不倫の何も育めない虚しさに押し潰されそうになる理由と対処法

喧嘩・マンネリ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

どんな形の恋愛であったとしても、そこから得るものはたくさんあります。不倫恋愛の場合は得るものもたくさんあるけれど、虚しいこともいろいろ。今回は、不倫恋愛をしていて辛くなる瞬間や、不安になること、ふと虚しくなることについてその理由や対処法をご紹介します。不倫恋愛をこのまま続投するかどうかの判断点についても考えていきます。

Menu

不倫は何も育めない?不倫相手に求めるモノと手に入らないモノの矛盾点

不倫恋愛の愛の重さは時間や頻度では測れない

恋愛をしている時に、その恋愛の密度やお相手の気持ちの濃度を感じるものにはいろんな基準があります。

その中で、お相手が自分に割いてくれる時間というのは女性にとって非常に重要な愛のバロメーターです。

自分と共に過ごしてくれるのがより長い時間であるほど、お相手の愛の深さを感じますし、連絡の頻度が高い程、愛されているように感じるもの。

恋愛の指南書をみてもそのようなことが良く書かれています。

例えば、会うのは平日の仕事終わりの数時間を指定してくる男性よりも、休日にまる一日デートのために時間を割いてくれる方がよりあなたを愛していると一般的には言われます。

また、ラインメッセージなどこちらが何か送るとできるだけ早く何かしらアクションして返信してくれる男性はよりあなたを愛しているというのが通常のセオリーです。

待ち合わせ場所や、デートの場所は男性の都合ではなく女性に合わせて決めてくれる男性こそあなたをより深く愛していると言われます。

シングル同士の恋愛で、時間に余裕のある男性であれば、これらの事象はその通りという部分もあります。しかしながら、不倫恋愛の場合はそうはいきません。

家庭のある男性が休日に家を空けることは大抵難しいことは簡単に想像できます。

ラインメッセージや電話は、早く返信したいと気になっていても状況によってはそうはいかないこともよくあります。

不倫恋愛の場合は、家族はもちろん第三者に知れることは命取りになりかねませんので、お互いの生活圏内から離れてデートをするということもあるでしょう。

このように不倫恋愛では、シングル同士の恋愛や時間のある男女の恋愛と比較すると満足感を得るのが難しいといえます。

不倫相手にはシングル男性から得られるような、時間や労力で愛の深さを測ろうと求めても難しいといえます。

不倫恋愛の相手の愛情を測るにはシングル同士の恋愛とは違った価値観でお相手をみる必要があるでしょう。

また、シングル同士の恋愛であっても、通常の忙しいビジネスマンであれば同様のことがあり彼の都合に合わせてお付き合いをすることはよくあることです。「不倫だから」できないこと、という風に考えないことも大切です。

不倫恋愛に永遠はない


一般的に恋愛とは、二人で時間を共有しながら育んでいくものです。その過程において関係は変化しそれを成熟とも言うこともあれば、劣化となることもあるでしょう。

恋愛の始まりにおいて相手に確認したいことの一つに「いつまでも私を愛してくれるかどうか」というものがあります。

将来のことなど誰にもわからないので、確約ではないにしてもシングルの誠実な男性であれば、「そうあるように努めるよ。」と答え、そう努力してくれるでしょう。

不倫恋愛においては、出会いから恋の始まり、恋の盛り上がりまでしかストーリーが望めません。その先について既婚男性は答えようがなく、耳障りの良い言葉を答える方が返って違和感を残します。

不倫は良く言えば、恋の一番楽しい部分や美味しい部分だけをつまみ食いのように楽しむことができるものです。
悪く考えると、お互いの生活の変化や体調によっては崩れてしまうかもしれない関係です。

シングル同士や夫婦であれば、経済状況の変化や年齢による体の変化なども柔軟に受け入れお互いにいたわり合いながら時間を過ごしていくというのが通常でしょう。

不倫恋愛の場合は、お相手自身の考え方や性格にもよりますが、今このときに好きかどうか、楽しいかどうかというのが一番にあり、先々を見通して愛し合うというものではありません。

不倫恋愛のお相手に対して、「将来」や「いま以上のこと」を求めるのは難しいと言えそうです。

不倫恋愛には、「細く長く」を求めるよりも、今をどれだけ楽しむかということを求める方がその形に似合っています。

不倫相手と共有することで愛を確認すること


シングル同士の恋愛であっても、夫婦であっても別の個体である男女が全てを共有することはできません。

一見、仲良しでいつも一緒にいる二人にも共有できていないことは必ずあるはずです。

それでも、シングル同士や夫婦であれば、二人の関係をオープンにすることや、一つ屋根の下に住むこと、子どもを共有することなどによって、多くのものを共有しているような錯覚を感じることは可能です。

恋愛とはそもそも錯覚であり、どちらもが満足していれば成り立つことです。実際にはばらばらの考えの夫婦であっても、世間的に認められる何かを二人で共有すれば、幸せと感じられることがあります。

不倫恋愛の場合は、わかりやすい何かを二人で共有することができません。
それぞれのエリアに踏み込み、二人の関係を周りに認めてもらうこともできません。

そのため、自分たちの関係が本当に特別であるかどうかは、不倫恋愛をしている当事者同士の信念でしか測れないのが実情です。

愛や気持ちといった事実、形がないものを何かしら投影されたものを捜そうとするのは不倫恋愛では難しいでしょう。

不倫に広がりを求めること


恋愛や結婚生活は、それそのものが形を変えながら広がっていきます。

シングル同士であれば、結婚に繋がっていくこともあり、夫婦となって以降は家族が増えたり居住する場所が変化したりということがあります。

不倫恋愛の場合は、恋愛がスタートし二人の形ができたらそれ以降、二人の逢瀬の頻度や場所などスタイルが変わることはあまりありません。

いつも彼女の家で会って、記念日には遠出をするなど、二人の間の暗黙の了解を繰り返していくのが一般的です。

同じ一年がまた繰り返されるのは嬉しいことでもあり、寂しいことでもあります。

年齢が若いうちであれば、また今年もクリスマスを一緒に過ごせたことを喜ばしく思うかもしれません。お誕生日に去年と同じくアクセサリーをプレゼントされるのも喜びでしょう。

年齢を重ねたり、結婚を意識するようになると、「去年と同じ」ことが、「進展がない」ことに思えてきます。

また来年も不倫の状態のまま、アクセサリーが一つ増えるだけと、ネガティブに感じることもあるかもしれません。

不倫相手に現状維持以上のものを求めるのは難しく、それをわかっていながら求めてしまうときに自分の中の矛盾に苦しんでしまうことがあります。

不倫をしていて虚しさを感じる事や瞬間

結婚について考えるとき


不倫相手とは結婚できないと考えるのが通常です。場合によって、お相手が離婚し、結婚にいたることもありますが、普通はそこまでにはなかなか行き着きません。

結婚ということについて考えると、不倫恋愛をしているときにふと虚しくなります。

もし、自分が結婚を本当に望むなら、彼ではない誰かを探さなければならないということを考えただけで疲れてしまうこともあるでしょう。

誰かを愛しながら、他の人にも目を向けるというのは簡単そうでなかなかできません。

不倫相手を完全に遊びと割り切っている場合は良いですが、人間として尊敬していたり、心から愛しいと思っている場合は、もう一つ別に探すというのもなかなかできないのが通常です。

そうなると、結婚したいのに実際には結婚が難しい相手を愛しているという事実がより実感され虚しさが募ります。

また、結婚ということを具体的に考えたとき、自分が愛している男性が別の誰かと結婚している状態にあるのだということ感じるでしょう。

不倫恋愛の相手である自分の前では、こちらのことを愛しているようなことを言っていても実際には、別の誰かと暮らし生活を共有しているというのが事実です。

配偶者について「単なる共同生活者」「もう冷めている」などという言葉をお相手の男性から聞いていたとしても、結婚という事実はやはり重いものだと気づくでしょう。

結婚というキーワードについて、考えたとき、不倫をしているといろいろ虚しさを感じることがあります。

周りの視線を考えたとき


シングルであること、未婚であることは決して恥ずかしいことではありません。また、それが特別なことでもありません。

自分自身でしっかりと生活の糧を確保し、道を歩んでいるのであればその生き方を誰かにどうこう言われるものではないでしょう。

しかし、周囲にいる人によってはシングルでいる自分に好奇な視線を投げかけてくる人もいます。

放っておけば良いのですが、自分自身としてもなんとなく気になるということもあります。

ここはひとつ、「私だって恋をしているのよ」と大声で叫びたいところです。

しかしながら、その恋が不倫恋愛である場合はそうはいきません。実際には恋人がいてもその存在を公にしにくいのが不倫恋愛。

恋愛とは、そのお相手との関係の中から喜びや幸せが生まれてきますが、周りからそれを祝福されることによってさらにその幸せは大きくなります。

普段は不倫恋愛をしていてもそんなことをしみじみ考えることはないでしょう。

友人や同僚の結婚などで、周囲に祝福されて幸せそうな様子を目にしたときや、それを見ながら「あなたも早く幸せに」と言われたときなどに、現在している不倫恋愛について考えてしまうことがあるかもしれません。

自分が今持っている恋は、自分とお相手の中だけでひっそり楽しむものであり、周囲に祝ってもらうことはないのだと考えた時にふと虚しくなったりします。

一緒にいない時間について考えるとき


シングル同士の恋愛であっても、24時間四六時中行動を共にしているわけではありません。

多くの時間は離れて過ごしているでしょう。恋人と離れているとき今、彼は何をしているのかなとふと思うことがあります。

お相手が既婚者の場合、配偶者や家族と過ごしている時間が存在します。その時間をふと考えるとき、虚しさがこみあげてくるでしょう。

彼が身に着けている下着や、きちんとプレスされたハンカチを目にすると、その向こうにある洗濯をしている配偶者が頭に浮かびます。

彼が毎日を筒がなく過ごし、清潔なたたずまいでいることも、配偶者の功績であるように感じられることがあります。

実際には彼自身が潔癖症で自分自身で衣類を整えているとしても、既婚者である以上、彼を構成する一つ一つから配偶者や家庭が透けて見えるように感じられるでしょう。

不倫恋愛の相手である自分と一緒ではない時間を想像すると、二人でいるときの彼にさえ家庭が感じられ、女性はふと虚しく感じます。

デートの別れ際


シングル同士であれ、一緒に住んでいない場合は、デートが終わればそれぞれの住居に帰っていきます。

その先は一人暮らしの家かもしれないし、親御さんと暮らしているかもしれません。

デートの引き際はそれぞれの個人的な理由で場合によっては早く切り上げなければならないこともあるし、途中で中断することもあり得なくはありません。

シングル同士の恋人であれば、家族の事情で早く帰らなければならなかったり、急な仕事の呼び出しでデートが早じまいになったとしても、残念ではありますが受け入れることができます。

不倫恋愛の場合は、デートの後に男性が帰って行くのは配偶者のもと。家族の暮らす自宅です。

急いで帰ろうとしたり、仕事を理由に直ぐにデートを終わろうとしたりしようものなら、その裏を勘ぐらずにはいられません。

仕事というのは本当だろうか、家族の用事で早く帰りたいのではないかとヤキモキします。

そう思ってイライラするのは、自分と、お相手の家庭や配偶者とを比べているからです。

彼が自分か家庭か、どちらを大切に思っているのかが、気になるときにそんな嫉妬心が生まれてきます。

天秤にかけても答えが得られるわけでなく、得られた答えに納得がいくわけでもないと思う時、この恋に虚しさを感じたりします。

不倫をしていて不安や虚しさにに押しつぶされそうになる理由

自分の優先順位が高くないと考えるから


生活をしていく上で、物事には優先順位があります。

例えば仕事が立て込んでいるときに、どうしても会いたいと恋人から言われたら時間を作るけれど、友人からならまたの機会にしてもらうという経験は誰しもあるでしょう。

若しくは、仕事を優先すべき立場や時期であれば恋人や大切な人からのお誘いであっても仕事を優先することがあります。

人間の体はひとつですから、常に頭の中には優先順位があり、それによって物事を自然と振りわけているものです。

若いシングル同士の恋愛でも、彼氏が仕事を優先することに腹をたて喧嘩になることもあります。

不倫恋愛の場合は、自分の優先順位が高くないのでは、と思うシチュエーションが何度も訪れます。

家族を優先する休日、仕事を優先する平日、その仕事ももしかしたら家族と過ごすためのダミーの理由かもしれない、など。

シングル同士で恋愛をしている友人や、既に結婚している同僚はみんな、配偶者から「優先順位上位」という扱いを受けているのに、なぜ私はこんなに我慢して彼と付き合っているのだろうと考えてしまうこともあります。

実際には優先順位というのは人それぞれで、時期や年齢によっても変わりますので、常に自分が誰かの上位いるのは難しいことです。

結婚しているから、シングル同士であるからといって必ずしもパートナーから何よりも優先されるというものではありません。

しかし、不倫恋愛の場合はそれに納得するのが難しく、つい「不倫恋愛だから優先順位が低い」と考えてしまいがちです。

不倫恋愛だからと卑屈に捉える自分自身、そして現実に優先順位が低いであろう現在の状況が非常に虚しく寂しいものに思えます。

愛しているなら結婚するはずと考えるから


ある恋愛指南によると、男は愛している女性とは結婚を考える生き物だそうです。その理由は、結婚以外に大好きな女性を未来永劫自分のものにすることはできないからというもの。

男性とは、愛するものを自分のものにしておきたいと考える脳を持っています。

憧れの車や自分が欲しいステータス、そういったものは必ず手に入れ自分のものにしてしまうのが男性の考えです。

だから、女性についても同じ考えが適用され、本当に手に入れたい、愛している相手なら結婚をするというのが通常とされています。

そのような考えを読むと不倫をしている女性は虚しくなります。

自分のことを愛していると言いながら、現在の配偶者と離婚することもなくただ、だらだたと一緒にいるだけの関係は、先の考えからすると愛されていない証と捉えることもできるでしょう。

しかしながら、世の中には女性に押し切られ結婚したカップルや、世間体など打算的に結婚を決めた男性も少なくありません。一番愛しているイコール結婚ではないというのが事実です。

不倫恋愛をしている女性は、そういう事実にはなかなか目が向かず一般的な恋愛指南書の「愛していれば結婚するはず」を読んでただ虚しくなります。

恋愛指南書はあくまでも、その人個人の考えであり普遍的なものではありません。シングル同士の恋愛であれ不倫恋愛であれ、それに煽られると不安になるだけです。

いつでも別れられる関係だと思ったとき


結婚を解消しようとするならば、それはそれは大変な手続きが待ち受けています。

もちろん手続きだけでなく、心理的な葛藤や周囲への説明など、「別れる」ことのあらゆる儀式を考えるとそう簡単には離婚する気も起らないほどです。

それからすると、不倫恋愛を解消するのは簡単です。

別れたいと告げる、告げられるだけ、または連絡を一切断ってしまうという方法もあるでしょう。

簡単に別れることができるというのは、いざ考えてみると虚しいものです。

今、どれほど好きだ、離れたくないと言い合っていたとしても関係によっては、携帯電話の番号を変えるだけでも別れられたりするのです。

別れにくい関係であるほど愛が深いのかといえばそれはまったく別問題です。しかしながら、絆云々を考えるとやはり別れることが難しい関係である方が重いようにも思えます。

離婚の困難さと、不倫関係解消の簡単さを考えると現在の関係に虚しさを感じてしまいます。

【期間限定・8月18日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


ずっとこのままかもしれないと思うから


恋愛関係において「順調」という表現をよく使います。恋人とうまくいっていることを指す言葉です。

シングル同士のカップルや、夫婦関係において「順調」とは一口に言ってもその内情はカップルの数だけあります。

不倫関係において、ノーマルな「順調」とは何かを考えるとさらに複雑でしょう。

カップル間において「順調」とは、お互いが満たされている状態で、周りからみれば「変わっている」ようにみえることも、自分たちがそれでよければOKです。

人間関係に順位はありませんが、不倫関係は配偶者がいる以上、世間的に考えると「二番目」以降です。

順番に関係なく、自分がお相手をしっかり愛していれば良いのだという考えであれば問題ありませんが、いつか「一番」になりたいと思っているなら、時々その関係に虚しさを感じることもあるでしょう。

自分にとって不倫恋愛のお相手が一番だけど、お相手にとって自分は「一番」ではなく、その順位は関係を続けている限りこのままかもしれない、とふと考えると虚しさをぬぐえないことがあります。

先の見えない不倫関係を前向きに受け止める為の対処法

自分に主導権があると考える


恋愛関係はお互いに思い合うこと、力関係が偏りすぎないことが、ラクに長続きするポイントです。

不倫恋愛においては、本来であれば既婚なのにお付き合いしてもらっている男性の方が立場は弱いはずです。

しかしながら、実際には女性が深く既婚男性を愛していたり、デート代を男性がすべて受け持ったりすることで、男性の方が強い立場になっていることがあります。

それは、不倫関係ゆえの刹那な感情や、既婚者特有の、女性の気持ちをつかむ技に翻弄されていることから来ることもあります。

不倫恋愛特有の愛し方、愛され方をすることには何の問題もありません。

但しそれに溺れてしまっては、女性の方が結果的に力関係が弱くなってしまい、不倫恋愛の行く末を握る主導権が既婚男性の方にあるように感じてしまうことがあります。

不倫恋愛は恋愛関係の一つの形です。その関係に翻弄されたり、お相手の意向に合せるのではなく、お互いが歩み寄るように進んでいくものです。

現在の不倫恋愛の主導権は自分にあるとしっかり心に留め置き、二人の未来の舵は自分がきっていくのだという心構えでいるのがオススメです。

結婚すれば幸せとは限らないことを知る


不倫恋愛をしていて「虚しい」「辛い」と思うときの要因の多くは、結婚できるかどうかという基準で恋愛を考えたときではないでしょうか。

世間では徐々に薄れつつあるとはいえ、適齢期になれば「結婚」するのが正しいという考えもないわけではありません。

不倫恋愛をしていてお相手を心から愛している女性でも、心の片隅には「結婚」に対する憧れが鎮座していることがあります。

世間の考えはさておき、結婚すれば本当に幸せなのでしょうか。結婚すればこの先の人生は安泰で薔薇色なのでしょうか。

周りを見渡せば、結婚して幸せだと言い切れる人も多数いますが、必ずしも幸せとは言えない状況にある人も同様数みえてきます。

もっと言えば、不倫恋愛のお相手の配偶者は、夫に別の恋人がいても自分が妻であるというだけで本当に幸せなのでしょうか。

結婚とは、自分と配偶者が力を合わせて幸せな状態に導き会わなければ、良い方向にはむきません。

それは、どんな状況においても同じことで、「不倫恋愛だから不幸」「結婚しているから幸せ」と短絡的にはならないものです。

不倫恋愛であれ、シングル同士の恋愛であれ、お互いの状況に関わらず幸せと思えるように努力するという心構えが人生では大切です。

「○○だから幸せ」「○○だから不幸」という固定概念を捨てると心を平安に保つことができます。

恋愛をまじめに考えない


不倫恋愛で悩む方はまじめなタイプが多い傾向です。

何事においてもまじめな人は、誰かを愛するために、他人を傷つけるべきではないという考えがあったりします。

恋愛についてもセオリーやこうあるべきという考えを根本に持っていると、それからはみ出ていることについては罪悪感が生まれます。

恋愛について、セオリーやロールモデルはありません。

社会的に立派な人が必ずしも男女関係において立派であるかどうか別物であるように、男女関係まで、しゃくし定規に考える必要はないのです。

現在進行している不倫関係についてもまじめに考えるのをやめるのがベター。

ましてや、不倫の恋をした自分をモラルが無いと考え、この先も不倫体質を続投するかもしれないなどと考える必要はありません。

たまたま今の恋愛は不倫なの、という程度に捉えましょう。

シングル同士であっても、お相手が変わればその恋愛内容も変化します。不倫も数ある恋愛パターンの一つにすぎないと考えるのがオススメです。

自分の意志を大切にする


恋愛の要素には、運命やお相手からの好意などあり、それらさまざまなものが複雑に絡まって成り立っています。

その中でも、自分の意志というのは忘れてしまいがちですが非常に大きな要素です。

どんな運命であろうと、どれほどお相手から求愛されようとも、そこに恋愛をしようという自分の意志が加わらなければ恋愛はスタートしません。

それはシングル同士の恋愛でも同じことです。

恋をしたお相手がたまたま既婚者だった、もしくは、自分は既婚者を好きになってしまいやすい運命なのなどと言う人もいますが、ちょっとまって。

お相手がたまたま既婚者であったにせよ、その恋を始めることを選んだのは自分です。

運命やお相手のアプローチといった外的要因だけで不倫をしてしまったと思うと、自分の運命を悲しんだり、流されやすい体質なのだという風に考えてしまったりします。

そうではなく、数あるチャンスの中から、自分で不倫恋愛を選んだと考えてみましょう。

その恋の中にある何かしら自分にとってのメリットをかぎ分け自分でその恋が今の自分に適していると考えたのです。

そう思うと、一見不毛に感じられた不倫の恋も、これから先の未来について自分で決められるということに気付くことができます。

不倫を辛くても続けるべきか悩んだ時の判断基準

結婚したいですか


不倫恋愛が辛いと感じたとき、辛くてもその恋を続けるべきかなやんだとき、まずは自問してみましょう。

将来的に結婚はしたいと考えているでしょうか。不倫相手との結婚と考えず、結婚そのものだけで考えてみてください。

もし、YESであれば辛い不倫の恋からは徐々に離脱しましょう。

不倫恋愛を続けていて、そのまま結婚につながるというのは可能性はゼロではありませんがかなり稀です。

不倫恋愛を続投し結婚できる確率よりも、今すぐ不倫恋愛を卒業しシングルのお相手を探し出して結婚する確率の方が一見遠回りに見えてずっと高いといえます。

結婚がしたい、子どもが持ちたいと考えるのであれば不倫恋愛に固執するのは得策ではありません。

結婚したいかどうかの答えがNOであるなら、例え辛くてもお相手のことを愛しているなら不倫恋愛を続けるのが良いでしょう。

結婚を考えないのであれば、既婚者であるお相手は恋愛の相手に相応しく、現状の恋愛を辛くはない状況に導くよう努力するのがオススメです。

自分の中の「結婚願望」が不倫恋愛を続けるか否かの一つの基準になります。

そのお相手が無一文になっても受け入れられますか


現在の不倫恋愛のお相手がもし無一文になって仕事も失ったなら、それでも彼を愛し続けることはできるでしょうか。

不倫恋愛の渦中である今は、お食事をご馳走してくれたり、ちょっとしたプレゼントをしてくれることもあるかもしれません。

彼が離婚や何かしら不幸に見舞われ、ついでに経済力を失ったならそれでも彼を愛せるでしょうか。

不倫恋愛を辛いと感じるのは、お相手を愛していると思っていてその愛を失うのも怖いという思いと、全てを手に入れられぬ現状のまま続いていくかもしれないという思いの板挟みにあるからです。

本当に愛しているなら、お相手が無一文になろうと自分が引き受ける覚悟ができるでしょう。

また、もし今の状態が本当の愛ではなく「愛しているつもり」という状態なのであれば、全てを手に入れるのは重荷にでしかありません。

不倫恋愛の辛さの前に、彼が無一文なっても引き受けられるのかどうか、いま一度よく考えてみましょう。

辛い思いから救い出してくれるのは誰ですか


現状の不倫状態を「辛い」と感じているなら、その辛さから救い出してくれるのはいったい誰なのかについて考えてみましょう。

辛いことや悩み事については、自分で解決すべきことと誰かと一緒に解決すべきことに分かれています。

例えば、経済的な悩みや問題は出来る限り自分で責任を持って解決すべきでしょう。何かしら手を差し伸べてくれる人があったとしても最終的に責任をとるのは自分です。

婚姻関係にあり子どもを持っている場合で、その子どもに関する問題で悩んでいる場合は、辛い思いは夫婦間で分け合い一緒に解決するのが通常です。

子どもの問題で悩む配偶者に対し、自分は関係ないということを言うパートナーは、夫婦としての関係を築く能力がありません。

悩みや辛いことは、自分一人のことから発生したものであれば最終的に自分が解決すべきであるし、両者に関わる問題であれば一緒に解決するのが当然です。

不倫恋愛を辛いと感じた場合、その辛い原因はお相手と二人で作ったものです。

辛いのは二人の関係から発生していると考えるのが通常で、そうであれば本来は二人でその辛さを分け合い解決すべきです。

実際に「辛い」と口に出せば、お相手は口先だけで「僕も辛いよ」と言い、根本的解決にならないことがあります。

この辛い思いを解決して一緒に解決してくれる人はいるのかいないのか。いるのであればそれは誰なのかについて、まずは、一人でゆっくり自問してみましょう。

そこでの答えが、今後この恋を続けるべきかどうかの答えであると言えます。

心身ともに健康ですか


何かを続けようとするときに必要なのは、経済力と体力です。それは恋愛においても同じことがいえます。

シングル同士の恋愛であってもお互いが心身ともに健康な状態であることが基本といえます。

中には、途中で病気やけがに見舞われることもありますが、シングル同士の場合はその節目で今後の関係について一旦見定める機会になるでしょう。

不倫恋愛の場合は特に、もしどちらかが病気になったり精神的に不安定になっても、面倒をみるということは難しいものです。

どちらかが病気になればその時点でひとまずは関係を中止するといことになります。

体の不調だけでなく心の不調についても同様です。

不倫恋愛からのストレスや、仕事の要因などで精神的に追い詰められてしまうことは誰にでもありえることです。

そんなときに、じっと自分一人で症状に向き合いしっかりと癒してから立ち上がる強さが、不倫恋愛をしていく上では必要です。

辛いときや不調のとき心から親身になって助けてくれる相手が欲しいと思うなら、誠実なシングルの男性と恋をし直して、共に助け合って生きていく道を模索する方が向いているでしょう。

不倫恋愛というのは、お互いを好きだという男女の本能的な生々しい気持ちで結ばれているものです。結婚やそれに準ずる関係の場合は、好ましいことに加え支え合い共に生きるという人間同士の絆で結ばれています。

「男と女」として結ばれる不倫恋愛を選んだのなら、自分の心と体は自分で守るという気構えが必要です。

心身共に健康であるか。もし、健康に不安を感じても自分の力で解決できるか、という点についてどう考えるかが不倫恋愛を今後続投するか否かの判断基準にもなるでしょう。

不倫相手が奥さんと別れてくれない…待つべき?諦めるべき?

2019年2月25日

この世に男と女がいる限り、不倫恋愛というものはなくなりません。

不倫恋愛をしていく中で出てくる、何も育めない虚しさについて、その気持ちが出てきてしまう理由や、そういう気持ちになったときの気持ちの持ちようについてみてきました。

この世に男と女がいる限り、恋愛というものはなくなりません。そして、恋愛というのは、ルールや正しい形はなく、男女の組み合わせの数だけ様々な形が存在するものです。

不倫恋愛もその形のひとつにすぎません。

私たちは生まれたときから、あれやこれやと「常識」のようなものを周りから教えられいつの間にか社会のスタンダードのようなものを身に着けています。

恋愛においてスタンダードは実際にはないのですが、気が付けば自分の中に一つの恋愛の常識のようなものができそれに支配されていることがあります。

恋愛とは「育むもの」という考え方もその一つでしょう。

実際には、育むという形の恋愛もあれば、その場限りの恋愛もあり、もっと違う形の恋愛もあります。どの恋愛においても、あれもこれも網羅しているものはありません。

不倫恋愛という育む要素の少ない恋愛を選んだのならそれを求めても根本的に難しいのです。

大切なのは、自分がどんな恋愛をすれば幸せでいられるのかを知ることです。

自分が本当に欲しているものを精査し、それが得られる形の恋愛をしましょう。もしそれが不倫恋愛という形なのであれば、選んで何の問題もありません。

どうしても「育みたい」「支え合いたい」という思いが強いようなら、不倫恋愛そのものが向いていないのかもしれません。

誰を愛しているかというとことに照準をしぼらず、どんな恋愛をしていたら自分は幸せでいられるのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

その上で、自分が幸せでいられる恋愛を一緒にしてくれるお相手をみつけるという方法を考えてみましょう。

せっかく女性に生まれたのですから、自分らしい恋の仕方で女性としてきらきらと輝いて生きていきましょう。

【期間限定・8月25日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。