不倫男が「もうコイツとは別れよう…」と思う女性の特徴や態度や言動など完全公開!既婚男性の本音と建前を丸裸にします!

喧嘩・マンネリ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

誰にでも本音と建前を使い分ける器用さがありますが、既婚男性が不倫相手である女性に対して本音と建前を使い分けているとなると話は違ってきます。

彼の 心の奥底には「もうコイツとは別れよう…」という気持ちが隠れている かもしれません。

不倫男が「もうコイツとは別れよう…」と考える原因となる女性の態度、言動ほか、特徴等について分かりやすく説明したいと思います!

既婚男性が本音と建前を使い分ける理由

少年ぽい面影を残す男性に女性は弱いもの

不倫する男性の中には女性が好きで、結婚して子どもが生まれパパとなった身でも好みの女性を探し追い求め、その執念から女性を不倫相手へと導いてしまう人も少なくありません。

何歳にもなっても遊んでいたいと思う、 どこかあどけなさを残した男性は女性からは魅力的に見える ことがあり、また、その少年ぽい表情、仕草に惚れこみ、彼を本気恋愛の相手として見てしまう女性もいるでしょう。

確かにその少年ぽい面影を残す男性は母親のようなおおらかな感性を持つ癒し系女性にはたまらない魅力であり、そのまっすぐな目で見られたら、彼を一生に一人の男性だと思いこみ、本気で愛してしまったとしても致し方のないことです。

が、このタイプの男性には注意が必要です。

それは、女性にモテたいと願うあまり、本音と建前を使い分けるという性質を持つからです。

ちなみに、少年ぽさを売りにする男性は女性が日常的に使用する「可愛い」という言葉を好む傾向にあります。

一般的に男性は、特に30代以降の男性は女性が自分を見て「可愛い」という言葉を口にすることを嫌いますが、このタイプの男性は「可愛い」が「好き」「好きになるかも」と自分に都合の良いように聞こえることから好んで聞けるという特徴を持ちます。

小さなころ母親から 「可愛いわね」「世界で一番可愛い」と溺愛された男性は「可愛い」という言葉は母親からの褒め言葉であり、愛情のしるしだと受け取っている わけです。

自分に都合の良いように聞いてしまう…。

そうすると、人は耳に良い言葉のみを選んで聞き分け、イヤな言葉は避けるようになります。

それが習慣化すると、人の本音と建前を聞き分け、自ずと本音と建前を使い分けることができるようになってしまうんですね。

嘘をつくことで本音が言えなくなってしまった

わたし達人間の中には日常茶飯事に嘘をつき、周囲の人を困らせるホラ吹きと呼ばれる性質を持っている人がいます。

自分を大きく見せたいがため、ただ見栄を張りたいがためについてしまう嘘は誰かのためを思ってつく嘘とは種類が異なりますので、勘違いしないでくださいね。

この虚言癖とも呼ばれるクセを持つ人が口にする嘘は時として悪意があり、その嘘によって誰かが不幸になる恐れもあるため注意が必要です。

ちなみに、 虚言癖の人が言う嘘には真実はない と言っても過言ではありません。

このタイプの男性は自分が言葉にしたことに責任を持たないので、その言葉が真実であろうが嘘であろうが、当人にとってはおかまいなしなんですね。

ですから、自分がついた嘘が原因で周囲が迷惑を被ったとしても、また何らかのトラブルが発生したとしても、その原因が自分の嘘にあることを理解しようとはしないので、反省もしなければ謝罪もしません。

そんな生活を繰り返していると行き着く先は自分の本音の言えない、妄想の世界です。

いつの間にか、本音を隠し、建前だけを口にするようになります。

嘘をつき続ける人は、最初はそれが嘘であることをどこかでちゃんと認識しているものなのですが、嘘を言い続けていることでその嘘をいつの間にか本当のことだと思い込み、その嘘に再び嘘を重ねてしまうことで本音を隠してしまうんですね。

例えば、不倫相手である女性から離婚をせがまれたとしましょう。

離婚の話なんか妻に話していないにも関わらず、「今、妻と離婚の相談中だ」「弁護士を間に立てて、離婚協議中だ」「子どもの学校のことがあるから、両親にも君とのことを伝え、預かってくれるかどうかを相談している」等々をスマートに答えたりします。

これを繰り返していると、その場しのぎの嘘で本音が言えなくなり、やがて自滅…。

このストーリーは客観的に見ることができれば誰でも分かることなのですが、嘘をついて本音を隠している手前、彼女を喜ばせ、彼女から責められない状況をつくるために必死な男性は建前しか言葉にしなくなります。

が、その建前の嘘がバレても、決して謝ったりはしません。

本音と建前を知らず知らずのうちに使い分けてしまう男性は、どれが本音で、建前なのか考えることさえ面倒になってくるもので、その面倒から逃れたいと思うと自然と連絡を取らなくなり自然消滅を狙いはじめます。

反省を知らない男性は面倒から逃げることで、自分を守ろうとするんですね。

このタイプの男性との不倫は危険です。

できれば、早めに適切な決断を下し、別れを宣告することをおすすめします。

女性にモテたい!でも容姿に自信がない

自分自身の容姿に自信が持てない男性ほど、本音と建前を使い分ける傾向にあります。

自分の容姿に自信がないと、特に男性は口を上手に使うことで女性を喜ばせ好かれようとします。

小さなころ、好きな女の子にわざと嫌われるようなことを言う子どもがいませんでしたか?

その子どもが大きくなると、 嫌われる言葉を言わずに女性を喜ばせることを言うようになる んですね。

女性に好かれるためには当たり前ですが、女性から嫌われるような言葉は隠しておかなければなりません。

そうすると、本音は隠し、女性が喜びそうな言葉ばかりを口に出すようになります。

これが、建前ですね。

モテる男性というのはどんな言葉を使おうが、どんなに女性を傷つけようが、女性にモテます。

悲しいですが、これが現実です。

モテない男性は女性を喜ばせる建前の言葉を口にすることで、モテようと努力するしかないのです。

また、本音と建前を使い分ける理由に、自分自身の容姿の衰えがあります。

若いころはイケメンでも、年齢を重ねてくると誰でも顔にしわが刻まれ、シミ、たるみが見え始め、老けた印象を持つ顔に変わってきます。

少年の面影を残せるのはせいぜい30代後半までと言って良いでしょう。

もしかしたら老けて見える人ですと20代後半から少年ぽさが影を潜め、年齢よりも老けた印象を持ってしまっているかもしれません。

そうなりますと、モテたいと願う男性は自分の容姿の衰えを口でごまかすことから、本音と建前を使い分けることになります。

顔、スタイル、雰囲気等が年齢、生活習慣等で錆びつき衰えてしまったら、女性へのアプローチは口を使って、不足している魅力を最大限に手助けしなければなりません。

モテたい既婚男性の涙ぐましい努力ともいえますが、これが、本音と建前を使い分ける理由になります。

人はいつまでも少年少女ではいられません。

少年ぽい面影がただ幼いだけの男性になってしまったことを知ってしまったら…。

本音と建前を使い分けることでアプローチしなければならない男性の悲しい現実ともいえる狡猾さ、このずるさを持つ男性には十分に注意しておきましょう。

不倫男が「もうコイツとは別れよう…」と思う女性の特徴

見た目ばかりを着飾るけど見えないところには手を抜く無頓着さ

女性の中にはいつもおしゃれな着こなしをしているけれど、自分の部屋に帰れば、朝出かける時に脱いだパジャマはそのまま、食べた食器も積み重ねたまま、いつ買ったかも分からない食べ物が散乱した冷蔵庫…、部屋の片づけ、掃除には無頓着な人も少なくありません。

確かに忙しく過ごしていると掃除、片づけは後回しになってしまい、その日その日に着る服を準備して、仕事に出かけることだけに集中せざるを得ない状況も多々あります。

が、既婚男性はこのような 片づけのできない女性には厳しい目を向ける傾向にある ため注意が必要です。

特に綺麗好きな男性、片づけのうまい男性、段取り良く時間を使うタイプの男性は、片づけられない女性を無能だと決めつめることもしばしば…。

不倫中の男性がいきなり部屋を訪ねてきて困ったことがある人もいるでしょう。

急いで、洗濯物を洗濯機に放り込み、キッチンにたまった食器を洗う振りをして、一生懸命にその場をとりなしても、あとの祭りですね。

不思議なことに不倫している男性の多くは綺麗好きで、片づけ上手な人が多いんです。

その理由は、一つには、家庭を守る妻に不満がある人が多いことが挙げられます。

最も 不満に感じるのは奥さまの家事能力の低さ でしょう。

小さいお子さまがいて掃除、片づけができない。

家に帰れば、朝、昼に食べた食器が流しに山積み。

玄関に足を踏み入れた瞬間、部屋の片づけができていないことを知る…。

これではストレスがたまっても仕方ありません。

昨今、家事は女性だけの仕事ではなく男性もするものだという説がまことしやかに囁かれていますが、それはあるエリアに住む共働きの夫婦限定の説であって、地方に住んでいるパート勤務の主婦には通用しません。

地方に住んでいても夫、妻がフルタイムで働く共働きの場合であれば、双方ともに相談して家事の分担を約束していると思われますが、それでも妻である女性の比重は高いのが通説です。

話をもとに戻しましょう。

小さなお子さまがいるとなれば、奥さまは専業主婦、もしくはパート勤務ですね。

短い仕事時間であれば、部屋の片づけ、掃除はしようと思えばできないわけはなく、それでも片づけ、掃除ができないとなれば、奥さまが不器用、または掃除しなくてもそう困らないという無頓着な性格であるかのどちらかだと考えます。

仕事で疲れて帰ってきて、汚れたソファに座り、片付いていないキッチンでご飯を食べる。

いつ洗濯したのか分からないシャツに腕を通し、仕事に出かける。

これでは妻を選んだことを後悔したとしても責めることはできませんね。

この繰り返しが既婚男性を不倫へと走らせてしまいと言っても過言ではありません。

そんな毎日イヤでおしゃれな彼女を見つけたのに、その女性までもが汚れた部屋で暮らす女性だったら「もうコイツとは別れよう…」と決意したとしても致し方ありません。

不倫関係を 少しでも長く、良い恋愛を続けていくには綺麗好きな女性になること です。

あなたの部屋に彼が突然やって来ても、片付いた部屋でとびっきりのおもてなしをしましょう。

彼がリラックスできる心地よいアロマを焚いて迎えれば、別れようというネガティブな発想は出てこないでしょう。

嘘ばかりで真意が見えない女性とは長続きしない

既婚男性が「もうコイツとは別れよう…」と思う瞬間はそれぞれの状況によって異なりますが、ほとんどの人がそう思う瞬間として、嘘を言われた時があります。

わたし達は日常誰かを思ってつく嘘とつい言ってしまう嘘、わざと誰かを欺くために口に出す嘘…、さまざまな嘘をつきますが、中でも「もうコイツとは別れよう…」と思うのは、わざと口に出す嘘の場合です。

女性側からすれば 嘘をつくことで彼を家庭へと戻したくないという切実な思いがあるのかもしれませんが、嘘をついてしまうとその嘘に再び嘘を重ねなくてはならず、どれが真実か、口に出している本人も分からなくなる時がある ものです。

嘘をついている本人が分からないのですから、その嘘を聞いている男性は彼女の言っていることが意味不明で、何をどう答えればいいのか、それさえも分からなくなってきます。

そうなってしまうと彼は彼女の話を信じることができなくなり、彼女がなぜ嘘を言うのか、嘘を繰り返してしまうのか、その真意さえも探ろうともしなくなります。

この状態になってしまっては、やがて別れがやって来るのは当然なのですが、嘘を繰り返している彼女にしてみれば、そんな最悪な状況になっているとは露ほども思っていないため、彼が急になぜこんなことを言い出したのか…、途方に暮れるばかり。

こうなると、会うたびに喧嘩ですね。

どんな状況であれ、嘘をつく女性とは良い恋愛関係を続けることはできません。

恋愛相手のことを信じられなくなると、一緒にいる意味がありませんものね。

不倫を良い状態で長く続けていくには、彼に対して嘘をつかないことです。

彼を思ってつく嘘もありますが、その嘘はすぐ彼にバレるような状況であればついてもトラブルは起こりにくいですが、いつまで経ってもその思いやりの嘘を彼が分からないようでは単なる嘘になってしまい、彼の信頼感を失うだけになるので注意が必要です。

わたし達は言葉で会話することで相手のことを理解し信用します。

口から出てくる言葉を信用できなくなってしまっては会話が成立しません。

彼の前では素直な自分でいられるよう、相手のことを思いやれる言葉を話せるよう、素直に努力する毎日を過ごしましょう。

焼きもちを焼いて欲しいから…、男友達との付き合いが派手な女性はNG

女性は誰でも異性から 「可愛い」「美人だね」「綺麗だ」と褒められたい ものです。

いくつになっても、褒められて嬉しい気持ちは変わりません。

しかし、不倫中の女性は注意が必要な場合があります。

不倫相手である既婚男性に焼きもちを焼いて欲しくて、わざと男友達をつくり、彼と会えない夜はその男友達を誘ってディナー、飲み会へと出かけてしまう…。

彼に切ない気持ちを分かってもらいたい女性の願いは十分に理解できますが、このような行動は既婚男性の立場になって考えてみれば、あなたを 嫌いになる要素があるだけで、あなたには何の得もメリットもありません ので止めておきましょう。

焼きもちを焼いて欲しいという気持ちは女性側の一方的な願いであり、その願いを理解してくれる男性であれば、焼きもちを焼いて欲しいと思う女性のことを可愛い女性だと思い、更に愛してくれるようになりますが、そんな大きな心を持つ男性ばかりではありません。

不倫する男性というのは得てして焼きもち焼きなもの。

独占欲の強いタイプの人が多いので、こういったわざとらしい行為はマイナスに働くことが多く、彼が焼きもちを焼いてくれたとしてもそれは一時的なものであり、その時のしこりが胸の奥底に棘のように刺さり、それがやがて不信感へと繋がることもしばしば。

周囲から見て派手な男関係だと受け取られるような行為は慎んでおきましょう。

もしも、男友達と一緒にいるところを彼に見られてしまったら…。

彼の心の中では「もうコイツとは別れよう…」と思っていると考えても間違いはありません。

既婚男性で不倫する男性というのは自分が不倫できる器用なタイプであることを分かってしている人が多く、それだけに女性と遊ぶイコール軽い男であるということを十分に認識しています。

その認識を女性にも求めますので、 男友達と遊べる女イコールほかにも男がいる可能性がある、不倫できる女イコール男なら誰でも良いという図式が出来上がり、徐々にあなたのことを「もうコイツとは別れよう…」バージョンの女として見る ことになります。

焼きもちを焼かせたい時は男友達を利用せずに、誰も傷つけない方法で焼きもちを焼かせましょう。

例えば、彼の知らない上司、同僚との仕事上のことを嬉しそうに話す、また、新しく発見したカフェに可愛い店員さんがいて、昼休みに通うのが楽しみだとか、些細なことで焼きもちを焼いてもらう方法を試してみましょう。

この程度の嘘なら、聞いている彼も目の前で起きている現実とは考えにくいので、「もうコイツとは別れよう…」まで行きつくことはなく、焼きもちを焼いて欲しいのかと聞きながら嬉しく思うでしょう。

何事もやりすぎは危険です。

彼からの信頼がなくなれば不倫関係は終わりを告げます。

そのことを胸に刻み、言葉には十分に注意しましょう。

不倫男が「もうコイツとは別れよう…」と思う女性の態度

自分勝手な理由で怒り、その怒りをぶつけてくる

会社でイヤなことがあった時、つい近くにいる誰かに怒りをぶつけてしまうことがありますが、それが頻繁になると誰でもイヤになり距離を置くようになります。

自分の気持ちのムラを持て余し、その感情をうまく消費できない人に多い症状ですが、それが頻繁になってくると不倫関係の親しい間柄とはいえ「もうコイツとは別れよう…」となってくるかもしれませんので注意が必要です。

すべての女性とは言いませんが、女性の中には自分の気分で物事を口にして自分勝手な行動をとる人がいます。

それを世間では我が儘、自己中心的等という言葉で表現されますが、こういった感情の起伏の激しい女性は得てして魅力的に見えるもので、その魅力に落ちて不倫関係となる男性も少なくありません。

ただこういった 感情の起伏が激しいタイプの女性は周囲の人を疲弊させてしまう こともしばしば。

最初は魅力的に見えていたものが徐々にその感情の起伏さについていけなくなり、やがて「もうコイツとは別れよう…」と思ってしまう…。

不倫相手である彼を愛しているのであれば、こういった行動を反省し、感情の起伏を抑えなくてはいけません。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


抑える方法はただ一つ、何かを口にしようとした時は深呼吸をして、気持ちを落ち着かせるしかありません。

それだけでは不安な時は ガムや飴、タブレット等を持ち歩き、定期的に口に入れて、言葉を発する機会を減らす 努力をしてみましょう。

人間は何かが口に入っている時はむやみやたらに言葉を発しないものです。

ミント系のガム、飴、タブレットは気持ちを落ち着かせ、リフレッシュできる効果にも期待できますので、取入れやすい方法だといえますね。

リラックス、リフレッシュ、口臭予防もできて、女性にとっては何よりもアイテムだといえるでしょう。

家族に接触する!不倫関係で一番やっていけない

不倫がテーマのテレビドラマを観ていると、よく登場するのが不倫相手の女性が彼と妻が住んでいる家に電話をかけるシーンです。

無言電話の場合もありますが、中には「あなたの旦那さまと恋愛中です」等の不倫を匂わす言葉を伝えて、妻に宣戦布告する場合もあります。

不倫という関係で始まった恋愛で、彼が既婚者であることを理解した上で彼と付き合っているのにも関わらず、彼の妻に旦那が不倫していることを伝える行為をしてしまえば、彼が「もうコイツとは別れよう…」と思ったとしても致し方ありません。

不倫という関係に正式な定義は存在しませんが、 彼を愛しているのであれば彼の家庭を壊さないことがマナーであり、不倫関係を長く続けていく秘訣 ともいえます。

しかし、そのことを理解していても、我慢ならなくなってくるのが、女性の心の奥底に潜む嫉妬心からの宣戦布告です。

何も知らずにのうのうと暮らしている妻のことを想像するだけで、彼女が憎らしくなり、彼が自分より妻を大切に思っていることに腹が立ち、思わず立場を忘れてしまうんですね。

妻と不倫相手では、厳しいことを言いますが、立場が違います。

その立場を超えて、彼の守る領域に入ってしまうことは、不倫関係にあるパートナーとしては失格の行為といえるでしょう。

長く不倫関係を続けていると、自分が女性としての一番良い時期を逃してしまう怖さにおののき、今後彼との関係を続けていくことに恐怖心を持ってしまうことも分かります。

また、彼があなたのその繊細な感情に何も気づいてくれないことが悲しくて、ふとした弾みで逆上してしまうことも、十分に理解できます。

が、それは最初から分かっていたことであり、そのことで悩むのあれば、その悩みを素直に彼に話さなければなりません。

彼にはあなたの本心を真面目に聞く責任があるのですから。

思いつめてしまう前に、彼に時間をとってもらい、本心を嘘偽りなく告げましょう。

もしかしたら、それが不倫関係を終わりにすることになるかもしれませんが、そうなれば、彼はあなたにとってのそれだけの存在だったのです。

あなたの大切な人生をかけてまで尽くす必要のない男性であったと思い、今後の人生に向けて、力強い一歩を進む心準備を整えましょう。

力強い一歩を踏み出すことができれば、明るい未来が待っているはずですよ。

幾人もの恋愛相手をつくり自堕落な生活を始める

不倫したことで自分の人生を変えてしまう女性がいます。

例えば、 一人の男性との不倫で飽き足らず、ほかにも何人もの既婚男性を誘い、不倫関係を多人数の男性と行う 場合です。

不倫恋愛にはたった1人の彼に尽くしている本気恋愛の不倫と、数人の既婚男性と同じような関係を築き、不倫することで自分の感情を満たしている女性が行う遊び感覚の不倫があります。

どちらも不倫恋愛ですが、前者の場合、不倫といえども先が見える可能性がある不倫であり、既婚男性が離婚を選択し、2人で生きていく覚悟ができれば、再婚も夢ではありません。

しかし、後者の場合は、遊びの不倫であり、無駄に時間を重ねるだけの恋愛となっていることが多く、別れ話には金銭的な話し合いがもたれると言っても過言ではないでしょう。

このタイプの女性と不倫した場合、既婚男性は「もうコイツとは別れよう…」と思う確率が高くなります。

男性の中には幾人もの男性と遊べる女性に魅力を感じる人も少なくありませんが、ほとんどの人は 女性に貞淑な姿を求めるものであり、本気の恋愛へと発展することで不倫関係へと走り出してしまう 人が多いといえます。

幾人もの既婚男性と不倫を行う女性にはその女性にしか分からない原因、理由があるかと思いますが、もしかしたら、本気で愛した男性に裏切られたことがきっかけで男性を信じられなくなくなっているのかもしれません。

いつの時代も傷つくのは、女性です。

男性に振り回された挙句「もうコイツとは別れよう…」を思われたとしたら、損をするのは女性だけであり、悲しい過去を背負うのも女性だけということになります。

不倫はそれだけ女性側にダメージが大きいともいえますね。

不倫関係に疲れ、彼の愛情を信用できなくなった時、自暴自棄になりそうになった時は気分転換と今後の人生を考えるために一泊二日、二泊三日程度の小旅行に出かけてみてはいかがでしょう。

違った世界観を知ることで、自分を客観的に見ることができるかもしれません。

「今の自分、このままで良いのか?」「あなたは何がしたかったの?」「やりたいことを見つけてみない?」と自分に優しく問いかけてみることで、新しい道が開けるチャンスを自分でたどり寄せましょう。

不倫男が「もうコイツとは別れよう…」と思う女性の言動

「あなたしかいないのに!」きつい口調で繰り返す

「あなたしかいないのに!」こんな風にきつい口調で言われれば、売り言葉に買い言葉で男性もカーッと頭に血が上り、言い合いになってしまうのは当然のことですよね。

このような言動は不倫中の相手にはなるべく言わない方が良いですが、それでも感情が抑えられず、口に出してしまうこともあるでしょう。

ですが、この言葉を耳にした既婚男性の多くは「もうコイツとは別れよう…」と決意するかもしれません。

「あなたしかいないのに!」という言葉の中には「あなたを愛してる」「あなただけが頼り」等の女性の切実な感情が隠されています。

それを分かってくれる男性であれば喧嘩になることもなく、ましてや「もうコイツとは別れよう…」とは思わないと思いますが、この言葉を 何度も繰り返して口にするようになれば、どんなに心の広い男性であっても、いつかは「もうコイツとは別れよう…」と決意せざるを得ない場合がやって来る かもしれません。

女性の場合、感情的になってしまう時には自分の感情を抑えられないほどの大きなショック、またはそれに匹敵する嫉妬心があったと想像できます。

例えば、仲の良い女友達の結婚が決まって幸せそうな姿を見てしまった時、彼の奥さんを何かの折に見かけてしまった時、不倫していることを社内でバラされ、上司から注意を受けた時等々。

置かれている立場によって事情はさまざまですが、感情を取り乱すようなショックは自分一人ではなかなか抑えることができず、つい甘えられる彼にその感情をそのままぶつけてしまうことはしばしばあるものです。

こういう時の女性に対しての対処は優しく抱きしめてあげるだけでOKです。

もし、彼がこういった感情を受け止めてくれないタイプの人であった場合、一人寂しく部屋で感情を持て余さなければならない場合は両手に抱えられないほどのビッグテディベアを買って、そのテディベアに慰めてもらいましょう。

テディベアだなんて…、と敬遠する女性も少なくありませんが、実は、大きなぬいぐるみは人の気持ちを和ませる効果を持っていて、大きなお腹にゆったりと包まれて座っているだけでも、気持ちが和らいでいくものなんですよ。

気持ちが少し落ち着いたら、温めたミルクを飲んで、清潔な寝具に交換したベッドでゆっくりと本を読みましょう。

活字を追っているうちに不思議と心が落ち着いてきます。

お気に入りのアロマを焚いて、眠りについても良いですね。

「赤ちゃんができたかも…」責任をとるよう強く求める

「赤ちゃんができたかも…」不倫中の彼が耳にする言葉の中で最も強いインパクトを持つのが、この言葉ですね。

特に、妻との間に子どもがいない場合、子どもはもうできないかもしれないと諦めている男性も多く、それだけにびっくりするのではないでしょうか。

しかし、この言葉で今後の2人の仲を考える男性もいますので、この言葉を発する時には十分に注意し、確信がある場合のみ口にしましょう。

もし、この「赤ちゃんができたかも…」が嘘だった場合、彼のことをどんなに愛していたとしても彼は「もうコイツとは別れよう…」と思うことから、不倫関係は終わりを迎えるかもしれません。

それだけの大きな言葉ですので、確認に確認を重ねた上で発することをおすすめします。

しかし、 この言葉を口にしてしまうということはあなたがもう後には引けない状況になっていること、あなたの中で我慢の限界が来ている と考えても不思議はありません。

もし、自分の感情が自分でコントロールできなくなっていて、不意に「赤ちゃんができたかも…」と口に出してしまった時はあなたの中でも彼との今後のことを決断しなくてはいけない時期が来ているといえるでしょう。

彼に責任をとるよう強く迫るのは不倫の終焉が近づいている証拠です。

「赤ちゃんができたかも…」が本当であった場合は早急に彼を呼び出し、そのことを告げましょう。

後先考えて話すのを遅らせても、彼が責任のとれる男性であれば、彼は離婚を決意し、あなたと人生を歩むことを考えるはずです。

しかし、責任がとれない男性であった場合、あなたが選択すべきことがたくさんあります。

また、嘘だった場合ですが、こういった感情が嘘の言葉に乗って出てしまう時は、2人の関係性が出会った時とは違ってきているということです。

今後のことを真面目に考える良い時期が来たと思い、あなただけの人生を考える時期が来たと判断しましょう。

「奥さんと会わせて欲しい」終焉は自分で決めたい

不倫関係が長くなってくると段々と自分の立場があやふななものであることを思い知り、それを機に不倫の終焉を考え始める女性も少なくありません。

別れを決意するのは男性だけではないのですね。

男性が「もうコイツとは別れよう…」と思い始める時、女性の中でも「そろそろ終わりにする時期が来たのかもしれない」と思っていて、それが「奥さんに会わせて欲しい」という言葉で出てくることがあります。

「奥さんに会わせて欲しい」という言葉は不倫している既婚男性にすれば、絶対に聞きたくない言葉の一つであり、できれば一生聞きたくないでしょう。

その言葉を聞いた瞬間、短気な男性は「もうコイツとは別れよう…」「別れなければならない」と覚悟を決めるはずです。

もしも、あなたが本当に別れたいと望むのであれば、「奥さんに会わせて欲しい」と伝えてみましょう。

きっと「なぜ?」「何を言うの?」「突然どうして?」とびっくりし、それを阻止しようとするはずです。

ちなみに、 阻止しようとすれば彼にはまだあなた別れる気持ちはなく、「わかった」「冷静に話し合いをさせて欲しい」と答えれば、彼はあなたとの別れを覚悟している といえますね。

不倫は終わりを綺麗にしておかないと後々引きずると言いますので、別れ話をする時は冷静に話し合いができるよう、落ち着いたカフェ、レストラン等で行うことをおすすめします。

部屋に2人でいて、別れ話をしていると徐々に感情的になってくるものですので、部屋で別れ話を行う際は第三者を立てるか、レコーダー等に録音しながら行いましょう。

恋愛関係にあった2人、喧嘩別れは後でかなり寂しい思いをするものですよ。

「両親に相談した」第三者を立てたことを匂わせる

不倫関係の期間に限らず、女性の真剣度によっては、不倫イコール離婚、自分との結婚という図式を想像し、それを遂行しようとするタイプの女性がいます。

そのために発する言葉は「両親に不倫していることを話した」「両親に相談した」です。

女性も不倫という立場を理解していれば自分の両親に相談等できるはずはなく、相談したとすれば、彼との結婚を真面目に考えている場合、または、待たされることに限界を感じていて、不倫関係を終わりにしたいと決意しているの二択と言っても過言ではありません。

こうなってしまっては、既婚者である男性はお手上げですね。

女性のことを本気で愛していれば、彼女の言葉に従い、妻に離婚に迫るでしょうが、その女性のことを本気で愛していない場合には「もうコイツとは別れよう…」となってしまうのは至って自然のこと…。

娘の不倫を知った両親がどのような判断をするかはそれぞれに考えがあるので一概には言えませんが、もしも第三者を立てて話し合いの場を設けるとなれば、妻に不倫を告白し、離婚を迫るか、彼女との別れを取るかの二択になり、早急に返事を出さなければならない立場になることは明白でしょう。

不倫相手が嫌がる行動・言動はしない!マナー違反は危険行為

 不倫恋愛には少なからず双方が守らなければならないマナーがあります。 

マナー違反は不倫相手を追い詰めるだけでなく、あなたにも悲しい結果を招くことになるかもしれません。

彼を追い詰める言葉を口にする時は覚悟を持って発するようにしましょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。