緊急事態宣言でコロナ離婚急増中?!コロナ離婚が増える理由とこの時期だからこそできる奥さんに勝ち略奪婚する方法

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を神言鑑定をもとにアドバイス致します。

 

 


 

突如として発生したコロナウイルス。

日本は今、このコロナウイルスで多くの人々の安全で健全な生活が侵され、国民すべてが混沌とする毎日をおくっています。

2020年4月、東京ほか、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都道府県が緊急事態宣言を発令したことにきっかけに各県が緊急事態宣言を発令し、政府は不要不急の外出を自粛するよう要請しました。

テレワークが可能な職種であれば自宅での業務が可能になりますが、そうでない業務の人はコロナウイルスに感染する恐れを感じながら、また、感染後の心配をしながらの出勤となります。

このような不安定な生活の中、その コロナウイルスが原因の離婚が急増 しているとか…。

なぜ、離婚が急増しているのか、また、 このような時期だからこそ既婚男性の奥さんから夫を奪う好機 ととらえ、 奥さんに勝って略奪婚する方法等についてアドバイス したいと思います!

Menu

コロナ離婚が増えている理由

24時間一緒にいることへの強いストレス

コロナ離婚が増えている理由にはさまざまな理由が挙げられますが、まず考えられることは 夫、子どもたちと24時間一緒に居ることによるストレスからの離婚 になります。

コロナウイルスが流行る前は夫を会社へ、子どもたちを学校に出した後、洗濯、朝食の片づけ等を済ませば、妻は会社やパート先へ出勤、または自宅でのワーク等、家族それぞれがそれぞれの立場を守って行動することができました。

仕事、家事、育児で忙しい日々を過ごしていたとしても、父親、母親、または夫、妻として子どもを守り育て、子どもへの責任を果たすことができていることで得る親として、夫婦としての楽しみを実感することもできていたでしょう。

しかし、 不要不急の外出自粛 となれば、その生活スタイルを改めなければなりません。

家で24時間もの長い間、家族と顔を合わせるとなると、どんなに 仲の良い家族であっても自由にできない苛立ちから何かしらのひずみは出てくる ものです。

それによって発生するデメリットが、ストレスです。

親として、そのストレスを子ども達にストレートに向けるわけにはいきません。

そうなれば、注意しておかなければならないのが夫婦間の信頼関係が壊れることです。

日ごろから夫婦間での会話を増やし夫婦としての信頼関係が成り立っている家庭であれば、突然24時間一緒に居ることになったとしてもそう大きな問題、トラブルは発生しません。

ですが、日ごろから 何かしらの不満をそれぞれが抱えている場合、ちょっとした諍いをきっかけにその不満が爆発! 

夫婦間でのトラブルがやがて子ども達へも悪影響を及ぼすこととなり、夫婦間で離婚へ向けての話し合いをすることに…。

まるで負のスパイラルですね。

人間は誰でもある程度のストレスをためているものですが、そのストレスとうまく付き合い、解消する術を日ごろから持っている人と、そのストレスをうまく解消できない苛立ちを家族に当たることで解消するしか術がない人がいます。

後者の場合、遅かれ早かれ離婚になってしまう原因を持っている人ではありますが、 離婚を考えるきっかけをつくったのはコロナウイルス であり、外出自粛という4文字になります。

これがコロナ離婚の実態です。

ちなみに、離婚を考える際、夫に離婚を請求するのは圧倒的に女性が多く、夫は妻からの要求で初めて妻の今までの不満に気づく人が多いとのことです。

夫と妻の間にある危機感の違い

コロナ離婚の原因の一つに、夫と妻の双方の危機感の違いがあります。

コロナウイルスからの感染症への危機感は誰もが少なからず持っているものだと思いますが、その危機感がみな同じで、同じ時期に持った危機感とは限りません。

その人それぞれに 別々の危機感を感じてしまったことで双方の考えにすれ違いが生じ始める ことは多々あることであり、そのすれ違いによって、その人の持つ危機感への意識の違いが原因で離婚に至るケースも少なくないのです。

例えば、夫が心配性で妻がどちらかというとマイペースな人であった場合です。

心配性な夫はテレビやネットの情報から日々コロナウイルスに関するニュースを見聞きし、それらの情報をもとに自分自身の危機感を持ちたいと考えます。

その夫に反し、マイペースな妻は「自分がコロナウイルスに感染する」ようなことは1%もないと思っていることから、テレビの前を陣取り、ゆっくりと見ることができなかったドラマや映画をこの機会に目いっぱい見たいと夫に宣言します。

どちらも外出自粛を守った行動であることは間違いないのですが、コロナウイルスへの危機感の違いが行動に出てしまっているというわけです。

この場合、どちらが正しい、間違っているとは言えません。

ただ、今現在、取るべき行動は夫の考え方にあり、コロナウイルスに関する情報はできるだけ仕入れておかなければならず、それらの情報をもとに自分なりに危機感を持っておくことで回避できる危機もあるといえるでしょう。

しかし、どちらか一方がコロナウイルスに関する情報を仕入れておけば大きな不安を抱えることもなく、急を要する際もその情報をもとに行動することができますので、必ずしも夫婦が同じ方向を向いていることはないのです。

が、 今すぐにでも検討しなければならないと焦る夫に対し、まだ慌てることはないと悠長に考える妻との間には大きな隔たりができる のは当然のことであり、近い将来、夫婦の破たんがやって来るのは自然の流れといえるでしょう。

 両極端な考えを持つ夫婦が同じ方向を向くのは至難の業 であるため、双方ともに理解するにはかなりの時間が必要で、話し合う場を設けても何かのきっかけで喧嘩が発生してしまうとそれを機に一気に離婚へと話が進んでしまうことも少なくありません。

仕事への焦りで家庭内暴力!復職できるか…、将来への苛立ち

男性・女性の中には自分より体力が劣る、弱い立場にある妻や女性、子ども、お年寄り、部下等に対し、 自分の苛立ちを暴力という形で表現 してしまう人も少なくありません。

暴力は一般的には精神的な弱さ、親から暴力を受けていた被害者の過去を持つことでトラウマとなっている等が原因だとされています。

自分自身の心をコントロールできなくなってしまった人がしばしば発症させる心の病であり、気の弱い人に多い症状だといえるでしょう。

この暴力は ドメスティックバイオレンス と呼ばれ、近年はDVと略されることが多くなっていますが、 夫婦間暴力、または配偶者暴力や家庭内暴力、近親者間暴力 を指します。

ちなみに、 DVは身体的暴力をはじめ、心理的、性的、経済的、社会的暴力、デートDV等さまざまなパターンの暴力があります。 

さて、そのDVですが、それがなぜコロナウイルスと関連するのか。

それは、 外出自粛による焦りが原因 です。

外出自粛となれば、勤務先によっては自宅待機となり出社が叶いません。

会社によっては出勤日数が減る、もしくは勤務時間が減ることで給料の減給が提案される場合もあるでしょう。

勤務先で決定したことであれば、その決定事項を守らなければなりませんが、そうなってしまえば、たちまち困るのが毎月の生活費です。

最近、この生活費のサポートをめぐって、あちらこちらから意見が出ていますが、いつになったら収束するのか分からないコロナウイルス相手では、もしかしたら焼け石に水の状態なのかもしれません。

まったく出ないよりはマシですが、その一時金の給付を受け取ったとしても長い不況への入り口に立っていることは間違いないでしょう。

そんな不安な生活を過ごしていると、将来への不安から、誰でも心が荒んできます。

家族みなが家の中で顔を合わせると幸せを感じるものですが、このような時は笑えるような明るいニュースは少なく、テレビをつけてもコロナウイルスの話題ばかり…。

家族それぞれがさまざまな不安を持ちつつ、さまざまなトラブルに直面しつつ暮らす時間は、まさに針の筵状態。

そんな不安定な時間を過ごしていれば、どこかでひずみが出てくるのは当然で、そのひずみが家族間のトラブルの種を生んでしまうのも、どこの家庭にも起こり得ることであるといえるでしょう。

特に夫は一家の大黒柱として家族が困らない程度には稼いでこなければならないという強い責任感を持った人がおり、そういったタイプの男性であればあるほど、妻、子どもへの責任から自分自身の不甲斐なさを感じてしまうことから心の中に悪魔を住まわせてしまいます。

その悪魔が夫の心を支配してしまうことから、妻や子どもに暴力を振るってしまう…。

これが、DVの始まりです。

DVは見聞きしたことのある人であればよく分かると思いますが、一度誰かに向かって手を上げてしまうと手を上げることに躊躇がなくなり、徐々にエスカレートしていきます。

最初は妻の顔を一度殴るだけで済んでいたものが、次は二度、三度と増えていき、最後は手と足を使って殴る蹴るの状態となります。

このような毎日が長く続くはずはなく、殴られている妻や子どもはその状況から逃げ出したいと思うことから、親や友人、弁護士等を頼り、離婚について相談するでしょう。

このような時、問われるのは人間性です。

誰もが 強い焦りを感じる時こそ、その人の本性が見える ものです。

DVする気質を持つ男性はその人の本質が変わらない限り、治るという見込みはありません。

離婚に向けての話し合いを行う時はDVした本人が謝罪したとしても、その言葉をそのままに受け取ってはいけません。

一度あることは二度三度ある。

この言葉はDVする人に最適な言葉であると言っても過言ではありません。

コロナの影響で奥さんとの離婚を考え始める男性の特徴

もともと妻に不満があった。妻との将来に希望が持てない

コロナウイルスの影響で奥さんと離婚を考え始める男性の中には、 もともと妻に不満があり、その妻との将来に希望が持てない 人がいます。

妻に不満を持つ夫は少ないと言っても過言ではなく、 世の中のほとんどの旦那さまは奥さんに対して少なからず大なり小なりの不満を持っている ものであり、まったくないと答えられる夫はいないでしょう。

どんなに大恋愛して結婚したとしても、妻一人を愛し、妻と家族のためだけに生きていると言える夫が何人いるか…、すべてとは言いませんが、妻に隠れて不倫やちょっとした恋愛ごっこを楽しむ夫はいるものです。

妻のことだけを考え、妻との将来を思い、妻だけを愛していると胸張って言える夫が幾人いるのか…、離婚を考えたことのない夫はいないと言っても過言ではありません。

また、 人間の感情は日々変化する ものです。

結婚当初は何とも思わなかった妻の口癖が結婚して数年が経つと、徐々に耳障りに感じ、その言葉を口に出す妻に不満を感じたりその不満を察しない無神経さに腹が立ったり…。

ちょっとした気持ちの変化によって感情は右往左往するばかり。

そうなれば、妻が何をしても何を言っても腹が立ってくるようになり…、やがてそれが不満となり、その不満が顔に出てくるようになってしまうんですね。

あからさまに顔に出して不満を訴えても、妻は気づかない。

勤務先に出勤している毎日でもその不満を持て余してしまっていたのに、 外出自粛で24時間一緒に居るとなれば、その不満が爆発する のは遠い将来ではありません。

 妻との離婚を真剣に考え始めるきっかけとなる のは間違いないでしょう。

妻がネガティブ系で、心が休まらない

人間には大きく分ければ、ポジティブな発想を持つ人、ネガティブな発想を持つ人の2つに分けることができます。

ポジティブな発想を持つ人はどんなアクシデント、トラブルにも動じず、解決策を講じるための粘り強さというものを持ちますが、ネガティブな発想を持つ人にはその粘り強さを持ち合わせていない人が多いと言っても過言ではありません。

もしも 妻がそのネガティブな発想を持つ人だった としたら?

外出自粛で24時間ずっと妻と一緒に居ることは言い換えれば、それは地獄のような日々だといえるのではないでしょうか。

 仕事で家を空けている時間があるからこそ妻のネガティブな発想から逃げることができていた のに、逃げられないとなると我慢できる範囲でおさめておかなければなりません。

しかし、今、世の中はコロナウイルスで持ち切り…、となれば、妻の心に響いているものはコロナウイルスのことばかり。

そうなれば、 ネガティブな発想を持つ妻の口から出てくる言葉も「コロナウイルスでわたし達の生活が破たんした夢を見た」「絶対にわたしは感染する」「感染したら、誰にも会えない」等のネガティブな言葉ばかり が発せられる。

ただでさえコロナウイルスのことでうんざりするような気分の毎日なのに、妻の口から出てくる言葉は、自分がコロナウイルスに感染する、コロナウイルスで生活が破たんする等の先の見えない暗い話ばかりとなれば、気の休まる時がありません。

確かに、コロナウイルスのことは誰もが不安で、感染したらどうなるのかとの心配はあって当然然るべきことですが、 毎日毎日ネガティブな言葉ばかりを聞いているとそれだけでうんざりしてしまう のも事実です。

が、あまりにも度を越したネガティブな言葉ばかりでは夫の気持ちが妻から離れてしまったとしても致し方ありません。

夫として、妻を守る立場にあり、守らなければいけないと思う反面、妻の口から出てくるネガティブな言葉を聞くたびにどっと疲れが増し、 妻の相手をするだけで疲労困憊 となれば…、夫の頭の中に離婚の2文字がちらほらと出始めたとしても何ら不思議はないでしょう。

自分のストレスを自分で解消せず、夫にぶつけることで解消させる

女性の中には不安や心配事があると、その ストレスを誰かにぶつけることで解消することを優先させる タイプの人がいます。

例えば、 ぶつける相手が夫しかいない 場合、夫への甘えから、そのぶつけ方は顕著になります。

このタイプの女性と結婚している既婚男性は一般的に根気強いタイプの人が多いものですが、コロナウイルス等の人々に大きなダメージを与えるような出来事が起こった場合、その不安は更に大きなものになるため、注意が必要です。

誰でもテレビニュース等からコロナウイルスの最新情報を耳にするたびに不安は大きくなるものですが、このタイプの人はその不安を自分自身の中で解決することができません。

そうなれば、その時の感情を周囲に居る人にむき出しにしてしまうんですね。

通常、成人している大人は自分の感情をむき出しにすることをカッコ悪いことだと判断できる冷静さを持っていますが、ストレスを誰かにぶつけることで解消する習慣を持つ人は、残念ですが、そのような制御作用は持ち合わせていないと考えられます。

 むき出しの感情をぶつけるという行為は夫に対する一種の甘えでもあるのですが、一緒に居る時間が長くなれば、そのむき出しの感情を24時間受けていなければなりません。 

これではどんなに根気強い人でも、精神的に疲れてしまいます。

人間は疲れてしまうと、ろくなことを考えません。

平穏な時は考えもしなかったことを考え始めるのが、このような大きなダメージを受ける時です。

妻のむき出しの感情を見るたび、妻への愛情が薄れていったとしたら、夫の考えることは一つです。

離婚の2文字でしょう。

ストレスをぶつけられる相手が居る人は幸せですが、そのストレスをぶつけられる人はたまったものではありません。

むき出しの感情そのままにぶつけることができる人はストレスをぶつけられる人の気持ちなんか想像することもないと思いますが、このような幸せは長く続くものではありません。

 根気強い男性ほど、一度決めたことはそのまま貫き通す ものです。

離婚へ向けての話し合いとなれば、妻がどんなに泣いて詫びても、覆水盆に返らず…。

元の夫婦に戻ることはないでしょう。

外出自粛の今!既婚者の不倫相手と触れ合う方法

彼のトイレタイム、あなたの休憩時間を利用してライントーク

自由に出かけられない時は 不倫相手の彼とラインでトーク を楽しみましょう。

彼が既婚男性で奥さんの目が光っていたとしても、 24時間いつも奥さんが隣に居て見張っているわけではありません。 

彼がトイレに立った際、ほんの短い時間となりますが、その時間に彼とのライントークを楽しんでみてはいかがでしょう。

 会えない今だからこそ、彼との2人きりのラインを楽しみましょう。 

奥さんの居る家の中に居る彼と、奥さんに隠れて楽しむ…。

想像するだけでワクワクどきどきですね。

このお家デートは外で2人きりのデートを楽しんでいる時よりも燃え上がるかもしれません。

会えない時はより会いたいと思うものです。

そんな時こそ、彼にあなたの素直な気持ちを伝えるチャンスだと捉えて、彼に日ごろ言えないあなたの素直な思いをラインで送りましょう。

会いたいのに会えない、愛しているのに引き裂かれてしまう…、2人はまるでロミオとジュリエットですね。

2人の恋路を邪魔する奥さんは差し詰めロミオがジュリエットを愛する前に好意を持っていたロザラインでしょうか。

強い力で惹かれ合う2人の将来は悲劇に見舞われますが、こうならないためには外出自粛の今はほんの少し触れ合うだけで我慢しておくべき時期なのかもしれません。

食材・日用品を買いに出かけた先から電話デート

不要不急の外出を自粛となれば、家族みんなでスーパーへ行くのも避けておかなければなりません。

そんな時は、 彼に率先してスーパーへ買い出しに行く役を引き受けてもらいましょう。 

そうすれば、その スーパーで買い出しを行う間、彼とあなたの2人の時間を持つ ことができます。

スーパーで買い物をするちょっとした時間となりますが、それでも会えない彼の声を聞けることは幸せだと思えるはずです。

彼の優しい声を聞けただけで安心できるのではないでしょうか。

【期間限定】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


ちなみに、外出自粛で街によっては人がまばらで閑散としてします。

だから会いやすいと言う人も少なくありませんが、そんな時は不思議なことに知り合いに会ったり、どこかで見られたりするものです。

特に、 不倫恋愛中の2人は目立ちやすく目につきやすいというデメリットもありますので、2人で会うことは避けておきましょう。 

彼との電話デートでは満足できないかもしれませんが、コロナウイルスが収束するまでの我慢です。

「明けない夜はない」シェークスピアがマクベスでマルカムに言わせた言葉です。

必ず、朝はやって来ます。

それを信じて、コロナウイルスが収束する日を待っていましょう。

同じ曜日・同じ時間に同じ音楽を聴くことで2人の思いをシンクロさせる

彼に会えない寂しさをどうにかして埋めたい人は、彼と連絡をとって、 同じ曜日・同じ時間に同じ音楽を聴くことで彼と2人の思いをシンクロさせてみてはいかが でしょう。

おすすめの曜日は一週間が始まる月曜日、もしくは週末の日曜日。

おすすめの時間は就寝前の夜10~11時。

おすすめの音楽は、2人の好きな音楽であれば、何でも構いません。

彼との思い出の曲、彼のお気に入りの歌、出会った時にかかっていたクラシック音楽等々、どんな歌でも曲でも構いませんので 2人が聴いて心地いいと感じられる音楽 を選びましょう。

あとはその曜日、その時間が来るのを待つだけです。

その曜日、その時間、 彼と同じ音楽を聴いていることで安心してぐっすりと眠ることができる でしょう。

会えない時は、彼の気持ちが離れていないように、2人の思いが同じ方向を向いているように、さまざまな工夫をすることが大切です。

彼の心の奥底に入り込んで忘れることができない、たった一人の女性を目指しましょう。

【社内不倫】会えない寂しさを埋めるためのポジティブ行動

自宅でできる筋トレで女性好みの身体を手に入れる

社内不倫をしていると、会えない時間が余計に辛く感じるものです。

女性の場合、好きな人に会えない寂しさを食べることで忘れる人も少なくありませんが、それでは折角のスタイルが崩れてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

 会えない時間を利用して身体を鍛えてみてはいかが でしょう。

ウエスト回りについた脂肪もぶよぶよした二の腕の脂肪もこの際、すべて綺麗に取り去りましょう。

そのためには 生活習慣の見直しと運動が重要なポイント です。

なりたい体型を思い描いたら、あとは行動するのみです。

100円ショップに行ってウォーターダンベルやヨガマット、ゴムチューブ等の筋トレグッズを手に入れたら、自宅に戻り、自分なりに無理のないスケジュールを組んでみましょう。

最初から無理のあるスケジュールを組んでしまうと続きません。

必ず、 精神的に無理のない、継続できるスケジュールを組むことをおすすめ します。

あとはそのスケジュール通りに進めていくだけです。

スケジュール通りに取り組めた日ははなまるを、できなかった日は三角や赤丸で印をつけておくとやる気が出てきますので、おすすめです。

コロナウイルスが収束したら、彼をデートに誘いましょう。

その日はウエストを強調した洋服に身を包み、彼をびっくりさせることをお忘れなく。

料理上手な女性を目指す。久しぶりのデートで腕を振るうことを楽しみに

社内不倫は毎日顔を見る、何かしらの噂が耳に入ることで恋愛感情をキープしている面があることから、 会えない日が続くと愛情が急に冷めてしまって関係が壊れやすくなる といわれます。

確かに社内不倫の場合、毎日顔を合わせない不倫と違い、2人の共通点が多く、それだけにのめり込むやすいと言っても過言ではありません。

その2人がコロナウイルスの影響を受けて、なかなか会えない日が続いているとしたら…、顔を見ないことに慣れてしまって不倫関係を解消しようという既婚男性も出てくるかもしれません。

そんなことにならないよう、会えない時間を有効に活用して、 また会いたいと思わせる女性に変身 しておきましょう。

そのためにも、 料理を習うことをおすすめ します。

外出自粛で習い事に行けないと思うかもしれませんが、料理はテレビの料理番組や書籍で感性を磨くこともできますので、まずは挑戦してみましょう。

 誰かのために料理をするということは自分自身の心を豊かにする ということでもあります。

久しぶりに会った彼の胃袋を掴むことができれば、彼の離婚が早まるかもしれません。

女性としての自分を客観的に見ることで悪い習慣・癖を治す

女性の中にはいつでも進化していたいと思うタイプの人がいて、不倫恋愛中の彼に今以上に魅力的な女性だと思われたいと望む人も少なくありません。

冷静沈着でクールな一面を持つ女性ほど自分を客観視できると言われますが、少し 大人の女性になって彼を二度惚れさせてみてはいかが でしょう。

そのためには、まずは 今の自分を知ること です。

彼に会えない時間を活用して、 自分磨きに挑戦 してみましょう。

用意するものは真っ白の紙と黒いペン、青いペンのみです。

ペンはどちらも細マジックでもOKです。

真っ白の紙を半分に折り曲げ、真ん中に印をつけます。

左半分に黒いペンで自分の悪いところ、人に指摘されるところを思い出せる限り書き出します。

次に、右半分に青いペンで自分の良いところを、こちらも思い出せる限り書き出します。

書き出したら、見える場所に貼っておきましょう。

朝起きたら、まず黒いペンで書き出した悪いところをはっきりとした声で読み上げます。

次に、青いペンで書き出した良いところを同じように読み上げます。

これを毎日続けます。

自分の悪いところを自分なりに解釈して治すことができたと感じたら、黒いペンでその文字に二重線を入れて消します。

悪いところがすべて無くなるまで、根気よく続けましょう。

人は自分を客観的に見ることはできないものですが、このシンプルな方法を実行すれば悪いところを客観的に見ることができ、それを改善しようという意思が働きます。

この方法で悪い習慣、悪い癖を治し、褒めてもらえる女性へと変身してみましょう。

こんな時期だからできる…、奥さんに勝って略奪婚する方法

深夜の癒し系ライントークで彼の心をホッとさせてあげる

 コロナウイルスで精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けている不倫相手を奥さんから略奪婚したい時は妻よりも愛される女性になることが大切 です。

そのためにはまず、 外出自粛、給料削減等で仕事への支障をきたして落ち込んでいる彼の心を癒してあげましょう。 

彼が家から出られない時に送るラインは奥さんに見られる危険性があり、それだけにハードルが高くなりますが、一緒に居るといっても24時間ずっと彼の近くに奥さんが居るわけでも、奥さんが不倫を疑い、夫のスマホに目を光らせているわけではありません。

 妻や子どもが寝静まる時間を見計らってラインを送れば、奥さんに気づかれる心配もありません。 

その時間帯にラインを送ってみてはいかがでしょう。

ちなみに、 送る言葉は「元気?わたしは元気だよー」の挨拶から始まって「またねー」まで、ネガティブな言葉は一切禁止 です。

少しでも「仕事どうなるんだろう」「へこむよね」「これからが心配」等のネガティブな言葉を送れば、あなたとのラインでひと時でも忘れていた現実が蘇ってくることになりますので注意しましょう。

あなたとラインしても彼の心が晴れないとなれば、彼は奥さんと不倫相手、考えることはそう変わらない、誰と話しても気の休まることはないんだなと感じてしまうかもしれません。

そうなれば、今のままで満足だと考えることから、不倫相手は不倫相手として、奥さんは奥さんとして、現実を見ていこうと考えてしまうかもしれません。

そうなれば、離婚は遠のきます。

彼に「あいつはいつも呑気だな」「あいつ、真面目に考えることってあるんだろうか」と思わせましょう。

呑気な面を見せて、彼の心を癒すことができれば、この作戦は成功です。

 どんな時でもホッとさせてくれる女性は男性にとっては愛しいと思うもの です。

その愛しい女性になることができれば、略奪婚もそう遠い未来ではありません。

ポジティブな人生を描く!明るい声と笑顔で2人の今後を想像させる

会えない時間は長く感じるものですが、コロナウイルスの外出自粛で彼となかなか会えない時は彼との電話デートで盛り上がりましょう。

24時間、奥さんと一緒に居る彼でも 奥さんが一人で買い物に出かける隙を狙えば、電話デートが可能 です。

久しぶりの彼との電話…、となれば 「会いたい」「次はいつ会えるの?」等、彼とデートできない鬱憤を彼にぶつけることで晴らそうとする人もいますが、この行為はおすすめしません。 

なぜならば、 彼からうざいと思われる確率が高くなる からです。

不要不急の外出を控えるようにとの宣言が発令されていると、自由に動きたくても動き回ることができず、少なからずストレスを溜める日々となります。

 ストレスが溜まるのは誰もが同じ ですが、仕事熱心な男性であった場合、仕事に行けない不安感を持ちながらテレワークでその業務をこなしている人もいるでしょう。

しかし、対面と違ってもどかしさを感じることもしばしばあるはずです。

そんな時、 不倫相手から「会いたい」「会いたい」とせがまれるとそれだけでストレスを感じてしまうことからうざいと思ってしまう 人も少なくありません。

そんな状況をつくってしまわないよう、電話の内容は明るくポジティブなものにしておきましょう。

こんな暗い話題の中、殊更に明るく努めようとするあなたは魅力的に見えるもので、そんな気遣いのできる女性だったんだと彼の中で評価が上がってくるかもしれません。

そうなれば、あなたとの未来を描いてみようかとなるのも自然の流れといえるでしょう。

わたし達人間はどんよりとした暗い場所、汚れて清潔感のない場所に好んで行こうとはしません。

 誰もが明るく清潔な場所を好む もの。

その先にキラキラ輝く未来があれば、その道を進みたいと願うのが普通の感性を持った人間です。

彼との電話デートで、 彼にあなたとの2人の未来が明るいことを再認識 してもらいましょう。

2人の将来が明るく輝いたものであることを想像してもらうことができれば、彼はあなたとの再婚を真剣に考え始めるでしょう。

会えない時間を活用して、女性としての価値を高める

 外出自粛で彼と会えない時はその時間を有効に活用して女性としての価値を高めることにこだわってみてはいかが でしょう。

 料理、掃除、片付け…、部屋の中でも一人で取り組めることは山ほど あります。

よく結婚式のスピーチで聞く3つの袋をご存知でしょうか。

一般的には「胃袋」「堪忍袋」「お袋」、または「胃袋」「お袋」「給料袋」とも言われます。

この3つの袋の中でお袋・給料袋は結婚してからの話ですので、今は関係ありません。

残るは堪忍袋と胃袋ですが、堪忍袋は彼とデートできる状態になった時に注意しておけばいいのであって、こちらも今は関係ないといえるでしょう。

となれば、残るは 胃袋 です。

実はこちらの袋こそが、最も重要な袋であり、不倫相手の彼に結婚を意識させるための重要な働きをする袋と言っても過言ではありません。

万が一ですが、今不倫している 彼と別れることになったとしても、のちのち役立つ袋 ですので、会えない時間を活用してスキルを上げておいても無駄にはなりません。

 将来の妻として、また一人の女性として、料理のスキルを高めておくことで、奥さんから彼を略奪した後も幸せな時間を手に入れることができる でしょう。

ちなみに、料理上手な奥さんは夫の胃袋をしっかりと掴むことができていることから、夫婦円満、末永く仲良く暮らせると言われています。

 略奪婚を成功させるには彼の胃袋を掴む料理をつくること です。

料理が上手な人も苦手な人も、もう一度勉強してみてはいかがでしょう。

部屋で勉強は難しいのでは…、と不安に思う人もいますが、今はネットの時代。

わざわざ習いに出かけなくても動画サイトでも本格的な料理を習うことができます。

コロナウイルスが収束してデートできるようになった時、部屋デートを提案し、あなたが腕を振るった料理を食べてもらいましょう。

「愛情込めた料理なら美味しいって食べてくれるはず」なんて言葉も耳にしますが、それは付き合い始めた最初の数週間だけです。

美味しくない料理をわざわざ時間を割いて食べてくれるような奇特な既婚惰性はいません。

奥さんから略奪するには彼が毎日あなたの料理を食べたいと思ってくれることが大切です。

そのためには 彼の好きな食材を使った料理を練習する ことです。

彼に喜んでもらえて、彼とあなたの健康管理ができて、一石二鳥。

会えない時間を有効活用して、あなたの女性としての価値を高めましょう。

こんな時だからこそ!不倫相手の心を癒してあげましょう

日本中の人々の心を不安にさせているコロナウイルス。

これから先どうなっていくのか、 誰もが大きな不安を持ちながら生活している ことと思います。

このような時は不倫相手に 会いたい気持ちを抑えて彼の心を癒してあげることを優先 しましょう。

仕事への焦り、会えない寂しさ等への同調、それに準ずるような言葉は返って逆効果です。

誰かの優しさが身に染みやすい今日この頃だからこそ、あなたの優しい癒しが心に残るはず。

 癒し系女性に徹することで彼からの大きな愛を手に入れることができる でしょう。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【神言鑑定】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【神言鑑定】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。