ただのセフレだと不倫相手を思ってる時の男の愛撫の仕方ややり捨てする男性心理や特徴と彼の本命になる方法

略奪愛・振り向かせたい
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとに鑑定しアドバイス致します。
 

 

女性には屈辱的なことですが、 男性の中には女性を単なるセフレのように扱い、やり捨てする人も少なくありません。 

なぜ、やり捨てされてしまうのか…。

やり捨てする男性の特徴、やり捨てする時の男性心理を考えてみましょう。

また、単なるセフレにならないためにも、セフレだと考える女性に対しての愛撫の仕方、セフレから本命になる方法についてアドバイスします。

Menu

男性が考える不倫相手とセフレの違い

【喜怒哀楽】感情表現がマイナスに働くことがある

あなたの周囲にはさまざまな性格を持つ男性・女性がいると思いますが、その中には不倫している人も少なくないでしょう。

不倫している人の共通点といえば男性・女性好きが挙げられますが、単なる 女性好きな男性は不倫相手をセフレと勘違いしてしまうことから、軽い扱いを行う、または自分の持ち物のような扱いを行うことがある ため注意が必要です。

ちなみに、セフレ扱いされる女性に多いのは喜怒哀楽をそのまま顔に出す人です。

その時の 喜怒哀楽を顔にすぐさま出してしまう女性は裏表がない、嘘をつかない等のメリットがありますが、その反面、子どもっぽい、感情的、短気等の性格がデメリットとなる 場合も少なくありません。

もしも喜怒哀楽をすぐ顔に出してしまう癖を持っているとしたら…、もしかしたら、単なるセフレに終わるかもしれませんので注意して付き合っていきましょう。

なぜ、セフレになってしまうのか、疑問に思う方もいると思いますが、最も大きな理由は喜怒哀楽を顔に出す女性の特徴の一つである子どもっぽさが何かの折に触れ出てしまうからです。

精神的に充実した、大人の感性を持っている女性は自分の感情そのままに出すようなことはなく、自然と周囲の目を気にしながら行動、言動する習慣を持ち、何かの折り、不意にトラブルが発生したとしても喜怒哀楽をその時の感情のまま顔に出したりはしません。

それはその行為が子どもっぽい仕草であることを十分に理解しているからであり、その行為を行ってしまう自分を嫌う傾向にあるからです。

しかし、その大人の感性を持ち合わせていない女性は我慢することの意味を知ろうとせず、一時の感情を我慢することもしません。

しないと言っても過言ではないでしょう。

その感情の激しさが女性を魅力的に見せる時もありますが、紳士な振る舞いを好む男性にとってはその行為が子どもっぽく見えて、自分より下に見てしまうことがあります。

それが、本命彼女になれない最大の理由です。

セフレ扱いされたくない時は感情をそのまま出さない努力を行い、慎重、かつ冷静に判断できる習慣をつけましょう。

【自己中心的】自分のことしか考えない

男性が不倫相手に求めるものは癒し、精神的サポート、理解、尊敬、信頼、闘争心等さまざまな事柄があります。

男性の持つ性格によって希望するものは異なりますが、本命彼女になり得るであろう不倫相手と単なるセフレの 決定的な違いは相手を思いやることのできる優しさ、想像力 だと考えられます。

このことから考えると、不倫相手が自己中心的な性格で自分のことを優先して考えるタイプの女性であったなら、彼はいつでも別れられるセフレと考え、本命彼女にはしないでしょう。

一つにはトラブルになった時に面倒だと感じること、もう一つは将来を想像できない相手のことを真剣に考えたりはしないからです。

まず、トラブルになった時に関してですが、自分中心にしか物事を考えられない性格はいつでも自己中心的で、相手のことを考える余裕を持ちません。

不倫相手である男性が仕事でどんなに忙しい日々を過ごしていたとしても、自分優先で呼びつけたり、何かを頼んだり…。

また、不倫相手の男性が慰めて欲しい時に自分の用事を優先したり…。

これでは、一方通行の恋愛であり、2人で恋愛を楽しむ、恋愛相手を慈しむといったやり取りはできません。

続いて、将来を想像できない相手のことを真剣に考えないことに関してですが、自己中心的な自分優先の女性は自分がしたいことしかしませんよね。

そういった性格を持っていると相手に信頼されなくなるのは道理で、何かの約束をしても、自分の気分が優れないと来ないかもしれない…。

そんな心配をしなくてはならない女性を、男性は本命彼女に考えるはずはありません。

この場合、本気不倫にはならず、セフレ扱いされたとしても致し方ありません。

セフレ扱いからの脱出を図るには 自己中心的な性格を見直し、相手を思いやれる繊細な気遣いを身に着けること です。

一長一短ではいかないことが多いと思いますが、セフレからの脱出を図るにはそれ相応の覚悟と根気が必要です。

諦めずに頑張ることで、本命彼女になれる日も近くなります。

【甘え主導型】甘え気質の女性は疲れが倍増

女性の中には甘え気質を持った末っ子・妹タイプの人がいます。

育った環境によって性格はつくられると言いますが、長女よりも次女、三女、一人っ子の女性に甘え気質の人が多くなるのは至極当然のことであり、ご両親の育て方が子どもの性格に大きく影響するのは自然の流れだといえます。

さて、甘え気質を持った女性のことについてですが、甘えん坊なる言葉がありますが、 小さいころ「甘えん坊さんだね」「甘えん坊だから」等の言葉を耳にしたことの多い女性は甘えん坊の性格を持っている と言っても過言ではありません。

この甘えん坊という性格、自分ではなかなか理解しにくい部分があり、甘え気質を嫌う女性にとってはこの甘えん坊という言葉が自分を一人の大人の女性としての道を遠ざけているように感じてしまう人も少なくないでしょう。

なぜ、甘え気質の女性がセフレ扱いされてしまうのか。

男性によっては甘え気質の女性を好む人もいますが、それはごく一部の男性であるといえます。

通常、 男性は女性に甘えたいと思うものであり、また、自分の足でしっかりと生きている女性を尊敬し、憧れを抱くもの です。

すべての男性がそうだとは言いませんが、甘えは一般的には度を超せば、誰もがその甘えに疲労を感じて面倒だと思うものであり、その面倒が徐々に敬遠になり、最後には嫌いになる原因となるのは明白です。

男性は小さなころから母親に甘えて育つものであり、甘えられて育つことに慣れた人は少ないと言っても過言ではありません。

女性が時折見せる甘えは可愛く映るものですが、その行為が頻繁になり、会うたびに甘え気質を発揮されては疲れ倍増、付き合うことさえ面倒だと感じてしまうのもしばしば。

そうなってしまっては頻繁に会うことは避け、男性が会いたいと思った時だけ、また性欲がたまった時にしか連絡しないという最悪な結果に…。

これがセフレになってしまう原因です。

【男性心理】寂しさを埋めてくれるなら誰でも良い

世の中には本命の彼女を置かずに 不倫することで寂しさを埋め、性欲を満たしている 男性がいます。

なぜ、本命彼女を探さないのか、事情は人それぞれですが、仕事で忙しい日々をおくっていると女性問題は面倒だと感じる男性も多く、性欲がたまった時だけ手軽に連絡できるセフレ感覚の女性と付き合っている男性も少なくありません。

このセフレの女性を本命にしない理由は寂しさを埋めて性欲を満たしてくれる女性なら誰でも良いという考えがあるからです。

誰でも良いという言葉は女性にとってはあまり良い響きの言葉ではありませんが、男性の中には、特に モテる要素をたくさん持った男性は女性をセフレ扱いすることで便利に活用しようとする悪意が心の奥底に潜んでいる と言っても過言ではありません。

寂しいという感情は誰もが持っている感情であり、寂しさを感じたことのない人はいないでしょう。

例えば、風が冷たく感じてくる秋口です。

仕事を終えた帰り道、ふと何気なく見上げた空に見えた赤い夕陽が眩しくて、なぜか自然と涙を出て人恋しく感じたことがあるでしょう。

そんな時、人の優しさに触れてみたいと思う人も多いはずです。

その寂しさを埋めようとすると男性は女性の肌に、女性は男性の肌に包まれたいと思うものですよね。

それが、愛する人でなくても構わない人もいるんです。

そうなると、寂しい時だけ会って、肌を重ねるだけの相手で十分だと感じてしまう…。

セフレの関係で終わってしまうのは男性の寂しさを埋めてくれるだけなら誰でも良いという勝手な都合が原因です。

やり捨てする男性心理とは

【自分勝手で我が儘】責任はとりたくない

男性がやり捨てするとなれば、 責任をとりたくないという自分勝手な考え が有力です。

結婚している、または真剣に付き合っている本命彼女がいる、親の決めたお見合い相手がいる等事情は人それぞれですが、本気恋愛になれない最も大きな理由は責任をとれない状況にあることであり、そんな環境にいるにも関わらず恋愛してしまう…、男性の身勝手さが起こす行動といえます。

このタイプの男性は結婚したとしても遊びの不倫を度々行い、その不倫が本気の不倫恋愛に発展してしまうことも少なくない、いつでも 目新しい女性を物色している恋愛体質の男性 と言っても過言ではないでしょう。

自分勝手な自由な発想で女性との恋愛を楽しむことで人生を謳歌し、男性に生まれたことに幸せに感じている、いわば、無責任主義者ともいえる生き方です。

無責任主義者といえば自己中心的な性格を持っている人が多いのですが、このタイプの男性はそのことを不幸と思わず、男性に生まれた幸運だと考えることから、質が悪いともいえます。

ちなみに、やり捨てする男性の特徴の一つに「約束を守らない」があります。

恋愛中の彼の性格を確かめたい時はイベント時の約束ではなく、日常で発生する些細な約束を取り付け、その約束を守ってくれるか否かを確認してみましょう。

例えば、絶対寝坊できない日にモーニングコールをしてもらうとか、部屋でお手製の料理を一緒に食べる時、数日前にlineで「チーズ買ってきてね」と連絡しておくとか。

どんなことでも良いので約束を取り付けておきましょう。

ポイントは当日に言わずに数日前に伝えて約束しておくことです。

あなたのことを大切に思っていれば、些細な約束でも忘れることはありません。

仕事が忙しくつい忘れてしまった、急な不幸があって忘れてしまった時等の場合は仕方ありませんが、それ以外の時に忘れてしまっているのはきちんとした態度で話を聞いていない証拠です。

あなたとの日常会話を重要としていない彼では2人の未来は暗く、将来は危ういと考えた方が良いでしょう。

【立場を尊重】不倫だからこそ自由に振る舞いたい

不倫だからこそ自由に振る舞いたいと望む男性は多く、その相手となる女性との再婚は選択しない、希望しない意図は明白です。

このタイプの男性は 自分勝手な思想の持ち主で、セフレ感覚で付き合える女性だけを選んで不倫関係となるため、泥沼の修羅場にはなりにくい という特徴があります。

結婚しているのにかも関わらず、いつまでも自由でいたいというスタンスを持っていて、遊びで付き合う女性に対しては何ら責任をとりたくないと思っている確信犯ともいえる男性になります。

世間的には不倫は誘う方、誘われた方では誘う方に罪が重いとされていますが、不倫された奥さまにすれば誘った方もその誘いに乗った方も同罪であり、それだけに罪は重いといえるでしょう。

しかし、不倫相手となったあなたから見れば、誘う男性が断然悪く、しかも、やり捨てするという最悪な行為で不倫を完結しようとする最悪な行為を許せるはずはありませんよね。

このような自分勝手な振る舞いは横暴、尚且つ自己中心的な性格を持つ男性であれば少なからず誰もが持っているものになります。

それをおもむろに表面に出しているか、出していないかの違いはありますが、この2パターンの男性の価値は似たものだと判断しても間違いはないでしょう。

自分の立場のみを尊重する自分勝手な振る舞いであり、このタイプの男性に本気になると、必ず痛い目に遭いますので、注意が必要です。

【頭脳作戦は苦手】年上の彼は感情だけで生きている

男性の中には頭で考え行動することが苦手な人も少なからず存在します。

このタイプの男性は一般的には 感情的で短気な性格 だとされますが、それは恋愛においても、その性格を如実に表しているといえます。

一目見て好きになる、いわゆるひとめぼれですが、 ひとめぼれしやすい男性にはこの傾向が強い といえるでしょう。

ひとめぼれと聞くと若い世代の特徴だと思われがちですが、実は年齢の高い男性にもその傾向はあり、10歳、20歳下の女性と恋愛している男性の多くはひとめぼれから恋愛を始めていると言っても過言ではありません。

もちろん不倫であっても年齢は関係ありません。

一目見て好きになり、10歳以上年齢の離れた女性と恋愛を楽しんでいる男性もいるでしょう。

しかし、年齢差があると食べ物の好み、洋服の好みといった表面的な嗜好はもちろん、生き方、習慣、思考においてもすれ違いを感じ、それが原因で別れることも少なくないという現実があります。

その場合、やり捨てともとれる恋愛になることもしばしば。

頭脳で考えることが面倒になってしまうことから、謝罪して解決するのが面倒だと思うあまり、好みが合わない、会話が成立しなくなる、会う回数が減る、自然と連絡をとらなくなり、最後はやり捨てとなってしまう…。

このような場合はやり捨てしようとしてするのではなく、自然とそうなってしまうやり捨てですので、ヨリを戻そうと考えるのであれば、あなたから連絡をとって彼と話し合う場を持てば、恋愛が復活する可能性があります。

しかし、復縁する場合は男性が年上であること、短気な性格を持っていること、感情が先に立ち、そのことでケンカが起こる恐れがあること等を考慮した上で寄り添うことをおすすめします。

やり捨てする男の特徴

口先ばかりの自慢したがり屋

やり捨てする男性は口先だけの人が多く、デートの約束をしてもその約束さえ忘れてしまい、反故にした理由を責められてもへらへらと笑ってばかりで真面目に謝るという姿勢を見せないという人も少なくありません。

ちなみに、口ばかりの男性の特徴に、口が巧い、自慢したがる習性を持つがあります。

まず、口が巧いことについてですが、 口先だけでトラブルなく物事が進められる能力ともいうべき高いコミュニケーション能力と不倫恋愛中の女性から責められてもそれをスムーズに躱すだけの狡猾さ を持っています。

その能力がある上に口ばかりになってしまうと言っても過言ではありません。

気に入った女性を見かけると持ち前の軽いフットワークで近づき、女性を口説きます。

しかし、身体の相性が悪かったり、自分が思ったような女性でなかった場合、その日限りになることもしばしば。

そんな時でも 女性を傷つけることなく「またデートしようね」「いつでも連絡してね」「会えて良かった」等の甘い言葉を囁き、それが終わりでないような言葉と態度でその日を終えます が、彼からの次回のデートの誘いはなく、女性から連絡をしても返事はありません。

次に、自慢したがる習性を持っているについてですが、小さなころ、親に買ってもらったおもちゃやお菓子等を見せて「買ってもらったんだ」「プレゼントなんだ」と持って来て、みんなの前で披露する男の子がいませんでしたか?

些細なことでも口に出さなければ気が済まない性格で、必ず会話のどこかしらに自慢めいた言葉をする友だちがいたでしょう。

それが、自慢したがる習性です。

この手の癖を持つ男性には会話の中に誠実さはなく、その場しのぎの言葉しか口にしないと言っても過言ではありません。

言葉だけで終わりたくない時はレコーダーやスマホの録音機能を使って言葉を記録しておきましょう。

ただし、その記録した言葉に関しても責任を持つことはないので、あまり大きな期待はしないように。

見栄っ張りで遊び好きな男

わたし達が生きていく上で見栄はある種必要なものであり、時として重要な役割をすることがあります。

ただし、その見栄が見栄っ張りと印象を変えた時は注意が必要です。

見栄っ張りな人だと噂される人がいますが、その場合の見栄はなくても良い見栄なのかもしれません。

見栄を張ることで自分自身を立派に見せようとする態度は時として有効で、それが自分自身の尊厳を守るものであれば、尚更、張らなくてはいけない見栄だといえるでしょう。

しかし、 単なる見せかけの、自分本位の見栄っ張りは自分を小さく見せ、卑屈な人物であると周囲に知らせてしまう ことがしばしばあります。

例えば、好みの女性に出会い、その女性を誘う時、本当は経営者でもないのにあたかも会社を経営している社長であるかのように振る舞い、自分を経営者だと伝える。

また、街で見かけただけの著名人と古い知り合いだ、心を許している友だちだと嘘をつき、自分自身を大きく見せようとする等々。

このタイプの男性は一般的に往々にして 女性好きで、遊び好きな男性 だといえるでしょう。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】

あなたは、大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛の悩みに特化した無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で不倫相手との悩みが、なくなった」

と、評判の無料占いなので、是非お試し下さい。

※どちらの占いも初回無料分で占いが出来ますので是非、双方お試し頂き下さいませ。



PR:ティファレト


女性好きで遊び好きとくれば、女性と親密な関係となったとしてもその夜限りの恋愛を選び、もう二度と連絡しない、連絡を受けないやり捨てを選択することも少なくありません。

気の合う男友だちと飲んだ時等に、やり捨てした女性の数を競い合ったり、その時のことを話して聞かしたり。

見栄っ張りだからこそ、自分がモテることを大げさに話して聞かせるのですが、その姑息な手段はさも自分が女性にモテる男性であることを誇張するだけでなく、男性として生まれてきた使命感を知らず知らずのうちに満足させているのかもしれません。

また、このタイプの男性の心の奥底には女性にモテたい、いつも愛されていたいという切実な願いが込められているのかも…、そう考えれば、案外可愛いところを持っている男性なのかもしれませんね。

過去の恋愛をいつまでも引きずる執念深いタイプ

やり捨てしてしまう男性の中には時として女性を本気で愛することができない、 過去に愛した女性がいて、その女性のことをいつまでも忘れられないといった心情が隠れている 場合があります。

過去に愛した女性を忘れることができないと、新しい彼女をつくろうという気持ちはなかなかなれないもの。

しかし、男性の持つ性欲は満たしておきたい…。

そうなれば、一夜限りの恋愛となってしまっても仕方ありません。

女性から見れば、たった一夜でやり捨てされたわけになりますが、この場合の男性の心情が分かれば、ただ遊びたい、女性を遊び相手と軽く考えている男性とは一線を画し、同情の余地はあると考えられます。

ですが、注意が必要な場合もありますので、慎重に相手を見極めなければなりません。

ちなみに、このタイプの男性は過去の彼女に執念深い愛情を持っているタイプと過去の彼女以上の女性に出会うきっかけがなく、恋愛に発展しないタイプの2パターンに分けることができます。

まず、前者の執念深いタイプですが、このタイプの男性は要注意です。

女性に対する執着が強い男性はストーカー行為を行う可能性が高く、明るく健全な恋愛にはなりにくく、トラブルを発生する恐れがあります。

次に後者の場合ですが、元カノとの恋愛が忘れられないのは元カノ以上に好みの女性に出会えていないからであり、また、元カノとの恋愛で負った傷を癒すことができていないことで、新しい恋愛へと踏み出すことができないと考えられます。

この場合はやり捨てしようと思ってするのではなく、結果としてやり捨てしてしまっているのかもしれません。

どちらにしてもこのタイプの男性と出会った時は、彼との会話から彼の性格を調べ、 彼が今何を考えているかを見極めることが大切 です。

単なるセフレだと思う不倫相手への愛撫の仕方

キスはしない…本命彼女とセフレの違い

男性は愛している女性にはその女性に嫌われたくないと思いが自然と働き、彼女のことをお姫さまのように大切に扱い、彼女が求めていることに一生懸命に応えようとします。

しかし、好きでも嫌いでもない 単なるセフレだと考えている女性の場合であれば、エッチをしてもお姫さまを扱うような手厚いサポートはせず、ただただ自分の性欲を満たせばいいという自分本位なエッチ を行います。

すべての男性がそうであるとは一概には言えませんが、セフレと決めている女性とのエッチは手を抜き、本命彼女とのエッチには全力で応える男性も少なくありません。

特に、潔癖主義の男性であれば、一夜限りだと考えている女性とエッチした場合、彼女の唇へのキスは絶対にしないと言っても過言ではないでしょう。

潔癖主義の男性は一夜限りの恋愛はしないという考え方もありますが、男性には性欲があり、その性欲に負けて一夜限りの恋愛をしたとしても何ら不思議はありません。

潔癖主義の男性でなくても、 やり捨てしようと考えている女性には唇へのキスはしない可能性が高く、唇へのキスが男性からの愛情のバロメーターとなっている ことは女性にも分かっていることでしょう。

唇へのキスは愛情を示す行為の一つであり、やり捨てする女性に愛情は持ってないはず…。

そうなると唇へのキスはしません。

男性とエッチする際、唇へのキスの有る無しで愛情が分かるのは女性にとっては悲しいことですが、男性を見極める目が持てると前向きに考えることで失恋の傷は残りにくいと捉えましょう。

優しさゼロでクールなエッチを好む

やり捨てする男性は自分勝手なエッチをする人が多く、女性に対して優しさや愛情を示すような行為は自分から進んでする人は少ないといえます。

特に、クールな印象を受ける男性は やり捨てしようと思っている女性に対してはいつも以上にクール な面を見せ、ただ自分の性欲を満たすだけのエッチとなる可能性が高く、それだけに女性はショックが大きくなる恐れがあるため、注意が必要です。

このタイプの男性のエッチは女性を喜ばせるような優しい愛撫はゼロで、女性の肌に優しく触れる、唇へのキスをする、優しく抱きしめる等の行為は余程のことがない限り、行いません。

通常、男性は愛する女性の肌に触れたいものですが、やり捨てしようと思っている女性には、そのような愛情は必要ないと考えることから、女性が喜ぶ愛撫はしないと決めていると言っても過言ではありません。

このタイプの男性に出会ってしまったら、即座にサヨナラしましょう。

愛する女性、やり捨てする女性を明確に分けてエッチする男性は心の奥底に冷たいものを持っており、誰に対しても心を許すことはないでしょう。

そんな彼との恋愛は疲れるだけであり、得るものはありません。

あなたの 大切な時間を無駄にしてしまう前にきちんとした判断を行うこと をおすすめします。

自分の欲望を満たすだけで帰っていく自己主義者

人は誰でも自分が大切で、愛しているものです。

自分のことを嫌いだ、好きになれないという人もいますが、それでも心の奥底では自分を好きになろう、愛してあげようと努力しているはずです。

その自分好きが度を超してしまった場合は、少々危険です。

自分を好きになれることは大変素晴らしいことですが、自分を大切にするあまり、周囲が見えなくなり、誰に対しても愛のない行動・言動を行っている大人も少なくありません。

このタイプの人は自己主義者。

利己主義とも言いますが、分かりやすく説明すれば、 自分の利益を重視し、他人の利益は軽視、または無視する ことになります。

自分のことしか考えていないので、エッチする時も自分が愛撫したくない相手には愛撫は行いません。

愛情を示す女性であれば一生懸命に愛撫してその女性を喜ばせようと努力するのでしょうが、やり捨てしようと思っている女性にそんな気遣いは皆無と考えることから、唇や胸、背中等への愛撫を行うことはないでしょう。

自分が満足すれば、女性に優しい気遣いを見せることもなく帰っていく。

まるでテレビドラマの中のワンシーンのようですが、その 冷酷さを見せつけるのが、このタイプの男性 です。

セフレから本命へ!彼の本命になる方法4選

【母親の愛情】彼を自由にさせて束縛しない

やり捨てされる女性から本命彼女へとステップアップするには、 彼を自由にさせて必要以上に束縛しないことが大切 です。

やり捨てしようとする男性の多くは女性と遊びで付き合える器用なタイプであり、それだけに女性を軽く見る傾向にあります。

そんな彼の本命彼女になるには、彼の母親のような大らかな愛情を持つことが必要です。

母親は息子がどんなに失礼なことをしても言っても、彼のことを安易に諦めるようなことは絶対にしません。

いくつになっても息子は息子。

母親は母親です。

と言っても、ただ、彼を自由にさせておくだけではありません。

彼がしてはいけないこと、口に出してはいけないことをしていたら、その折に触れて、何度も話して聞かせなければなりません。

母親は息子が何歳になっても、教育することを諦めません。

その都度、口に出して言わなくても、折りに触れて言葉で伝えたり、愛情を示したりして、自分が息子に伝えておきたいことを何かしらの手段を講じて言い聞かせ、間違った方向へ行かないよう人生の道しるべともなるべく道を教えます。

本命彼女になるには、母親の持つ大らかな愛情で彼を包んであげましょう。

自由自在なゴムで彼を縛り、そのゴムをコントロールすることで彼の大切な女性へとステップアップすることができます。

【彼を頼らない】一人で生きる術を身につける

やり捨てされるセフレから本命彼女とステップアップするには、まず、 自分一人でも生きていける術を身につけること が必要です。

近年、結婚に夢を抱かない女性は増える傾向にあり、一人で生きていくと決めている女性はひと昔前に比べると増加の一途を辿り、恋愛下手、恋愛を苦手とする男性・女性が増えていると言っても過言ではありません。

恋愛に夢を抱かない女性は一人で生きていけるだけの資格を取得し、年収を確保します。

しかし、恋愛体質の女性は精神的にも男性を頼る人が多く、セフレ扱いされても彼の言いなりになってしまうこともしばしば。

その状況から脱出するには、一人でも生きていく術を身につけることです。

そんな資格でも構いません。

自分の性格に合った資格を取得しましょう。

資格がなければ、経験値でも構いません。

これだけは絶対に負けない、これだけのキャリアを積んでいる等、自分の自信になるものを身につけておけば、いざという時でも一人で判断でき一人で生きていくことができます。

ちなみに、女性が好きで女性遊びが好きな男性は何も持たない女性を軽く見て、自分より下に思わせる行動・言動をとることがあり、尊敬できる部分を持った女性ほど手厚く扱い、信頼する傾向にあります。

彼からの愛情を勝ち取るには尊敬される女性になることです。

【意識改革】結婚という2文字を口にしない

 

やり捨てされない、本命彼女になるにはさまざまな方法がありますが、最も手軽にできる方法に「結婚という言葉を口にしない」があります。

女性はエッチした男性との将来を夢見る人が多く、エッチイコール結婚と考える人も少なくありません。

しかし、彼に結婚する気がない場合、その 結婚という2文字の言葉が必要以上に重く感じる ことがあります。

彼にはまだその気はなかったのに、あなたはもう結婚のことを想像している…。

これでは彼は逃げて行ってしまい、あなたの元には戻って来ないでしょう。

彼にまだ結婚の意思がない場合、または彼から恋愛の真剣さを感じない場合は結婚の2文字は封印しておきましょう。

まず、自分の意識改革を図ることが大切です。

時期尚早、彼の心の中には今はその気はないのかも…と自分に言い聞かせ、自分を納得させましょう。

男性にも女性同様、結婚適齢期がありますが、それは一般的に言われる年齢であり、結婚適齢期は人それぞれの事情、環境等によって異なるものです。

彼の気持ちがあなたとの結婚へとつながるまで、暫し待ってみましょう。

ちなみに、待っている間、彼に献身的な愛情を示すことをお忘れなく。

【周囲の人を大切に】慎み深い愛情で暮らす

セフレ扱いされてしまう女性は周囲への気遣いがあり、心根の優しい女性が多いと言っても過言ではありません。

男性への献身的な愛情を持っているからこそセフレとなってしまうとも考えられますが、その優しい性格が仇になることもあるので注意が必要です。

男性は、特に女性をセフレ扱いする男性は自分勝手な性格の人が多く、自分さえ良ければいいという自己中心的な考えから、女性をセフレ扱いしている人も少なくありません。

そんな彼の本命彼女になるには、時間がかかります。

彼の 自己中心的な性格を治し、あなたの優しさを再認識してもらうには彼の性格にもよりますが、1~2年はかかる でしょう。

人間の考え方を変えるには相当の体力・気力が必要で、1~2日でどうにかなるものではありません。

彼にあなたの周囲への慎み深い愛情を理解してもらうには、彼にあなたの性格を知ってもらい、あなたの考え方を理解してもらうこと、それから、あなたの愛情を信じてもらうことが必要です。

一長一短ではいきませんが、 毎日コツコツと愛情を注ぐことで彼の心も徐々に解けていく はずです。

あなたの愛情を信じることができれば、本命彼女へとステップアップするでしょう。

それまで、根気よく彼を愛することに徹しましょう。

単なるセフレから脱出するには男性心理を知ることが大切

男性には恋愛上手な人もいれば、自己中心的な性格をそのまま出してしまう人もいます。

まずは、 相手の性格を理解して男性心理をとことん勉強 しましょう。

その人の持つ深層心理が分かれば、自ずとセフレからの脱出ができるはず!

幸せになるには 相手を見極める目を持つこと、相手の心をコントロールできる技が必要 だと考えましょう。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

※20歳未満は利用できません。