既婚男性が一生忘れられない愛人の特徴と別れても心に残り妻よりも愛された不倫相手になる方法

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

不倫は一時の恋であり熱が冷めてしまえば終わりだと軽く見られがちですが、実は 不倫の中にも本気恋愛となる不倫があり、既婚男性の胸にいつまでも忘れられずに残る女性の1人や2人はいるもの です。

「あいつは良い女だった…」ふと思い出した時に男性にこう言われる女性になってみたいものですね。

既婚男性が忘れることができない愛人の特徴、別れた後もずっと心に残っている不倫相手の特徴、そういった女性になる方法について分かりやすく説明したいと思います!

既婚男性が一生忘れない愛人の特徴

いつまでも忘れられないのは相性抜群だった元カノ

既婚男性が忘れられない女性には初恋の相手、初めての恋人、初めてエッチした女性、初めて結婚を意識した女性等がいます。

誰でも 初めて経験したこと、女性という異性を初めて意識した時の思い出は忘れられない ものですよね。

特に、結婚前に付き合っていた元カノは直近に恋愛感情があった分だけ、忘れられない存在になる確率が高くなります。

その元カノと再会し、不倫恋愛を初めてしまったとしたら…。

その女性は忘れられない存在となり、離婚を決意してしまう人も多いと言っても過言ではありません。

結婚し妻となった女性が最も注意しなければならない存在が元カノであり、元カノが夫と同じ会社に勤務しているというだけで焼きもちを焼いてしまう人も少なくありません。

同じ会社に勤務していれば、それだけに顔を合わせる機会は多く、いつ不倫が始まってもおかしくない状況だということは誰もが想像できると思います。

家で夫の帰りを待っている妻の心情はいかに…。

子どもの世話をしながらも夫の不倫を心配しつつ、ただ夫を信じて帰りを待っている妻…、同じ女性として、この時の感情は想像に難くありませんよね。

ちなみに、この場合の既婚男性の心理は元カノとの恋愛がどんな終わり方をしたとしても、
その恋愛が良い思い出として残っている場合には不倫へと発展する確率が高いといえます。

適齢期に付き合った女性との結婚を決意し、子どもを授かり、家庭では良いパパとしての顔を持っていたとしても、会社で元カノの顔を見るたび彼女との恋愛を思い出してしまうのは男性の持つロマンチックな感情からくるものかもしれません。

一般的に男性はある年齢にさしかかると、若かりし頃の恋愛に自分の不甲斐なさを見出し、その反省から似た女性を求めると言います。

今まで付き合った女性の中でも、 性格、趣味、身体の相性が良かった女性ほど男性にとっては忘れられない存在であり、その彼女と喧嘩したままで別れてしまったとしても、その喧嘩さえも良い思い出となっており、忘れられない存在となっている ことでしょう。

それが結婚前に付き合っていた元カノで、結婚後に再会し、不倫関係となってしまったとしたら…、逃がした魚は大きいと後悔し、再び恋愛関係を結びたいと考えてしまうのは男性の悲しい性だといえるでしょう。

初めて知った蜜の味!初めての不倫相手は忘れない

既婚男性の中には不倫恋愛を楽しむことができるタイプと、どんなに愛する女性ができたとしても家庭人であることを自覚し、不倫はいけないことだ、してはならないと自分自身を厳しく戒めているタイプの人がいます。

不倫は不貞行為とされ、世間的にはいけないことだと言うことは十分に理解していても、それでも会いたいという欲求に負けてしまうような本気で愛する女性に出会ってしまったとしたら、男性であれば、そのまま走り出したい感情に流されてしまう人も少なくありません。

どんな体験でもそうですが、初めて経験する時は胸が躍り、足がうきうきし出すもの。

それが不倫恋愛であれば、なおさらですね。

初めて妻に内緒の隠し事を持つ怖さ…、もしかしたら怖さを通り越して、会いたい一心なのかもしれません。

結婚してからは家庭を第一に考え、家族のためにと仕事をしてきた男性にとっての初めての寄り道は、今までの人生の中で体験できなかった熱いパッションであり、自分自身の中にこんなにも激しい感情があったのかという発見なのかもしれませんね。

そうまでして会っていた女性との時間は、男性にとっては人生の宝物であり、生涯忘れられない思い出となるでしょう。

 初めての不倫は禁断の愛情であり、蜜の味となる ものです。

この不倫の経験がその後の男性の家庭生活に大きな影響を与えることも少なくありません。

それがきっかけとなり、不倫を繰り返してしまう人、その不倫を一生涯の思い出としてもう二度と不倫はすまいと決める人…、人それぞれです。

危険を冒してまでして会っていた女性とのことは、男性は生涯忘れない恋愛として心に残し、忘れられない女性とするのは至極当然のことだといえるでしょう。

就職して知った年上女性との不倫恋愛

高校、大学を卒業して、初めて就職する会社に入社する際は、誰でも特別な思いを持って入社を決めます。

最初から3カ月だけ、半年だけ勤務してみようと思って入社する人はいないでしょう。

誰もが一生の仕事にしよう、人生の糧になるよう頑張って働こうと決意して入社式に臨むことと思います。

その会社で愛する女性と出会い、恋愛して結婚する、一般的な結婚への流れですが、その結婚後に、今まで愛した女性以上に愛せる女性に出会ってしまったとしたら…。

それが年上の女性だったとしたら、忘れられない女性になる可能性は大です!

もしも 結婚した妻が年下で、彼女の甘えた口調、寂しがり屋の性格、束縛をうんざりとした目で見ていた夫であれば、年上の女性が持つ包容力、自立心、意識の高さ、癒しはかけがえのないものとなる でしょう。

就職、恋愛、結婚とすんなりと進んだ男性ほど、年上の女性に一目ぼれしやすく、一度好きになってしまうとその真面目な性格から、離婚を悩み始め、再婚を決意するほどにのめり込むと言っても過言ではありません。

そうまでしてのめり込んだ女性を、男性が忘れられるはずはありません。

彼女が離婚、再婚を望まないとしたならば、その不倫恋愛は彼にとっては道半ばで諦めることになった恋愛であり、それだけに後悔が募ります。

誰でも経験があると思いますが、後悔した恋愛ほど忘れられないものであり、いつまでも心の奥底に棘が刺さるような痛さを持った恋愛として残っているといえるでしょう。

離婚を決意するきっかけになった女性は忘れられない

不倫はするものが悪いと言われる世の中です。

不倫された側の言い分が通りやすくなるのは、された側に大きな傷がつくからであるためであって仕方ないのかもしれませんが、不倫へと走ってしまう既婚男性には 家庭に問題がある場合も多く、夫だけが悪いと言い切れない場合もしばしば あります。

家庭問題を抱えている既婚男性はなぜか癒し系女性を求める傾向にあり、運よく癒し系女性に出会えたなら、それをきっかけに不倫恋愛へと走ってしまう男性も少なくありません。

癒し系女性というのは男性にとっては母親のような優しさを持った女性であり、唯一無二の存在であると言っても過言ではありません。

母親は男の子にとっては特別な異性であり、人生においてたった1人しかいない大きな存在なんですね。

その存在感を持った女性に出会ってしまったとしたら…。

その恋が成就しようがしまいが、忘れられない恋になるのは想像に難くありません。

運命をも感じさせる女性に出会い、両者が恋に落ちたら…。

男性であれば誰もが彼女を自分のものにしたい、手に入れたい、彼女との幸せを…と願い、妻との離婚を考え始めるでしょう。

不倫といえども、恋愛は恋愛です。

その本気恋愛の相手との再婚が叶わないとしても、男性は彼女のことを一生涯忘れることはないでしょう。

ちなみに、男性の中には遊びで不倫をする人、女性が好きで幾度となく不倫を繰り返してしまう人、真剣に不倫恋愛を長年続けている人、結婚と恋愛は別物だと考えたことから不倫という関係に甘んじている人等、さまざまです。

それぞれの生活環境、生活事情の中で、それぞれの立場で恋愛を楽しんでいるわけですね。

ですが、不倫の中で妻との離婚を決意させるような相手に出会えることは非常に稀なことであり、誰にでもそういった相手が見つかるわけではありません。

ですので、もし、そのような女性と出会えたならば、妻と子どもを捨ててでもその相手と人生をやり直したい、一生添い遂げたいと願うのは至極当然のことだといえます。

世間には「妻と子どもがいる身分で何を言ってるんだ」と厳しく叱り、不倫をいけないことだと決めつける人もいるでしょう。

しかし、 運命の相手と呼べる女性と出会える確率は極わずか 

既婚者という立場で運命の相手に出会う。

そんな相手のことを忘れる男性はいないと言っても過言ではないでしょう。

至れり尽くせり。あんなに尽くしてくれた女はいない

不倫 女性

女性なら好きな男性に尽くしたい。

「尽くす」は今や死語ともいわれる言葉ですが、不倫関係にある2人には時代は関係ありません。

家庭では妻に邪険に扱われ、仕事のストレスを癒してもくれない。

そんな環境の彼に同情し、尽くしてあげたい、癒してあげたいと思うのは当たり前のことであり、その 癒し、尽くすという行為が既婚男性の胸に響き、離婚を考えるようになる 男性も少なくありません。

「誰かに尽くすだなんて…、いつの時代の話?」と言われるかもしれませんが、確かに令和と時代は変わり、徐々に変貌を遂げている時代に夫に尽くす貞淑な妻という関係性はもう過去の話になっているのかもしれません。

しかし、それだけに尽くしてくれる、 尽くしてくれた女性は忘れられない ものだといえるでしょう。

愛する男性には家庭があり、古臭い言葉でいうならば、自分は日陰の女と呼ばれる身…。

彼には家庭に帰れば尽くしてくれる妻がいる、分かっていても止められないのが不倫です。

不倫は今突然ブームになったわけではありません。

古くは平安の都があった時代から、わたし達人間は自由恋愛を行い、不倫と呼ばれる仲であろうが、その思いを成就させていたのです。

そんな古い時代、通信手段が手紙だけだった時代、相手の顔を見ることなく通った貴族もいるでしょう。

その貴族の手紙にも「あなたほど尽くしてくれた女性はいない」と書いた殿方もいたかもしれません。

愛する彼を思い、愛する彼に精いっぱい尽くしたいと願う気持ちは、今も昔も女性であれば誰もが持っている感情だと言っても過言ではありません。

「あんなに尽くしてくれた女性はいない」と言わせることができたなら、彼にとって忘れられない女性になれたと実感できるでしょう。

ちなみに、昨今、尽くされた経験のない男性が増えています。

不倫中の彼がふとした時に家庭の妻のことを愚痴った時は彼に尽くすことを考えてみましょう。

それがきっかけで、忘れられない女性リストに加えられるかもしれません。

年下女性との不倫はなかなか忘れられない

既婚者となり、子どもからパパと呼ばれる存在になった。

男性として生まれたからには社会に貢献し、結婚して子どもを授かり、両親を安心させたいと願う人も少なくありませんが、すべての男性がこういった考えを持っているわけではありません。

男性の中には、結婚せず、一生一人で生きると決めている人もいるでしょう。

昨今、結婚に消極的な考えを持つ男性・女性が増えており、シングルのまま人生を終えると決めている人も少なくありません。

しかし、結婚しないという選択をする人の中には今現在既婚男性・既婚女性と不倫恋愛を楽しんでいる人もしばしば。

既婚男性の中には家庭を守る奥さまが年上で、かかあ天下でお財布を握られ、その不自由さから抜け出したいと願うあまり、従順な年下女性に惹かれ、その女性と抜き差しならない関係を何年も築いている人も少なくないでしょう。

男性から見る年下の女性とは…。

妹のような存在…、ではありません。

年上の女性とはまた違った魅力を持つ存在になりますが、年上の女性と年下の女性、大きく異なる点は包容力でしょうか。

年上の女性は生きている時間が長い分、人生経験が豊富で幅広い知識を持ち、精神力、金銭的に余裕があるからか、大きな愛で包み込んでくれるような柔らかい愛情があります。

反対に年下の女性は、人生経験が少ない分、男性が進むべき道を教えてあげないといけないという危うさ、ちょっとした仕草さえも可愛く見えてしまう小悪魔的な雰囲気は年上の女性にはない魅力だといえるでしょう。

自分がしっかりしなければ…と思わせる年下女性との恋愛はふと思い出した時でも不意に笑いがこみ上げてくるような可愛らしさがあり、別れて数年経っていても、彼女が前に座り、自分と向き合っているような錯覚を起こしてしまうことも…。

このような女性との恋愛を男性が忘れるはずはありません。

女性は可愛い小物、雑貨が大好きですが、それとよく似た感情です。

 「可愛い」と思ったことは心の中で長く、強く残るものであり、なかなか忘れられない ものですよね。

男性の中の可愛い女性も同様。

長く、強く心に残る、忘れられない存在となるでしょう。

別れても心に強く残る女性の特徴

とびっきりの美人!生涯ただ一人の美人彼女

世の 男性はみな美人が大好き です。

「そんなことはない」と言い切れる男性はいないでしょう。

好みの美人でなくても、「一緒に仕事するのは美人がいい」「美人が入れてくれたお茶は美味しい」「美人がいると場が和む」等、何かにつけて美人を贔屓するのは決まって男性ですものですね。

誰が見ても美人だと言われる完璧な女性は少ないですが、美人にもさまざまありまして、顔が整っている美人、性格が良い美人、仕草が何ともいえない色気を持っている美人、スタイル抜群で雰囲気の良い美人等々、個性に合わせた魅力を持つ美人がいるものです。

男性にはそれぞれに好みがあり、目鼻立ちが整ったシャープな美人が好きな人もいれば、たぬき顔の愛らしい顔が好きな人、見るからに優しい顔が好きな人、スポーティで明朗活発、明るい笑顔が好きな人等、好みはいろいろです。

美人は3日見れば飽きると言われますが、これははっきり言ってまったくのデマです。

 好みの顔を持った美人が3日で飽きるはずはない のです。

それほどに好みの顔を持った美人のことを男性が忘れるわけはなく、どんなに悲しい振られ方をしたとしても、生涯ただ一人の彼女だと心の奥底に秘めて、別の女性と結婚した人もいるでしょう。

男性にとって、好みの美人というのは別れても心に残るもので、何かにつけ、ふと思い出すことがあるようです。

女性の場合、終わった恋、元カレのことをいつまでも忘れないなんてことは少ないと思いますが、男性は「あー、好きだったなー」「彼女とこの道を歩いたなー」と空を見上げて思い出すこともしばしば。

なぜ、こんなにも男性の心に残るのか。

それは、男性が生まれついてのロマンチストでナルシストだからです。

あんなに好みだった女性はいない、とびっきりの美人と付き合っていた、あれほどの女性にはもう会えないだろう、と昔の良かった時代を懐かしく思う自分が好きなんですね。

このような昔懐かしい感情に浸ってしまうのは今の生活が楽しくないのかもしれません。

また、良い思い出になる女性のことは欲目で見てしまうもの。

実物より3割増しの良い思い出とするために、あんなに好みだった女性はいないと自分に言い聞かせているのかもしれませんが…。

どんな形にしろ、それほどまでに心に残る女性に会えたということは男性にとってその女性が勲章であり、今を生きていく糧になっていることは間違いないでしょう。

スタイル抜群!あれほど愛した女性はいない

見た目から好きになる男性は 顔、バスト、ウエスト、ヒップのスタイルバランスを見て好きになる人が多い と言っても過言ではありません。

男性の性欲を刺激する女性はいるもので、その場合、顔重視ではなく、バストの大きさ、ウエストのくびれ具合、ヒップまわりに色気を感じるとのことです。

女性芸能人の中でも、顔はそれほどでもないのにスタイルが抜群で男性からの人気が高い人がいますが、そういった感じでしょうね。

このような好みの女性に出会ってしまったら、男性はきっと生涯忘れることはできないでしょう。

もしかしたら妻となった女性のスタイルがそれほどでもなく、いつも心のどこかで不満を感じていたとしたら、余計にその女性が忘れられないものとなってしまうのは当たり前のことといえるでしょう。

 女性の中にも昔付き合った男性のことをいつまでも忘れることができず、その彼に似た男性を追い求めるという習性を持つ人がいますが、それは自分が好みとする身体の部位を持っているから です。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


身体の部位から好きになる傾向にある男性、女性はその好みの部位を持つ人に惹かれやすく、その部位にこだわりを持って探すといいます。

このような女性に出会ってしまったら、男性はいつまでも心の片隅に残しておき、一生忘れられない女性として大切に扱うと言っても過言ではありません。

半端ない優しさを持った菩薩のような女性

小さなころ優しくしてくれたことはいつまで経っても心に残り、忘れることはできません。

既婚男性が不倫へと走ってしまう原因の一つに優しくされたから、癒されたからという単純な理由でしてしまうことがあります。

それが一時の不倫であれ、不倫恋愛をするきっかけとなった出来事、その相手である女性のことはいつまでも心に残るものであり忘れられるものではありません。

優しくされたというシンプルな思い出が男性の心の中にどれほどの刺激をもたらすか、女性にはきっと想像できないでしょう。

優しさにもいろいろありますが、心を癒す菩薩さまのような優しさは既婚者である男性の心にあるさまざまな葛藤を優しく癒し、男性の進むべき方向へと導いてくれているような快さがあるものです。

この 半端ない優しさに触れてしまった男性はいつまでもその女性を追い求め、その女性に再び会えることを願って生きている と言っても過言ではありません。

そんな大げさな…、女性ならば、そう思うかもしれませんね。

しかし、既婚者である男性には家庭を背負い、家族を食べさせていかなければならないという厳しい試練を抱えて生きているものであり、それを持ち前の器用さで難なくこなしている男性ばかりではないのです。

その試練が日々ストレスとなり、自分が何のために生きているのかを模索しながらその日を過ごしている男性も多く、家族が重荷になってしまうことで離婚を考え始める既婚男性も少なくありません。

その心の悩みを大きな心で受け止め、優しくなだめてくれるのが、菩薩さまのようなおおらかで優しい心を持った女性です。

そんな女性に出会ってしまったとしたら…。

その女性との人生を選ばなかった自分を長く責め続けることでしょう。

責め続けるイコール「逃がした魚は大きい」ということですね。

家事能力で見せる女の才能

女性の中にはどんなことでもすいすいとこなしてしまう器用さを持った女性がいます。

器用に生まれた女性と不器用な女性…。

どちらに生まれつきたいかと聞かれれば、大半の女性が器用に生まれたいと答えるでしょう。

不器用な人から見れば、器用な人はただただ羨ましいのひと言に尽きますね。

もしも、 彼の妻が不器用で、彼の思うような家事能力に長けていなかった場合、妻より愛された女性になることはそう難しいことではありません 

ちなみに、不器用でも段取りさえ間違えなければ、器用な人に近いスムーズさで物事を進めることができますので、安心してくださいね。

例えば、彼があなたの部屋でデートをしようと提案したとします。

散らかった部屋に彼を通しては、「だらしない女だな」「掃除もできないのか」と嫌われてしまうかもしれません。

いつ彼が部屋デートに誘ってくれても良いように、部屋はいつも綺麗に片づけておきましょう。

中でも、玄関まわり、キッチン、お風呂、トイレ、寝室は最低でも誰が見ても綺麗になっているように掃除しておくことが大切です。

無精で部屋掃除が苦手な人はスケジュールを組んで掃除することをおすすめします。

ひと月を4週間に分け、始めの一週間は玄関まわりとキッチン、二週目はトイレとお風呂、三週目は寝室の寝具、カーテン等の洗濯、四週目は照明器具、家電製品の拭き掃除といった感じです。

スケジュールを組んでおけば、定期的に掃除ができ、いつでも綺麗な部屋で彼を出迎えることができます。

料理は段取りさえ整えておけば、料理初心者でも問題なく美味しいものを作ることができます。

野菜、魚、肉を選ぶ目は必要ですが、不安な時はスーパーではなく、商店街にある野菜屋さん、魚屋さん、肉屋さんに足を運び、こんなものを作りたいと相談してみてはいかがでしょう。

お店の人はみなプロですので、あなたの作りたい料理に合わせて下ごしらえをして渡してくださいますよ。

後は調味料で味付けすれば、OK。

どんな場合でも、少しの努力と段取りで彼の心にいつまでも残る料理を作ることもできます。

特に男性はおふくろの味にこだわりを持つ人が多く、和食中心の料理を頑張ってトライすれば、「あの人の料理は美味しかった」と何かにつけて思い出してくれるはず!

忘れられない女、妻より愛された女になるには、料理が最もおすすめです。

会話はよほどのインパクトがなければ「そんなこと言った?」で終わってしまいますが、美味しかった料理は「もう一度食べたい」となり、復縁できる可能性も高くなります。

今や、男性も家事をする時代となっており、家事は女性だけのものではありませんが、 付き合う男性の年齢によっては、家事能力の高さはその女性の才能、知識、知恵に匹敵するものであり、家事はできないよりはできる方が素晴らしい ということを頭に入れておきましょう。

妻よりも愛される不倫相手になる方法

彼が惚れ直す女性になれるよう精いっぱいの努力をする

彼に妻よりも愛される女性になるには彼の奥さまはもちろん、世界一愛される、彼にとっての唯一無二の存在にならなければなりません。

そのためにできることはさまざまありますが、中でも最も手軽に行える方法として、女性としての魅力を今よりも上げることをおすすめします。

身だしなみを整えるために美容室に行ってヘアスタイルを変えてみるのも良いでしょう。

立ち居振る舞いを見直し、女性らしい仕草を身に着けてみるのも良いでしょう。

彼を 二度惚れさせることができるような魅力ある女性に変身するには、まずは見た目から考えていくことが大切 です。

不思議なことですが、身に着けるものを上質で上品なものに変えるだけで言葉遣いに気を付け始め、誰かに接する時にもその洋服に見合う言葉を選んで話すようになるものです。

男性の中には少年ぽさを好み、何でも意識せずに会話できる気が置けないタイプの女性を好む人もいますが、一般的に男性はエレガントな上品さを持ち、清潔感のある女性を好む傾向にあります。

もし、普段着ている洋服がカジュアルでラフなものが多い時は勇気を出して、少し女性らしいラインを意識したデザインで柔らかな印象を受けるものに変えてみてはいかがでしょう。

赤や黄色、青等のはっきりとしたカラフルなものは元気をもらうビタミンカラーと呼ばれ女性に人気がありますが、カジュアルなイメージのあるビタミンカラーは実際の年齢よりも若く見せてしまうことがあり、それだけに幼く見えてしまうというデメリットがあります。

それよりもぐっと女らしさを印象づける効果を持つベージュ、薄いピンク系、シックなブラウンや紺、グレーを基礎にしたカラーを選んでみてはいかがでしょう。

エレガントな女性を演出する洋服は自然と背筋が伸び、歩き方も違ってくるはずです。

また、日ごろ香水を使用しない人はお気に入りの香水を選び、仕事、デートに出かける前にほんの少し振りかけて、香りのおしゃれをして出かけましょう。

今までとは違う一面を見た彼は、きっとあなたの変身にびっくりして、二度惚れ間違いなしですね。

意識高い系女子を目指すことで必要な女になる

意識高い系…、この言葉が流行って久しいですが、女性の中にはこの言葉を耳にして、意識を高く持とうと資格取得講座やセミナー等に積極的に参加するようになった人もいるでしょう。

男性の中には得意としない仕事にストレスをためながら頑張る人もいますが、ほとんどの人は自分が目指した仕事、もしくはそれに近い仕事に就いて、毎日一生懸命頑張っているはずです。

みなそれぞれの立場で業務に向き合い、自分のスキル、経験値を上げて今よりも責任ある地位へ上がっていこうと日々努力していることでしょう。

彼がその頑張るタイプの男性であった場合、女性に求める最低条件は仕事に向き合う姿勢だと言っても過言ではありません。

目の前の業務に一生懸命に、尚且つ真摯に向き合う女性の姿は美しく見えるもので、その凛とした佇まいを見て気になり始め、やがて愛するようになったという男性も少なくないのです。

このような 仕事人間の彼の心の中にいつまでも忘れられない女性となるには、彼が認める仕事人間になること です。

同じ会社に勤務している人は彼と部署が違っても、あなたの頑張りはきっと耳に届くはず。

もしも彼とあなたが別れていたとしても、彼はあなたが仕事を頑張っていると聞いて嬉しく思うでしょうし、あなたとの楽しかった思い出を思い出す機会も増えてくるでしょう。

今、現在不倫が進行中であれば、あなたのことを再び愛するきっかけになるかもしれません。

彼のレベルについていける仕事人間を目指して、 彼に必要だと思ってもらえる女性に変身 しましょう。

ポジティブ発想!心に印象づける言葉を選んで使う

ついネガティブな言葉を口に出してしまう…。

自分に自信がなくて、できない言い訳ばかりしてる…。

何をやってもダメなんだからとやる前からネガティブな発想を浮かべることがクセになってしまってる…。

ネガティブな言葉を口に出すと周囲の人もイヤな気持ちになることはよく理解しているのに、いつも失敗した時のことが頭に浮かび、傷つきたくないという気持ちからダメだった場合のことを先に考えて落ち込まないようにしてしまう。

実は女性はネガティブな発想をしやすく、それがクセになってしまっている人も少なくありません。

 自分を傷つけたくないあまり、先にできない場合の言い訳を考えてしまう んですね。

このタイプの女性は恋愛にもそのクセを出してしまうことが多く、付き合っている彼に「マイナス思考は疲れる」「ネガティブなことばっかでイヤになる」等の厳しい言葉を言われる人も少なくないようです。

既婚男性と不倫恋愛している人は、特に要注意です。

既婚男性が会話の時に「はぁー」とため息ついたり、会話がスムーズに運ばなくなった時はネガティブな言葉を口に出していないか、振り返ってみる必要があります。

もし、心当たりがあるのなら、ネガティブな言葉を完全に封印して、ポジティブな言葉を選んで使い、彼に癒しを与えられる女性になりましょう。

仕事、人間関係等、疲れているのはあなただけではありません。

彼が 心地よく過ごせる時間をつくってあげることで、彼はあなたのことを妻よりも愛する女性だと認識してくれる でしょう。

そうなれば、もしも何らかの理由で彼と別れたとしても、あなたは彼の心の奥深くにいつまでも残る忘れられない女性となるでしょう。

誰にも真似できない個性的なデートで印象づける

誰かの記憶に残る女性になることは、そう難しいことではありません。

国民的な人気を誇るフィギュアスケーターがソチオリンピックに出場した際のフリースケーティングは多くの人の心に強烈な印象を与え、今でもそのプログラムが忘れられないという人も少なくないでしょう。

その時の金メダリストを覚えている人は少ないのではないでしょうか。

それくらい強烈な印象を残した彼女…。

 忘れられない女性となるにはそれだけのインパクトが必要 なんですね。

それに妻より愛されるとなれば、よほどの努力が必要ですが、不倫恋愛の場合、実はそう難しいことではありません。

例えば、デートです。

彼と付き合っている時に彼が知らないことを体験できる場所へと出かけてみましょう。

一泊二日の小旅行でも良いのですが、バンジージャンプを体験したり、ろくろを回して手作りのお茶碗、コップを作ったり、富士山に登ってみたり等々。

不倫のデートといえば、部屋に2人でいてゆっくりとくつろぐ、一緒に美味しいものを食べる、おしゃれなカフェでのんびりと過ごす等、多くの人に見られない場所を選んでデートしなければならないはずですよね。

ですが、そんなデートばかりじゃ、彼もあなたも退屈してしまい、心に残る女性にはなれそうにありません。

彼に 強烈なインパクトを残す女性になるには彼にとびっきりの時間をプレゼントすることが大切 です。

彼とのデートはアクティブな外デートはいかがでしょう。

彼と一緒にいられる時間は短いもの。

その短い時間を堪能し、彼の抱えているストレスを発散してあげましょう。

彼が大きな口を開けて笑えるようなデートは、別れたとしても、きっと彼の心に深く残っているはず!

あなたの自由気ままさを羨ましく思い、いつまでもあなたのことを心の奥底に残しておくことでしょう。

不倫の愛は短い!ならば彼の心にいつまでも残る女性になりましょう

既婚男性との不倫、好きになってしまった人が既婚者であった場合、彼が離婚してあなたと再婚しない限り、彼の一番の女にはなれません。

であれば、彼の心にいつまでも残る女性になって、 妻より愛された女性になりたいと願うのは女性の本心であり、本音だといえる でしょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。