元不倫相手がどうしても忘れられない…。無理に忘れなくても友達や復縁、なりたい関係に関係別に戻る方法を紹介

喧嘩・マンネリ
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を鑑定しアドバイス致します。

不倫相手の彼が大好きでなかなかで忘れることができない…、彼を忘れようとどんなに努力しても忘れられない、このような特別な男性のことはそうそう忘れられるものではありません。

その 特別な彼とは再び友達から始めてみてはいかが でしょう。

こちらでは 忘れられない元カレと友達になる方法、また、その元カレと復縁する方法、あなたのなりたい関係になる方法等について、分かりやすくアドバイス したいと思います!

Menu

元不倫相手のことが忘れられなくなる女性の特徴

元不倫相手への依存が強く、いつまでも彼のことを諦めきれないタイプ

不倫相手のことがいつまでも忘れられない女性の特徴の一つに、 不倫相手であった彼への依存が強かっただけに彼のことをいつまでも諦めきれない タイプの人がいます。

恋愛していると…、女性なら誰でも愛する男性に寄りかかって彼の言うことだけを素直に聞いていたいと思うものですが、なかなかそうはいきません。

が、なぜか、不倫という特殊な恋愛なら、彼の言うことを素直に聞けるものなんですね。

通常の恋愛だったら素直に聞けないようなことでも、不倫関係であるがゆえに聞いてしまう、彼と別れたくないという心境から聞かざるを得ない、そんな状況になることがしばしばあるものです。

つまりは、 彼への依存 ですね。

こうなってしまうと、彼と別れた後が大変です。

彼への気持ちをいつまでも忘れることができないことから、新しい恋人候補の男性が現れても彼と比較して頼りなく思えたり、刺激のない恋愛を知らず知らずのうちにスルーしてしまったり、新しい人生を考えなければいけない時期に彼のことばかりを考え、そのチャンスを逸してしまったり…。

元不倫相手への精神的依存が大きければ大きいほど、 彼を忘れるために必要な時間は2人が付き合っていた期間の倍以上の時間がかかる と言っても過言でありません。

こういった不倫相手に依存しやすいタイプの女性はほとんどが気の弱い、友達をつくりにくい性格で、自分に自信がない人が多く、それだけに恋愛相手に依存してしまうといえます。

こういったタイプの女性は小さなころから母親や姉等、支配欲のある人の影響を受けて育つ傾向にあるので、1人で考え悩み、判断するという習慣ができていないんですね。

なので、何かあるたびに「彼がいないから、決められない」「こんな時、彼がいてくれたなら…」といつまでも彼のことを思い、その彼の支配欲から抜け出すことができていないんです。

別れた後、傍に彼がいないことを実感しつつも、彼となぜ別れるようになったのかについては深く掘り下げて考えようとはしません。

その部分を理解できないから、いつまでも元不倫相手の依存が止められないわけです。

何かあるたびに思い出すわけですから、彼のことを思わない日はありません。

これが、 負の連鎖 の始まりです。

ちなみに、このタイプの女性が元不倫相手の呪縛から解き放たれるには、 別の男性の存在が必要 です。

女友達よりも彼!女を意識することに命をかけている自己中心的なタイプ

女性の中には 女友達よりも彼、男友達を優先する タイプの人がいますが、このタイプの女性は一般的に恋愛に依存する人が多く、それだけに 本気で愛した男性のことを長く忘れられない という性格を持ちます。

女友達よりも愛する彼を優先する女性は 自分が女性であることを強く意識し、女としての人生に命をかけている、自己中心的な性格を持っている と言っても過言ではありません。

信頼関係のある女友達より、自分が愛する男性を優先するわけですから、自己中心的な性格であることはこのタイプの女性が持つ基本的な資質ともいえますね。

また、常に自分が女性であることを強く意識しているわけですから、異性である男性からどう見られるか、どう思われるかだけを考えて生活している人も少なくありません。

これらのことを考えれば、このタイプの女性が自己中心的な性格の持ち主だということは、一目瞭然。

これこそが自己中心的な性格の典型だといえるでしょう。

ではなぜ、このタイプの女性が元不倫相手を忘れられないのか?

答えは、2つあります。

1つは、ずばり 自己中心的な性格だから です。

自己中心的な性格というのは 自分の思い通りにならないと気に入らない、思い通りにしないと気が済まない という性質です。

不倫とはいえ、真剣に愛した男性です。

その男性との別れが例え自分から言い出したものであったとしても、一度でも 恋愛関係にあった男性と別れたという事実は受け入れがたく、また、その彼が家庭に戻って今再び幸せな時間を過ごしていることを想像するだけで気に入らない わけです。

特に、不倫の終わり方が自分の望むものでなかった場合、自分との間に真実の愛情があったにもかかわらず、その真実の愛を裏切り、奪っていった憎い男としてインプットされてしまうのです。

これが、自己中心的な性格の真骨頂ともいえる気質です。

このタイプの女性は、不倫相手と別れたという事実を受け入れるまでには通常の倍以上の時間が必要です。

彼との日々を少しでも早く忘れることで精神的に楽になる、自分の人生を大切にすることなんだと気づき、理解するまでには彼と過ごした時間よりもはるかに長い時間がかかります。

2つめは、自分が女であったことを忘れたくない、愛されたことを忘れたくないからです。

この感情は恋愛している女性であれば理解しやすいと思いますが、恋愛している間は誰でも自分が女性だと意識していますよね?

それは愛する男性に今よりも愛され、今よりも大切にされたいと思う気持ちからくる願いでもあると思いますが、女性であれば、この感情が出てくるのは至極当然のことです。

ただ、自己中心的な性格の女性はその思いが誰よりも強く、 愛された日々を過去にしたくないと思う気持ちが強い んですね。

この点は、自己中心的な性格を持つ女性の特徴ともいえます。

これらのことから、元不倫相手を忘れられない、忘れたくないという感情が働いてしまうんですね。

こんなに愛した男性はいない。恋に恋する恋愛至上主義タイプ

不倫する女性の中には自分をまるで シンデレラのように大切に、世界にたった1人のお姫様のように扱って欲しいと願う タイプの人がいます。

このタイプの女性は 恋に恋する恋愛至上主義者 で、 愛した男性のことをいつまでも忘れられない という特徴を持っています。

例え不倫であったとしても、今までこんなに愛した男性はいないと強く思いこむことで自分のプライドを維持するという危うさがあり、その危うさに惹かれる男性も少なくありません。

ただ、その危うさを恐怖に感じる男性も多く、彼女の持つ危うさを危険性だと認識する男性も多いことから、本気の恋愛であっても長続きはしません。

恋愛至上主義者は恋愛していることで大きな満足感を得るものですが、現在進行形の彼がいれば、その彼に夢中になって、元カレのこと等、頭にないでしょう。

しかし、現在、恋人と呼べる人がいない場合、元カレとの関係が不倫であったとしても、その彼に執着することで自分を満足させ、次の新しい恋が始まるまで、彼との疑似恋愛を楽しむという習性を持ちます。

こう聞けば怖い女性のように思われますが、実はそうではありません。

生きる術を恋愛に求めやすい性格ですので、生活の中心を恋愛においているだけで、愛する彼中心の生活を送ることで大きな満足を得たいと考えているに過ぎません。

ちなみに、恋に恋するタイプは恋愛している自分が大好きです。

愛する彼よりも、自分が大好きなんですね。

その相手との恋愛が不倫であったとしても、不倫を楽しむ自分、実らない恋、相手を一生懸命に追いかけている自分、会えない彼のことを思って暮らす自分が大好きなんです。

だから、不倫恋愛だった彼との仲が希望するような関係に進展しなくても一向に構いません。

彼と別れ、その後に再び片思いに戻ったとしても、 新しい恋愛相手が出現するまではその彼を思って暮らす だけですので、相手の気持ちが手に入らなくても一向に構わないんです。

ですが、中には元不倫相手を人生の伴侶として愛していたという人もいます。

その場合に限っては、 彼との別れを素直に受け入れることができず、別れたという事実を受け止められるようになるまでには時間がかかる こともあります。

しかし、その場合も元カレをただ思って暮らすわけで、相手からの愛情は必要ありませんから、一向に構わないんですね。

恋愛至上主義者は恋愛してこその自分だということをよーく知っていますので、新しい恋愛相手ができるまで、元カレを思い続けます。

思い続けることで、心の寂しさを埋めているというわけです。

不倫相手の女性から忘れられないと言われる魅力を持つ男性の特徴

イケメンで運動神経抜群!お金も運も持っている自信家タイプ

不倫相手から忘れられないと言われる男性は、 イケメンで運動神経抜群のヒーロータイプ です。

このタイプの男性は小さなころから 誰にでも好かれるという強い運を持っていて、その運を武器にポジティブな人生を歩いてきた 人になります。

それだけに自分自身に自信があるタイプだといえますね。

ちなみに、 自信家の人はみな負けず嫌い で、自分の自信を裏付けるためならどんな努力も怠りません。

自分が思い描く幸せな人生を手に入れるためなら、好みの女性でない人と結婚することも厭わないのが、このタイプの男性です。

しかし、そうなれば、妻以外の女性に目を向けてしまうのは自然の流れ…。

知らず知らずのうちに、好みの女性を探してしまったとしても致し方ありません。

自信家の男性ほど、結婚と恋愛を別に考える余裕を持ちます。

ですので、好みの女性を選ぶ際は慎重に選ぶことから、 自分自身の人生を邪魔するような幼稚な感性を持つ女性ははなから相手にしません が、 幼稚な感性を持つ女性はなぜか、このタイプの男性に強く惹かれてしまう んですね。

そんなモテモテのイケメン男性…、女性に好かれないはずがありません。

既婚者だと分かっていたとしても、イケメンでかっこいい男性と恋愛したい女性は数多くいるものです。

その女性から積極的に迫られたら…?

モテモテの人生を歩んできたヒーローは、据え膳食わぬは男の恥とばかり、遊びの不倫に余念がないでしょう。

そうなれば、幼稚な感性を持つ女性は避けておかなければならないなんてことはそっちのけ!

女遊びをする男性のごとく、女性を選り好みする冷静さはなく、誰でも手当たり次第に不倫関係を持ったとしても不思議はありません。

さて、なぜ、幼稚な感性を持つ女性がこのタイプの男性に強く惹かれてしまうのかについてですが、大人になりきれていない女性の多くは人より優れた顔、スタイル、運動神経、頭を持つ人に惹かれる傾向にあります。

誰でもそうだと思いますが、自分にないものを持っている人に憧れ、興味を持ちますよね?

それと同じです。

 自分にないものを持っている人を手に入れることで、人より優越感を得たい のが、幼稚な感性を持つ人なのです。

ヒーロータイプのイケメンを手に入れることで、自分もその人と同じステータスを手に入れたと錯覚し、同じ人間だと鼓舞したいわけですね。

このタイプの女性は他人への依存が強いだけに、一度恋愛関係になった男性をそう簡単には忘れません。

 「あんなにかっこいい人とは二度と会えないかも…」 

女性からこう言われる男性ほど、女性の心の中に長く残り続けると言っても過言ではありません。

仕事熱心でタフ、どんな時でも頼りになる俺に任せとけタイプ

不倫相手から「忘れられない」と言われる男性に、 仕事熱心でタフ、どんな時でも頼りになる タイプの人がいます。

仕事で失敗してどうすればいいのか迷った時に「俺に任せとけ」と言われたら、その一言で好きになってしまいますよね?

このようなタイプの男性は 女性の胸をときめかす言葉をうまく使う 傾向にあります。

自分の言葉かけによって女性達が胸をときめかせ、自分に熱い視線を浴びせかける。

想像するだけで、 モテる自分を自慢に思い、男性として産まれたことに大いに満足する でしょう。

このように言えば、ものすごく単純な性格のように思われますが、「俺に任せとけ」というセリフは単純でなければ口に出すことはできません。

単純で豪快な性格の人だからこそ、口に出せる言葉であり、それだけの自信がないとそうそう口に出すこともできません。

慎重で細心な精神を持つ男性とは、真逆の人ですね。

さて、このタイプの男性を女性が長く忘れることができない理由ですが、理由は大きく分けて2つあります。

1つは、インパクトです。

「俺に任せとけ」なる言葉を日常的に使用している男性は、 常日頃からインパクトある言葉を口にしている はずです。

言葉は私達にとってはなくてはならないもの、言葉のやり取りができなければ、会話も成立しませんからね。

彼との日常会話が常にインパクトあるものであった場合、 女性はその言葉の虜になっている と言っても過言ではありません。

彼と別れた後も「彼だったら、こういう時にはこう言うだろう」と誰かと彼を胸の奥で密かに比べ、彼のことを思い出す日々を送っているはず…。

こうなれば、そうやすやすとは忘れられません。

もう1つは、 彼への依存 があるからです。

このように強い意思を持って行動する男性と恋愛した女性は彼への依存が強かったことから、 何かにつけて彼を思い出し、彼の言葉、口癖、笑顔等が忘れられず、何度も思い出しては涙する 日々を送ります。

ちなみに、このタイプの男性を忘れるには、まったく別の性格を持つ男性を愛することができるまで、忘れることができません。

元不倫相手を完全に忘れてしまいたい時は積極的に合コンや婚活パーティー等に参加して、新しい恋愛相手を探すことをおすすめします。

私が守ってあげなくちゃ…という気にさせる気の弱いタイプ

自立している大人の女性が恋愛して別れた男性で忘れられない人といえば、 「私が守ってあげなくちゃ…」という気にさせてくれた タイプの男性ではないでしょうか。

私が守ってあげなくちゃ…という気持ちになるということは、どちらかといえば、気の弱い、繊細な気遣いができるタイプの男性だといえます。

このタイプの男性は 誰かに守ってもらうことに慣れている 部分があり、それが自立した女性には可愛いと思わせてくれる部分でもありますね。

仕事している時や趣味に没頭している時に不意に似たタイプの男性を持て、 「どうしているかしら」「ちゃんとやっているのかしら」「失敗して誰かに叱られているのでは…」等、ふと心配になり、思い出す こともしばしば。

大人の女性と気弱で守ってもらいたい男性とのカップルは、実はとっても相性が良く、結婚したとしてもうまくいくカップルであるだけに、別れると決めた時は双方ともに体の半分がちぎれるような痛みを感じたことだと思います。

それだけに相性に良い2人…、長く忘れることができないのは至極当然。

ちなみに、どちらかといえば、忘れられないのは自立した女性になります。

その理由は、女性の持つ母性本能です。

自立した女性で、 守ってあげなくちゃ…と思える男性と付き合うということは母性が強い からです。

母性は一般的には女性が持っているものとされていますが、強さはそれぞれです。

誰もが母になれるわけではありません。

昨今、ネグレクトなる言葉が流行り、女性の母性についても議論されていますが、生まれ育った環境が原因で、母性が何かを知らずに育った女性も少なくありません。

女性だからという理由で、誰もが母性を持っているわけではないんですね。

その母性を強く持っている女性で、自立しているとなれば、母性は女性の誰よりも強いと言っても過言ではありません。

母性の強さゆえに、彼のことが忘れられず、いつまでも心に残るというわけです。

それは、彼との関係が不倫関係であっても変わりません。

元不倫相手を忘れるには新しい恋愛をすることが、このタイプの女性にとっての最もおすすめの解決法ですが、 母性が強いだけに一人の男性に固執しやすい 面があり、すぐに新しい恋愛とはいきません。

時間をかけてゆっくりと心から彼を忘れる、その時間が過ぎるのを静かに待っていることが最適な忘れ方です。

元不倫相手と友達になる方法

【同僚の場合】今までのことは一切水に流して他人の振りを続ける

元不倫相手と友達になるには、 それまでの出来事をすべて水に流して他人の振りを続けることが大切 です。

不思議なもので、 他人の振りを続けていると、知らず知らずのうちに恋愛関係だったことを忘れてしまう んですね。

一週間や二週間ではまだ難しいですが、一か月、三か月、半年と続けているうちに、いつの間にか今までのことがなかったように、単なる知り合い、同僚に戻れるから不思議です。

コツは他人の振りを続けることです。

他人の振りというのは恋愛関係にあった男女にとっては微妙な距離感ですが、 恋愛は精神的なものが大きい ので、 「私と彼とはもう他人なんだ」と強い意識することで、単なる知り合い、同僚になれる というわけです。

この方法はどちらもが同じ気持ちでいることが大切です。

もしも彼があなたのことをまだ思っていて、心残りがあるような行動や言動をとっているようならば、うまくいかないこともあります。

が、あなたがその彼の思いを無視して、他人の振りを続けることによって、彼も他人になったことを意識するようになります。

双方ともに他人の振りを意識するようになれば、知り合い、同僚に戻ることができます。

 同僚に戻ることができれば、また、友達から始めてはいかが でしょう。

2人に心残りがなくなったことを確認したら、彼に冷めた顔、冷たい声で「友達になりましょう」と声をかけましょう。

彼はあなたの「友達になりましょう」を聞けば、もう二度と恋愛関係に戻れないことを理解するでしょう。

別れる際、2人でしっかりと話し合って、双方ともに友達に戻ることを理解する

【期間限定・5月31日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


 不倫を終えて友達になるには別れ際の対応が大切 です。

ただ「さよなら」と言うのではなく、 相手の目をしっかりと見て、別れを意識した話し合いを行うことをおすすめ します。

別れ際にきちんと話し合っておかなければ、気持ちの整理がつかず、ズルズルと彼への思いを残したままになる確率が高く、いつまで経っても元不倫相手のことを思い出す日々が続きます。

いつまでも忘れられない思いを心の奥底に持ち続けるということはある意味不幸な話で、女性にとっては真冬にTシャツ1枚の薄着で南極に置かれたような、胸の奥深くまで凍り付いてしまうような厳しさを味わうものです。

体が冷え切ってしまうと、口元がガチガチ震え、手先足先がなかなか温まってきませんよね?

こんな時、体全身が温まって、寒さからの緊張がほぐれてくるまでにかなりの時間がかかります。

それと同じです。

悲しい出来事があった厳しい状況に置かれた記憶というのは、そんなに簡単には忘れられるものではないのです。

ただ 「さよなら」のひと言だけで別れてしまうと、振られた側はさまざまな思いが交錯 し、それだけに忘れるのに時間がかかります。

こうなると、いつまでも元カレ・元カノを思い出す日々が続きます。

これでは、無限地獄…。

そうならないよう、不倫恋愛を終える時には、2人で顔を合わせて話し合いを行った上で「さよなら」を伝えましょう。

もしも、彼からの一方的な電話で「さよなら」を告げられたとしても、必ず、「もう一度会ってさよならが言いたい」と伝え、話し合いを行いましょう。

その際、「友達になりましょう」のひと言を添えていけば、彼もあなたもその後に思いを残すようなこともないでしょう。

 別れの話し合いは辛いもの ですが、その 辛さを味わうことで双方ともに友達に戻ることを理解 でき、それぞれに新しい人生を歩んでいくことができると考えられます。

自然消滅を狙い、知り合う前の関係に戻る

元不倫相手と友達になるには、 不倫関係を自然消滅させ、もう一度知り合う前の関係に戻ることが大切 です。

 自然消滅は愛情の強い方の心に強い思いを残す ことがありますが、その思いが自然に消えていくころに、再び知り合う前の関係に戻ることができます。

自然消滅で恋愛相手を忘れるにはかなりの時間がかかりますが、それでも、 いつかは知り合う前の関係に戻れる ものです。

そうなれば、もう一度知り合い、知り合いから友達、友達から恋愛相手へと発展させることができます。

彼と友達のままでいいという人は、友達の距離感を保てばいいだけです。

それでは寂しいと思う人は、もう一歩踏み込んで、友達以上恋人未満の関係を目指せばいいだけです。

この方法はあなたの気持ちの持ち次第でどうとでも変更できるというメリットがあり、あなたのペースに合わせて実践することができるというポジティブな面も持っています。

自然消滅と聞けば、もう二度と会えないのでは…、と不安に思うかもしれませんが、彼と遠距離恋愛でない限り、会えるチャンスはいくらでもあります。

偶然会えるチャンスが待てない時は必然のチャンスをつくりましょう。

彼の会社の周辺、行きつけの店、通勤で使う駅等、彼の行動範囲をチェックすれば、簡単にチャンスがつくれます。

ただし、注意点が1つ。

ストーカーに間違われるような行動はしないことです。

さりげなく会えるチャンスを待つ!

このさりげなくが重要です。

行き過ぎた行為は危険ですですので、注意しておきましょう。

久しぶりに会ったあなたを見て、ハッとする。

このハッとさせるが復縁するカギになります。

良い意味のハッとさせることを意識して、必然のチャンスをつくってみてはいかがでしょう。

元不倫相手と復縁する方法

彼との今後について考えるために、冷却期間を置く

元不倫相手と復縁するには、元不倫相手と 冷却期間を置くことで復縁できる 確率が高くなります。

別れる時は大なり小なり喧嘩がつきものです。

何かしらのアクシデントで喧嘩したとしても、 すぐ仲直りできない喧嘩がしばしばあるもの です。

そんな時は一時、 距離を置くことで、それぞれに2人の思い、2人の今後についてを考えてみてはいかが でしょう。

ただし、あまり長い期間の冷却期間はおすすめしません。

おすすめの期間は一週間から二週間。

それ以上の期間を置いてしまえば、そのまま自然消滅となる可能性が高くなりますので注意しましょう。

一週間、もしくは二週間の冷却期間を置いた後はあなたから彼に連絡を入れ、「もう一度会いたい」と素直に気持ちを伝えることが大切です。

その際、彼から「もう会わないと決めたんだ」「いや、もう会うことはない」等の別れを意識した言葉を聞いた時は、深追いせずにその場はそのまま電話を切りましょう。

再び連絡をする際は、一度目に電話で連絡した場合、二度目はライン、またはメールでの連絡としましょう。

 度々の電話は彼にしつこいと思われるだけでなく、何か他にあるのではないか、金銭的なことを要求されるのではないか等の不信感を与えてしまうことがありますので、注意が必要 です。

ちなみに、しつこいと思わせることなく、相手に届く方法は、気軽に受け取れるライン、もしくはメールです。

もしも、ラインをブロックされている時は彼のスマホに直接届くショートメールを送ってみてはいかがでしょう。

送る際は 「あなたが好き」「どんなに愛していたかが分かった」「もう一度チャンスが欲しい」等の今の素直な気持ちを表現した、ダイレクトな文面がおすすめ です。

彼ととことん話し合うことで本音を探り、お互いの気持ちを理解する

元不倫相手との復縁を望む時は、 彼が今何を考えているのか、彼が今どういう立場になっているのか、彼が今何を悩んでいるのか等、彼が抱えている問題や思いを知るために彼と2人でとことん話し合ってみることが大切 です。

恋愛関係がうまくいっている時は相手の表情や声のトーン、ちょっとした振る舞いが気になるものですが、 付き合いが長くなってくると双方ともに油断が生じやすくなって相手への配慮、思いやりを忘れてしまう ものです。

そうなると、 彼のことは何でも分かっている、何でも知っているという傲慢で高飛車な態度をとってしまうこともしばしば。 

愛し合っているから相手のことは全部分かっているという人がいますが、実は、何も分かってなかった、何も知らなかったというカップルも少なくないのです。

元不倫相手と復縁したい時は、勇気を出して連絡をとってみましょう。

 彼ととことん話し合う場を持つことで、相手が今何を考え、何を思っているのかが分かる ようになります。

もしも、彼が会社で不倫が原因で立場が悪くなる等、社会的にも大きな問題を抱えているのであれば、その問題を2人で知恵を出し合って解決できるように協力しましょう。

また、彼の家庭で問題が起きているのであれば、その問題を解決できるよう協力する姿勢を見せることが大切です。

あなたとの不倫が妻にバレそうになったことで彼が別れを切り出したのであれば、暫しの間、妻の疑いが晴れるまでは連絡を控え、2人で会うことは止めておきましょう。

不倫は当事者の2人が協力することで長続きさせることができます。

彼を安心させるためにも「そのための協力は惜しまない、あなたが困るようなことはしない」ときちんと言葉にしておいてはいかがでしょう。

その言葉が彼の胸に響けば、一度別れたとしても復縁できる可能性はぐんと高くなります。

お互いの本音を知って、お互いの気持ちをお互いが理解できれば、こんなに心強いことはありません。

 大切な人との縁をつなぐには、話し合うべきことから逃げないこと、徹底的に話し合うことが大切 です。

重要な問題を後回しにする人もいますが、復縁するには後回しにはしないことです。

話さなければならない時期を逸してしまっては、そのチャンスは二度と巡って来ないかもしれません。

どんなことでも気持ちが揺らいだ時は早期に解決できるよう、早めの決断と行動力で彼との縁を結びましょう。

【同僚の場合】目は口程に物を言う

 社内不倫の場合、復縁できる可能性は高い と言っても過言ではありません。

毎日顔を合わせられる部署にいる同僚同士ならば、尚更、復縁できる可能性は高いといえるでしょう。

復縁できる術は 「目は口程に物を言う」 です。

 目で「あなたをまだ愛してる」と訴える わけです。

情熱を秘めた目で事あるごとに見られたら、彼もあなたのその熱意ある目の意味を理解します。

その目を合わせてくれるようになれば、復縁できる可能性は高いといえます。

すぐ反らす時は深追いせず、心持ち悲しい顔つきで目を伏せ、ショックを受けている表情で立ち去りましょう。

それを何度か繰り返せば、彼もあなたの思いに応えなくてはならない、あなたのことをそのままにしておけないと考えるはずです。

特に同僚の場合、 周囲の人の目があるだけに、彼の判断は早い といえます。

いつまでもあなたからの情熱を秘めた目を無視してしまえば、周囲の人から変な疑いをかけられ、彼の立場が危うくなります。

そうなる前にあなたの目を何とかしておきたいと考えるはずです。

彼から連絡があれば、別に用事があっても、必ず彼の元へと駆け付けましょう。

久しぶりのデートとなりますが、復縁できるか否かはこのデートにかかっています。

彼と恋愛を始めた時のことを思い出してみましょう。

 彼の好きな女性のタイプ、あなたと始めてエッチした時の彼の態度、彼があなたのどんなところが好きだったのか等々、思い出せる限り思い出すことが大切 です。

 久しぶりに会うあなたを見て、二度惚れしてもらう必要がある からです。

彼があなたを見て「やっぱり手放せない」と感じたら、あなたの作戦は成功です。

これからの幸せ度はこのデートのあなたの言動、行動にかかっていると言っても過言ではありません。

そのくらいの気合いをこめて出かけることをおすすめします。

元不倫相手となりたい関係になる方法

元不倫相手ともう一度友達からやり直す

元不倫相手となりたい関係になるのは、まずは不倫相手と出会った時の関係に戻し、 友達からやり直す ことです。

友達に戻れば、彼のことを冷静に、尚且つ客観的に見ることができ、彼と今後どうしたいかを真面目に考えることができます。

 不倫中はどちらもが盛り上がっていることから、自分が今置かれている立ち位置が見えにくくなっている ものです。

自分の感情ばかりを相手に押し付けてしまい、彼の気持ちを推し量ることもできずにいたかもしれません。

彼のことを 客観的に見ることができれば、彼を愛しているのか、彼と不倫している自分が好きだったのではないか等、あなたが自分自身では見えなかった隠れた本音を引き出し、その本音を知ることができます。 

第三者立ち合いの下、友達以上恋人未満の関係になるためにきちんと話し合う

どんな恋愛でも 2人できちんと話し合うことができなければ、どちらかが勘違いしたままで終わってしまう ものです。

こうなってしまえば、なりたい関係に戻すこともできません。

そんなことにならないためにも、きちんと 話し合うことが大切 です。

話し合うことで彼にあなたの思いを伝えることができ、また、彼に理解してもらうことができます。

あなたが彼と友達以上恋人未満の関係になりたいと思っている場合、既婚者である彼にとってはこんなに都合の良い関係はありません。

しかし、気の弱い彼ならば、その中途半端な関係さえも「うん」とは言わないでしょう。

そこで、考えることは1つ。

 第三者立ち合いの下で、彼にあなたの考えをしっかりと聞いてもらえる場をつくり、きちんと今後のことについて話し合っておく ことです。

第三者は誰でも良いわけではありません。

あなたと彼の関係を知っている人が望ましいですが、いなければ、プロの手を借りましょう。

プロといっても弁護士ではありません。

 おすすめは探偵 です。

探偵は法律の専門家である弁護士と違い、窮屈になることもなく自然な状態で話し合うことができます。

費用に関しては立ち合い料が必要ですが、後々のこと、彼とあなたの精神的なことを思えば、そう高い金額ではありません。

元不倫相手との復縁…。彼を刺激して復縁できる確率を高める

元不倫相手とのなりたい関係が復縁の場合は彼の心を刺激して、復縁できる確率を高めましょう。

最も有効な方法は 彼の嫉妬心を煽る ことです。

男性は一般的に嫉妬心の強い人が多く、もしかしたら、女性よりも焼きもち焼きかもしれません。

 男性は仕事面においてもライバルは多く、何事も人と競って手に入れることで自分が優れた人間であることを自覚する人が多い と言っても過言ではありません。

その嫉妬心を刺激することで、なりたい関係に戻すことができます。

復縁したい場合はその 嫉妬心を大いに刺激 しましょう。

嫉妬深い男性を刺激するには、他の男性からのアプローチを受けている、恋愛相手ができたようだ等の噂を流してもらう方法がおすすめです。

逃がした魚は大きい!

彼にこの焦りが生じれば、すぐさまあなたに連絡をとってくるでしょう。

しかし、すぐさま復縁したいと伝えてはいけません。

 二度、三度焦らすことが必要 です。

焦らされれば焦らされるほど、あなたに会いたくなるものです。

デートに誘うのは、彼の焦りが頂点になったころです。

これで、あなたペースで復縁の話ができますね。

元不倫相手が忘れられない…。そんな時はなりたい関係を想像してみましょう

 元不倫相手のことが忘れられない時は、無理に忘れることはありません。 

もう一度、友達から始めてみてはいかがでしょう。

 復縁できるチャンスはあなたがつくる ものです。

まずは、なりたい関係になる方法を実践して、彼との仲を深めていきましょう。

【期間限定・5月31日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【幸せのレシピ】 の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【幸せのレシピ】 を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。