不倫してる既婚者に捨てられた…捨てられやすい女性の特徴や心理。男が家庭を捨てる時や家庭を捨てた男の末路まで完全紹介

振られた・別れたくない
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を鑑定しアドバイス致します。

 不倫していると彼が家庭を捨ててくれるものと思い込んでしまうもの ですが、なぜ、既婚者の彼は家庭を捨てられないのか、やっぱり最後は自分が捨てられてしまうのではないか…、こんな悩みを抱えていませんか?

 不倫の末路は寂しい ものが多く、 ごく一部の女性しか幸せになれない と聞けば、不倫中の 女性は誰でもごく一部の女性になりたいもの だと言っても過言ではありません。

幸せになりたいあなたに、 不倫で捨てられやすい女性の特徴、心理をはじめ、既婚者の彼が家庭を捨てようと思った時や捨てた時に待っている末路について分かりやすく説明 したいと思います!

Menu

不倫で捨てられやすい女性の特徴

ネガティブな発言が多く、いつも悲劇のヒロインのような考えで接してくる

女性の中には いつもネガティブな発想をして、自分を悲劇のヒロインのように考えてしまう 人も少なくありません。

このタイプの女性が不倫相手であった場合、既婚男性は 不倫相手を捨てる確率が高い といえるでしょう。

その理由は?

まず、ネガティブ系女性は男性から見れば、どこか 儚げで守ってあげたいという気持ちにさせられる ものですが、 毎日このタイプの女性を相手にするとなるとかなりの根気が必要になる からです。

ちなみに、 結婚相手と恋愛相手を別だと考えている男性はこのタイプの女性は絶対に選びません。 

選ばないと言っても過言ではありません。

それくらいこのタイプの女性を相手に暮らすには根気が必要だということですが、もう1つ大きな理由は 「うざい」と思ってしまう危機感を持つことが怖い からです。

 楚々とした態度で涙する姿は男性の征服欲を刺激する ものですが、この姿は たまに見せるから効果的 なのであって、たびたび見せられてはどんなに相手のことを思っていたとしても「またか…」と思わざるを得ません。

守ってあげたい、自分がいなければ…という思いが、 同じようなシチュエーションが繰り返されるたび、いつしか「うざい」と思い始める のは自然の流れ。

 不倫相手=重い女性 だと決めつけることから、徐々に距離を置いてしまうのは致し方のないことだといえます。

特に仕事が忙しく、仕事の疲労が半端ない彼にとって不倫恋愛は癒しであり、その相手に 癒されたいという思いから不倫を始めたとなれば、疲れを倍増させる場所へは行きたくない もの。

これでは足が遠のいて、距離を置いてしまうのは致し方ないことだといえるでしょう。

高飛車で高慢ちき。妻と不倫相手が同じタイプだった場合

不倫する女性を選ぶ際、 男性は見た目から選ぶ と言っても過言ではありません。

 綺麗な女性が嫌いな男性はいない でしょう。

誰でも綺麗な女性は好きなもので、その女性の見た目だけを見て不倫相手を選んでしまった場合、不倫が始まってすぐに後悔する既婚男性も少なくありません。

昔から綺麗なバラには棘があるといいますが、 綺麗な顔に生まれた女性は自分に自信がある人が多く、その自信からか、自分が人より優位に立つことで優越感や満足感を得ている人が多い とされています。

綺麗な顔をしている女性がみなそうだとは言いませんが、世間一般的には 顔に自信のない女性に比べると綺麗な女性はその傾向が強い といえるでしょう。

小さなころから「綺麗ね」「可愛いね」と育てられた娘はどうしても我が儘に育ちやすいもの。

家族から大切にされて育てられたことで挫折を知らない女性も少なくありません。

そんな彼女が不倫をしたら…?

不倫相手の男性を振り回してしまうのは、至って自然の流れで、致し方のないことだといえるでしょう。

ちなみに、このタイプの女性を不倫相手に選んでしまう男性は 心の奥底に誰かに支配されたい、誰かに強要されたいという破壊欲が潜んで います。

その破壊欲を満足させてくれるのが、高飛車で高慢ちき、世界は自分を中心に回っていると考えることができる顔が綺麗な挫折を知らない女性です。

昔からある言葉に「割れ鍋に綴じ蓋」という言葉がありますが、この2人にはこの言葉がぴったりですね。

出会うべく出会った2人、運命の人に出会えた最も相性の良いカップルだといえますが、そんな相性の良い女性をなぜ捨ててしまえるのか…、答えは大きく分けて2つあります。

1つは既婚男性の場合、家庭に妻がおり、その 妻が不倫相手である彼女と似たタイプ である可能性が高いからです。

高飛車で高慢ちき、世界は自分の中心に回っていると考えている女性を好きな男性は恋愛相手に選ぶのも、このタイプの女性です。

そうなれば、結婚相手として選んだ女性も同じタイプであることは間違いはないでしょう。

妻と不倫相手…、どちらも同じタイプだとすれば、最終的に選ぶには妻ですよね?

似たタイプの女性を選ぶ際、わざわざ波風を立てる方を選ぶとは考えにくく、別れ話をするのは、高い確率で不倫相手であるといえます。

もう1つは、 このタイプの女性を好む男性は意思が弱く、恋愛を貫き通すだけの根気がない からです。

不倫恋愛を成就させるには相当な覚悟と根気が必要です。

妻がすんなりと離婚に応じてくれれば良いですが、旦那の不貞行為を知った妻がすんなりと応じてくれるとは考えられません。

ましてや子どもがいる、介護しなければならない親がいる等の事情がある場合、離婚は絶対に避けなければなりません。

そうなると、不倫相手とは別れることを前提に話し合うこと、今すぐ別れることを条件に離婚を回避し、今まで通りの生活を続けるでしょう。

こうなってしまっては、既婚男性は離婚できません。

不倫相手を捨てる…。

彼には、この選択肢しかありません。

自由に選択できる現実は彼にはないというわけです。

自由気ままな自由人。責任をとらない、約束を守らないタイプ

 自由奔放に生きている人は男性女性関係なく、魅力的に見える ものです。

しかし、このタイプの女性が不倫相手であった場合、既婚者である男性はだんだんと遠ざかり、いつかは自然消滅になってしまうと言っても過言ではありません。

 自由気ままな人は一般的に無責任な生き方をしている人が多く、それだけに約束を守らない人もしばしば…。 

デートの約束をしても「気が乗らない」「気がついたら時間が過ぎていた」「初対面の人と話し込んで楽しかったから行かなかった」等々、気まぐれな言い訳をして約束を破ることがたびたび…。

最初はこの自由奔放さに惹かれたとしても、それがずっと続くとなれば、話は別になってくるのが男女の恋愛です。

会いたい時に会えず、会えない時に会いたいと無理を言う。

まるで子どものような感覚ですが、このタイプの女性との不倫は大変です!

 既婚者である男性は会える時間が限られている もので、その 限られた時間内に会えるからこそ燃える不倫恋愛 なのに、その相手がデート場所に来ないだなんて仏の顔も三度まで?

長続きはしないでしょう。

似た性格を持つ女性。このタイプとの不倫恋愛は疲労度マックス

既婚男性が不倫する時、 自分と似た感覚を持つ女性を選ぶ 人も少なくありません。

 似た感覚を持つということは相性が良い ということで、価値観が近いともいえます。

そんな相手にはなかなか会えないものですので、会えたとしたら、運命の人、奇跡の出会いだと言っても過言ではないでしょう。

しかし、似た感覚を持つ女性とは長続きしません。

答えは2つあります。

1つは 似た者同士に起こりやすい「飽きる」「飽きてしまう」という現象 です。

これは両者が似ているからこそ起きる現象ですが、似た感覚を持つ2人は当然のように選ぶ仕事、趣味が似てきます。

例えば、彼がモノ作りを好み、そのメリットを活かせる職に就いているとしましょう。

似た感覚を持つ女性を選ぶわけですから、不倫相手に選ぶ女性も当然モノ作りに関する職に就いている人であり、彼女のモノ作りに対する気持ちに興味を持つことで不倫が始まるといえます。

 最初は2人の感覚を2人で味わうことができるので、濃密な幸せな時間を過ごすことができます が、だんだんと時間が経つにつれて、 相手の言うことが想像できるようになると飽きがやって来ます。 

誰でもそうですが、 目新しい物には目を輝かせて見たり聞いたりできますが、十分に分かってしまうと「聞かなくても分かっている」「もう分かっているからいいよ」 となります。

これが、飽きです。

もう1つは慣れからくる「疲労」です。

恋愛は楽しいものですが、 飽きがきて、2人でいることが苦痛になってくると心身ともに疲労 します。

この疲労は不倫恋愛に対する疲労ではあり、また、 似た者同士ゆえの疲労 でもあります。

恋愛に対する疲労は仕事や家事、雑務等での疲労とは違って、肉体的な疲労よりも精神的な疲労の比重が大きく、それだけに翌日に疲労を残す場合があるため、どんなに眠ってもなかなかとれるものではありません。

悲しいことに 似た者同士の恋愛は疲労する時も似たようなタイミングで起こる ために、どちらかが疲労している者を癒すこともできず、しかめっ面の相手を見て、顔をしかめるだけのデートになってしまうこともしばしば…。

こうなってしまっては不倫していても楽しいはずはありません。

そうなれば、家庭を持つ既婚者の彼が先に疲弊するのは目に見えていますよね?

彼から「別れようか」の言葉が出てくるのは時間の問題といえるでしょう。

不倫で捨てられやすい女性の心理

絶対に彼を離婚させて再婚したいという強い意思を持っている

不倫恋愛は楽しいものですが、不倫している誰もがその夢のような時間を持っているわけではありません。

不倫の最初はワクワクどきどき、デートに出かける準備をする時間も楽しく、彼の趣味に合わせた洋服を選んだり、靴を買い、メイクを練習して…、彼の好みの女性になるべく努力している女性も少なくありません。

しかし、その時間は長続きしないものです。

それは、女性が 既婚者である彼に離婚を迫るようになる からです。

 不倫を遊びの恋愛と割り切って付き合えることができる女性は稀 で、 ほとんどの女性は既婚男性の一番になりたいと願っている ものです。

そうでなければ、不倫している意味がありませんものね。

でも、その 一番になりたいという思いが強くなれば、既婚男性は徐々に逃げ腰に なります。

 既婚者である男性にとって、不倫はいわば遊びの恋愛であり、真剣な恋愛ではありません。 

すべての不倫がそうだとは言いませんが、一般的に既婚男性と独身女性の不倫は遊びが勝っていると言っても過言ではありません。

ですが、その遊びを通り越して、 彼女が本気で結婚を考えるようになってしまったら…、家庭を持つ男性はただただ恐怖。 

その強い思いを避けたいと考え始めることから、距離を置く、別れたいと真剣に思い考える男性も少なくないでしょう。

既婚者の彼に「離婚して欲しい」「私と再婚して欲しい」との言葉を伝えたいという気持ちは十分に理解できますが、この言葉は双方ともに本気の恋愛の場合に活用できる言葉であり、双方の思いが一致しない場合には安易に口に出してはいけません。

彼に離婚して再婚するという意思がないにもかかわらず、この言葉を口に出してしまったら、彼は一目散に逃げて行くでしょう。

その彼を追いかけたい気持ちも分かりますが、この場合は追いかけない方が得策です。

あなたのことを本気で愛そうとしない男性に一度しかない人生を託す必要はありません。

新たな人生に向かって、気持ちの切り替えを行いましょう。

妻に焼きもちを焼き、女として負けたくないという思いを持っている

女の敵は女…。

いつの時代も繰り返される言葉ですが、不倫の場合、 妻の敵は不倫相手の女性 であり、不倫相手の女性の敵は当然妻になります。

 不倫関係が長くなってくると、不倫相手の女性もいつまでも日陰の身ではいられません。 

そうなれば、いつでも優位に立っていたいと思うのが女性の性。

 彼が愛しているのは自分だという優越感を妻に知らせたい と思ったとしても不思議ではありません。

そのための行動の一つが、彼の目の前で妻に対しての焼きもちを焼く行為です。

例えば、彼が部屋に来ている時に妻から緊急の連絡が入ったとしましょう。

普通はスルーして電話に出ないことを選択しますが、緊急の場合はそうも言ってられません。

そんな時に…、焼きもち焼きの女性はこのような行動をとってしまうのです。

例えば、部屋の片隅で電話に出ている彼の後ろから、わざと傍に自分がいることを知らせるような匂わせ行動をとってみたり、緊急で帰宅しなければならないという彼にわざと「絶対に帰さない」と言ってみたり等々。

妻に対する焼きもちは時を選べば可愛く見えるものですが、あまりにも度を越した焼きもち焼きはどんなに気の長い男性もうんざり。

男性にとって、TPOに合わせた対処ができない女性の相手ほど面倒だと感じるものはありません。

では、なぜ、このような幼稚な行動に出てしまうでしょうか。

1つには 焼きもちを焼いていることを彼に知らせたいという欲求がある からです。

もう1つは、妻と自分、 同じ女性として負けたくない、負けられないという強い思いがある からですね。

ちなみに、女性は「焼きもちを焼く」という行為に関してですが、大きく2つのタイプに分けることができます。

それは彼の前で堂々と焼きもちを焼くことができるタイプとできないタイプです。

前者は素直な性格の持ち主で、男性から見れば、その素直さが可愛く見えるのでしょうね。

反対に後者は、焼きもちを焼きたくても、自分自身のプライドの高さが邪魔をして、素直に感情を表すことができない不器用なタイプになります。

不器用な女性というのも男性から見れば可愛く見える場合がありますが、不倫の場合、素直な感情を表に出さない不器用な女性はどちらかといえば避けられる傾向にあります。

避けられる理由は、面倒だからです。

時間に制約のある中、デートを続けなければならない不倫関係では相手の感情を探り合う時間さえ惜しい時がありますよね?

その時間を無駄だと感じる既婚男性は少なくないのです。

 不倫は会いたい時に会える、いつ会っても良い気分になれることが不倫恋愛の醍醐味 だと言っても過言ではありません。

不倫を長続きさせたい時はその醍醐味を忘れさせるような行為、言動は避けておきましょう。

 彼から「ただただ面倒だ」「面倒な女と関わってしまった」と思われた時点で不倫が終わってしまう恐れ がありますので、できれば避けておくことをおすすめします。

自己中心的な考えから、相手を支配しようと目論んでいる

 男性は好きな女性を自分好みに変えたいという欲望を持っていますが、この欲望はもちろん女性にもある ものです。

例えば、年上の独身女性と年下の既婚男性の不倫の場合です。

このカップルの場合、どうしても優位に立つのは年上の独身女性になります。

そうなると、デートの場所や日程等のスケジュールはすべて女性中心に決められたものになり、彼女のペースで不倫が始まり、終わると言っても過言ではありません。

 独身の不倫相手のペースでスケジュールが決まるとなれば、家庭を持っている既婚男性はかなり大変です! 

振り回されることに慣れた、はたまた支配されることを好む男性であった場合には2人の相性は大変に良いものとなりますが、それは通常の恋愛の場合であり、不倫恋愛には当てはまりません。

2人の関係が不倫の場合は 家庭を持っている側のスケジュールに合わせたデートを組まなければ、どこかで無理がたたり、いつかは妻の知られることとなります。 

それが彼の結婚生活に大きなダメージを与えるのは想像に難くないでしょう。

ちなみに、振り回されるタイプの男性は決まって気が弱く、結婚している妻も不倫相手同様、気の強い支配欲を持っている人を選びがちです。

そうなると、支配欲を持つ妻、支配欲を持つ不倫相手の間に立ち、右往左往することに…。

こうなってしまっては、どちらを選んでも彼に明るい未来はありません。

しかし、彼の人生最大の岐路ともいえるこの状況で、彼が選ぶのはやはり妻です。

それは、彼の気の弱さにその理由があります。

彼が妻や妻の兄弟、両親、彼の両親や兄弟を前にして、妻と離婚するつもりがあることを宣言できるでしょうか。

きっと、否ですね。

妻や自分の家族、親族に自らの意思を伝えるだけの強さを持っていれば、妻や不倫相手に振り回されることもありませんし、そのタイプの女性を選ぶはずはありません。

そうなってしまうと、不倫相手である女性に待っている現実は、彼との別れです。

不倫相手である女性は 彼の切羽詰まった表情を見てしまうと、彼を罵倒することもできず、別れを受け入れるしか、他に選択肢はない と考えられます。

男が不倫相手を選び、家庭を捨てる時とは?

不倫相手のことを誰よりも真剣に愛した時

【期間限定・5月31日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


既婚者の彼が家庭を捨てる時はどんな時なのか…、最も多いパターンは 不倫相手を真剣に愛した時 です。

わたし達は日々何人もの人と出会いますが、不倫恋愛に発展する異性はそう多くはありません。

今の時代、20代30代の人達は不倫をゲーム感覚でする人もいますが、それはごく一部で、 ほとんどのカップルは真剣に相手を愛し、自分の今の環境を変えて不倫相手との日々を手に入れようと努力する人が多い と言っても過言ではありません。

「40歳50歳にもなって、20歳30歳のような感覚で不倫してるのよ」「不倫して離婚?!」「家庭を捨てて別の人と家庭を持つなんて…」と、世間では当事者の気持ちも分からずに勝手なことを言う人がしばしばいます。

しかし、 結婚した後で運命の人に出会ってしまったら…、その運命には誰も逆らえません。 

逆らえるものではないのですね。

特に結婚している男性にとって、不倫はバレた時点で大きなハンディキャップを背負います。

通常、不倫は家庭内だけの問題ですが、今の時代、不倫=無責任というレッテルが貼られ、仕事上にも大きな影響を及ぼす場合があります。

不倫に厳しいペナルティを課している企業に勤務している場合、妻と2人で話し合い、解決したからそれで良いとは言ってくれないでしょう。

そんな状況でも妻を選ばずに不倫相手を選ぶ。

これが真剣な恋愛でなくて、何と言うのでしょう。

ちなみに、既婚男性が家庭を捨てる覚悟を持った時は妻や両親、兄弟がどんなに説得しても聞く耳は持ちません。

 真剣に誰かを愛している男性は時として強い意思を見せるもの です。

その覚悟を持って妻に離婚を迫れば、妻は否応なしに離婚届にサインをしなければならないでしょう。

不倫相手が妊娠し、責任をとらなければならない時

家庭を持つ既婚男性が家庭を捨てる時で最も大きなトラブルを生むのが、 不倫相手に子どもができた時 です。

この場合、妻との間に子どもがいる場合といない場合では妻の決断が変わるのは想像に難くありませんね。

まず、子どもがいる場合ですが、この場合、妻の夫への愛情度によってその後の対応が変わってきます。

 夫への愛情がある場合 ですが、はっきり言って、 絶対に離婚には応じない でしょう。

母親である自分には 子どもの生活を守る権利 があります。

もしも夫と離婚した場合、夫から子どもへの養育費をもらうことになりますが、不倫相手と再婚し、その相手との子どもを育てなければならない彼にこちらからの要求通りの養育費が払えるとは思えません。

そうなれば、簡単には離婚届にサインはできません。

次に、子どもがいない場合についてですが、こちらの場合も夫への愛情度によってその後の対応が変わってきます。

夫に愛情がなければ「どうぞ、ご勝手に」で済む話ですが、夫に愛情があった場合にはそう簡単には離婚に応じないでしょう。

 離婚話が長引けば長引くほど、お腹の赤ちゃんの誕生を待つ不倫相手、不倫相手の家族に大きなダメージ を与えることになる上、 生まれてくる赤ちゃんの誕生にも大きなマイナスを残す こととなるでしょう。

そうなってくれば、 強行突破しか道はありません。 

ちなみに、妻に離婚を承諾させる策は「生まれてくる子どもには責任がある」です。

この言葉以外に妻や家族を納得させられる言葉はないと言っても過言ではありません。

不倫が妻の親にバレてしまい、決断を迫られた時

不倫中、 不倫相手の両親に不倫していることがバレることはしばしばあるもの です。

不倫が長くなってくると、 不倫相手の親は娘の将来への不安、娘との関係性、娘のことをどう考えているのか等が気になって仕方ない のが、普通です。

その気持ちを分かってもらおうと娘に今後のことを問い質してもはっきりとした返事がないとなれば、 不倫相手である既婚男性に直接会って2人の今後について問い質すのは至って普通の行動 だといえます。

親はみな心配します!

大切に、愛情たっぷりに育てた娘がどこの馬の骨とも分からない男に振り回され、良いようにされていることを喜ぶ親はいません。

我慢に我慢を重ね、しびれを切らす形で対面した娘の不倫相手…、この時、両親は何を思うでしょう。

考えただけでも涙が出る思いですね。

 不倫相手と対面した両親が彼に向かって言いたい言葉は「娘との将来をどう考えているんだ」のひと言 でしょう。

不倫相手である 既婚男性にとっては、この場が決断の時 です。

その時を逃せば、もう二度と彼が一人で決断できる時はありません。

そこで 「分かりました。娘さんとは結婚するつもりで付き合っている。妻とは離婚します」が言えれば、本物 です。

しかし、ここで言葉を濁すようであれば、2人に明るい未来はやって来ないと考えておいた方が良いでしょう。

不倫相手が妻よりも好条件で、将来性があると感じた時

不倫中の既婚男性が妻との離婚を決めて、 不倫相手との将来をとるにはさまざまな事情が絡む場合があります。 

例えば、 不倫相手の彼女の親が実力者で、彼女と再婚する方が自分の人生に大きなプラスを運んでくる場合 です。

不倫相手の家が金持ちで、彼女の父親が権力者でとなれば、 野心家の男性は一も二もなく不倫相手を選ぶ でしょう。

仕事に情熱を傾けるタイプの男性であれば、これは至って普通の感情であり、自分の将来性に賭けたいという思いから、不倫相手を選んだとしても何ら不思議はありません。

妻からすれば、納得できないことですが、既婚男性にしてみれば、お正月とお盆が一緒にやって来たような、彼女が宝物を背中いっぱいに背負って持って来てくれた時のような、大きな嬉しさを感じることでしょう。

 男に生まれたら、誰でも人の上に立ちたいもの です。

その夢を叶えてくれる人が不倫相手であれば、迷うことなく彼女を選ぶのは自然の流れ。

妻にしてみれば、大きな裏切りに聞こえるかもしれませんが、野心家の男と一緒になったということは、そういったことも想定の範囲内であったと思わなくてはなりません。

 条件の良い方に転ぶのが野心家の男性の臨機応変な対応 であり、 誰かを裏切ったことについて、いつまでも後悔しないのも野心家の男性のメリット ともいえる性格です。

ちなみに、この性格を持つ男性は仕事に向ける情熱と自分を満足させることに関しての粘り強さが正比例しているタイプですので、離婚を後悔することもありません。

 決断力、交渉力にも優れています ので、 妻との離婚話が長引いたとしても大きな問題もなく離婚が成立できるだけの慰謝料、養育費等を提案 することで綺麗に別れてくると考えられます。

家庭を捨てた男の末路

不倫相手と再婚し、幸せな結婚生活をおくる

 妻、子どものいる家庭を捨てた男の末路はその人それぞれ です。

まず、幸せな末路を歩んでいる男性のパターンから紹介していきましょう。

 妻と不倫相手、2人の女性を納得させることのできる男性は仕事のデキる人 だと言っても過言ではありません。

 交渉ごとは仕事する上で最も重要なポイント で、 この能力を持っている男性は仕事がデキる といえます。

この交渉力は離婚する妻との間でも十分に発揮され、妻が離婚することに笑って合意できるだけの条件を提示し、すんなりと話をまとめることができます。

妻がすんなりと離婚届にサインをしてくれれば、あとは不倫相手との間で婚姻届にサインをして提出するだけです。

このように物事がすんなりと運ぶのは稀なことですが、誰も傷つけたくない時は交渉力を活かして、妻との離婚話に向き合う姿勢が大切です。

スムーズに離婚できれば、妻、元夫、不倫相手の3人みながストレスを受けることもありません。

そうなれば、三人三様に笑って生活することができるというわけです。

不倫の末路といえば悲しい現実ばかりだと思うかもしれませんが、幸せな末路にしようと思えば、 当事者の3人がそれぞれの立場で物事を前向きに考えるというきっかけになるものが必要 です。

この場合は、そのきっかけが夫と妻の対面での話し合いが離婚に向き合う夫の姿勢だということです。

芸能人の中にも略奪愛で再婚した人が何人もいますが、 不倫恋愛、略奪愛=不幸ではありません よね。

幸せになるにはさまざまな条件が必要ですが、それぞれの立場に立って考えることができれば、離婚の話し合いには落としどころが必要なことが分かるでしょう。

ちなみに、 仕事のデキる男はこの落としどころが妻の希望する慰謝料・養育費だということは十分に理解 しています。

それを分かった上で話し合いに参加しているはずですので、妻は太刀打ちできないのは当たり前。

それに 惚れた弱みが入れば、妻は到底太刀打ちできない でしょう。

妻と不倫相手、2人の女から別れを告げられる

家庭を捨てた男で最も悲しいことが、 妻と不倫相手の2人の女性から別れを告げられる ことです。

 妻とは離婚、不倫相手とは恋愛関係解消 となれば、次の恋愛相手が見つかるまで、一人で寂しく暮らさなければなりません。

もしかしたら、その別れがトラウマとなって、もう恋愛ができないかもしれません。

そうなれば、ニュースでよく取り上げられている 孤独死を待つ男性の一人 となります。

これは不倫して 家庭を捨てた男の最も悲しい末路 といえますね。

自分を愛してくれた2人の女性から同時に別れを告げられる辛さは経験した者にしか想像できないものですが、その辛さに耐え兼ね、お酒に逃げてしまう人もいるでしょう。

お酒は楽しい時に飲みたいものですが、寂しさを忘れたい時に飲む人が多いのも、事実です。

どんなに飲んでも寂しさを忘れることができないとなれば、量を過ごしてしまう…。

飲むのを止めてくれる人がいない生活は荒んでいくのは致し方のないことかもしれません。

アルコール依存症になってしまう人はみな寂しさが根本にあり、その寂しさから逃げたい一心でお酒を飲んでしまうそうですが、そうなれば、仕事も満足にできません。

これでは 人生の落後者、破綻者になる危険性を秘めている と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、男性女性、どちらかといえば、孤独に耐えるだけの強さを持つのは女性であり、孤独に耐えることができずに何かに逃げてしまう弱さを持つのが男性だと言われています。

妻と不倫相手、大切な女性を同時に失ったことで 自分の人生を破たんへと導いてしまうタイプの男性は自分の支えとなってくれる強い女性が必要 な人です。

無くしてしまった支えをまた見つけるだけの根気と、支えを無くしたことへの怖さから逃げずに戦えるだけの強さを持っていない男性には不倫、離婚はおすすめしません。

家庭を捨てるということは、神さまの前で永遠の愛を誓った相手を裏切る行為です。

また、近い将来、神さまの前で永遠の愛を誓う予定であった女性を裏切る行為でもあります。

その 罪深さを受け入れる強さのない人は妻や子どもを裏切ることのない、家庭を守る家庭人としての人生をおくることをおすすめ します。

不倫相手と結婚。しかし、元妻への慰謝料を支払う日々をおくる

家庭を捨てた男の末路にはさまざまな形がありますが、金銭的に大きな負担をかけられるのは 妻に毎月いくらかの慰謝料を支払うことで離婚の条件を飲んでもらい、不倫相手と結婚した場合 です。

不倫相手との結婚生活は楽しいものだとしても、 元妻への慰謝料が完済しない限り、生活は楽ではない でしょう。

そうなれば、不倫相手との間に子どもをつくることもできません。

不倫相手が彼との結婚生活に大きな夢を描き、彼の子どもを生んで2人で一生懸命に育てていくという将来を信じていたとしたら…?

もしかしたら、その夢は儚く消えてしまうかもしれません。

 元妻への慰謝料を一括で支払うことができれば、子どもを生み育てることも無理ではありません が、 毎月の給料の中から元妻への慰謝料を支払い、新生活の家賃や水道光熱費や通信費、食費に雑費を支払うとなれば、どんなに稼ぐ彼でもそうそう贅沢はできません。 

そうなれば、何かを諦めなくてはなりません。

まず、計画しやすいものは車、家でしょうか。

続いて、子ども。

最終的には、食費や雑費等の切り詰められる消耗品でしょうか。

こんなことを考えては楽しいはずがありません。

金銭的なことでの喧嘩や諍いが増えてくれば、2人の間にあった恋愛感情も姿を消し、どちらかともなく、相手を恨むことに…。

ちなみに、 金銭的な問題は「2人で頑張ろう」と励ましたとしても、最終的な解決にはなりません。   お金の問題はお金でしか解決できない ものです。

この金銭的な問題を解決するには夫を助けて妻となった再婚相手が働くことしかありません。

そうなれば、彼と結婚したことを後悔するかもしれませんね。

不倫相手に捨てられる…。無責任な男には悲しい末路が待っている

世の中には 不倫している相手を簡単に捨て、家庭へと戻る 男がいます。

その反対に、 家庭をあっさりと捨てて、不倫相手との再婚をとる 男もいます。

人それぞれの人生ですが、 どんな人生を歩んでも後悔のない人生をおくりたい ものですよね。

 不倫して離婚、再婚への道を選ぶ男女にとって大切なポイントは、落としどころを間違わないこと です。

愛する人を悲しませることのない、自分自身に納得できる人生を選んで生きていきましょう。

【期間限定・5月31日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【幸せのレシピ】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【幸せのレシピ】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。