既婚者を好きすぎて苦しい…本気で好きになりそうで辛い時の対処法

ラブラブ・仲良し
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いた東洋占星術×心理学をもとに無料診断いたしますね。

既婚者男性を好きになると、そこからずっと辛い思いを引き起こす要因を持つようになります。

好きになった瞬間、彼が既婚者だと分かった時から、気持ちが通じ合って不倫関係になってからも、好きという気持ちは辛いに繋がってしまう場合も少なくありません。

そんな不倫をする女性の辛い気持ちへの対処法について、状況別にご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

辛いままでは、大好きな既婚男性との関係を上手く続けることは出来ませんし、奥さんから略奪したいと思った時には勇気が湧いてこないこともありますので、しっかりと自分の気持ちに立ち向かいましょう。

彼は結婚してる…でも…!既婚者を好きになる女性心理

既婚男性特有の心の広さを感じている

結婚している既婚男性を好きになる女性心理は、既婚者特有の心の広さを感じていることから「包み込んで欲しい」「包容力が素敵」というものが挙げられます。

結婚した既婚男性は、家族という守る存在が出来たことで、一気に心が広くなり、その対象は奥さんや子供に留まることはありません。

自分と関わる人に対して、 包容力 を感じさせることでモテるようになることもあります。

そんな既婚男性と接することによって、女性は好意を持つようになるのです。

「もっと包み込んで欲しい」と特別な関係を望むようにもなります。

これまで独身男性に恋をしてきた女性にとって、既婚者特有の心の広さはとても魅力的なものです。

今まで感じたことのない感情だからこそ、既婚者への恋愛感情を押し殺すことは出来ません。

燃え上がった恋心に素直になることで、彼へのアプローチをしたり不倫関係になるための方法に取り組んだりします。

もうその思いを誰もとめることは出来ないのです。

守られることを望んでいる

前項の包容力に似たものですが、女性は常に男性に対して「守られたい」という心理を持っています。

どれだけ頼りになる女性、強い女性でも、いつも堂々としていられるわけでもなく、生活を送っていれば辛く悲しいこともあるものです。

そんな時に、異性に守って欲しいと思うのは女性として当たり前の心理で、それを既婚男性に対して抱くケースが多いと言えます。

結婚している男性は、守るべき存在がいて、守る術を知っています。

奥さんとの女性がいつも身近にいることで、女性の心理状態にも詳しくなります。

そんな家庭持ちの男性と一緒に過ごすことを 心地いいものだと感じ、次第に好きになっていく のです。

「こんなに自分を理解してくれる人はいない」「誰にも分ってもらえなかった気持ちを理解してもらえる」という感動は包み込む力に繋がっています。

見守る優しい目、冷静な判断、人を見る目など既婚男性を好きになる要素がたくさんありますが、結婚しているからこその包み込む雰囲気で一気に恋心を持つようになるのです。

父親のような深い愛情を求めている

女性にとって父親は特別な存在だと言って過言ではありません。

娘への愛情は無償で、母親からのそれとはまた違い愛の大きさを感じ取ることが出来ます。

そんな父親からの愛情に似たものを、既婚男性を好きになることによって求めている場合が多々あるのです。

既婚者の男性の中には、実際に自分の子供を持っている人もいます。

 無償の愛 がどのようなものなのかを知っているのです。

子供がいなくても、結婚を意識するくらいに愛する奥さんへの愛情も無償の愛だと言えます。

そんな愛情を与えてくれる存在だと既婚男性に対して感じていることで、好意を持つことになるのです。

父親のような愛情を追い求めているところに、好きな既婚者男性が現れると、結婚していることが分かっていても、家庭を大事にしている事を知っていたとしても好きになってしまいます。

その気持ちをとめることが出来なくて、不倫関係に発展していくのです。

不倫だし報われるわけない…。既婚者を好きになりそうな時の対処法

結婚について考える

「不倫だし報われるわけない」「どうにしてこの気持ちを抑えなければならない」と思っている時の対処法は、あなたにとっての結婚について考えることです。

家庭持ちの男性を好きになりそうな時は、まだ冷静で客観的な判断が出来る頃ですから効果があります。

あなたが持つ結婚願望について、 いつ結婚をしたいのか、どのような結婚生活を望んでいるのか など、この機会にしっかりと考えてみましょう。

あなたが結婚したい時期がはっきりしていれば「今、既婚者と不倫をしている場合ではない」との決断に至ります。

好きな気持ちが大きくなる前に、あなた自身が追い求める幸せのために彼を諦めるこtが出来るのです。

感情に振り回されることなく、環境や未来について考えていくことであなたの求める結婚を掴み取れるかどうかが決まってきます。

ここはしっかりと冷静になって、既婚男性と不倫をすることで将来設計がどう変わっていくのか調査してみましょう。

誰かが傷を負うことについて理解する

不倫や浮気は誰かがいつも傷ついているものです。

敢えて、そこから目を逸らしている人は少なくありませんが、既婚者を好きになりかけている段階ならば想像出来るはず。

奥さん子供のいる男性と交際することで抱く切ない気持ちや辛さ、寂しさはあなたが傷つくことになります。

好きになった女性と奥さんの間で傷つくのは既婚男性です。

そして、不倫や浮気がバレた時に最も傷つくのは奥さんや子供だと言えます。

旦那の裏切り行為は、 心の殺人 と言われていて、奥さんや子供の心を壊してしまう場合もあるのです。

このまま既婚男性のことを好きでい続ければ、いつか男女の関係になっていきます。

しかし、その先に誰かが傷つくことを理解していれば、今の自分の想いを留めることが出来るはずです。

想像力を働かせ、彼や奥さんの立場になってみて、どのような気持ちになるのか、どのような試練が訪れるのかを考えてみましょう。

それでも彼への想いを諦めきれない時には、それは本物の愛だと言えます。

不倫関係についてのデメリットを知る

不倫をするにはデメリットが存在しますので、それを知ることで既婚男性を好きになりかけている時の対処法となります。

前項の誰かを傷つける関係も一つのデメリットです、それ以外にも関係がバレると調停や裁判を起こされたり慰謝料を請求されたりします。

何よりも、強制的に彼との関係に終止符を打たれることになったり、社会的な制裁を受けることはとても辛いものです。

社会人は何をしていても信用第一ですので、会社に居づらくなったり、それまで仲良くしていた友人と縁が切れてしまったりすることもあります。

場合によっては、家族に見捨てられてしまう女性もいるのです。

不倫のデメリットは、 あなたの身にトラブルが起きる ということ。

これまで培ってきたものが音をたてて崩れ落ち、あなたも一人では立ち上がれなくなってしまうかもしれません。

それだけのデメリットがいつどのタイミングで振ってくるのか分からないのが既婚者との秘密の恋なのです。

彼を好きすぎて苦しい…辛い気持ちはどうすればいい?

気持ちを繋げる

既婚男性のことを好き過ぎて辛い場合には、思い切って気持ちを繋げていきましょう。

自分の中で大きくなる彼への気持ち、その器からはみ出てしまいそうになっているので辛くなっているのです。

しかも相手は既婚男性ですので、「上手くいくか分からない」「彼も自分を好きになってくれるかわからない」という不安な気持ちを辛さを後押ししています。

分からないという不安な状況から抜け出すことは辛さから解放される方法でもあるので、 自分の気持ちに正直に 彼との気持ちを繋げていきましょう。

片思いは相手が既婚者でなくても辛いものです。

既婚者男性と両想いになる方法を模索して、実行に移していきましょう。

頭の中で考えているよりも、実際に体を動かして行動をしている方が気持ちは楽になります。

ウジウジしている間に、結婚している彼の気持ちを手に入れるための行動が取れるはずですので、早速動き始めてください。

その中で見えてくる真実に合わせていくと、辛さから解放されます。

辛い気持ちを素直に伝える

好き過ぎて辛いあなたが、すでに既婚男性と不倫関係になっている場合には、一人で悩まずにその気持ちを素直に伝えてください。

あなたと不倫恋愛をしている男性は、あなたからの本気の愛情を感じて、きっと抱える辛さに気付いています。

それが既婚者との不倫であることも分かっているはず。

しかし、結婚している身としては浮気相手の女性に簡単にでしゃばったことは出来ません。

だからこそあなたは素直に辛いこと、それは好き過ぎることを伝える必要があります。

 あなたから直接伝えられる ことによって、彼は行動を起こしやすくなります。

これまで以上に連絡や会う時間を増やしたり、中には奥さんとの離婚を進めたりする既婚男性もいるのです。

SOSをしっかりと愛する不倫相手の男性に発することで、彼なりの解決策について考え、実際に行動に移してくれますので、好き過ぎる気持ちは変わらなくても辛い状況からは抜け出せます。

敢えて距離を取る

奥さんのいる既婚男性を好き過ぎて辛い時には、敢えて彼と距離を取るのも一つの方法です。

一気に彼と距離を縮めた時、二人の仲が上手くいっている時などに好き過ぎて辛い状況に陥りやすいのです。

 幸せ過ぎて怖い という状況に似ているかもしれません。

好きな気持ちが大きくなり、それでも不倫恋愛は「いつ終わるか分からない」「彼と一生過ごせるか分からない」ということで不安にもなってしまいます。

その不安が辛い感情を呼び起こしているのです。

不倫相手の男性と距離を取ることで、不倫に対してや好きな男性に対して冷静に見ることが出来るようになります。

近すぎてわからないという状況から抜け出し、自分のことも相手のことも客観体に見ることによって、好き過ぎて辛い状況から逃れられるのです。

不倫関係は常に距離を縮めていると女性が不安で辛くなりがち、周囲にも目を配りにくくなりますので、時々は敢えて距離を取るようにしてください。

【期間限定・12月16(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。




自分を守ることにも繋がりますので意識した行動を心掛けましょう。

既婚者への片思いは諦めるべき?両想いを目指すべき?対処法も紹介!

2018.11.30

不倫でも愛してる…!本気で好きになり不倫と向き合う時の注意点

二人のルールを確立させる

どうしても好きな気持ちを諦めることが出来ない、「不倫関係になりたい」と本気で思った時の大切な注意点は、二人のルールをしっかりと確立させることです。

既婚男性との関係は、普通の恋愛とは違う心構えが必要ですから、ルールを作り、それを二人で守っていくことで関係を継続させられます。

結婚している男性との不倫恋愛には、我慢が必要です。

しかし、ルールを作ることによって、二人がそれを守ることによって 我慢を超えた絆 が出来始めますし、女性としての切なさを伝えることにもなります。

連絡の頻度やデートをする際のルール、二人で過ごす時の会話についてなど、上手く秘密の恋を続けていくために必要なルールを作りましょう。

これで、既婚男性もバレることや気を遣うことに不安をなくし、あなたと不倫恋愛を心から楽しめ、気持ちを繋ぎ合わせていくことが出来ます。

お互いに付き合いやすい環境を作ってください。

未来について目標を決める

ただ何となく不倫関係でいるよりも、二人の未来について目標を持つことで絆を深めていくことが出来ます。

好き過ぎて辛い相手が既婚者であり、世には知られてないけない不倫関係であるからこそ、時には暗い気持ちになり落ち込んでしまうこともあるのです。

しかし、お互いに目標を持つことで、辛い状況に陥っても不安な気持ちになっても、しっかりと前を向いて歩いていけます。

「いつか一緒になろう」という略奪目標は、不倫相手の男性も本気ならば持つことが出来るものです。

大層な目標でなくても構いません。

少しずつお金を貯めて旅行に行きたいなどでもいいのです。

未来に目標を掲げるということは、 それを楽しみに今を生きること が出来ます。

悲しく切ない気持ちになっても、未来が少しでも明るければ、自分たちの足で立って前に進んでいけますので、お互いに笑顔で過ごせるようになるのです。

何かに向かって突き進む姿は魅力的なものでもありますから、二人で目標を決めてください。

人生の覚悟を持つ

好き過ぎて辛いあなたが既婚男性と不倫関係になる際に注意点、それは人生の覚悟を持つことです。

既婚者との不倫恋愛は普通の関係ではありません。

これからの彼との間に起こることを誰かに話したり相談したりすることは出来ませんし、公にしても誰かに祝福されるような関係ではないのです。

もしバレたら…

その時の覚悟は不倫をする前から身に着けておくことが大切です。

大好きな既婚者男性と男女の関係になると、気持ちもより高まり後戻りすることは出来ません。

不倫の途中に覚悟を決めるよりも、始めから自分の人生に覚悟を持っていなければ好きと言う感情に邪魔をされて中途半端なものになってしまいます。

今のあなたならば、まだ客観的に状況を視ることが出来ますので、これから 既婚男性と結ばれることで起こるかもしれない出来事を想定 し覚悟を決めてください。

不倫をしている間は、あなたは結婚も出産も出来ない状況になることも覚悟が必要です。

彼は奥さんと別れてくれるの…?奥さんと離婚してもらうまでの正しいプロセス

本気で愛していることを知らせる

不倫相手の男性に奥さんと離婚してもらうまでの正しいプロセスはまず、本気で彼のことを愛していることを知らせましょう。

既婚男性があなたを選び奥さんと離婚したいと思ったとしても、あなたの本気度が分からなければその決断に躊躇してしまいます。

自分だけの気持ちで進めることではありませんので、彼を安心させる意味でも「あなただけよ」「愛しているよ」と伝える必要があるのです。

奥さんと別れてもあなたがいることが分かれば、既婚者男性は離婚に前向きな気持ちになります。

奥さんと離婚が成立しても、浮気相手の女性に「そんなつもりはなかった」「一緒になるつもりはなかった」と言われることを恐れているのです。

あなたが不倫相手の男性を愛していることを伝え、 安心させることで、人生の決断を下すきっかけになります ので、愛情を惜しみたく伝えてください。

既婚男性にとっての受け皿になることで、家庭を捨ててあなたの元にやってきます。

待つことを伝える

「いつまででも待つよ」「他の男性と結婚するつもりはない」と既婚男性に伝えることで、奥さんとの離婚を促すことが出来ます。

離婚は簡単なことではありません。

話し合う内容がたくさんあり、決めなければならない取り決めもあり、そもそも奥さんに離婚を納得してもらう必要があります。

その説得だけでも、数ヶ月から数年かかる人も少なくありません。

その間、あなたが彼を待てるのかどうかをとても気にしています。

なかなか進まない離婚話しに業を煮やし、逃げられるのではないだろうか、決断力のない男だと捨てられるのではないだろうかと思っているのです。

その不安を払拭させるためにも、あなたは彼が奥さんと離婚をするまで待つ意思があることをしっかりと伝えていきましょう。

適当に離婚をすると後で困ってしまうのは彼ですから、 綺麗に別れてもらう のです。

離婚が成立した時点で、それぞれが別々の道を歩いていけるようにとことん話し合ってもらうことが重要であることを理解してください。

罪を一緒に背負う覚悟を持つ

離婚する夫婦には様々な原因がありますが、その内の一つがあなたの存在となります。

浮気をしたことで、離婚を考えるようになったということは、自分勝手な行動で奥さんの人生を変えてしまうことです。

そこに大きな罪悪感を抱く既婚者男性は少なくありませんし、それが 離婚の足かせ となっていることもあります。

しかし、あなたが彼と共に罪を背負って生きていく覚悟を決めていることが分かれば、辛さや悲しみを半分ずつ分けることが出来るのです。

不倫の当事者であるあなたも、奥さんに対して償いの気持ちを持つこと、その上で「私には彼が必要である」という想いを伝えられたなら、問題なく離婚に突き進んでくれます。

既婚男性は、結婚生活を継続させられなかったことや一人の女性を最後まで幸せに出来なかったことに責任を感じます。

その重い責任などをあなたが一緒に抱えることで、気持ちを軽くさせる方法となるのです。

正しいプロセスには、彼の心に寄り添うことを意識していきましょう。

不倫から結婚はコレ!離婚してでも一緒になりたい女の行動・特徴

2018.09.19

好き過ぎて辛い時の対処法を活用してください

「不倫は辛いもの」「既婚男性を本気で愛して辛くないわけがない」と、その辛さをそのまま感じる必要はありません。

好き過ぎて辛い時の対処法がありますのでぜひ活用してください。

対処法を実践することによって、あなたの心の重みは軽減され、より魅力的な女性に成長していき、既婚男性との関係を納得いくものにしていけます。

諦める場合にも納得して、不倫関係になる際にも覚悟を持って取り組めますから、自分の感情に振り回されないようにしてくださいね。

しっかりと自分の足で立ち、決断ができる女を目指して冷静に客観的に対処していきましょう。

【期間限定・12月16日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【ココロクリア】の占いを無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【ココロクリア】を無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。