【浮気・不倫】不貞行為の慰謝料請求ができる場合とできない場合

夫婦仲改善
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。


夫の浮気が発覚したことによって、浮気相手への慰謝料請求をお考えのあなた。

女性への慰謝料請求はできるものとできない場合があることを知っている方は少ないでしょう。

男女の関係になっていれば必ず請求できるというわけではなく、ある程度の条件、これまでの裁判などの判例などによって支払いをしてもらえたり出来なかったり減額されることがあるのです。

精神的苦痛を与えられたあなたとしては大問題ですから、こちらで細かく解説しますのでぜひ参考にしてください。

不貞行為による慰謝料請求ができる場合

「故意・過失」が認められるケース

不貞行為とは、結婚している人が配偶者以外の異性と男女の関係になることを言います。

浮気相手とメールやLINEをしているだけでは不貞行為と認められることは少なく、体の関係を持っていることがまず法律では条件となるのです。

そして、慰謝料を浮気相手の女性に請求できる場合には「故意・過失」が認められるケース。

「妻がいることを知っていた」ということです。

結婚して配偶者がいることを理解した上での不貞行為は、「わざと」でありますから、不倫はいけないことだと分かっていながら行っていたことになります。

裁判の判例を見ていても、「独身だと嘘をつかれていた」ことが立証出来れば、慰謝料を請求できないとなっているケースがとても多いのです。

不倫をする男性の中には、本当に「自分は独身だ」「結婚しよう」と女性を騙して関係を持つような人もいますので、浮気相手である女性も被害者の一人となってしまいます。

「権利の侵害」を犯されているケース

「権利の侵害」とは、これまで夫婦仲良く過ごしていたのに、旦那の不倫問題によって夫婦仲が険悪になったり離婚に発展するケースで、妻としての権利を侵害したという意味があります。

夫の裏切りがなければ、これからも夫婦仲良く過ごしていけたのに…と思っていること自体が権利を侵害されたことになります。

離婚にならなくても、別居してしまっている場合にも同じことが言えます。

基本的に夫婦は一つ屋根の下で暮らすことが法律で決められていますので、その環境を奪った張本人である女性に慰謝料を請求することが出来るのです。

もともと、夫婦仲が破たんしていた、離婚に向けて話し合いを進めていたという場合には慰謝料を請求出来ませんので権利の侵害をされたと主張することは出来ません。

曖昧な場合には、費用はかかりますが弁護士に相談をして慰謝料を請求できるかどうか確認してみましょう。

あなたが夫婦仲は良好だと思っていても、旦那は「夫婦関係は破たんしていた」と主張して問題になり裁判にまで発展するケースもありますから、困った時こそ法律のプロである弁護士に相談してみましょう。

配偶者同士の意見が割れて、なかなか浮気相手に慰謝料請求が出来ないとなると泥沼です。

証拠がきちんと揃っているケース

旦那とその女性が不貞行為をはたらいているという明確な証拠がなければ、相手に突っぱねられると慰謝料の支払いをしてもらえないこともあります。

証拠はとても大事なもので、内内での話し合いで決着がつかない場合には調停や裁判になるのですが、あなた方を知らない人に「うちの旦那の不倫していたんです!」と伝えるだけではいけないのです。

客観的に判断してもらうものですから、誰がどう見ても「浮気しているね」「不貞行為だね」と判断のつく証拠を突き付けなければ、不倫の事実さえ認めてもらえません。

過去の裁判の判例でも、ラブホテルに出入りする二人の写真を証拠として提出しても、一枚しかなかったことから「十分ではない」と認められなかったこともあります。

男女の関係である証拠を費用はかかってでも探偵に依頼したり、裁判でも有効となる証拠の集め方を弁護士に相談したりして、明確なものを準備してください。

あなたが傷ついただけで終わらないように、きちんと制裁を下せるように行動を取りましょう。

慰謝料を支払いたくない女性は、あの手この手で反撃してきますので、一瞬で黙らせるような証拠を揃えましょう。

不貞行為があっても慰謝料請求できない場合

夫から十分な慰謝料を支払われているケース

確かに夫と不貞行為をしているのに慰謝料請求が出来ないことがあります。

一つは、浮気相手に慰謝料請求する前に旦那から十分な慰謝料を支払ってもらった場合です。

不倫による慰謝料は、あなたが心に負った傷に対する精神的苦痛を与えたことによるもの。

精神的苦痛をお金で解決してもらうことに若干の抵抗を感じるかもしれませんが、浮気相手に心に寄り添ってもらうのも嫌なものです。

手っ取り早く、それなりの金額で許してもらい傷を癒してもらうためのもの。

本当ならば、夫からも浮気相手からも双方から慰謝料をもらうことが出来ますが、夫が相場よりも金額の高い慰謝料を支払っているケースでは法律的には「たくさんお金をもらえたからもうあなたの傷は治ります」ということを指します。

浮気相手に慰謝料を請求しても、この手の旦那ならば自分のお金で支払いそうなものですが。

金額というのはとても重要で、浮気相手から取るくらいに「あなたはもう傷ついていない」と判断されてしまうことがありますので注意が必要です。

【期間限定・1月6日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




納得いかない話しだとは思いますが、しっかりと不倫をした女性に罪を償わせたい時には、旦那からの慰謝料の金額を調整する必要がありそうです。

時効が過ぎているケース

不倫の慰謝料請求には時効がありますので注意しておきましょう。

分かりやすく説明をすると、あなたが夫の不倫を知ってから3年、もしくは浮気や不倫が始まってから20年という二つの時効が存在します。

法律ではこれらの短い方の時効で慰謝料を請求できるとされています。

また、夫の不倫を知った時というのは、相手の女性がどこの誰かを知った時点ということも覚えておきましょう。

不倫していることは分かっているけれど、誰としているのか分からない場合には時効には含まれません。

時効を過ぎての慰謝料請求は出来ませんので、早めに決断し行動を開始させなければなりません。

証拠集め、慰謝料請求のための内容証明の郵送など、分からないことは無料の弁護士相談でも構いませんので、色々と聞いてみましょう。

また、時効は法律で決められたことではありますが、個人間で話しをして「慰謝料を払います」と言われた時には受け取ることが可能です。

支払った後になって「時効があるのを知らなかったので返してください」と言われても返金する必要はありません。

このように様々な知識がありますので、費用を支払ってでも時効や慰謝料に関しては弁護士に相談することをおすすめします。

【こちらの記事もcheck!】浮気に時効はある?不貞行為の起算点と慰謝料は過去の浮気でも貰えるのか?

心を治すための慰謝料

あなたの心は、旦那とその相手の女性の不倫によって壊されてしまいます。

その心を治すための慰謝料を請求する権利はあなたにはあるのです。

しかし、請求できる場合と出来ない場合がありますので注意が必要です。

きちんと請求できるようにあなたが出来ることもありますので、前向きに行動を起こし知識を身につけていきましょう。

このまま何事のなくスルーしてしまっては、あなたの心は傷ついたままで、旦那の不倫によって足止めされてしまいます。

気持ちを切り替える意味でも、権利を駆使して慰謝料の請求ができる環境を整えてくださいね。


▼旦那が浮気してそうならクリック!▼
SNSで浮気発見

【期間限定・1月20日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

浮気をしている、不倫が怪しい旦那の事も、離婚の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。