彼がアソコを舐めてくれない本当の理由と彼の方から舐めてくれる秘密の方法

エッチ・SEX
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

女性のデリケートゾーンは悩みの種となる時もありますが、彼とのエッチでは 彼からの愛情度を知る大切な場所 でもあります。

彼があなたの大切な場所を舐めてくれない時、もしかしたら、彼はあなたが思うほど愛してくれていないのかもしれません。

彼が舐めてくれない理由、舐めてもらえるようになるとっておきの秘密の方法をアドバイスしたいと思います。

彼がアソコを舐めてくれない本当の理由

デリケートゾーンからイヤな臭いがする


恋人ができると女性なら誰でも彼に抱きしめられたい、彼の愛情を身体で感じたい、彼から愛されているという証拠が欲しいという気持ちが心の奥底から沸きあがるものです。

その思いの強さは彼とのエッチという形で完了形になりますが、エッチの仕方によっては彼からの愛情を実感できずに終わってしまうこともしばしば。

そんな時は彼からの愛情が感じられず、眠れない夜を過ごす女性も少なくないのではないでしょうか。

男性と恋愛する中で最も大きな位置を占めているのが、エッチになります。

そのエッチの方法で愛情度の深さを知る行為の一つに、女性のデリケートゾーンを舐めるという行為があります。

 受け身の女性にとって好きな彼とのエッチは彼からの愛情が分かるきっかけであるとともに、彼からの愛情を身体で理解できる時間でもあり、また、その幸せな時間を過ごしたいがためだけにエッチを受け入れているという女性も少なくない でしょう。

しかし、エッチの仕方によってはそれが2人の関係性を変えてしまうきっかけになる場合があり、またその後の2人の運命を切り裂くきっかけになる場合もありますので、特に女性はデリケートゾーンの臭いに敏感になっておかなければなりません。

エッチの最中、彼があなたのアソコを舐めてくれない理由の一つに、デリケートゾーンの臭いがあります。

エッチする前にシャワーして身体を洗う習慣がある女性はそうでもありませんが、限られた時間の中でエッチする関係であった場合、シャワーするのももどかしい時がありますよね。

そんな時、デリケートゾーンはどのような臭いになっているでしょう。

おそらく体温で生暖かく、その体温のおかげで下着が汗で蒸れてしまい、イヤな臭いを発していると考える方が自然です。

汗は雑菌の繁殖を増強させますが、その雑菌がイヤな臭いを放つことは想像に難くないでしょう。

汗臭はどんなに愛している女性であっても避けておきたいのが、男性の本音です。

付き合い始めのカップルであれば、その汗の臭いを嗅いだとしてもエッチしたいという欲求がありますが、1ヶ月、3ヶ月、半年と付き合いが長くなってくるに従い、そこまでしてエッチしたいと思わないのが男性の本音だと言っても過言ではありません。

寂しいことですが、付き合いが長くなって慣れ親しんだ身体は男性自身の性欲を満たすだけのものとなる可能性が高く、わざわざ彼女を喜ばせるためにアソコを舐めたりはしないものです。

それがイヤな臭いを発していたら?

尚更、余計に舐める行為は避けるでしょう。

彼からの愛情をエッチで確かめたい時は彼とのデートの前にはシャワー、シャワーできない場合はデリケートゾーン専用シートで汗や臭いを拭き取っておく、使い捨てビデで膣内を洗浄、下着を履き替える等を行い、イヤな臭いを解消しておきましょう。

舐める行為があんまり好きじゃない


女性は好きな男性ができるといつでもどここでも彼に触れていたいと思うものですが、男性の性格によっては 身体に触れられることを好まない タイプの人がいます。

自立した大人の男性に多いのですが、女性が ベタベタしているように見えて恥ずかしい と思うのでしょう。

こういうタイプの男性はエッチの際に豹変する人が多く、女性を喜ばせることに集中し、2人でいる時は甘えっ子になる人も少なくありません。

そういった二面性を持つ男性はエッチの際、女性のアソコを舐めることにも躊躇せずに愛しているという気持ちを惜しみなく出してくれます。

しかし、その反対のどんなことにもクールに物事を判断する、また 誰に対しても理論的に考えるような性格を持つ男性は女性のアソコを舐めることに躊躇し、舐めるという行為自体を嫌う 傾向にあります。

なぜ、舐める行為を嫌うのか。

答えは、自分のプライドが許さないからです。

女性のアソコを舐める行為は女性にひざまついている仕草に見え、女性の身体に夢中になっているように見えるもの。

その姿を愛する女性とはいえ、さらけ出すことにプライドが許さないんですね。

このようなことから舐めるという行為自体を嫌ってしまうということです。

もし、あなたの愛する彼がこのタイプの男性だった場合、彼の愛し方に不安を覚えることはありません。

ただ舐める行為が嫌いだけで、あなたを嫌っているわけではありませんので、安心して彼との恋愛期間を楽しんでください。

自己中心的なエッチがしたいだけの理由


男性はエッチの仕方に性格が出ると言われますが、それは本当です。

以前、人気俳優の一人がバラエティー番組に出演した際、最も恥ずかしいことは何かとの問いに「ラブシーンを演じる時に自分の個性、性格が出てしまうので恥ずかしい」というエピソードが紹介されていました。

女性もそうだと思いますが、男性は女性以上に繊細ですので、初めてのエッチの際、ガチガチに緊張してしまって男性としての機能が果たせないまま終わってしまったという人も少なくありません。

緊張して機能が果たせなかった男性を一生懸命に励まそうとして「大丈夫」「大したことじゃない」等の言葉かけを行うと思いますが、この時の言葉がその後のトラウマを生んでしまうこともありますので注意が必要です。

男性は女性に比べるとプライドが高く、恥ずかしいという思いが強いとされており、一度落ち込んでしまえば、なかなか立ち直ることができません。

頭では切り替えができたように見えていても心の奥底にはその時の失敗がまるで喉の奥に引っかかっている魚の棘のように突き刺さり、忘れることができないんですね。

そうなると男性は自己中心的なエッチをするようになります。

自分の思いを遂げたいだけのエッチであれば、相手の言葉は耳を素通りして、記憶に残ることもありません。

ちなみに、 自己中心的なエッチとはたまった性欲を満たすだけのエッチ です。

自己中心的なエッチには、女性を喜ばせる、女性に愛情を示したい等の気持ちは一切ありません。

どんなに愛している女性とのエッチでも、自分の性欲を満たせば終了です。

あなたのアソコを舐める行為は 性欲を満たす行為には入らないので舐めることもしない というわけです。

このタイプの男性とお付き合いをしている人は、今一度、自分の恋愛を振り返り、彼のあなたへの愛情度を確かめることをおすすめします。

恋愛はエッチだけではありませんが、性欲を満たすだけの行為としてのエッチが長く続くはずはありません。

このタイプの男性と結婚は要注意です。

そう遠くない将来、セックスレス夫婦としての日々が待っているかもしれませんよ。

身体だけの関係だと考えている


恋愛には本気の恋愛、遊びの恋愛の2パターンがあり、彼があなたとの恋愛を遊びと考えている場合はどうしてもエッチが淡泊になりやすく、あなたが夢見ているようなエッチにはならないことがあります。

その場合、彼のエッチは自分自身の性欲を満たすだけの独りよがりのエッチになってしまう可能性が高く、あなたを心の奥から喜ばせたい、女性としての喜びを実感させてあげたい等の気持ちは薄れ、デリケートゾーンを舐めるという行為には至らないでしょう。

自己中心的なエッチをしたいだけの男性のパターンとよく似ていますが、似て非なるものであります。

最も異なる部分は自己中心的なエッチをしたい男性の場合はあなたへの思いが本気であること、ただ自己中心的な性格であるがゆえのエッチの仕方であることが挙げられます。

 身体だけの関係だとクールに考えている男性の場合、あなたへの強い思いはありません。 

ただ身体だけの関係ですので、いつ別れてもいいような冷たさがあり、もし別れたとしてもあなたへの未練はないでしょう。

このタイプの男性とはどこまで行っても平行線のままであり、話し合って和解・理解できるものでもありません。

長く付き合いたい時はあなたも割り切った考えも持って付き合うことが大切です。

デリケートゾーンの臭い対策3選

毎日のケアはお風呂から!専用ソープでしっかり洗浄


デリケートゾーンの臭い対策にはさまざまな方法がありますが、 最も手軽にケアできるのは消臭成分が配合されたデリケートゾーン専用、もしくはデリケートゾーンにも対応している消臭効果のあるソープで洗浄する 方法です。

女性のデリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄く、それだけに敏感です。

購入する際は 香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン、石油系界面活性剤等の添加物が配合されていない無添加処方のソープを選ぶことが大切 です。

ちなみに、現在販売されているデリケートゾーン専用ソープには固形石鹸、液体タイプ、泡石鹸があり、これらのほとんどの商品は臭いだけでなく、黒ずみ、蒸れ、乾燥等にも対応している万能タイプになります。

敏感肌、乾燥肌の人でも安心して使用できる無添加仕様のソープとなっており、肌トラブルの不安を抱えることなく始められる低刺激、弱酸性が主流となっています。

肌荒れが気になる人は原料、成分にこだわりを持ってつくられているデリケートゾーン専用ソープがおすすめです。

初めて使用する場合、肌に合うかどうか、不安がありますよね。

そんな時はミニサイズ、もしくは顔・身体全身に使用できる商品を選びましょう。

デリケートゾーンの皮膚に合わなかったとしても、顔や身体用のボディソープとして使用することができます。

デリケートゾーン専用ソープの使用方法についてですが、顔を洗う時と同じく、泡立てネットを使ってたっぷりの泡をつくることから始めます。

もっちりとした泡がつくれたら、その泡を右手に持って、デリケートゾーンを優しく撫でつつ、前から後ろに向かって洗浄していきます。

アンダーヘアも髪の毛を洗うように、たっぷりの泡で優しく洗ったら、38℃前後の熱すぎない適温の湯でしっかりと洗い流しましょう。

寒い季節、シャワーの湯の温度は40℃以上に設定している人も少なくありませんが、40℃はデリケートゾーンの皮膚には少し熱過ぎますので、デリケートゾーンを洗い流す際は38℃前後の湯温に変更することをおすすめします。

お風呂から出た後は清潔なバスタオルで水気を拭いて、身体の熱を少し冷まします。

寒い季節はすぐにでもパジャマに手を通したい気持ちになりますが、デリケートゾーンに無駄な湿気が残ってしまうと雑菌が繁殖して臭いの原因をつくってしまいますので、身体の熱が冷めたころを見計らって下着、パジャマに手を通しましょう。

デリケートゾーンに汗・湿気をためないために、夜は下着をつけずに眠っているという意見を耳にすることがありますが、この方法はおすすめしません。

女性のデリケートゾーンにはさまざまな機能を持った臓器が隠れています。

それを外敵から保護する役目を持つのが、下着です。

夜、就寝時、デリケートゾーン周辺に蚊が止まり、刺されないとも限りません。

就寝時の汗を吸収させるためにも、下着は身に着けて寝ることをおすすめします。

いつでも手軽に消臭!スプレー式なら外出先でも安心


仕事中にデリケートゾーンの臭いに気づいたら…。

咄嗟の判断が求められますが、トイレに行って下着を履き替える、もしくはデリケートゾーン専用シートでデリケートゾーンを拭く、消臭作用のあるデリケートゾーン専用スプレーで臭いを瞬時に消す等の方法があります。

仕事を持っていて、毎日多くの人に会う機会の多い女性におすすめの方法は デリケートゾーン専用の消臭スプレーを使用する 方法です。

消臭スプレーと聞けば、部屋を除菌・消臭できるスプレーが思い出されますが、消臭スプレーには部屋の中の気になる臭い、場所にシューっとスプレーすることでその場で臭いを消臭、除菌できるというメリットがあります。

実はその消臭スプレーと似た使用方法なのですが、スプレーする場所は下着になります。

もちろん、下着以外のものでも噴霧できますが、 下着に前もって噴霧しておく ことでデリケートゾーンの臭いを気にせず、その日1日を過ごすことができます。

こちらの商品は一般的に下着に直接噴霧するタイプが主流ですので、アルコールや石油系界面活性剤、塩素系等の皮膚にダメージを与える恐れのある添加物は使用されていません。

商品によって成分は異なりますが、話題の消臭スプレーには肌に安心なオーガニックハーブエキスや天然の乳酸成分、スクワラン、ホホバ種子油、アミノ酸、ポリフェノールといった高い安全性を持つ保湿・美容成分がたっぷりと配合されています。

どの商品も持ち運びしやすいミニサイズのボトルになっているため、バッグに入れてもち歩いても邪魔にはなりません。

いつでも気になった時にトイレ等で下着に向けてシューッと吹きつけるだけで瞬時にイヤな臭いを消臭し、デリケートゾーンの臭いを軽減してくれます。

メーカーによって成分が異なりますので、まずはお好みの香り・パッケージを選び、試してみてはいかがでしょう。

すそわきがには消臭効果の高いジェルがおすすめ


デリケートゾーンの臭いの中には自分ではどうにもならない臭いがあります。

それが、すそわきがです。

わきがは遺伝、または食生活の乱れ、ストレス等で発生するとされていて、10代から悩む人、突然30歳を目前にして臭うようになった人、それほど重症ではない場合、1年を通してケアしておかなくてはならない人等、症状は人それぞれです。

彼とのエッチの時に彼から言われて初めて気づいた女性も多く、そのことが恥ずかしくて恋愛・人間関係で悩むようになったという人も少なくありません。

 すそわきがの臭いは効果の高いデリケートゾーン専用消臭ジェルでケアしましょう。 

消臭スプレー、ソープ等、デリケートゾーンの臭い対策に活用できる商品は数多く販売されていますが、ジェルタイプは皮膚への密着度が高く、それだけに効果が長続きします。

クリームタイプのものもありますが、クリームタイプはべたつきが気になる、汗とクリームでデリケートゾーンにかゆみを感じた、肌にクリームの残りが付着してボディソープでは洗い流すことができなかった等のデメリットもしばしば。

ジェルタイプであれば、軽い付け心地でデリケートゾーンはサラサラ。

下着との間に適度な空気が入り込むことから、通気性を妨げることもありません。

選ぶポイントは殺菌成分、有効成分、保湿成分、使用感です。

まず、殺菌成分ですが、わきがの臭いを消すにはわきがの原因となる皮膚常在菌を殺菌しなければなりません。

続いて有効成分ですが、汗を抑える有効成分を配合することでわきがの臭いを確実にブロックします。

次に保湿成分です。

わたし達の肌は保湿することで外気、乾燥から肌を守っています。

その保湿が不足すれば、肌は乾燥がちになり、黒ずみ、シワ、シミ、ニキビ、肌荒れの温床となります。

デリケートゾーンも同様です。

最後は使用感ですが、毎日使用するものですので、使い心地が悪ければ、それがストレスになってデリケートゾーンの臭いを増強させてしまうことがありますので、こだわって選ぶことが大切です。

デリケートゾーンに直接塗るものですので、成分には妥協してはいけません。

香料、着色料、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油等の添加物が配合されていない無添加処方のもの、高品質で安全性の高い工場で製造された商品を選ぶことをおすすめします。

彼の方から舐めてくれるようになる秘密のケア

ボディソープ・シャンプーは無香料タイプを選ぶ


彼から愛される身体をつくるには身体に付着するあらゆる匂いを消してみてはいかがでしょう。

臭いを香りでカバーするのは 臭いと香りが喧嘩して逆効果になる恐れがあります ので、毎日使用するボディソープ、シャンプーを匂いのない無香料タイプに変えてみるのも、一つの手段です。

自分の身体の匂いだけにすることは女性としてはものすごく怖いことでもありますが、デリケートゾーンの臭いは何かが腐ったようなひどい臭いを発する場合があり、それをボディソープに配合された香料でカバーするのは危険です。

ボディソープ、シャンプーを無香料タイプに変えた時は、 彼とエッチする前には必ずシャワーを浴びること が鉄則です。

彼にもその旨を伝えておいて協力してもらうことができれば、2人の仲はより深いものになるではないでしょうか。

無香料タイプだといってもバラやローズマリー、ラベンダー等の自然由来の香り成分が配合されていますので、無味無臭ではありません。

安心して試してみてくださいね。

デリケートゾーンの臭いは気にすればするほどより強い臭いを感じる場合がありますので、まずは、その緊張、ストレスを取り払うことが大切です。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


彼と自然体で付き合える環境をつくり、精神的に快適な恋愛ができるよう、考え方を変えてみてはいかがでしょう。

バランスよく食べることを心がける


デリケートゾーンだけに限らず、ワキ、足等のイヤな臭いは 食生活の乱れが大きな原因 となっている場合があります。

特に一人暮らしの場合は注意が必要です。

自分の好きなものを中心に食べてしまうことから野菜不足に陥っていたり、朝食抜きで仕事に出かけて夕食にステーキや焼き肉、唐揚げといった肉料理だけを続けて食べてしまったり、香辛料の入った辛い料理ばかり食べていたり…。

誰に咎められることもないので、ついつい好きなものばかり食べてしまうのは致し方のないことですが、その食生活の乱れがデリケートゾーンの臭いを強くすることがありますので注意しなくてはなりません。

バランスよく食べることとは1日3回規則正しく食べることであり、農林水産省が推奨している食事方法は 毎食、主食・副菜・主菜を組み合わせて食べること としています。

ちなみに、主食とはご飯、パン、雑穀等の穀類になり、主菜は肉・魚・卵・大豆のたんぱく質がメインとなった料理、野菜・キノコ類・海藻類を使った料理が副菜となります。

この主食、主菜、副菜にお味噌汁をつければ、完璧です。

これだけの料理をつくるのはかなりの時間と費用がかかりますが、わたし達の身体は口から食べるものでつくられるともいわれます。

旬の野菜をできるだけ安く買って、肉・魚は売り出し日やセールの時に買えば、節約できますので、下料理を済ませて冷凍しておけば、食事代で悩むこともありません。

なぜ、バランスよく食べることがデリケートゾーンの臭いの軽減、対策につながるのか、不思議に思う人もいるでしょう。

実は、わきがの原因となるアポクリン汗線は食べた料理の影響を受けやすく、食生活を変えることでわきがの臭いを抑えることができるんです。

アポクリン汗線から出る汗にはわたし達が口から摂取した料理に含まれているたんぱく質・脂質が多く含まれていて、それらが皮膚の表面に常駐する細菌作用で分解されることによってわきがの臭いが発生します。

このことを裏返せば、わきがの臭いの原因となる可能性の高いたんぱく質・脂質を減らせば、イヤな臭いは軽減されるということになります。

ワキ、デリケートゾーン等のイヤな臭いを抑えるためには、アポクリン腺に集まりやすいたんぱく質・脂質を減らせば良いんですね。

それから、腸内環境にも注目しなければなりません。

便秘気味の人は腸内環境を整える働きを持つ食物繊維がたっぷりと含まれる食品を積極的に摂取しましょう。

腸内環境が悪くなると、腸にたまった老廃物が血液の中を走り回り、身体のあちこちからアンモニア臭が臭い始めます。

デリケートゾーンも例外ではありません。

血液の流れに乗って身体中を駆け回ったアンモニア臭は体臭と混ざることで、更にイヤな臭いを発するようになります。

こうなってしまっては、彼とのエッチどころではありません。

バランスよく食べること、腸内環境を整えることは臭いの軽減、抑制だけでなく、生きていく上でも重要な役割を果たします。

美肌・ダイエットもバランスよく食べることで結果を出すことができます。

まずは、1日3回、主食・主菜・副菜・汁物を食べるようにしましょう。

お金をかけたくない時は白いご飯(主食)、玉ねぎと豚バラ肉の生姜炒め(主菜)、ほうれん草の胡麻和え(副菜)、かぼちゃの煮物(副菜)、豆腐とわかめ、ネギの味噌汁(汁物)でいかがでしょう。

ほうれん草の胡麻和え、かぼちゃの煮物、玉ねぎと豚バラ肉の生姜炒めは翌日、豚バラ丼、かぼちゃのコロッケ、ほうれん草と卵のスープに変えてもOK。

野菜は下準備して冷凍しておけば、毎日、毎週のメイン料理に使用することができるほか、主菜、副菜は旬の野菜をたっぷりと食べることができます。

生活習慣を見直して生理周期を正常化する


毎日何気なく過ごしていると、食べたいものを食べる生活、したいことだけをする生活になってしまいます。

運動が苦手な人は運動しない毎日を、料理にこだわらない人は好きなものだけを選んで食べる毎日を過ごしてると言っても過言ではありません。

この生活が悪いとはいいませんが、このような 自由気ままな生活はデリケートゾーンの臭いを更に強いものにしてしまう ことがありますので、注意しなければなりません。

「ホルモンバランス」健康を語る際、必ず登場する言葉の一つですが、女性の場合、時に臭い対策を行う場合にはこの言葉を外しては語れません。

女性には毎月生理があります。

生理は28~30日を目途にやって来るものですが、この周期が乱れると生理不順なる言葉で表現され、その不順が原因でデリケートゾーンの臭いに苦しむ女性も少なくありません。

生理前後にデリケートゾーンの臭いがきつくなったと感じた人も多いと思いますが、それは女性ホルモンが大きく関係しています。

生理時の臭いは女性によってそれぞれで、皆が同じ臭いを発しているわけではありません。

生理前後、生理中、いつもよりデリケートゾーンの臭いがきつくなり、消臭スプレーや使い捨てビデを使用して臭いを消そうと努力した女性も多いのではないでしょうか。

生理周期は生活習慣を見直すことで改善できます。

1つは、起床時間を決めることです。

仕事を持っている人はシフト勤務でない限り、毎朝同じ時間に起床して同じ時間に出かけますよね。

実は、わたし達人間の体内時計は1日の24時間より少々長いんだそうです。

毎朝決まった時間に起床する人はそのままのペースで人生を過ごすことができますが、決まった時間に起床しない人は徐々に夜型へと移行するとのこと。

それが生理不順を生む可能性があることは言うまでもありませんね。

生理周期を正常にコントロールしたい時は、毎朝決めた時間に起床してみてはいかがでしょう。

生活習慣を見直すことで生理不順が解決するかもしれませんよ。

ジャムウ・ハーバルソープでアソコの臭いと黒ずみを優しくサポート

ジャムウ・ハーバルソープとは


販売累計300万個を突破している大人気のデリケートゾーン専用ソープが、ジャムウ・ハーバルソープです。

女性だけではありませんが、特に女性は彼がエッチの際に舐めてくれる乳首周辺、デリケートゾーンの臭い対策はしっかりとしておきたいものですよね。

でも、どうやって対策すればいいのか…、迷った時にこそ選んで欲しいのが、このジャムウ・ハーバルソープです。

こちらのソープは原産国インドネシア。

インドネシアにある工場で長時間かけて手造りされている、日本人の肌に合わせた本格派、高品質の固形石鹸です。

ちなみにこちらの商品は セクシャルヘルスケアの専門店・ラブコスメが開発、販売しているデリケートゾーン専用ソープ になります。

購入場所は公式サイト、通販サイト等、さまざまなサイトで取扱われています。

ジャムウ・ハーバルソープの成分は安全


ジャムウ・ハーバルソープを検討する際、最も気になるのが成分でしょう。

ジャムウ・ハーバルソープに 配合されている成分は石ケン素地・水・ヤシ油・硫酸(Al/K)・カミツレ油・アロエベラエキス・オタネニンジンエキス・スクワラン・甘草エキスのみ です。

香料、着色料、パラベン、安定剤等の添加物は一切使用されていませんので、肌の弱い人や乾燥肌、ニキビ肌の人にも安心して使用していただけますが、ただ一つ気になる成分が硫酸(Al/K)ですね。

硫酸(Al/K)とは、分かりやすくいえばミョウバンのことです。

スーパーマーケット等で「焼きミョウバン」なる名称で売られているのを見かけたことのある人もいるでしょう。

食品の発色剤として活用されますが、最も高い効果を発揮するのが消臭効果です。

ちなみに、奈良時代にはあせも対策、おむつかぶれ等の医療に用いられていたという長い歴史を持つ成分になります。

ジャムウ・ハーバルソープに使用されている成分はすべて植物由来のものであり、 身体に悪影響を及ぼす成分は配合されていません ので安心してお使いください。

ジャムウ・ハーバルソープの使用方法


では、ジャムウ・ハーバルソープの使用方法ですが、泡立てネットを使って泡をつくります。

 発泡剤、起泡剤等の泡を立てる添加物が配合されていませんので、洗顔料のような軽い泡立てでは泡が立ちません。 

このジャムウ・ハーバルソープの唯一のデメリットともいうべき点ですが、しっかりとした泡をつくるにはかなりの時間を要します。

中途半端な泡では3分間パックができませんので、ここで頑張ることをおすすめします。

もっちりした泡がつくれたら、 デリケートゾーンにその泡を乗せて3分間 そのままにします。

泡をデリケートゾーンにつける時は円を描く要領でくるくると馴染ませていくとうまくいきますよ。

3分間待ったら、しっかりと洗い流して終了です。

デリケートゾーンの臭いが気になる人は毎日の使用をおすすめしますが、敏感肌、乾燥肌等で肌への負担が気になる人は週に2~3回、週に1回の使用でも問題ありません。

ただし、週に2~3回、週に1回の使用となった場合、毎日使用している人に比べるとその効果は薄く、消臭効果を実感できないこともしばしば。

効果を実感したい人は、毎日使用することをおすすめします。

ジャムウ・ハーバルソープで黒ずみをすっきり


ジャムウ・ハーバルソープは デリケートゾーンだけでなく、臭いが気になりやすいワキや乳房、足はもちろん、身体全身を洗うボディソープとしても活用できる ほか、デリケートゾーンの黒ずみ対策にも使用できる万能ソープになります。

黒ずみは摩擦、刺激によって皮膚の色素が変色することをいいますが、そのまま放置してしまえば、黒くなったままで元の肌の色に戻すことができません。

色素沈着を防ぐには早期発見、早期ケアが重要です。

ジャムウ・ハーバルソープには肌細胞を再生させる働きを持つアロエベラエキス・オタネニンジンエキス・甘草エキスがたっぷりと配合されていますので、早めのケアを行えば、黒ずみ・色素沈着を防ぐことができます。

特に 美白効果の高いアロエベラエキス、甘草エキス に注目してください。

この2つの植物エキスは肌の黒ずみを薄くして、 黒ずみの原因となるメラニンの生成をブロック してくれる働きがあります。

デリケートゾーン、ワキ、ひざやひじ、かかと等の黒ずんだ角質が気になる時は、しっかりと泡立てたジャムウ・ハーバルソープの泡で包み込むように洗いましょう。

デリケートゾーン同様、ひじやひざ等に3分パックをしても構いませんが、まずは泡を乗せてくるくると成分を馴染ませながら浸透させるように洗うことが大切です。

黒ずみを少しでも解消しようと考えることから軽石を使って黒ずみを落とそうとした人がいるそうですが、それは皮膚にダメージを与えて切り傷、擦り傷をつくるだけになってしまうのでおすすめできません。

泡をつくったら、手のひらに泡を乗せて、気になる部位をくるくると円を描くように撫でるのが基本です。

肌のターンオーバーは30日。

最低でも、肌が生まれ変わる1ヶ月、2ヶ月は継続して使用することをおすすめします。

ジャムウ・ハーバルソープに副作用はあるの?


ジャムウ・ハーバルソープのメリットは、完全無添加、植物由来エキス、手造り、インドネシア伝来の安全性の高さですが、まったく副作用がないわけではありません。

例えば、生理中です。

通常の時よりも身体が敏感になっているからなのか、デリケートゾーンに3分間パックを行った際、ヒリヒリとした刺激を受けた人がいるそうです。

また、 完全無添加だからなのか、高い効果を得られなかった、効果を実感できなかった、臭いには何となく効果があったように思うけど黒ずみは変化がなかった等のネガティブな感想も少なくありません。 

無添加ゆえの効果の薄さはあるかもしれません。

ですが、ジャムウ・ハーバルソープは毎日コツコツと継続して使用することで臭い・黒ずみ対策ができると公式サイトにも記載されていますので、まずは1ヶ月、毎日のシャワー、お風呂で試してみましょう。

泡のつくり方で悩む時は公式サイト内の動画を見れば、即解決!

それでも期待する泡がつくれない時は泡立てネットを変えてみてはいかがでしょう。

即泡ができる泡立てネットが通販、またはお近くのドラッグストア等で手に入れることができます。

ジャムウ

大好きな彼が舐めてくれるような身体環境をつくる


臭い、黒ずみ、乾燥…。

女性のデリケートゾーンの悩みは複雑です。

愛する彼が舐めてくれるようなデリケートゾーンをつくるには 毎日のケアが大切 です。

臭い、黒ずみ対策に効果のある専用ソープで彼に愛される身体をつくりましょう。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。