謝料の減額を見越しても弁護士事務所へのお金を支払うべきかを考えることになります。

夫婦が不倫によって離婚ともなれば慰謝料の金額も変わってきますので、裁判を起こす際には無視して考えられないのがお金のことです。

また、裁判が結審するまで時間がかかることもあります。

判決に不服がある場合には、高等裁判所へ不服申し立てが出来ますので相当の時間がかかるというデメリットがあるのです。

人生の内の数年を離婚裁判に費やす覚悟があるか考え所です。

和解もあり

裁判をする場合、損をしないために和解という手段があることを覚えておきましょう。

和解は裁判の途中でも可能で、裁判中に裁判官から提案されることもあります。

和解も判決と同じ効力を持っていますので、法律に則った答えだと言えるのです。

不倫関係になっていた不倫女への制裁をもっと!と思っていても、時間をかけてしまえばそれだけお金も必要な場合はよくあります。

和解する方法は、裁判官が提示した和解案に対して双方が納得した段階で裁判も終わりますので、一気に終息へと向かいます。

和解案の内容に納得がいくことと、これからも裁判を続けていくことでかかる費用を計算して、損をしないところで手を打つのも賢い方法です。

もちろん、損をしない段階かどうかは弁護士と相談をしてよく考えて決めることが出来ます。

慰謝料の相場

慰謝料の相場を知っていなければ、請求することも出来ませんし上記のように和解する際の内容に納得することも出来ないでしょう。

実は不倫裁判に提示される慰謝料は全く決まった金額というのはありません。

あなたが「これだけの金額があれば精神的苦痛の穴埋めが出来る」と判断した金額を示せばいいのです。

ただ、相手の就業状態や不倫状態、夫婦の関係によってはそこから減額されたり増額されたりします。

夫婦生活をどれだけ長く続けていたのか、子供が幼いのか、離婚をするのかどうかなど、様々な観点から最終的に法律の知識を織り交ぜながら決められていくのです。

よく言われている慰謝料の相場は、離婚をしない場合で50万円~100万円、離婚する場合で200万円ほどです。

この金額を起点として、あなたの感情なども加味しながら請求金額を決定していきましょう。

悪いことをした人は罪を償わなければなりませんが、不貞行為は刑事罰ではありません。

民事裁判ですので、「お金で最終的には納得してください」ということになるのです。

しかし、あなたが仮に1000万円の請求をして浮気相手がその条件をのめばそれが慰謝料として決定されます。

慰謝料の増額

前項でもお話しましたが、慰謝料は相場よりも上がることもあります。

裁判をすると、それは細かなところまで法律に従って算出されますので提示した金額よりも下がることもあれば増額を希望すれば出来ることもあります。

慰謝料が増額される場合には、夫婦の婚姻期間や浮気相手の年齢、不倫前の夫婦関係、不倫期間、不倫への積極性、夫婦の再構築の可能性、子供への影響、離婚後の妻の経済状況、不倫関係の継続、夫婦の別居の有無、略奪婚の策略の有無、暴力、虐待などです。

【期間限定・8月18日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


想像出来ると思われますが、婚姻期間が長ければ長いほど増額されますし、夫婦の再構築の可能性がなければ離婚ということになり慰謝料は大きく増額します。

裁判をする前に、そして慰謝料の請求金額を決める際にはどのくらいがあなたにとって妥当なのか試算してみましょう。

不倫によって一つの家庭が壊れるということはどれだけ辛いことなのか、慰謝料を支払う浮気相手の女性に金額で伝えることが出来ます。

証拠の有無

不倫裁判を起こしたはいいけれど、確かな証拠がなければ裁判にもならない、慰謝料も手に入らないということになってしまいます。

そのくらいに証拠は大事なのです。

弁護士費用など完全に損をしてしまうことになります。

裁判は、客観的な事実に基づいて判決されますので、証拠を提示できなければ「不倫はなかった」ことにされてしまうことも。

また、実際は不倫関係ではなかったのに裁判を起こし慰謝料請求した場合には、あなたが恐喝罪で訴えられることもあります。

また、不倫の証拠は不貞行為があったか否かが重要です。

体の関係があったと証明されるもの、それは誰がどこから見ても不倫であり責められるものでなければなりません。

どうしても証拠が集められない時には、探偵に調査を依頼したり、自白を取る必要があるでしょう。

あたかも証拠を握っているように見せかけて「浮気しています」という言質を取れば証拠として有効です。

労力のかかることではありますが、最終的にあなたが損をしないことが大事なのです。

【こちらの記事もcheck!】【浮気・不倫】不貞行為の慰謝料請求ができる場合とできない場合

裁判までして損をすることのないように前準備をしっかりと

旦那を奪われ、離婚という危機に晒されている時こそ冷静になって準備を整えましょう。

このままではあなたは泣き寝入りです。

裁判を起こし、少しでも相手に痛いめを見てもらわなければ気がすまないと思っているでしょうが、損だけはしないように前準備をしっかりとしてください。

相手は大人しそうに見えても、不倫をするような女性ですのでいろいろと策を練ってくるはずです。

裁判は戦いでもありますので、あなたが有利になるように最後は心からの謝罪の言葉が聞けるようにしてくださいね。


▼旦那が浮気してそうならクリック!▼
SNSで浮気発見

【期間限定・8月25日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

浮気をしている、不倫が怪しい旦那の事も、離婚の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。